【ドクターストーン】W主役の1人のはずが地道王!底なしの体力をみせつける大木大樹!影が薄い理由は?強さはどのくらい?

スポンサーリンク

千空がストーンワールドに蘇らせた人物として、次に選ばれた大木大樹

単なる親友というだけでなく、彼に対する信頼感がわかります。

作品序盤で主人公千空と共に行動する大樹のあれこれを知っておくと、7月からのアニメも楽しめますよ。

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】1話では完全に大樹が主役

記念すべき第1話。

先に登場したのは千空よりも先でした。

しかも本名まで「大木 大樹」と自ら心の声で自己紹介。

さらにクスノキの下で杠に告白タイムと、未読の人は大樹が主人公と勘違いしてもおかしくないでしょう。

この後に石化光線が世界を覆いますが、人間が石化していく過程、石化している間の思考、石化後のなど、全て大樹を通して物語が進んでいきました。

巻頭カラーも千空よりも大樹の方が手前ですしね。

ちなみに千空の苗字が「石神」だと判明するのは41話と、実に1年近く先になります。

 

【ドクターストーン】幼馴染の千空との関係

回想シーンは大樹が千空を守るため自らが盾となり学生から3話のシーンでは、二人がランドセルを背負っていたことから小学生以前からの付き合いというのが推測できます。

そして10話では河川敷で野球をする大樹、一人で実験に没頭する千空です。

1話で杠に告白を決意した大樹に千空はガソリンを「惚れさせ薬」と称して渡します。

一見イジワルそうなシーンですが、大樹はそのようなものに頼る男でないと千空は彼の性格を知っています。

石化解除後の二人の関係は「アタマは千空、体力は俺」とばかりに明確な役割分担をしていますが、3話でライオンに襲われそうな場面では“千空を失ってはならないと”やはり両手でガードして守る姿は昔と変わりません。

司帝国から脱出してきた大樹と杠が1年ぶりに再会した時には、ハグしようとする大樹をスリ抜けて千空が肩をポンッ。

仲が良くてもベタベタしない。

多くは語らなくても心は通じている二人。

初めて会った大樹を見て「初めて会った気がしない」と感想したコハクの台詞は、大樹のことを良く知り尽くす千空が、その通りに石神村の住人に教えていたからに他なりません。

 

【ドクターストーン】脳筋、デカブツ、チート体力と呼ばれる大樹のスペック

端的な表現だと「専守防衛」の人です。

防御力は本作ナンバー1でしょう。

108話でゲンが例えたガチャ的カードゲームならば、レベルはSR(スペシャルレア)で属性は“忍耐”と高評価。

事実、6話で司の蹴りを喰らいますが倒れず堪えます。

これには司も驚きます。

そして司帝国の闘いではFRP製の盾で科学王国の皆んなを守る75話

司帝国の戦士たちもそのタフさに驚きます。

それでいて

人を殴ることは悪いことだー!

絶対に自分から攻撃しません

同じ75話では音響兵器ショックキャノンで司帝国の戦士たちを気絶させたのは、直接人を殴ったりしなかったのでこれはノーカンで。

よく大樹は単なる筋肉バカと思う人がいますが、これは完全に誤解です。

そもそも大前提として千空と同じ高校に入るだけの地頭力はあります。

石化解除のナイタールを作るためにエタノール、つまりお酒が必要だと知りブドウからワインを思いつく柔軟性。

千空が司に首を折られた時も、ノーヒントで千空の首に付着している石化の破片に何かを感じています。

農作業で貝殻を砕いた粉を肥料として撒くあたりは、作品初期の千空の言葉を覚えていたからにほかなりません。

もっとも、電話の向こうから聞こえるゲンのモノマネをあっさりとリリアン本人だと信じ切ってしまいましたが(笑)

 

【ドクターストーン】3700年続く杠への一途な思い

大樹は石化していながらも意識を保てたのは、杠を思う気持ちがあればこそでした。

杠を守れず謝る大樹。

大好きでした、何百年も、何千年も・・・!

