【ハンターハンター】ゾルディック家でゴンと親友のキルア!非常に珍しい念能力の持ち主!?かっこいい場面がたくさん!?

スポンサーリンク

キルアはツンツンした短い銀髪に切れ長で猫のような目の美少年で、ファンの中でも大人気!

そんなキルアの実家は暗殺一家のゾルディック家です。

それゆえにキルアは非常に特殊な環境で育ちました。

暗殺一家ならではの教育方針の副産物とも言える珍しい念能力を使いこなすキルアの戦闘シーンは見せ場が沢山あります

ゴンの親友・キルアについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キルアはゾルディック家の三男!イルミと深い関係!?

ゾルディック家の兄弟構成は順番にイルミ、ミルキ、キルア、アルカ、カルトとなっています。

ちなみに名前にも繋がりがあり、生まれ順に真ん中の文字を「ル」とする3文字のしりとりになっています。

キルアは兄弟の中でも才能が素晴らしく、生まれた時から家族に期待され溺愛されてきました。

特にイルミの執着は著しく、キルアを愛するあまり異常な手段も使っています

イルミはキルアに「戦い方」を教えた人物です。

キルアが絶対に死なないようにするために、キルアの頭に針を刺して思考をコントロールしていました。

この針は「勝てない敵とは戦わない」という洗脳のような暗示をかけて刺されたもので、針の存在を知らないキルア自身はイルミのコントロールからなかなか抜け出せずにいました

この針のせいでゴンの為にイルミに立ち向かえず、ハンター試験に落選もしています。

イルミの針を自ら抜いたのはキメラアント編に入ってから

ゴンを守る為、ラモットと対決した時でした。

今度こそゴンを守りたい…その気持ちが針の存在に気づかせてくれたのかもしれませんね!

針を抜くまでの葛藤はキルアの名シーンの一つと言えますので、ぜひ読んで欲しいです。

イルミは異常で残酷な兄にも見えますが、何よりキルアを守りたいという愛ゆえの行動なのです。

ただ、その愛情がキルアの意志を無視したものであることが問題なのですが…。

イルミがそれに気付く日は永遠にこないでしょう涙。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キルアは幼い頃から暗殺の英才教育を受けていた!?

キルアの実家は地元でも有名な暗殺一家。

その為、生まれた時から暗殺のための様々な英才教育を受けてきました

その結果、完璧な毒耐性を持ち、敵のどのような毒攻撃も(今のところ)キルアには効きません。

訓練のために日常的に拷問を受けており、痛みに対する耐性も非常に高く、傷の治りも早いです。

また拷問の一環で幼い頃から電流を浴びていたため、電気への耐性も持ち合わせています。

(この電気耐性が後に念能力へと応用されています)

英才教育のおかげか、暗歩(無音歩行術)や肢曲(歩行速度に緩急をつけることでキルアが分身したように見せる)など、一朝一夕では身につかない高等技術を身につけることにも成功しています

幻影旅団に捕まった際には、関節を外して逃げ出したり、敵に攻撃する為に爪をするどく変えたりすることもでき、暗殺業を引退した今も英才教育の賜物が随所に生かされています

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キルアは細身な割に力持ち!?試しの門を5の扉まで開ける!?

ゾルディック家には試しの門と呼ばれる扉があります

その名の通り入る者の力を試す門であり、この扉から入らないと中にいるミケに食い殺されてしまいます…。

扉の重さは片方2トンずつ。

押す者の力に応じて1から7までの大きい扉が開く仕組みになっていて数が増えるごとに重さが倍になっていきます。

ハンター試験落選後、ゾルディック家に帰ったキルアは試しの門を3の扉(16トン)まで開けていました

ところが会長選挙編では5の扉(64トン)まで開けられるようになっているんです!

キルアは年相応の身長に対してかなり力が強いことがわかります。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キルアは冷静沈着な性格!?慎重すぎる場面も!?

キルアはゲームやお菓子が大好き。

拗ねたりじゃれたりする子供らしさと、どこか達観した大人らしい面を持ち合わせています。

基本的にまっすぐでひらめき型のゴンとは正反対で、冷静沈着で慎重派なのです。

ゴンが作戦もなしに「やりたいこと」を先行させようとすれば、キルアは冷静に危険性や実現の可能性を検討して判断を下します

その為、ゴンと衝突することもしばしばあります

キルアが慎重派なのはイルミの仕込みも関係があります。

キルアは少しでも危険だと察すれば基本は逃げ一択。

キメラアント編でカイトがピトーに襲われた際も、カイトを救おうと暴走したゴンとは正反対で、ゴンを気絶させ、その場を即離れています。

ゴンと比較する癖があり、自身の保身的な考え方を嫌悪している節も見られます。

また、生意気で礼儀知らずな為(ビスケにババアと言うなど)女性には好かれない傾向があります。

パームと一瞬ではありますが付き合うことになったゴンとはここでも正反対です。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゾルディック家は曲者ぞろい!?

