【ドクターストーン】敵か味方か分からない謎の人物 羽京!元自衛隊員の彼が持つ特殊能力とは?戦闘力はどのくらい? 

スポンサーリンク

着実に戦力を増強する司帝国。

そんな科学王国との対決へとストーリーが進む最中、羽京は登場しました。

ゲンが司を裏切る前には既に羽京のことを知っていたことから、石化解除は早かったことが想像できます。

科学王国側についてからは、千空たちと同様に「五知将」に数えられるほどの実力者。

そんな元自衛隊員の羽京をこれから紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】羽京のプロフィール

本名は西園寺 羽京。

彼の勇姿は73話のセンターカラーを参照

弓を射るポーズをはじめ髪や服、帽子の色が一発で分かります。

石化解除の名残である模様が頬のあたりに描かれていますが今は見られませんね。

前職は国家公務員。

潜水艦乗りのサブマリーナで潜水艦の命ともいえる耳、ソナー担当の水測員でした。

自衛隊への入隊資格は一般的には高卒以上、中卒でも自衛隊生徒として江田島で4年教育が課せられます。

そのため年齢は少なくても石化前で19才以上のはず。

なので実は千空や大樹よりも年上です。

外見は童顔のイケメンさんです。

言葉使いは「ですます」の丁寧語で穏和な印象を受けます。

また千空との初会話は英語と語学も堪能のようです。

アクが強いキャラクターが多い本作の中ではわりと常識人なので、99話の思い出写真のシーンを見ると石神村の学校では先生役も務めていたようです。

生徒から♡マークが送られるほどでした。

 

【ドクターストーン】司帝国トップ3の実力者

司帝国時代は、首魁の司、氷月の二人と並ぶトップ3のポジションでした。

羽京は自衛隊出身なので基礎体力は高いし弓使いも相当ですが、何せトップ2の化けモノと比較すると戦闘力が劣るのは仕方ないでしょう。

どちらからというと選民思想の危険な二人よりも常識があることから参謀的な役割と考えた方が良いでしょう。

 

【ドクターストーン】潜水艦船員の時に鍛えられた聴力

羽京の能力といえばやはり「耳」

初登場は後ろ姿で。

相当な距離の異変を聞きつけて、後にクロムを捕獲します。

また73話ゲンの偽リリアンの声マネも「声のゆらぎがない」と僅かな波長の違いで見破るほどゴイスーなスペックです。

今にして思うと、作品の大まかなプロットとして第3部は船で海外冒険をするためソナー担当が必要になる、とこの時点で伏線を張っていたことにお気づきでしょうか?

 

【ドクターストーン】武器は精度の高い弓矢

そしてもう一つの能力は弓矢

果たしてどこで習っていたのかはまだ語られていません。

司、氷月、コハク、マグマなど近接戦闘主体が多い中、弓矢という“飛び道具”が使える稀有なキャラクターです。

その精度は遠距離攻撃にもかかわらず、相手の進路を防ぐために足元を狙う正確さ。

司帝国から脱出する65話の場面では、羽京の弓から逃げ切れないと判断したクロムとマグマが二人がかりで囮になりゲンを逃がすほどでした。

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】クロムを助けた理由

千空はクロムに電池を差し入れしていたのは、羽京だと既に見抜いていました。

羽京はさすがと言いながらも「殺されずに済んだね」とこの時はまだ千空に警戒を解くつもりはありませんでした。

その理由としては「探り探りながら」として、敵か味方か不明な位置づけでした。

しかし司にも絶対服従ではなかったことも分かります。

では何故留まっていたかについては、氷月のように人を傷つけるのを楽しむ様子はなかったことから、羽京なりに判断する材料を揃えて現状を分析していた可能性があります。

 

【ドクターストーン】千空達の極秘任務に共感

千空が司帝国に潜伏している杠に与えた“ワオォォ”な極秘任務は73話から。

それは破壊された石化像を一体ずつ欠けたパーツを突き合わせながら修復するという、狂気のミッション。

こんな状態にありながら、科学の力で全員を救うという千空たちの決意に羽京は心を動かされていくのでした。

 

【ドクターストーン】偽善者としての葛藤

登場後は敵味方のどちらに付くのか底が見えなかった羽京。

同じく司を裏切ったゲンは「蝙蝠野郎」と揶揄されるように、自分に有利な方につくと分かりやすい基準がありました。

しかし、羽京は石化時代に復活した者同士での殺し合いは絶対に避けるべきという考えが最初にありき

司の石像破壊を見逃していた自分を「一番の卑怯者」と言うあたり、救える命を助けられず葛藤があったことと思います。

 

【ドクターストーン】「誰も殺さない」ことを条件に仲間へ

羽京は千空との電話会談で不殺の決意を聞いて、条件付きながら羽京が味方となる決意をしたのは74話でした。

千空との約束に「ありがとう」と涙を流すあたり、石化の際に大事な人を失ったからか、それとも司の石像破壊を見逃していた自分が救われたのか、解釈は色々出来そうです。

もっとも、科学王国と司帝国の最終戦争では、76話で司からの強襲で大量出血して倒れてしまい“ひょっとして最初で最後の犠牲者は羽京になるのでは?”と連載当時はハラハラしたものです。

 

まとめ

千空同様に不殺の人である羽京。

科学王国と帝国軍との戦いが停戦してからは千空の頼もしい味方となりました。

最初はクールなキャラかと思いきや、千空の発明品に驚くころには段々とコミカルな表情が増えてきます。

フランソワが河原でイノシシを料理するのを止めるべく背後から駆け付ける、94話の最後のシーンは必見

コマは小さいですがよく見ると目を飛び出しながら走っています。

などと書きましたが、ボートやペルセウスでソナー探知機を見つめる羽京の姿は様になります。

103話では海底の石化像を探知するなど、やはりプロの仕事です。

彼の存在なしでは南米渡航は不可能なことから、羽京との活躍のシーンはこれからもっと増えてくるでしょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です