【ハイキュー!!】宮兄弟がかっこいいと大人気!?双子の違いを解明!そして高校卒業後のそれぞれの進路とは?

スポンサーリンク

優勝候補の一角として烏野の前に立ちはだかったのが、IH準優勝チームである兵庫県代表稲荷崎高校。

中でも日向・影山以上のコンビネーションを見せたのが、高校バレー最強ツインズと言われる“宮兄弟”でした。

実力も人気も高い宮兄弟、どちらが侑で治なのか今一度確認したい方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、似ているのに意外と違う!?宮兄弟について、プロフィールから見分け方、名言やキャスト声優、卒業後の進路までたっぷりとご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟のプロフィールは?

まずは宮兄弟のプロフィールからその違いを見ていきましょう!

見分け方は「髪の分け目」です。

 

宮侑(みやあつむ)
  • 所属:稲荷崎高校2年2組
  • ポジション:セッター(背番号7)
  • 身長:183.6㎝
  • 体重:73.3㎏
  • 誕生日:10月5日
  • 好物:トロ
  • 最近の悩み:指先が乾燥ぎみになる季節
  • 見分け方:髪の分け目が左側で金髪

 

宮治(みやおさむ)
  • 所属:稲荷崎高校2年1組
  • ポジション:ウィングスパイカー(背番号11)
  • 身長:183.3㎝
  • 体重:74.5㎏
  • 誕生日:10月5日
  • 好物:めし
  • 最近の悩み:人生最期の日に何を食べるか決められる気がしない事
  • 見分け方:髪の分け目が右側で銀髪(漫画では色のついている方ですね)

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟の性格の違いは?

性格においてはさすが双子というべきか、2人とも闘争心が人一倍旺盛の負けず嫌い

喧嘩も絶えず、稲荷崎では『バレー部名物・双子乱闘』と呼ばれていました。

このように根本的なところは同じですが、それでも2人には少し違いがあります。

 

スポンサーリンク

宮侑(みやあつむ)の性格

侑は非常に好戦的で荒々しい性格です。

バレーに関して自信家で貪欲で、自分のセットで何で決められないのかとチームメイトに対して厳しく追及したり毒を吐いたり、観客の声援や応援に対しても睨みつけたり…。

ただしその自信はバレーに夢中で努力して培ってきた実力があるからで、勝ち気で時に高圧的ですがその分スパイカーに対しては誰より真摯で献身的なプレーをします

ただ純粋にバレーを愛するバレー馬鹿なのです。

小学生の時にバレー教室で聞いた元全日本セッターの「打たしたる」という言葉にかっこよさを感じ、セッターを目指すようになりました。

 

スポンサーリンク

宮治(みやおさむ)の性格

治の性格は“侑よりは”落ち着いています

それは他人に厳しくあたり、皆に嫌われても平気な顔をしている侑を見て「人に優しく生きる」と決めたから。

バレーに関しては治の方が先に魅力に気づいていたり、幼い頃は侑より一枚上手で「治に挑む侑」という構図だったりしましたが、侑だけユース強化合宿に呼ばれるなど段々と侑に押されていきます。

侑に劣らず負けず嫌いな治ですが、それでもこの結果に不満はありませんでした。

侑の方が俺よりちょびっとだけバレーボール愛しとるからな

治は一緒に突っ走ってきたからこそ誰よりも侑の努力を知り、誰よりも認めているのです。

しかし侑がそれほど強くなったのも、常に同じスピードで走ってきた治あってこそだとチームメイトの尾白アランは知っていました。

そしてバレー馬鹿の侑に対し、好物が「めし」であったり、「飯が何でも“生きててよかった”みたいな顔して食うとる」と言われていたり、試合に対する貪欲な気持ちを「腹が減る」と表現したりと、“食”に対してちょびっとだけ気持ちが強めなのが治です。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟の強さとは?ポジションは?

2人はポジションも違います。

しかしそれが兄弟ならではの恐ろしく息の合ったセットアップを生み出しているのです。

 

スポンサーリンク

宮侑(みやあつむ)のポジション

侑のポジションはセッター

「高校No.1セッター」と言われ、全日本ユース強化合宿にも呼ばれている天才セッターです。

全スパイカーを絶妙に使い分けるというその実力は“ブレない”“乱れない”で、影山曰く『スパイカーが上手くなったと錯覚するセットアップ』。

「打たしたる」の精神で、先述のように“誰よりも真摯で献身的”なバレーでスパイカーを活かしていきます。

トスは丁寧でありながらも、ユース合宿で影山に「プレーは大分“おりこうさん”よな」と言っていたほど挑戦的でもあり、春高の烏野戦で“変人速攻”を即座にマネするなど試合の度に新しいことをやるようなトリッキーなプレーで相手を翻弄します。

