【ハイキュー!!】烏野の守護神西谷夕・小さな身長など関係ない器の大きさと高校卒業後に選んだ気になる未来とは?

スポンサーリンク

魅力的なキャラクターの多い『ハイキュー!!』の中でも男女問わず人気が高いのが、烏野高校のリベロ・西谷夕

作中でも「ノヤ」「ノヤっさん」と慕われ、バレーでは「烏野の守護神」として頼られている西谷は、作中屈指の小さな身体に作中屈指の器の大きさを持った、ある意味“小さな巨人”です。

烏野の快進撃には、どんな時でも男前な言動やプレーでチームを鼓舞する西谷の存在がとても大きく、その中に名言も多い彼は紛れもなく『ハイキュー!!』を代表する人物です。

そこで今回は西谷夕について、外見内面からプレースタイル、卒業後の進路に至るまで、全方向から彼の魅力をご紹介していきます!

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕のプロフィールは?

プロフィール
  • 西谷夕(にしのや ゆう)
  • 所属:烏野高校2年3組
  • ポジション:リベロ(背番号4)
  • 身長:159.3㎝→160.5㎝
  • 体重:51.1㎏
  • ジャンプ最高到達点:300㎝→302㎝
  • 誕生日:10月10日
  • 好物:ガリガリ君(ソーダ)
  • 最近の悩み:無し!!!

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕の性格とは?

西谷は熱い性格の田中をもって「熱すぎる」と言わしめるとにかく熱い人物

年上(特に東峰)に対してもハッキリものを言う真っ直ぐで堂々とした性格で、声がでかく嵐のような存在感ですが、それがチームの鼓舞にもなっていくムードメーカーです。

おだてられるとすぐに調子に乗ったり、烏野に入学した理由が“女子の制服が可愛い”だったり、マネージャーの清水潔子に猛アタックしていたりとお調子者のような面はあるものの、どんなことにもどんな状況においても非常にポジティブなため、キャプテンの澤村と共に烏野の精神的支柱となっています。

上記プロフィールの「最近の悩み:無し!!!」というところに西谷夕という人柄が表れていると言って良いでしょう。

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕の魅力は身長では語れない

西谷の身長は日向よりも低く烏野で最小

しかしその小さな身体には、女子も男子も惹きつけるたっぷりの魅力が詰まっているのです。

 

スポンサーリンク

西谷夕の外見の魅力は?

西谷の人気の理由がまずその見た目

西谷は色のついた前髪以外を逆立てた攻撃的な髪型に、大きく凛々しい目をしています。

イケメンの多い『ハイキュー!!』の中でももれなくイケメンに入るビジュアルですが、そこに“小柄”という要素が入ることによって“カワイイ”を生み出しているのです。

同じく「可愛い」で人気の孤爪研磨とは種類が違い、西谷の魅力は無邪気な行動。

田中や日向と騒ぐ姿であったり、モリモリと食べる姿であったり、春高では音駒との対戦後に丸まって寝てしまったり、素直で真っ直ぐな言動すべてが可愛く映ります。

特に第25話で描かれたお風呂上がりの西谷は、髪を下ろし普段よりも更に子供っぽい印象となり、心くすぐられた女子もかなり多かった様子。

ちなみにその時に発覚しましたが、逆立てている髪の毛は約10㎝のようです。

 

スポンサーリンク

西谷夕の内面の魅力は?

