【ハイキュー】赤葦京治はイケメン?冷静沈着な彼のポジションと役割とは?そして卒業後の進路は?

スポンサーリンク

日向×影山を始め色とりどりの人間模様が多々描かれている『ハイキュー!!』の中で、作中屈指の名コンビとして高い人気を誇るのが、梟谷学園高校の木兎×赤葦

常にハイテンションな木兎と彼を制している赤葦の冷静さが絶妙なバランスで、且つその間にある絶大な信頼関係がファンの心を掴んでいます。

そこで今回は「梟谷のお母さん」として大人気の、赤葦京治についてまとめました!

プロフィールや実力、木兎との関係や卒業後の進路、名言まで詳しくご紹介しながら彼の人気に迫っていきます!

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治のプロフィール

プロフィール
  • 赤葦京治(あかあし けいじ)
  • 所属:梟谷学園高校2年6組
  • ポジション:セッター(背番号5)
  • 身長:182.3㎝
  • 体重:70.7㎏
  • ジャンプ最高到達点:327㎝
  • 誕生日:12月5日
  • 好物:菜の花からし和え
  • 最近の悩み:もうちょっとパワーをつけたい

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治のポジションとは?

赤葦のポジションはセッター

全国レベルの強豪校で2年生ながら副主将を務めるだけあってレベルの高いセッターで、影山や宮侑などのように尖った特徴はないものの「総合的に強い」と言われる実力です。

その特徴は優れた洞察力と管理能力

常に相手と自チームの様子を注意深く洞察し思考し続け、冷静な判断で試合の流れを読んでいく司令塔で、テンションの浮き沈みの激しいエースをうまく管理し活かしながら試合を有利に運んでいきます。

他にも木兎に「リバウンド」を月島に「一人時間差」を教えるなど、バレーに関する技術も豊富です。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦に課せられた大切な役割?

2年生ながら司令塔としても副主将としてもチームをまとめている赤葦。

彼の重要な役割のひとつが、エーススパイカーである木兎光太郎のメンタル管理です。

テンションの浮き沈みが激しい木兎はその起伏が直接プレーにも影響し、調子が良ければ敵味方問わず士気を上げてしまうような最高のパフォーマンスをしますが、逆に調子が悪ければテンションが下がり、いつもの打ち方を忘れてしまうなど大きく崩れてしまうのです。

そこで赤葦は“いかに木兎が気持ちよく打てるか”、木兎の様子から瞬時(時には0.5秒)にいくつかの可能性を考え、最良の選択を割り出していきます

あるいはチームメイトに木兎を褒めて持ち上げてもらったり、木兎抜きでの試合運びを行ったりと、赤葦は常に木兎のテンションのコントロールに気を遣っているのです。

チーム自体のレベルが高いために木兎の調子次第でチームが崩れるわけではないところが梟谷の強さではありますが、それでもやはり木兎はチームの大きな柱。

面倒くさいエースですが、彼を活かせるのは最も傍で支え理解している赤葦だからこそなのです。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治の人気に迫る~外見~

赤葦はイケメンとしても高い人気を誇っています

人気の理由はまずつり気味の切れ長の目

つり目と言っても鋭い感じではなく、眠たげで無気力そうないわゆるジト目なのがポイントです。

それがまさにクールながらも穏やかな赤葦らしい印象を与えているのです。

しかしその無気力そうな目も、バレー中にはキリリと意志が宿るところが、さらに女子たちの心を掴むギャップともなっています。

もうひとつが黒髪のくせ毛であること

くせ毛ってパーマとは違うナチュラルでミステリアスな魅力を感じますよね。

しかも周りに埋もれて忘れがちですが、これで身長182㎝もあるのだからかっこよくないわけがないのです。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治の人気に迫る~内面~

赤葦の人気の理由は内面にもあります

赤葦は口数少なくクールな性格

それは大抵が脳内で自己完結しているからで、常に冷静沈着で必要なことだけをハッキリと発言できるところが赤葦という人間です。

しかし決して冷めているわけではなく、試合では感情的な面を見せるなど、その内面に熱い心が感じられるところが本当の魅力

時には取り乱したり、それでも独自の思考回路で冷静になり持ち直したりするなど、彼の脳内には人知れず様々な感情が秘められているのです。

木兎や黒尾にも的確にツッコミを入れたりと、クールなようでいてコミュニケーション能力が高いところもポイント。

木兎と一緒にいることから会話のつなぎ役になることも多く、また、バーベキューで喉を詰まらせた影山にいち早く水を渡してあげるなど、優しく気遣いの出来る人物でもあります。

その辺の気遣いや面倒見の良さなどが「梟谷のお母さん」としてファンに愛されています

大人びた性格ですが、だからこそ真面目で義理堅く、意外とプレッシャーを感じやすいところもあるので、皆が感じているほど完璧な人間ではないというところも心掴まれますね。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治の人気に迫る~木兎の扱い方~

