【ハイキュー】烏養繋心男気のあるコーチの素顔と名言集・そしてコーチの後・声優さんについてを大検証!

スポンサーリンク

烏野を再び“強豪”へと導いたのは、金髪姿の男気溢れるコーチ・烏養繋心でした。

烏養コーチは技術の指導や試合中の采配を含め、烏野に足りなかった“指導者の視点”をもって烏野を飛躍的に成長させた重要人物

そして冷静な分析力と熱い言葉で選手を鼓舞する姿に多くのファンがついている人気キャラクターです。

今回はそんな烏養繋心を徹底的にご紹介!

基本プロフィールからコーチになった経緯、春高のその後やハイキュー史に刻んだ名言、ファンが戸惑った担当声優の交代事情まで詳しく解説していきます!

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心のプロフィール

プロフィール
  • 烏養繋心(うかい けいしん)
  • 所属:烏野高校バレー部OB
  • ポジション:コーチ
  • 身長:178.2㎝
  • 体重:72.2㎏
  • 誕生日:4月5日(26歳)
  • 好物:玉こんにゃく
  • 最近の悩み:まだ30にもなってなのに親に「早く結婚しろ」って言われる

喫煙者で、金髪をカチューシャで上げた厳つい容姿。

普段は母方の実家である坂ノ下商店でエプロン姿で店番をしていたり、実家の畑仕事を手伝ったりしています。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心の祖父とは?

繋心の祖父は烏養一繋

一繋は長年烏野の監督を務め「烏野の烏養」として広く名の知られた存在であり、「小さな巨人」を育て烏野を春高へ導いた名将です。

現在は監督を引退していますが、一度復帰した際に縁下・木下・成田が逃げ出したほど、指導者としては超スパルタでした。

育成方針としては“高さとパワーを軸に個を鍛える”白鳥沢の鷲匠監督のシンプルな持論とは真逆で、“新しいことこそが強さ”のバレーが烏養一繋のスタイル

それを繋心も継いでおり、白鳥沢戦で次々に新たな手を繰り出す烏野に鷲匠は「孫の代になっても変わらない」と嫌な顔をしていました。

現在は自宅の庭コートで近所の小中大学生やママさん選手など幅広い層にバレーボールを教えており、繋心が日向を預けたことで“変人速攻”の進化の手助けをすることに。

音駒高校の猫又監督とは中学時代からのライバルで、互いに監督となってからも長きに渡り両校の交流を続け、烏野と音駒の試合は「猫対烏!ゴミ捨て場の決戦」として両校の関係者や近所の人々に親しまれてきました。

一繋と猫又が誓い合い続けた全国大会での“ゴミ捨て場の決戦”、それは繋心にとっても大きな目標となっていました

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心バレーの腕はどの程度?

烏養繋心は烏野高校の元セッター

現在も町内会チームを作りバレーをしている現役セッターでもあります。

ただし烏野高校に所属していた3年間は、スタメンだったのは正セッターの後輩が怪我をした時の一度のみの「万年ベンチ暖め組」。

繋心はバレーボールが好きなだけで、選手として特別な才能があるわけではありません

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心が烏野高校のコーチになった理由とは?

では何故繋心が烏野のコーチになったのか…それは烏野バレー部顧問の武田一鉄がしつこく何度も頼み込んだからです。

烏野バレー部の可能性を信じる武田は、バレー未経験且つ新任である自分の力不足を認め、何としても彼らを指導できる人物を招こうとしたのです。

繋心に声を掛けたのには、他校との交流を行うために「名将・烏養」の名前が欲しかったというしたたかな理由がありますが、それに加え繋心には、高校でも大学でも後輩指導に長け、相手校の分析も鋭かったという情報がありました

