【ドクターストーン】絆は本物の親子以上!人類の復活を信じた千空の父、石神百夜の生涯とは?!

スポンサーリンク

「白夜」ではなくて「百夜」です。

宇宙服に身を纏った42話で思い切り誤植の自己紹介と、ある意味インパクト十分だった千空の父親

第2回人気投票でも第9位とベストテンをキープするほどの根強い支持を集め、百物語で世紀を超えた援護射撃を千空に遺します。

ここでは、(今のところ)人類最後の宇宙飛行士である百夜について、紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】石神百夜のプロフィール

本名は当たり前ですが、石神百夜

広末大学で教鞭をとる髭が似合うナイスミドルです。

性格はお気楽というか楽観主義者。

話し方もフランクでいつもニコニコ。

思わず周囲の人々も明るくさせるムードメーカーという印象があります。

しかし決める時はビシッと決めます。

そして、決して諦めることのない前向きさ。

地球全土に石化現象に覆われた際も、助けが来るまでISSで救援を待とうというヤコフに対して「俺たちが70億人を助ける」と地球に下りることを決断しました(43話)。

アニメでは「クレヨンしんちゃん」の野原ひろし役の藤原啓治さんが不雰囲気といい、話し方といい、まさにハマり役でしょう。

 

【ドクターストーン】千空は自慢の息子

百夜の千空に対する愛情。

でも実は本当の息子ではなく、親友の子供でした(44、115話)。

その反動もあってか厳しく叱ることもなく、千空の成長を暖かく見守っています。

時々語られるエピソードは過保護を飛び越えた感じも少々

何せ自分の自動車を売却して、千空のために部屋と様々な科学道具を揃えてための軍資金に当ててしまうほどです(10話)。

それに他人との対話でも必ずと言っていいほど、千空のことを話題に上げてきます。

宇宙飛行士になるための最期の面接試験でも、面接官たちに息子のことを話すくらいです。

百夜の千空に対する評価は「俺なんかより100億倍大物」。

千空の良くあるセリフ「100億倍」「100億%」はこの辺りがルーツなのでしょう。

宇宙空間で石化現象を見た時にも、真っ先に千空のことを心配していました(43話)。

かといって、千空にべったりでもない距離感が絶妙で、一緒に人気ラーメン店でカウンターに座り食事をするなど微笑ましいシーンもありました。

宝島でプラチナを見つけた時にゲンが発した一言。

似てるね」(115話)

血は繋がっていませんが、諦めない心は間違いなく親子の2人です。

 

【ドクターストーン】親子の特訓で念願の宇宙飛行士に!