ゾルディック家の家族はその職業あってか曲者揃いです。

1人1人を簡単にご紹介します。

祖父ゼノは「一日一殺」が座右の銘

ただし仕事が絡まなければ人殺しもしない割とマトモな感覚の持ち主。

父親シルバは筋肉隆々の頼れる存在

ゼノとは相性が良く、よく一緒に仕事をしています。

この2人はキルアにも理解があり、キルアも2人を慕っています。

母親キキョウは西洋風のドレスを見に纏い、機械式のスコープをつけた代わった風貌の持ち主

出身は旅団同様、流星街。

キルアを特に溺愛しすぎる故に、当のキルアからは鬱陶しがられています。

ヒステリーな性格で嫉妬深く、キルアに刺されたり冷たい目で見られたりするたびに「暗殺者として立派に成長している」と感激する変わり者です。

第1子イルミはキルアを愛するが故に支配しようと考えてしまう歪んだ思考の持ち主

ヒソカと交友があります。

第2子ミルキはデブなオタクで基本的に引きこもり

家族で唯一キルアを特別扱いしないため、キルアは「ブタくん」とバカにしつつも連絡を取るなど交流があります。

第4子アルカはキルアにとって大切な妹

特殊な能力を持ったせいで家の中に幽閉されていました。

第5子カルトは兄(おそらくキルア)を取り戻すために旅団にまで入った末っ子

行動力はありますがまだまだ実力不足です。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キルアは家族の中で唯一アルカの事を思っている!?

キルアとアルカは幼い頃はよく一緒に遊んでいました。

キルアは当時からアルカの中にいるナニカの力を誰よりも把握していました。

しかし、イルミに針を刺されてからはアルカのことも忘れていきます。

アルカを救うことは危険を伴うことですから、向き合わないように操作されていたのです。

しかし針を抜き、アルカを思い出したキルアはゴンとアルカを救う為にゾルディック家に戻りました

アルカを危険な”モノ”扱いする父親にキルアは激しく反発。

アルカを取り戻すための”家族内試練(インナー・ミッション)”に挑みます。

アルカのもう1人の人格・ナニカは大好きなキルアの言うことは何で話も聞きます。

キルアはアルカの為にナニカに「出てくるな!」と強い口調で命令しました。

しかしアルカに「ナニカをいじめるお兄ちゃんなんかっ大キライ!!」と叱られ目を覚まします。

キルアはアルカとナニカを一生守る覚悟を決め、イルミからの追跡から逃れる為にもゴンとはここで決別することを決めます

ずっと幽閉されてきたアルカのことを思ってか、キルアとアルカは世界を巡る旅に出ています。

キルアとアルカの兄妹愛は見ていて微笑ましいですね!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キルアは変化系でも珍しい雷を放出する変化系能力者!?

キルアの念能力は変化系

水見式では水の味が変化します。

ヒソカのオーラ別性格分析では「気まぐれでうそつき」と定義されており、なかなか当たっているような気がしますね!

キルアは変化系の特徴を生かし、幼い頃から浴びてきた電気をオーラに変化させることで強力な技を使えるようになりました

苦しい拷問もキルアの糧となってくれましたね。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】様々な応用技があるキルアの念能力!限界を超えた速度で反応できる!?

キルアは電気を利用した様々な応用技を使えるように成長しています

その技名も電気や雷に因んだカッコいいものばかりです。

 

1)雷掌(イズツシ)

充電した電気で両手からスタンガンのような高圧電流を発し、敵を感電させ一時的に動きを封じます。

 

2)落雷(ナルカミ)

落雷のように高圧電流を敵の頭上に落とす。

ラモット戦で初披露しました。

 

3)神速(カンムル)

体外に纏った電気オーラを通して、自分が感知するより速く手足を動かすことができます。

使用している間は髪が稲妻状に毛羽立つのが特徴。

キメラアント編や家族内試練編で使用し、誰もキルアのスピードについてこれませんでした。

 

4)電光石火(でんこうせっか)

神速に似た技で、自身の肉体を電気の力で操作し敵の先を取ることが可能です。

 

5)疾風迅雷(しっぷうじんらい)

電光石火とは反対に、攻撃を受けた後に体外オーラで感知し、自動でカウンター攻撃を返す技です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゾルディック家の期待の星として生まれたキルアは、幼い頃から暗殺の英才教育を受けてきました。

完璧な毒耐性を持ち、電気にも耐える肉体を持っています。

しかし暗殺業を生業にするには優しすぎる性質を持っていた為にイルミに針を刺され、コントロールされることに。

親友ゴンを守る為、その針を抜いてからは本来のキルアらしい優しさと強さが出てきました

アルカとゴンを救い、今はアルカと共に世界を見て回る旅に出ています。

暗黒大陸にはナニカのルーツも関係しています。

連載中の暗黒大陸編への再登場を期待して待ちましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です