しかし「あの子らの試合を見てもらえたらわかってもらえると思うんです」と必死に訴える武田に、繋心は「俺は人に教えるなんてガラじゃねえ」と拒み続けました。

きっかけは音駒高校の猫又監督の復帰。

猫又の厚意により音駒との練習試合を組むことが出来たことを繋心に報告すると、「あの音駒が来るっつーのにみっともない後輩見せてたまるか!」と一転、繋心は臨時コーチを引き受けることになったのです。

あくまでも臨時の予定でしたが、練習試合で完敗した上に猫又に挑発されたことで、そのまま流れで正式にコーチとなったのでした。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心の声優について

アニメ『ハイキュー!!』において衝撃的な出来事となったのが、烏養繋心役の田中一成さんの死去

2016年10月、田中さんは脳幹出血により49歳の若さで急逝し、ファンや関係者の間に悲しみの声が広がったのでした。

アニメ第3期の途中のことでした。

そのため急遽、声優の江川央生さんが烏養繋心を引き継ぐことになりました

 

スポンサーリンク

田中一成(たなか かずなり)

1967年4月8日生まれ、青二プロダクション所属のベテラン声優。

中域~やや高域の声質で、青年やギャグキャラが多く、大阪府出身であることから関西弁のキャラクターも演じています。

繋心の熱く親しみやすい人柄が原作そのままに表れた田中さんの声と演技はハイキューファンアニメファンの心を掴み、烏養繋心は田中さんの代表キャラクターのひとりとして深く刻まれたのでした。

アニメ1期~3期第8話までを担当しています。

出演作
  • ゲロ田ゲロ左衛門(剣勇伝説YAIBA)
  • 浜田雅功(きょうふのキョーちゃん)
  • 星野八郎太(プラネテス)
  • 玉城真一郎(コードギアス反逆のルルーシュ)
  • アビラマ・レッダー(BLEACH) etc.

 

スポンサーリンク

江川央生(えがわ ひさお)

1962年9月13日生まれ、田中さんと同じ青二プロダクション所属のベテラン声優です。

特徴的なハスキーボイスが魅力の江川さんは、その声質から30~50代の男性キャラクターを多く演じています

アニメだけでなく洋画の吹き替えやテレビのナレーションなど多岐に渡り活躍。

特撮の出演も多く、レギュラー出演していた『炎神戦隊ゴーオンジャー』では最終回に素顔での顔出し出演もしています。

コーエーテクモの『無双シリーズ』で曹仁、石川五右衛門、島津義弘や一般武将を担当しているので、ゲーム好きの方にもお馴染みの声ではないでしょうか。

烏養繋心の引継ぎについてアニメ『ハイキュー!!』の満仲勧監督は「とても難しい役であったと思いますが、こちらの要求に対してとても実直に対応してくださり、一成さんの遺志を受け継いだ繋心が出来上がったと思います」とコメント。

当然当初は違和感を訴えるファンはいましたが、今ではすっかり江川さんの繋心も定着していますね。

アニメ3期9話から担当しています。

出演作
  • カゲトラ(剣勇伝説YAIBA)
  • 牧紳一(SLAM DUNK)
  • キラービー(NARUTO疾風伝)
  • ガトリン(ワールドトリガー)
  • 仲町信夫(からくりサーカス) etc.

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心の心に響く名言集

烏養繋心と言えば若き烏野選手たちを導く熱き言葉

ここではその中でも選手たちを奮い立たせ、読者の心に刻んだ有名な名言を2つピックアップしました。

 

スポンサーリンク

《これが最後の一球!》常にそう思って喰らいつけ!!そうじゃなきゃ今疎かにした一球が試合で泣く一球になるぞ!!