赤葦の人気と言えば、やはり木兎の世話係としての姿

赤葦は、面倒くさい性格の木兎の扱いに最も長けている存在です。

木兎にツッコミを入れたり時にはスルーしたりと容赦ない対応で適当にあしらう様子が、多くのファンを魅了しています。

木兎の方が年上にも関わらず雑に扱える理由は、そこに木兎への敬意があるから

赤葦は中学時代に木兎のプレーを見て漠然と“スター”だと感じ、同じ梟谷に入学してからはより彼のことを理解して、ずっと尊敬し続けているのです。

そして木兎もまた、自分の本気に本気でついて来てくれる赤葦を無条件に信頼していると感じられます。

そんな関係だからこそ冴え渡る鋭いツッコミに、読者は夢中になってしまうのです。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治は声もイケメン!声優は誰?

アニメで赤葦を演じているのは、逢坂良太(おおさか りょうた)さん

2015年には第9回声優アワード新人男優賞を受賞している実力派声優です。

中域の雑味の無い声質が持ち味で、主役から脇役までサラリと幅広く活躍しています。

2019年には同じ人気声優の沼倉愛美さんと結婚したことでも話題となりました。

逢坂さんのおかげで、アニメでも赤葦の存在感と魅力がしっかりと感じられますよね。

出演作
  • 真田ユキ(つり球)
  • 沢村栄純(ダイヤのA)
  • マルコ・ボット(進撃の巨人)
  • ミクリオ(テイルズオブゼスティリア)
  • 唯我成幸(ぼくたちは勉強ができない) etc.

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治の高校卒業後の進路は?

赤葦は卒業後、大手出版社に就職

Vリーグ編では、漫画家となった“元祖小さな巨人”宇内天満と共に会場に来ている様子が描かれました。

文芸部志望だったのに週刊少年漫画誌の方に配属されてしまったようです

しかし木兎を始め周囲を支え続けてきた赤葦には漫画家という存在を支える仕事はピッタリだと思いますし、持ち前の洞察力と管理能力でヒット漫画家を輩出できそうですよね。

少し髪が伸び、メガネをかけてジャケットを着た大人赤葦の装いに、改めて惚れ直した女子も多かったようです。

 

スポンサーリンク

【ハイキュー】赤葦京治の名言集

スポンサーリンク

道は作りますので

第195話、vs音駒にて木兎の弱点その37≪片一方の調子が著しく良い場合もう一方を忘れる場合がある≫が発動してしまった際に、赤葦は木兎に「何も考えずにただ気持ちよく打ってください」と伝えました。

自分が道を作るからと。

そして赤葦は見事木兎の調子を立て直したのでした。

赤葦というキャラクターの魅力と凄さが詰まった一言です。

 

スポンサーリンク

スターを前にして俺にできる事は“いつも通り”の供給だけです

第333話、狢坂戦では、負ければ木兎ら3年生との最後の試合となることがプレッシャーとなり、赤葦はいつも通りのプレーが出来ずにいました。

やることなすこと上手くいかず、“俺が影山や宮侑のようであれば”などと余計な思考に乱されながらベンチに下げられてしまった赤葦。

しかしベンチからコートを眺めたことによって、梟谷というチームの凄さ、木兎という選手の凄さを改めて感じ、自分がコントロールした気になっていたことが「なんて烏滸がましい…!」と気づきました。

赤葦はこれが“負けられない試合”だと思い込んでいましたが、これまでも負けてもいい試合なんてなく、大事なのは1点1点、1試合1試合だと分かったのです。

そして上記のセリフ。

練習でも本番でも同じパフォーマンスを発揮するというのはなかなか難しいことだからこそ、“いつも通り”ならできると断言できる赤葦の凄さと積み重ねを感じますね。

その試合の後に涙を流す赤葦も印象的でした。

 

スポンサーリンク

世界!!!梟谷(うち)のエースを見てくれ!!!

第400話、Vリーグブラックジャッカルvsアドラーズの試合を見ていた時のセリフ

そこには“皆のおかげのエース”から“ただのエース”となり活躍する木兎の姿がありました。

その姿がどれほど赤葦の自慢となっているか…梟谷での彼らの関係を知っているからこそ、このシンプルなセリフが響きます。

 

スポンサーリンク

まとめ

赤葦の魅力は他者を“支える”存在であること

冷静でしっかりして常に周りを窺い調和する、そんな大人びた人物です。

ただしそれは“表に出さない”だけなのであって、その中には憧れや嫉妬や焦りや恐怖、様々な感情を持つ普通の青年でもあるのです。

イケメンとしても注目ですが、是非クールな見た目から滲み出る温かさと人間味にも注目してください!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です