また中総体とIHでベストサーバーを獲ったことがあるほどサーブも得意で、その脅威は“厄介な二刀流”であること。

強烈なスパイクサーブと巧みなジャンプフローターという対応の難しい2種類のサーブを使い分けることによって、試合の主導権を握っていきます

どちらを打つかはエンドラインからの歩数で見分けることが出来ますが、それが分かっていても上げることは難しい、とても強力なサーバーでもあるのです。

 

スポンサーリンク

宮治(みやおさむ)のポジション

治のポジションはウィングスパイカー

侑に比べ目立たないものの、同じように歩んできただけあってその能力は侑に劣らず優秀。

たとえ宮侑を崩しても、双子の治が補完する」と言われているほどの能力を有し、侑同様に挑戦的なプレーを魅せる、春高を代表する強力な選手です。

特に侑とのセットアップは鉄壁で、見様見真似の変人速攻などの無茶ぶりにも対応するなど、他者ではできないような驚異的なコンビネーションを発揮します

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟VS日向

日向ら烏野が稲荷崎と対戦したのは春高2回戦

まずは烏野が初見殺しの変人速攻で試合を揺るがすも、なんと宮兄弟がまさかの変人速攻返し。

この出来事は周囲に恐れを与えるも、日向にとっては“影山以外にも自分に球を届けてくれるセッターがいる”という証明にもなりました

烏野との試合は、1セット目が27-25の接戦で烏野の勝利、2セット目は16-25で稲荷崎の圧勝、3セット目は激闘の末32-30で烏野が勝利。

最後は宮兄弟のどんぴしゃりの双子速攻を、変人速攻ペアの日向・影山がブロックという、作中最強コンビ同士の戦いで決着がつきます

日向・影山のコンビはセッターである侑に興味と嫉妬をもたらしたのか、試合終了後に侑は日向に「俺はいつかアンタにトスを上げるで」と宣言したのでした。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟と北信介の関係性

稲荷崎キャプテン北信介は“ちゃんとやる”性格。

普段の生活でもバレーにおいても何事も、手抜きすることなく規則正しく「反復・継続・丁寧」を淡々と積み重ねている人間です。

バレー選手としての能力は高いとは言えませんが、日頃の精神と実績が自信にも繋がっており、「練習で出来ている事は本番でも必ずやる」というのが北の持ち味。

対し宮兄弟は感情の波も激しく挑戦的な性格で、練習していないことでもぶっつけ本番でやろうとするなど常に新しい事に挑戦し続ける、北とは真逆の人間です。

しかし北は彼らを批判するわけではなくむしろ、宮兄弟の「天才」ぶりが“最初から優秀”というものではないのだと、彼らのバレーへの姿勢と努力を見抜き評価していました

そして烏野との試合では、そんな宮兄弟のチャレンジ精神を表すような速攻が日向・影山にブロックされ試合が終了します。

宮兄弟はぶっつけの速攻を繰り出し敗れたことを謝ろうとしますが、北は「練習でやってへん事を本番でやろうとすんのは嫌いやけど」と言いながらもその結果を認め、最後にこう言いました。

どや俺の仲間すごいやろってもっと言いたかったわ

“ちゃんと”やってきた北自身は“ちゃんと”プレーしたために後悔はありませんでしたが、宮兄弟ら仲間たちの戦いは、勝敗にこだわらない北の感情を揺るがすものとなったのです。

宮兄弟は「孫まで自慢できる後輩になりますから」と答えたのでした。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟の声優は?

双子だけに見分けづらい宮兄弟ですが、アニメでは髪の色もはっきり分かる上に、声でも違いが分かるようになっています。

 

スポンサーリンク

宮侑(みやあつむ)

侑を演じているのは、宮野真守(みやの まもる)さん

声優アワードなど数々の賞を受賞している実力派声優で、イケボ&イケメンで女性から絶大な人気を誇ると共に、明るく飾らない人柄で男性からの支持も高い大人気声優です。

声の良さだけでなく演技力も抜群で主役を務めることも多く、声優界の第一線を牽引し続けています。

歌手や俳優としても精力的に活動しており、音楽番組やバラエティー番組、ドラマ『半沢直樹』への出演など、最近では声優ファンでなくともご存知の方は多いのではないでしょうか。

出演作
  • 夜神月(DEATH NOTE)
  • 一ノ瀬トキヤ(うたの☆プリンスさまっ♪)
  • 岡部倫太郎(シュタインズゲート)
  • 太宰治(文豪ストレイドッグス)
  • 新門紅丸(炎炎ノ消防隊) etc.

 

スポンサーリンク

宮治(みやおさむ)

治を演じているのは、株元英彰(かぶもと ひであき)さん

テレビや舞台などで活躍する俳優ですが、ゲーム&テレビアニメ『ドリフェス!』に抜擢されて以降声優としても活躍の場を広げています。

テレビドラマ出演に加え劇団員としても活動しているため元々ファンは多い上に、声優業で更に人気上昇中

今後アニメでの活躍にも注目です。

出演作
  • 黒石勇人(ドリフェス!)
  • オラ浦先輩(働くお兄さん!)
  • ムサ・カマラ(風が強く吹いている)
  • 中村和博(厨病激発ボーイ) etc.