第35話、IH予選前の練習時に叫ばれたセリフ

意味としては“練習は本番のように、本番は練習のように”ってやつですね。

試合で“いつも通り”をするためには、練習が常に本番でなくてはなりません。

練習と本番、区切りをつけてしまいがちですが、最後の最後に後悔をしないために、練習からの1回1回1球1球もすべて全力で挑まねばならないということ。

繋心のこの言葉は、選手たちだけで練習していた烏野の意識を大いに引き上げたと言えます。

そして烏野はどんな苦境でもボールに食らいつく強さを身につけていきました。

常に「これが最後」の気持ちを持つこと、これは読者の私たちも含めすべてのことに当てはまる大事な言葉ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

下を向くんじゃねえええええ!!!バレーは!!!常に上を向くスポーツだ

烏養繋心最高の名言と言えば、第183話でのこのセリフ

IH予選決勝白鳥沢戦最終5セット目、烏野は死に物狂いで王者に食らいつき14点対14点のデュースに持ち込みました。

両者ともに体力も集中も切れる寸前の中、気力とボールを落とさない死力のラリーが続きます。

そして点をもぎ獲ったのは白鳥沢。

これにより白鳥沢がマッチポイントとなり、圧倒的な力の前に烏野一同の空気は一気に重くなってしまいました。

流れを変えたい…でもタイムアウトは使い切ってしまった…そんな時、繋心のこの言葉が会場に響き渡ります。

下を向くんじゃねえええええ!!!バレーは!!!常に上を向くスポーツだ

この鼓舞は再び烏野を立ち上がらせたのでした。

繋心から選手たちへのシンプルで熱い叱咤であるとともに、バレーボールというスポーツを表す言葉でもあるこのセリフは、『ハイキュー!!』における屈指の名言だとしてファンの間で高い人気を誇っています

また、これが烏養繋心役前任の田中一成さんの本作品で収録した最後のセリフでもあったということでも、ファンの心に深く残る言葉となりました。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心がかっこいい理由

烏養繋心の人気の理由、烏養繋心がかっこいい理由は、部員たちに近い存在ということが挙げられるかと思います。

繋心が最初にコーチ業を拒んだ理由には“教えるガラじゃない”という理由の他に、“あの体育館が好きだから戻りたくない”というノスタルジックな理由がありました。

それだけバレー部に想いを積んできたからこそ、繋心は現バレー部員たちの思いや貪欲さを敏感に汲み取ることが出来るのでしょう。

そして自分が当時スタメンではなかったからこそ、“試合に出たい”という選手の立場と“選ぶ側”の立場に思い悩むこともあります。

そんな苦悩も含め、繋心はまだまだ指導者として未熟であり、時には部員たちに勇気づけられたり助けられたりすることも多々ありますが、そうして選手たちと一緒に悩み喜び成長していく姿が彼の最大の魅力ではないでしょうか。

そして外見とは裏腹に(澤村や菅原からは「ズボラっぽいのに」と言われている)、部員たちや相手校の分析を細かに行い、様々な知識やアイデアをもって部員たちの熱意に応える努力が何よりもかっこいいですね。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】烏養繋心のその後

日向と影山が再びネットを挟んだ試合が描かれたVリーグ編では、2人の試合を武田一鉄と一緒に見に来ている繋心の姿が描かれました

32歳となった烏養繋心は坂ノ下商店の店主となり、そして烏野バレー部のコーチも続けていました

髪色を黒に戻しているところを見ると、この年月の間にコーチという立場がすっかり定着していることが窺えますよね。

指導者としての彼の成長を見てきたファンにとって、引き続きコーチを務めているというのは嬉しい姿だったのではないでしょうか。

日向たちを全国に導いた彼ももはや「名将・烏養」ですからね。

 

スポンサーリンク

まとめ

個々の力も決して弱くはない烏野ですが、その力をまとめひとつのチームとして導いたのは烏養繋心という指導者の存在であり、烏野が常に貪欲に進化し続けられたのは烏養繋心の祖父譲りの雑食性です。

部員たちの可能性を見出しどんどん新しいことを取り入れていく、そんなチャレンジ精神に満ちた指導が部員たちの熱意と重なり、烏野の強さとなりました

部員たちと成長しながらしっかりと部員たちを導いていく、若く熱い指導者・烏養繋心に、漫画でもアニメでも是非注目してください!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です