女性心をくすぐる西谷ですが、実は最大の魅力はその内面

可愛い見た目に反した男らしい性格が男性読者の心をも掴んでいるのです。

それは自分のことにも他人のことにもポジティブな姿

西谷は「背中は俺が護ってやるぜ!!」と自分の力に自信を持っていますし、日向が「エースになりたい」「(自分の特技が)囮」だと言った際には、笑ったり否定したりすることもなく「いいぞなれなれ!!」「呼び方なんて関係無ぇだろ」とサラリと背中を押してみせたのでした。

そしてチームが窮地に陥り雰囲気が暗くなっても「野郎共ビビるなァーッ!!」などと鼓舞する力を持っています。

どんなことにも負の感情を持たない、それが西谷のかっこ良さですね。

エースである東峰がブロックに捕まりすぎてトスを呼ばなくなった時には「俺が繋いだボールをアンタが勝手に諦めんなよ!!」と激昂するなど、バレーに対する熱意も人一倍。

そこには東峰への信頼があるからこそですが、その後も容赦ない言葉で東峰の尻を叩き続けている姿が、身体は大きいのに小心者でネガティブな東峰との対比として高い人気を誇っています。

言動が男前でかっこいいと言わざるを得ず、先輩後輩問わず皆から頼りにされている西谷。

外見は小さく可愛いのに、誰よりも大きく見えるのが西谷夕の魅力なのです。

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷の魅力的なプレースタイルとは

西谷のポジションはリベロ

リベロとは守備専門のポジションで、スパイクやサーブなどの攻撃は出来ず、ブロックなどネットより高い位置からボールを返球することも禁じられており、後衛にいる選手と入れ替わって守備を務めます。

ボールが床に落ちなければ負けないバレーボールにおいてとても重要なポジションであり、西谷は「たとえ身長が2mあったって俺はリベロをやる」というほど自身の役割に誇りを持っています。

そして実力も高く、中学総体ではベストリベロ賞を獲得したほど

他者からの評価はもれなく高いですが、しかしその実力に驕ることなく常に上を目指しており、苦手なオーバーを克服しようと奮闘するなど人一倍努力もしています。

普段のやかましさに比べプレーはとても静かで、時には牛島のスパイクや宮侑のサーブなど壁にもぶつかりますが、どんな試合でも最後には必ず味方にボールを繋ぐスーパーリベロ

男前な鼓舞に加えプレーでもチームを支える西谷は、まさに「烏野の守護神」なのです。

ただし“本能で動く系”なので教えるのはヘタなようです。

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕の人気は名言?迷言?

西谷の名言と言えばやはり、IH予選・伊達工業との試合開始前のセリフ

伊達工業は東峰が部を離れる原因となった相手であり、2・3年生にはまだ“負けるイメージ”が居座っているのか、チームにはどことなく緊張が漂っていました。

すると西谷は、試合前のウォームアップにて突如ローリングサンダー・アゲイン(回転レシーブ)を決めこういったのでした。

よっしゃあ!!心配することなんか何も無え!!皆前だけ見てけよォ!!背中は俺が護ってやるぜ

これにはチームメイトも相手の伊達工も読者も全員がズキューン!!となりました。

西谷の頼もしさが表れたセリフです。

そして迷言?として人気なのがこのセリフ。

俺が烏野に来たのは…女子の制服が好みだったからだ!凄く!

リベロとして中学からすでに名を馳せていた西谷はバレーの強豪に進学してもおかしくなかったはずですが、なんと女子の制服が好みだ(凄く)という理由で烏野に入学したのでした。

男子が黒い学ランだったというのも決め手だったようですが、場所を選ばず誰が相手でも自分のバレーに打ち込めるという自信も含んだ、実に西谷らしいセリフですよね。

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕を演じるイケメンボイスな声優は?

アニメで西谷を演じているのは、岡本信彦(おかもと のぶひこ)さん

2009年に声優アワード新人男優賞、2011年には助演男優賞を受賞した実力派声優です。

透き通るような美声から荒々しい暴声まで自在に操り、穏やかなキャラ、激しいキャラ、クールなキャラ、狂気的なキャラなどなど作品ごとに幅広い役柄を演じ分けていきます。

元気いっぱいの西谷はそんな岡本さんの実力の一端に過ぎませんが、岡本さんの魅力と実力が存分に感じられますのでアニメも是非見てみてくださいね。

出演作
  • 一方通行(とある魔術の禁書目録)
  • 奥村燐(青の祓魔師)
  • 嵐山准(ワールドトリガー)
  • 爆豪勝己(僕のヒーローアカデミア)
  • 不死川玄弥(鬼滅の刃) etc.