百夜は宇宙飛行士を目指すべく試験に臨みましたが、苦手な衣服着詠で足がつって不合格という経験がありました。

JAXAの次回募集は何年後か分からない。

そんな中、千空は将来の夢ではなく、今すぐ宇宙飛行士になると決意したのは小学校1年生の時でした。

それからは、一人で、または大樹と共にロケットの打ち上げなどの実験を繰り返す千空。

遂には電極装置を仕込んだウエットスーツを発明すると、スパルタ水泳による特訓を百夜に強いて苦手科目を克服していきます。

見事に宇宙飛行士の再募集に合格した百夜

そして5年が経ち千空は高校生に。

一方、夢を叶えた百夜はISS(国際宇宙ステーション)クルーとして抜擢されます。

百夜はソユーズに搭乗する直前にアナウンサーからマイクを奪うと、テレビを通じて「山ほど科学の土産を持って帰る」と千空に約束をしました(以上42話より)。

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】ISSのクルーと新人類の祖先

サターンやアポロとは異なり束ねたブースターがイカしたデザインのソユーズ。

無事に大気圏を離脱してISSとのランデヴーに成功します。

この後に起きた石化現象により、百夜を含むISSにいた6人が人類最後の生き残りとして、また、滅亡後の祖先となるのです。

以下はその仲間たちを紹介します。

ヤコフはガタイの割には小心者ですが、メンバーで唯一宇宙二度目のベテランです。

ダリヤはその妻でヤコフを尻に敷きますが、地球帰還後は子供が生まれました。

コニーが肺炎にかかった際に抗生物質を探しに本土に向かいますが、その後の消息は不明となります。

コニーは元NASAの職員でリリアンの大ファンで、後にシャミールと結婚してやはり子供を産みますが後に肺炎で死亡。

そのシャミールはソユーズのパイロットにして、千空同様の“こまっしゃくれた”性格でクールですが、本当は楽しかったと死の直前に百夜に告白をします。

そして最後は世界最大の歌姫リリアン・ワインバーグ

5000万ドルでソユーズ搭乗の権利を購入して期間限定の滞在のはずでした。

高圧的な態度かと思ったらそれは演技と実はお茶目な性格で、屈託のない笑顔がステキです。

平和な時には宇宙からの生歌ライブを配信していました。

最後は百夜がリリアンの亡骸を抱き抱えていましたが病名は不明のまま

おそらくは百夜と結ばれたはずですが、原作ではそこまで明確な描写はないため、アニメでどこまで加筆されるか気になります。

地球帰還はまずはシャミール、コニー、リリアンが先発隊で。

そして百夜、ヤコフ、ダリヤが地球に降下していきます。

場所は石化現象の発生源である南米から最も遠い地球の裏側

日本の無人島は現在の「宝島」です。

宇宙飛行士でのサバイバル訓練のおかげか、石化後の地球でも何とか生き延びて、6人から8人と、出産などで人口は3700年をかけて増えていくことになります。

ヤコフの口癖が「オホー」とカセキを思わせたり、コハクやルリにリリアンの面影を見たりと、6人のクルーの子孫は登場人物の誰に当たるのか、関連性を推測するのも面白いですよ(以上42〜45話)。

 

【ドクターストーン】人類が生き残るための「百物語」

仲間たちが倒れていく中、百夜は後世の子孫のために生き延びるための手段や知識、危険なことなどを残すべく「百物語」を作成します。

桃太郎に出てくるのは熊、ゴリラ、ライオン、ワニ、中々ハードな動物も、ギャグではなく危険な動物を教えるための変更でした(21話)。

そして百物語の最後は“其の100 石神千空”。

代々巫女のみが口伝として知る最後の段を、ルリは千空にだけ話ます。

その内容はサバイバル術ではなく、父親から息子への時を超えたメッセージでした。

約束通り俺からの科学土産は百物語が繋ぐ仲間たちだ!!

ルリに案内された石神村の人々の墓地で涙を流す千空。

それと同時に百夜たちの軌跡を通じて貴重な情報を得ることができました(以上45話より)。

 

 【ドクターストーン】百夜の最期は前のめりで

宇宙から帰還した宇宙飛行士の最後の1人になった百夜。

彼のラストミッションは希少鉱物を少しでも多く確保することでした。

文明を復活させるには必要ですが、採取可能な場所は旧時代でほぼ取り終えています。

そのため、晩年は米粒以下の大きさである希少金属を集めるために、毎日川でザルを救いながらの金属採取に取り組んでいたようです。

コハクがソユーズから回収してきた砂金の量から、おそらく数十年繰り返し作業してきたようで、ナイスミドルの額をはじめ顔には多くのシワに、自慢のヒゲもすっかり白くなっていました。

死期が近いと感じたか、周囲には「俺が死んだら砂金はソユーズに入れておくように」と遺言を残します

そして最後は川に前のめりに倒れると、息子のことを思いつつ、水面に映る星空を感じながら波乱の生涯に幕を閉じるのでした(114〜115話)。

 

まとめ

繋がれた命。

やはり印象的なのは45話のカラーの扉絵です。

百夜が伸ばした手から引き継いだ、千空とその背後に描かれた石神村の住民たち。

お前なら負けねー、0からだって文明を作り上げて全人類を救い出す

こうして最期まで息子を信じる百夜の物語は終わり、舞台は第2章へと続いていきます。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です