【ハイキュー】岩泉一の男らしい魅力と名言・及川徹との関係・高校卒業後の進路などを徹底分析!

スポンサーリンク

青葉城西高校の副主将・岩泉一は『ハイキュー!!』の人気キャラクターのひとり。

主人公である日向・影山との絡みは少ないですが、彼らにとって脅威である及川徹を語る上で絶対に欠かせない人物であり、「かっこいい!」「男前!」と多くのファンを獲得しています

しかも読者だけでなくチームメイトまで岩泉を「かっこいい」と言い絶大の信頼を寄せているのです。

それでは岩泉のかっこ良さとは何なのか、チームでの役割や名言からその魅力を見てみましょう!

他にも及川徹との関係や卒業後の進路まで詳しくまとめていきます!

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一のプロフィール

プロフィール
  • 岩泉一(いわいずみ はじめ)
  • 所属:青葉城西高校3年5組
  • ポジション:ウイングスパイカー(背番号4)
  • 身長:179.3㎝
  • 体重:70.2㎏
  • ジャンプ最高到達点:327㎝
  • 誕生日:6月10日
  • 好物:揚げ出し豆腐
  • 最近の悩み:あと1㎝…いやせめて7㎜…!

黒髪短髪、ツリ目のガラの悪そうな見た目が特徴です。

荒っぽい口調で、主将である及川に辛辣な副主将。

青葉城西のエーススパイカーでもあります。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一の所属する青葉城西バレー部とは?

岩泉の通う青葉城西高校は宮城県の私立高校で通称:青城(せいじょう)。

バレー部は県ベスト4の実力を持つ強豪で、その特徴は、他校へ行ったらどこでもエースを張れるような人材が揃っていること

攻撃も守備も平均して全員の能力が高く、そのひとりひとりの歯車がキャプテンでセッターの及川徹により綺麗に噛み合い高い総合力を発揮する、柔軟性と安定感のあるチームです。

『ハイキュー!!』ゲーム内の説明文によると「成績も常に上位にランクインする」とのことですので、文武両道の優等生揃いのようです。

中学バレーの強豪校である北川第一の選手の多くがこの青城へ進学しており、岩泉もそのひとり。

白地にペールグリーンのラインが入った爽やかなカラーのユニフォームとジャージが特徴です。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一のポジションと副主将としての立場

青城において岩泉の立場は3つあります。

「ウイングスパイカー」「エース」「副主将」です。

まず岩泉のポジションである「ウイングスパイカー」は、チームの得点源となる攻撃の要で、レシーブから攻撃まで高い能力が要求されるオールラウンダー

「エース」と呼ばれる選手は大体このポジションです。

そして「エース」としての岩泉は、パワーもテクニックもあるスパイカーで、勝負所で決めるメンタルの強さとそれによりチームの士気を高める力を持っています

第127話の伊達工業戦では、ブロックに配慮したトスを上げた及川に対して「いつも通りでいい。俺に勝負させろ」と言い切り、見事伊達の鉄壁をぶち抜いたのでした。

メンタルの強さはプレーだけでなく、どんな時でも前を向いている姿勢からも窺えます。

岩泉は決して弱音を吐くことはなく、たとえチームが劣勢でもフォローや鼓舞をしながら士気を高めていきます。

このチームをまとめる力が「副主将」たるところ。

そして「副主将」としては更に“主将の及川に容赦なくツッコみを入れる抑え役”という役割も担っています

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一と及川徹の親密な関係

『ハイキュー!!』には日向影山を始め様々なコンビ模様が描かれていますが、岩泉一と及川徹もまた、多くのファンに愛されている名コンビです。

岩泉と及川は小学生の頃から一緒にバレーをしている幼馴染

及川は「岩ちゃん」岩泉は「及川」「クズ川」「クソ川」「うんこ野郎」などと呼び、及川が岩泉をからかったり岩泉が辛辣な言葉を浴びせたりと、2人は遠慮のない間柄です。

その分試合中のコンビプレーにも熟年の安定感があり、影山にも「阿吽の呼吸」と評されるほど。

ファンの間で『60話ショック』として有名な彼らの中学時代が描かれた第60話では、牛島という高い壁と影山と言う背後の天才に焦り独善的になりかけた及川を、岩泉が「“6人”で強い方が強いんだろうがボゲが!!!」と説教をして目を覚まさせたのでした。

及川はそれによりチームプレーの大切さに気付き、現在の“スパイカーたちそれぞれの個性を活かす”セッターになったのです。

そうして進化した及川でも追い詰められた時には必ず岩泉にトスを上げるなど、やはり岩泉に対する信頼は別格

岩泉も岩泉で、及川にイライラさせられながらも彼の感情をいち早く見抜くなどなんだかんだで支えとなっており、春高予選で烏野に敗北した後に描かれた番外編では、及川をこう誇り激励したのでした。

お前は俺の自慢の相棒で、ちょうスゲェセッターだ

表向きは雑な扱いでも心の中は長年の「超絶信頼関係」で結ばれている、それが岩泉一と及川徹の絆です。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一の名言集

名言の多い『ハイキュー!!』の中でも岩泉は男前な言動が多いキャラクター

ここでは岩泉の名言の中から、及川との関係性も分かる岩泉らしいセリフを紹介します。

 

