【ハイキュー】夜久衛輔はチームのオカン?溢れるチームメイトへの信頼と名言・卒業後の意外な進路とは?

スポンサーリンク

烏野のライバル校として人気が高いのが音駒高校です。

音駒は守備力の高いチームとして有名ですが、今回はその中でも特に守備力に優れた、リベロの夜久衛輔についてまとめました。

夜久衛輔は高い実力と男前な性格、可愛い容姿と“オカン”と言われる人柄などなど魅力だらけで、音駒の中でも高い人気を誇ります

それでは夜久衛輔のプロフィールから能力、外見内面の魅力や卒業後の進路、キャストや名言までたっぷりとご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔のプロフィール

プロフィール
  • 夜久衛輔(やく もりすけ)
  • 所属:音駒高校3年5組
  • ポジション:リベロ(背番号3)
  • 身長:165.2㎝
  • 体重:60.2㎏
  • ジャンプ最高到達点:301㎝
  • 誕生日8月8日
  • 好物:野菜炒め
  • 最近の悩み:後輩がなんか色々心配

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔の通う音駒高校とは?

音駒高校は東京にある都立高校で、通称「ネコ」。

何度か全国大会にも出場したこともある強豪校です。

烏野高校とは長年の因縁があり、地区を跨いでのライバルとして互いに切磋琢磨している間柄

作中随一の良きライバル・良き友である両校の関係は『ハイキュー!!』の大きな見どころの一つであり、音駒は『ハイキュー!!』におけるもうひとつの主役と言っても過言ではありません

 

スポンサーリンク

烏野高校との切れない縁

音駒と烏野の縁は監督の世代から始まっています。

音駒の猫又監督と烏野の烏養一繋元監督は中学時代からのライバルであり、全国大会で戦うことを誓い合っていたライバルでした。

約束を叶えることは出来ませんでしたが、彼らは共に母校のコーチ~監督となり、チャンスさえあれば練習を組んで共に全国での対戦を目指していきます。

そのまま両監督が引退し交流は途絶えてしまいましたが、猫又監督の復帰と烏野バレー部顧問武田一鉄の努力をきっかけに両校の関係が復活

再びネコとカラスの因縁が繋がったのでした。

現在音駒コーチの直井学と烏野コーチの烏養繋心も高校時代のライバル。

そして日向たちもまた、良きライバル関係を築いていきます。

長きに渡る交流と、それぞれの代で研鑽し合ってきたライバル、それが音駒と烏野の絆なのです。

この2校の試合は近所の人々の楽しみともなっており、「猫対烏!ゴミ捨て場の決戦」として親しまれてきました。

作中では全国でこの「ゴミ捨て場の決戦」を実現することが大きな目標のひとつとなっており、作中最大の見どころともなっています

 

スポンサーリンク

音駒高校バレー部はどんなチーム?

音駒バレー部は守備に優れたチームです。

全員のレシーブレベルが高く、とにかくボールを拾い、落とさないことが強み

攻守ともに派手さや天才と呼べる選手、突出して攻撃力の高い選手が存在するわけではないため「なんで強いんだ…?」と言われがちなほど一見地味ですが、ただボールを拾って万全の態勢で攻撃し返す、その単純であり困難な工程をごく当然のようにやっていく、その堅実と言えるカタチが音駒の特徴です。

猫のようにしなやかなプレーで守備も含めとにかく“穴がない”、確かな総合力を持つ強豪チームなのです。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔のポジションと役割とは?

