【ドクターストーン】小川杠の器用さは職人並み!?大樹が惚れた女の子!ヒロイン杠の魅力とは?大樹との進展は?

スポンサーリンク

作品序盤のヒロインである小川杠(おがわゆずりは)

もっとも初期の段階で女性は杠だけで、登場人物は全員でも4人しかいませんが。

口癖は「ワオ!」からネットでは“杠=ワオさん”との隠語までチラホラと。

そんな大樹の想い人をこれから紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】女子力が高い杠

千空、大樹と同級生である杠の設定は、手芸部所属で料理も上手。

手先が超絶器用の明るくお茶目な女の子。

何このパーフェクト。

杠の話し方や仕草を見ていると確かに嫌味はありません。

長い黒髪が特徴的で、巻き貝みたいな謎のヘアバンドは幼少のころから装着?していたようです。

1話のファーストショットはタテ3段をぶち抜いて全身像を見せるヒロインの王道的な扱い。

スラッとしたプロポーションはメスゴリラことコハクとはまた違う魅力があります。

 

【ドクターストーン】告白された日に石化

1話で校庭のクスノキの下に呼び出された杠。

告白ですかと自分で大樹に誘い水をかけておきながら、思い当たる節があったか急に顔を赤らめます。

カワイイ。

大樹は告白することで友達ではいられなくリスクを考えていましたが、親に付けて貰った名前に恥ずかしくないよう意を決し叫びます。

「聞いてくれ杠!俺は5年間ずっとー」

この時に石化光線さえ無ければ。

大樹は杠をクスノキにつかまるように指示して自らを盾としますが虚しく全人類が石化像になりました。

3700年後に大樹が見た杠はクスノキの伸びきった蔦に守られる形となり体がバラバラにならずに済みました。

ちなみに大樹の告白冒頭にあった「5年間」ですが、10話の回想シーンで杠を千空に紹介する時には「小川杠さん」と他人行儀でしたがこの頃から好きだったのでしょうね。

3人とも同じ中学出身のようです。

 

【ドクターストーン】杠の復活!セクシーな洋服は大樹デザイン?

杠復活編は3~5話を参照してください。

ナイタール液で杠を復活させようとする千空に待ったをかける大樹。

裸だから親友にも“見ちゃダメ”と言わんばかりに目潰しする遠慮のなさ。

まさに恋は盲目です。

結局クスノキから杠を大樹がヒョッイと持ち上げて一度は帰宅し、彼女のための服を不器用ながらも必死につくる大樹の真面目ぶり。

途中から本作を読み始めた人は杠の服は両脇が開きっぱなしのセクシーな服装と感じる人もいるでしょうが、あれは単に千空と大樹が裁縫できずに服というよりも2枚の布を紐で結んだだけという表現が合いそうです。

そしてナイタールを調合して石化した杠にかけると見事に復活します。

やはりここでも名言「ワオ」で大樹にお礼を言う杠でした。

 

【ドクターストーン】大樹とは両想い?

一応というか伏線はあります。

1話では大樹と杠が石化した鳥を動物病院に別々に連れて行き偶然にも遭遇。

お互いが学校を遅刻する時間を共有して「ワオ」ないい感じ。

この時も杠は頬を染めています。

そして復活してから千空、大樹、杠と3人で箱根の温泉シーンは8話より。

やはり照れています。

ここまで読めば両想いは間違いないでしょう。

その8話で杠は石化の日に大樹は何を話そうとしたか聞きます。

大樹は本当は何百年、何千年と想っていることを伝えたかったはず。

しかしこのストーンワールドという極限状態の中で告白するのは男として卑怯と考え、文明を取り戻して皆んなを助けてから話すと決意します。

大樹の生真面目さを知るエピソードで、そこから先を敢えて聞かない杠のいじらしさ。

司帝国にスパイとしている間も、2人でいる時間は相当あったはずですが大樹は我慢していたかと思うと泣けてきます。

 

【ドクターストーン】司のせいでショートヘアに

 1話からロングヘアが特徴だった杠。

5話で復活しては事情が飲み込めないまま、火薬が必要だと箱根に移動。

8話で大樹に世界の状況と目的をようやく聞かされたら、今度は司の人質にと、中々ハードな人生です。

そんな杠が絶対絶命の9話。

司に背後から首元に刃物で突きつけられ動けない状態になる杠。

千空に復活液のレシピを教えろと迫り、無駄な取引は不要とばかりに杠の髪の毛を躊躇わずに切る司の非情さ。

しかし杠は髪を洗うのが大変だから助かったと努めて明るく振舞います。

この後には千空を助けるため刃の先端を自分の首に近づけます!