スポンサーリンク

①  「キメ台詞は鼻かんでから言えよ」

第60話、中学最後の試合後に及川に放ったツッコミです。

及川は中学時代セッターとしての才能を開花させていきましたが、前には常に牛島若利という大きな壁が立ちはだかり、さらに背後に影山飛雄という天才が現れたことで焦り荒んでしまいます。

そこで岩泉にチームワークの大切さを伝える説教をされたことで及川は吹っ切れ、現在のようなスパイカーたちを活かす”プレースタイルに変わり、中学最後の大会でベストセッター賞を獲得しました。

しかしチームの結果としては準優勝で、及川や岩泉らは悔し涙を流します。

そして及川はさらに上を行く牛島に対し「今度こそ白鳥沢凹ましてやる…!!!」と誓い、背後の影山には「いつか戦う時はぶっ潰してやるから覚悟してなよ」と誓ったのでした。

そんな及川に対して岩泉が言ったのがこのセリフでした。

キメ台詞は鼻かんでから言えよ

及川の気持ちを誰よりも理解しているけれど、共感や激励などではなくツッコミというところが岩泉らしいというか、2人の関係性が感じられますよね。

 

スポンサーリンク

②  「これでチャラな。どっちだって同じ1点だ」

第67話、岩泉がサラリと言った重い一言です。

IH予選vs烏野の最終セット。

デュースが続き25-25で2点先取した方が勝利する局面で、及川は得意のサーブでミスをしてしまいました。

会場中がどよめき、流れが烏野に行きそうになる中、岩泉がスパイクを決め再びデュースに持ち込みこう言いました。

これでチャラな。どっちだって同じ1点だ

確かに同じ1点。

しかし岩泉の1点とこの言葉でチームは崩壊を免れ、勝利への希望を繋ぐことが出来たのです。

窮地で点を獲れるメンタルの強さとそれを成せる実力、何より及川へのさりげなくも大きなフォローとなっている、岩泉の魅力がギュッと詰まったシーンでした。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一の声優は誰?

アニメで岩泉一を演じているのは、吉野裕行(よしの ひろゆき)さん

1974年2月6日生まれ、千葉県出身の男性声優です。

ハスキーがかった特徴的な声と、熱血からクール、アクの強いキャラクターまでこなす幅広い演技力が魅力

『ハイキュー!!』では岩泉の荒っぽい男らしさを感じさせてくれます。

アーティストとしても精力的に活動しており、及川徹役の浪川大輔さんとも『Uncle Bomb』というユニットも組んでいますので、岩泉及川ファンは是非アーティストとしての吉野さんにも注目です。

出演作
  • アレルヤ・ハプティズム/ハレルヤ(機動戦士ガンダムOO)
  • 西條拓巳(カオス;ヘッド)
  • 藤堂平助(薄桜鬼)
  • 小津(四畳半神話大系)
  • プレゼント・マイク(僕のヒーローアカデミア) etc.

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一の高校卒業後の進路は?

岩泉は高校卒業後、大学のスポーツ科学科に進学します

大学2年の時に、スポーツトレーナーの空井崇(牛島の父)に弟子入りするために渡米。

そして2021年のオリンピック時には、日本代表のアスレティックトレーナーとなっていました

バレーに関わり続けているのが嬉しいですし、及川や皆の調子を気遣いながら、時には厳しくも前向きにチームを支えてきた岩泉らしい進路と言えますね。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】岩泉一の男らしい魅力とは?

岩泉の魅力を一言で言えばやはり“男らしさ”!

その男前な性格は、ファンだけでなくチームメイトからも「かっこいい」と称されるほどです。

それはガラが悪そうな外見に、優しさと強さが詰まっている熱い男だからです。

 

スポンサーリンク

岩泉一は仲間想い

魅力のひとつが仲間想いなところ

岩泉は怒りっぽく見えて(及川のせいですが)、言動の端々に優しさが見えるのです。

『60話ショック』で描かれた及川への気遣い・説教であったり、烏野と対戦した際には「お前が凹ましたい相手その2が目の前だ。思いっきりでいいぞ」と背中を押したり、時には厳しい言葉で叱咤して調子を取り戻させるきっかけとなったり、親友である及川の心を理解しているからこその優しさが感じられます。

他にも、後輩の金田一が3年生の最後を意識して動きが固くなった時に「余計なことは考えなくていい」と声を掛けたり、点を獲られた際には相手のプレーを褒めたりするなど、仲間の心情を掬い取って極力フォローする、岩泉にはそんな仲間へのさりげない気遣いが感じられるのです。

 

スポンサーリンク

岩泉一は心が強い

岩泉のかっこ良さはなんと言ってもメンタルが強いこと

どんな窮地でも決して弱音は吐かず、仲間たちに前向きな言葉をかけながら、ここぞという時には自らのプレーで状況を打破して見せます。

しかもそれを自負せず当たり前のようにやってしまうところがかっこいい!

岩泉は青城にとってとにかく頼もしいエースなのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

岩泉の魅力は荒く辛辣な言葉の中に、闘志や冷静さ、仲間たちへの気遣いを誰よりも秘めていて、それを言葉よりも行動で表す男らしさです。

いつも強い精神でチームを支えている青城の柱ですが、だからこそ中学最後の大会や高校最後の大会で見せた悔し涙には重みがありました。

岩泉は主将でもおかしくない選手です。

しかしだからこそ感じられる、青城には及川というスターがいるからこその岩泉の魅力に是非注目してみてください!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です