【ハイキュー】不屈のセッター菅原孝支!副主将として菅原は優しすぎ!?皆が見習う菅原の行動とは?スガさんの名言は?

スポンサーリンク

才能や抜きん出た運動能力で注目を浴びる主人公達がいる一方、忘れてはならないのが殆どの選手は一般的には平凡であるという事実です。

突出した力がなくとも影で努力し、レギュラーに選ばれるもなお、チームの勝利のため、拍手喝采を浴びる主人公達を支えています

今回は烏野高校の三年生セッター菅原考支(すがわらこうし)から、荒削りなチームを支える者の視点を解説していきます。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】菅原孝支の人物像

菅原孝支は烏野が『堕ちた強豪』と呼ばれた時代を経験する3年生セッターです。

1年の時から烏野の飛躍に貢献すべく、コツコツと力を培ってきました。

3年の春、皆さんご存知天才セッターの影山が入部し、同期の日向とのコンビで唯一無二ともいえる武器をを習得しました。

『全国大会出場』という目標を掲げている以上、実力のあるコンビはすぐにレギュラーとして歓迎されます。

しかし、当然それは菅原がレギュラーから外れることを意味していました

先輩が引退し、ついに自分が公式戦に出られる学年になった矢先、一年生にレギュラーを奪われる。

ある意味『凡人の苦悩』を現す出来事であり、一般的には腐ったり諦めてしまう人が多いと思われます。

それでも彼は、チームのための努力をしていきます

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】影山にはない菅原の強さ

菅原はセッターとしての技術は影山と比べるとやはり劣っています。

かといって、彼に存在価値がないかと言われれば決してそんなことはありません。

彼が作中初めて試合でプレーしたのは、インターハイ予選で影山の焦りからチームのリズムが崩れていた時でした。

実力で遥かに上回る人物がレギュラーにいる時、突然交代になると慌ててしまうプレイヤーは多くいると思います。

そんな中、常に試合に出る準備をしてベンチにいた菅原は、いつも通りのコミュニケーションで接し、チームに雰囲気を取り戻します

実力では上回っていても、焦りからリズムが崩れていた影山に対し、スパイカーを『活かす』ことを常に考え、コミュニケーションを欠かさない菅原によってチームが立て直したのです。

やはり実力では及ばず、徐々に対応されてしまう菅原ですが、確実に影山になかったものを示し、存在感を出していました

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】影山とレギュラー争い!

影山の才能に感服し、「勝利の為なら絶対に正セッターは影山がいい」とコーチに告げるなど、チームの勝利に対して真摯的な菅原ですが、選手としての貢献も計り知れないものがあります

菅原は影山に及ばないことは自覚しつつも、自分がコートでできることについても常に意識しています。

影山と交代した際も、ピンチサーバーで出場した時も、自分ができる最善を常に考えプレーしているのです。

さらには、「全員で殴り合いを制す」コンセプトを持つ烏野の一員として、本職ではないスパイクにも挑戦しています。

リベロの西谷のセットアップからシンクロ攻撃の一員として攻撃にも参加。

例えスパイクが止められても、役割を自覚して何度でも攻撃に参加するなど、チームへの貢献は影山にも引けをとりません

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】スガさんの数多い名言は?

ウチのスパイカーはみんな強いからな

ブロックを恐れるあまり、トスが速くなり、リズムを崩していた影山に贈った言葉です。

飛び抜けた実力がないが故、スパイカーを信頼することの重要性を理解した先輩からのこのメッセージは、影山の芯に残り続けることになります。

次もやるから

セッターの本職ではないスパイクに挑むも攻撃を阻まれてしまった際、相手のブロックへ向けた言葉です。

止められたくらいで怯まない、次も警戒しろよ?と暗に告げているのです。

数での攻めを基本とする烏野は、全員が『打つ気』で攻撃に参加することでブロックを迷わせます。

囮であろうとも本気で飛ぶ事にどれほど重要な意味があるか、彼は日向からそれを学んでいました。

役割に徹する姿もさることながら、能力もタイプもまるで違う後輩からでさえ『強さ』を学ぶ姿勢がひしひしと伝わる一言でした。

勝つぞ

一度影山と交代した後、落ち着いた影山がコートに戻る際に告げた言葉です。

彼は最初「勝てよ」と言うつもりでしたが、まだ自分の戦いは終わっていないことに気づき、訂正します。

選手として、いつでも勝利のために尽くそうとする気持ちはもちろんですが、筆者は、圧倒的な差であっても『セッターとして負ける気はないぞ』というニュアンスも含まれていたように感じています。

 

スポンサーリンク

まとめ

ハイキュー‼︎は元々リアリティがかなり強い作品ですか、その中でも菅原は多くのスポーツ選手が共感できる存在です。

「才能がないから」「努力しても勝てない」菅原もそんな言葉で終わらせることはきっと出来たはずです。

それでも彼は爆走する主人公達を追いかけ、共に戦う選択をしました。

我々にも似たような状況が訪れることがあるはずです。

そんな時、彼のように立ち向かう選択肢が存在することはとても頼もしい事実ですね。

それが正しいとは言いません。

しかし菅原の生き様は、少しだけ視野が広くなれたような気分にしてくれます

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です