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕の人気投票の結果!

『ハイキュー!!』では度々人気投票が行われています。

大体はその時のエピソードに影響されたランキングとなっていますが、その中で西谷はいつもトップ10に入る人気の高さ

公式ではないランキングでも西谷は必ず名前が出ます。

ポジション別では、西谷も尊敬する音駒のリベロ夜久衛輔が強力なライバルとなっていますが、それでも公式最後の投票となった「ベストオーダー」(週刊少年ジャンプ2020年27号掲載)にて西谷は見事リベロ部門1位に輝き、その人気の高さを最後まで見せつけたのでした。

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕の高校卒業後の進路が知りたい!

Vリーグ編ではキャラクターそれぞれの卒業後の様子が描かれ話題となりましたが、西谷のその後はファンの予想を遥かに上回るものでした。

それは第386話、東峰の言葉によって明かされます

西谷は今イタリアでカジキ獲ってるって

…なに???

読者は皆思わず作中の澤村と同じ反応になったはず。

東峰によれば西谷は高校時代、将来は少しだけお金を貯めて、日本でも世界でも行けるとこまで行ってみると言っていたのだそう。

その理由を「見たことも聞いたこともない事いっぱいやってみたいです!」と語っていた西谷。

以前からの興味なのか現地で芽生えた興味なのか、“イタリアでカジキを獲る”もそのひとつなのでしょうね。

世界を回るにしてもてっきりリベロ道を歩んでいるかと思われましたが、高校も制服で選んだ西谷らしい、とても自由な生き方をしていました

西谷の影響で東峰は思い切って東京へ就職する決断をしています。

そして最終回では皆が東京オリンピックを機に集まる中、西谷はなんと東峰と2人で「弾丸世界ツアー」に行っていました

北極に現地集合から始まり、作中時点ではエジプトにいた様子。

西谷の行動力にも驚きますが、あの東峰がどんどんアクティブになっていることにも胸を打たれた、2人の信頼関係の続きを感じる卒業後の進路でした。

 

スポンサーリンク

【 ハイキュー】・西谷夕は器の大きさが魅力!

プロフィール・外見・性格・プレースタイル・名言・卒業後の進路…様々な方向から西谷夕をご紹介しましたが、彼の魅力として感じるのは一言で“器の大きさ”ですよね。

いつでも何に対してもどんな状況でも前向きでひたすら上を見ていて、それが他者への鼓舞ともなる人柄。

仲間を信頼し、時には厳しい言葉をぶつけ引っ張っていく。

いつも本気に突き進むからこそ、皆がその小さな身体に大きな信頼を寄せます。

しかしそんな西谷の根本にあったのは、意外にも「恐怖」

第278話で描かれましたが、実は西谷は小さい頃とても「ビビり」だったんです。

虫が怖い犬が怖い鳥が怖い三輪車が怖いオバケが怖い…人見知りでもありました。

それを克服させたのが、西谷の祖父の育て方と言葉

祖父は「獅子の子落とし」的な厳しい育て方をし、怖がることについて「もったいない」と言ったのです。

わからず終まいはもったいねえのさ

西谷の器の大きい言動には、この祖父の言葉から受けた何事もまず知ろうとする精神が宿っていたのでした。

だからこそ卒業後も世界を知ろうと旅立ったのでしょうね…スケールが別格ですが。

 

スポンサーリンク

まとめ

西谷は言動全てが男前というところが男女ともに人気なわけですが、強い言葉にちゃんと行動が伴っているのが凄いんですよね。

プレーでもメンタルでもチームを支える西谷はまさに守護神

今回ご紹介したものだけでなく、西谷は「名言メーカー」と言われるほど、ちょっとした発言も名言になるカッコイイ男です。

是非原作でもアニメでも西谷夕に注目してくださいね!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です