夜久衛輔のポジションはリベロ

リベロはスパイクやサーブなどの攻撃、ブロックなどネットより高い位置からのボールの返球が禁じられている守備専門のポジションです。

常にコートにいるわけではなく、後衛にいる選手と入れ替わって守備を務めます。

ボールを床に落とさないことで貢献する守備のスペシャリストであり、常にバックゾーンからコート全体を見渡せることからセッターに次ぐ司令塔であったり、チームの精神的支柱であったりすることも。

ルール的には必ず配置される必要はありませんが、優秀なリベロがいると言うのはチームにとって大きな強みとなります。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔の能力

夜久衛輔は都内屈指のリベロと言われています。

その理由は、音駒の「守備の司令塔」であること

レシーブ力の高い音駒でリベロを担う彼は、“護りの音駒のエース”とも言えるのです。

ここではチームの中での夜久衛輔をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

チームをまとめる力

夜久は弱音を吐くことがない上にリベロとしての実力と自信が伴っているため、技術面だけでなく精神面でもチームを支える力を持っています

試合中も誰よりも大きい声で鼓舞したり時には蹴りを入れて叱咤したり。

キャプテンの黒尾よりも辛辣でハッキリものを言うので、基本的には夜久がチームを引き締めていると言えます。

また、夜久が怪我で途中退場した際には今まで夜久に頼っていた部分を補うためにチーム全体が限界以上の死力を尽くし、夜久が“いない”ことでもチームがまとまるなど、その存在感は音駒にとって非常に大きいものだと感じさせました。

夜久という存在はチームをまとめる力を持っているのです。

 

スポンサーリンク

チームの中での役割

夜久の役割のひとつとなっているのが後輩指導

守備を重視する音駒の中で最もレシーブが上手い夜久は、面倒見も良く教え方も上手いため、レシーブ指導も任されています。

後輩(特に灰羽リエーフ)に厳しいですが、そうしながら“護りの音駒”の守備力をしっかりと底上げしているのです。

 

スポンサーリンク

選手としての魅力

夜久の選手としての凄さは、全員のレシーブ力が高い音駒でリベロに君臨しているということです。

その実力は、本人もレベルが高いと言われる西谷ですら尊敬の念を抱くほど。

全体的に守備の上手い音駒において、夜久は特別「凄い」という印象は与えません。

しかしそれが夜久の凄さ。

西谷曰く「すげえレシーバーは必ずしも目立つわけじゃないんだぜ」というように、ソツなくスーパープレーを行っているのが夜久衛輔なのです。

当たり前にサーブをセッターに返球し、当たり前にアタッカーのコースに回り込み、当たり前にボールを拾う。

夜久の安定したレシーブがあるからこそ、セッターの研磨を始め、音駒が存分に力を発揮できるのです。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔の外見とは?

リベロとしてかっこいい夜久ですが、見た目としては「可愛い」と女性読者に高い人気を誇っています

その特徴はまず165㎝の小柄な体型。

そしてクセ毛気味のベージュの短髪と、太く短めの眉毛に大きな目です。

「ネコ」と言われる音駒の中で(猫又監督を除いて)最も猫っぽい見た目ではないでしょうか。

そんな可愛い見た目を持つ彼が、プレーや発言は誰よりもかっこいいのですから、そのギャップに思わず心奪われてしまいますね。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔の性格はオカン気質?

夜久の性格も人気の理由となっています。

それは“オカン気質”を感じるところ

リベロの後輩・芝山への指導やリエーフの世話などバレーでの面倒見の良さが窺える他に、研磨がクシャミをしたらすかさずティッシュを差し出したり、研磨が人見知りせずに話している姿に涙したり、日頃から母性を発揮しているのです。

また夜久は自身が怪我で途中退場した時には、その試合が終わった後に涙を流しながら皆と抱き合ったり褒めたりしてチームの皆を労っていました。

時には厳しい言葉をかけながら、いつも周りに気を配り世話を焼く、そこに感じる“オカン”感が夜久の最大の魅力ですね。

ちなみに同じく問題児のフォローしている立場であることから、烏野の菅原とは気が合うようです。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔は身長の話に敏感?

リベロは高さが必要なポジションではないので、自身の低身長に烏野の西谷はあまり気にしていませんが、対して夜久は意外にも気にしています

そのため音駒では夜久の身長の話はタブーとなっており、リエーフ(チームNo.1の身長)が夜久の身長をいじった際には怒って蹴りを入れていました

夜久の身長は165.2㎝で西谷や日向よりも高いのですが、それでも低身長を気にしている夜久に普通の男の子らしさを感じますよね。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔の声優とは?