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟の魅力的な名言集

ここでは宮兄弟を表す魅力的なセリフをご紹介します。

 

スポンサーリンク

名言その①侑「よりいっぱいのモンで支えたんねん、セッターやもん」

第279話での侑のセリフ

通常ならアンダーで上げるような場面でしたが、侑はオーバーで上げました。

侑はどんな苦しい体勢・状況でもオーバーで上げてみせます。

それが侑が誰よりもスパイカーに真摯で献身的である証。

“腕2本”のアンダーでなく“指10本”のオーバー…「よりいっぱいのモン」で支えたいとする侑は、どんな時でも適切な位置に球をセッティングしていくのです。

それを観ていた研磨も「セッターの鑑」だと評していました。

侑が小学生の頃に感銘を受けた「打たしたる」の精神が表れている言葉ですね。

 

スポンサーリンク

名言その②治「飯食うとるみたい」

第282話での治のセリフ

毎回何回も飯食うのにすぐ腹は減って、飯にありつく度幸せやって思うし、何かい繰り返したってその幸せの度合いが下がる事って無いやんか

治は日向のバレーへの姿勢を「飯食うみたいにバレーしよる」と捉えたのでした。

そして空腹時に何か一口食べるともっと腹が空くように、そして美味そうに食べる人を見ると周りも皆腹が減っていくように、貪欲に試合は進んでいきます。

バレーを食に喩える…バレーも飯も好きな治ならではのセリフですね。

 

スポンサーリンク

名言その③侑&治「“今日”何をする?」

第280話での宮兄弟の心

同話で稲荷崎監督の黒須は、守りのサーブを打ってしまった理石に言いました。

去年を、昨日を守って明日何になれる?何か一つでいい。“今日”挑戦しいや」と。

宮兄弟の戦い方はまさにそれで、練習でやってない事を本番でやろうとするなど、常に挑戦し続ける攻めの姿勢があります。

成功したとしても失敗したとしてもその挑戦を糧として、彼らは昨日を消化し、筋肉としてまた“今日”新たなことに挑戦していくのです。

宮兄弟がこれほどまでに強くなった源を表しているような言葉ですね。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟の高校卒業後のそれぞれの進路は?

コンビネーションプレーが脅威の宮兄弟ですが、高校卒業後は全く違う道を歩みます。

 

スポンサーリンク

宮侑(みやあつむ)

侑は卒業後、Vリーグチーム『MSBYブラックジャッカル』に入団

周りにはチームメイトの木兎や日向、佐久早を始め、相手には影山や牛島、星海など個性の強い天然ボケが集まることになり、侑は的確なツッコミをしてくれていたアランに感謝しながらツッコミ役として苦労していました。

試合ではかつての宣言通り日向にトスを上げており、進化版の変人速攻も披露。

更には、ジャンプフローターのモーションからの強打“超ハイブリッドサーブ”も習得し、脅威の三刀流サーバーになっていました

「今日何をする?」の精神ですべての経験を筋肉とし、まだまだ進化していたのです。

 

宮治(みやおさむ)

治はおにぎり専門店『おにぎり宮』の店主となっていました

治はずっと“飯”に関わる仕事をすると決めていたのです。

ご飯が好きな描写がされていましたので、おにぎり屋はまさに好きを仕事にしたようなもの。

バレーを辞めると決まった時は侑と喧嘩することになりましたが、「80歳になった時俺より幸せやって自信持って言えたんなら、そん時もっかい俺をバカにせえや」と、自分の道に対する強い意志を見せたのでした。

そして『おにぎり宮』は評判店となり、Vリーグの試合会場にも出張出店

ちなみにおにぎり屋の命とも言える米は、農家となった北信介のブランド『ちゃんと』を仕入れています。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】宮兄弟の人気の秘密

宮兄弟は、作中の女の子たちがわざわざうちわを作って応援するようなアイドル的存在でもあり、読者からも「かっこいい!」と大人気。

その理由は見た目と言動すべてにあるでしょう。

まずイケメンである彼らは女性人気抜群、さらには所々で見せるSっ気が女性読者の心を掴んでいるようです。

そして楽しさや悔しさなどを隠さずぶつける熱さや、だからこそ培われてきた確かな実力、溢れ出るチャレンジ精神と魅せるプレーが男女ともに魅了しています

スター性×2、どうしても目を惹いてしまうところが宮兄弟の魅力の正体なのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

まとめ

宮兄弟は互いが最高の相棒であり最大のライバル

同じDNAと違う個性を持っているからこそ作り上げられるバレーは彼らにしか出来ません。

卒業後は別々の道を歩みながらも、互いよりも幸せな道だと証明するべくそれぞれが一生懸命に生き、かつ成功しているところもかっこいいですよね。

きっと彼らは死ぬまで互いが最大のライバルなのでしょうね。

宮兄弟が活躍する『ハイキュー!!』アニメ第4期にも注目です!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です