クスノキに身を寄せた杠に念願の告白をしましたが、それは涙の告白でした(以上1話より)。

その後千空と合流した大樹は3話で杠を石化解除しようとしますが、制服が風化しているため裸体で復活するのを知って慌てます。

例え親友といえども、見せてはいけないとばかりに千空に目隠しではなく、目潰しで隠そうとするほど、大樹の杠に対する想いは強そうです(笑)

 

スポンサーリンク

【ドクターストーン】司の監視と杠を守るため本編離脱

仮死状態から復活した千空と大樹・杠が別れたのは15話です。

千空は司帝国に対抗する科学王国を立ち上げるため。

大樹は司に千空は死んだと思わせるスパイとして、また杠を守るためにです。

ここで千空が杠に託した「ワオォ」な極秘使命は、バラバラになった石化像を接着して人の形に戻す狂気のミッション。

司たちに気付かれないため大声で別れることが出来なかった大樹は、拳を天に突き上げて千空に無言のエールを送ります。

司帝国に戻るとダミーのお墓に毎日の墓参り。

そして1年後。

ゲンたちが隠した携帯電話を発見し、今度こそ電話の主に叫ぶのでした。

千空ー!!」(64話より)

 

【ドクターストーン】人気投票では散々な結果

ジャンプ50周年号で発表された第1回人気投票結果

トップ3は

1位 千空

2位 コハク

3位 ゲン

でした。

第1部の主要キャラの大樹でしたが、司帝国に潜入のためしばらく登場する機会がなかったため、第10位と予想外の順位でした。

杠も同様の理由からか13位と今ひとつ振るわず。

ともあれ、GGR(ゲスゲスレア)としてクズでキャラが立ってきた銀狼(14位)より上なのが救いかな。

95話で第2回の人気投票が開催されます

龍水やフランソワ、それにホワイマンなど強力なキャラクターも登場していますが「農業王」に恥じない結果に期待したいです。

 

【ドクターストーン】杠との関係はどうなった?

1話では明らかに大樹が告白する雰囲気を感じ取った杠。

おそらくは両想いでしょう。

大樹の真面目な性格から帝国に二人でいた時も「今はこんな事態だから」と告白しないで胸の内に秘めたままだと思います。

ペルセウスが完成した99話のラストシーンで大樹がいなかったので、大樹と杠は陸に残って農作業と人類復興かと予想したのでしたが。

友達以上恋人未満

結局二人とも乗船して離れ離れにならずに済んでいるので、船上での告白タイムなどイベントがあっても面白そうです。

 

【ドクターストーン】主役としてまた輝ける日はくる?

あまり目立とうとはしない大樹。

それもあり主役を張るエピソードが少ない中での91話をご紹介。

パンを作るため関東平野で始まった農作業。

パワーを生かした開墾は昼夜を問わず続けられます。

体力∞の大樹ならではの仕事ですが、食料を山ほど作り世界中を蘇らせる、と熱い思いを語ります。

最後に成長した小麦畑を見ながら、杠お手製の麦わら帽子を被った大樹に安心感です。

 

まとめ

大樹を表現すると「気は優しくて力持ち」というイメージがピッタリだと思います。

マジメで仲間思い。

一途なところも好感が持てます。

これで人気が出ないのも不思議ですが、千空はじめ他のキャラが個性的すぎるのもあり、自分は縁の下で支えるタイプと割り切っている点があるようです。

とにかく場が和みます。

ペルセウスに密航して龍水に怒られ落ち込むスイカに対して、やることはあると一緒に掃除を勧めるなど元気いっぱいです。

幼くして両親を無くした過去にもかかわらず、悲しみを見せない姿と他人の幸せを望む献身的な姿。

こんな男に惚れられたら杠も幸せでしょう。

3700年。

刻を越えた恋愛が成就しますように。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です