アニメで夜久衛輔を演じているのは、立花慎之介(たちばな しんのすけ)さん

1978年4月26日生まれ、岐阜県出身の声優で、同じ声優の福山潤さんと共に声優事務所BLACKSHIPの社長を務めています。

ゲーム好きで知られている他に、音楽ユニットを組んでいたり推理小説を執筆していたりととにかく多趣味で多彩な人物。

高音域の爽やかな声であることから主に少年や青年役が多く、クールからミステリアス、ヘタレやギャグキャラまで自在にこなす実力派声優です。

立花さんの声質と演技力だからこそ、夜久のかっこ良さ・可愛さ・温かさがアニメで丸ごと感じられるのです。

出演作
  • ソーマ・アスマン・カダール(黒執事)
  • 立向居勇気(イナズマイレブン)
  • 滝澤政道(東京喰種)
  • 支倉麻也(ひとりじめマイヒーロー)
  • 英時明(DYNAMIC CHORD) etc.

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔の名台詞集

夜久には守備の音駒の支柱としての絶対的な存在感とそこに溢れた自信から、作中では様々な男前の名言を生み出しています

ここではその中から2つご紹介します。

 

スポンサーリンク

お前は5点ミスったって10点獲ってくれりゃあいいんだよ!

第196話、春高予選準決勝で梟谷高校に完敗した音駒は、代表校の残り一枠を巡りそのまま戸美学園との連戦に挑まねばなりませんでした。

もう後がないという緊張感の中、特に灰羽リエーフには梟谷戦でのミスが頭を過っていました。

そこに夜久がこう声を掛けたのです。

お前は5点ミスったって10点獲ってくれりゃあいいんだよ!あとは相手に獲られなきゃいいハナシだ

まだ経験の浅いリエーフにミスは当然という精神的フォローと、それよりもリエーフには点を獲る力があるという信頼を含んだ心強い言葉ですよね。

そして何より“護りの音駒のエース”としての自信に満ちた男前なセリフです。

 

スポンサーリンク

過保護上等!セッターを動かさねえのが音駒品質だ。

第268話、春高2回戦vs早流川工業でのセリフです。

早流川の監督は猫又監督の教え子でもあったため音駒のスタイルを熟知しており、戦略的にセッターの研磨の体力を削り崩そうとしてきました。

時間を掛けて研磨を潰す策により、徐々に試合の流れは早流工業に。

討ち破るためには相手と同じだけの粘りが必要だという猫又監督に、キャプテンの黒尾は言いました。

慣れてみせますよ。“レシーバーの皆さんが”

その言葉に応えたのが、守りのエース・夜久衛輔でした。

おおよ、過保護上等!セッターを動かさねえのが音駒品質だ

音駒のスタイルとその土台として誰よりも自信を持っているからこその力強い言葉ですね。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】夜久衛輔の意外な高校卒業後の進路

『ハイキュー!!』ではキャラクターたちの高校卒業後の進路が描かれ話題となりましたが、夜久衛輔もまた驚く姿を見せてくれました。

最終回で描かれた26歳の夜久は、Cheegle Ekaterinburg(チーグルエカチェリンブルク)のリベロとなっていました

なんとロシア・バレーボール・スーパーリーグで活躍していたのです。

前髪を上げ、サングラスにスーツ姿で高校時代とはまた違う大人の魅力を纏わせています。

世界で戦っていることにも驚きましたが、日本代表の選手としても召集されており、まさに日本を代表するスーパーリベロとなっていたのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

夜久はかっこ良さと可愛さを兼ね備えた上に母性も完備している最強キャラクターです。

プレーでもメンタルでも日常でも音駒を支えまとめる夜久はまさに音駒の守護神でありオカン。

是非リベロとしてもオカンとしても魅力に溢れた夜久衛輔の活躍に注目してください!

日本よりも高身長であろうロシアで戦う夜久も見てみたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です