「女の命」とも言われる髪の毛を切られてショックのはずにもかかわらず、杠の気丈さがよく表れたシーンです。

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】狂気と言われるほど超コツコツタイプ

代表的なエピソードを二つほど。

まずは73話です。

千空から与えられた極秘司令にさすがの杠もセリフはこれでした。

「ワァァァオオオ」

それは身体がバラバラになった石化像を組み上げるという修復作業でした。

まさに狂気のミッション!

しかもこの回のラストシーンでは杠の後ろには既に組み終わった石化像が数体並んでいたことから、どれだけの時間を使ってきたか想像すると気が遠くなります。

次に気球の布が必要になる87話より。

任せてちょうだいとサインはV。

リーダー杠に大樹、何故か陽までメンバーの手芸チームの新たなミッションに臨みます。

まずは糸作り。

しかし「何万km」と聞いて思わず陽も「ウェェェイ?!」

それだけでなく糸が出来たら今度は布にしなければいけません。

千空とカセキの自信作である機織り機で何とか必要量の布を作り上げます。

これには精魂尽きかけたか「ツルの恩返し」よろしく痩せこけた杠。

まさに「手芸は根気」です。

 

【ドクターストーン】得意な裁縫で大活躍!

やはり紹介するのは87話より。

気球作りで余った生地で洋服を作って売ることを杠は提案されます。

すると今までの疲れも何のその、「作るー!!」と目はキラキラモードに大変身。

好きなことが出来ると笑顔の楽しい裁縫シーンが描かれるかと思いきや斜めの展開に。

まさかの「北斗の杠」で生地に向かって北斗百裂拳状態(笑)

裁縫作業中はラボに閉じこもり“立入禁止”の殺気立つ雰囲気に石神村の住民もドン引き。

しかし大樹によれば中高生時代のいつものことらしいです。

こんな彼女の側で一緒に裁縫をしていた部員たちも相当なプレッシャーでしたでしょう。

その後、仕上がった洋服を石神村の住民に着せファッションショーが開幕します。

裁縫の技術は言わずもがなですが、スイカみたい幼女からカセキのような年配者向けのデザインまで一人でこなすハイスペックぶりが披露されました。

ポエムのセンスはどうかと思いますがね。

 

【ドクターストーン】科学船ペルセウスの乗組員へ

独断と偏見でペルセウス乗員にリストアップされた杠は、船のエンジニアとして早い段階での龍水から名前が呼び上げられます(100話)。

期待するのはもちろん船の帆に関するメンテナンスです。

あまり指摘する人がいませんが、彼女には乗員の誰かがケガや手術をした時の看護婦的な役割も見込んでのことでしょう。

82-83話で司の手術に立ち会った杠。

千空のアシスタントというよりは傷口の縫合などを行ったと思われます。

あまりのグロさに司の妹:未来は気を失うほどですが、最後までオペに付き合った杠は結構肝が座っています。

 

まとめ

杠はコツコツと。

大樹は地道に真面目にと。

似たような性格で周囲も公認でしょうが、両人とも相手を想うが故にあと一歩前に進めないもどかしさもあります。

個人的には2人は国内に残って、早く結婚して子供を産んでという展開もありかと思っていましたが、ペルセウスで一緒にいる分には遠距離恋愛であるクロム-ルリの組み合わせよりは良いのかな。

石化解除されるまで大樹は杠を想い3700年意識を繋いできました。

杠は誰を想い、何を思い続けてきたのかいずれは聞いてみたいところです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です