【ハンターハンター】名バトル!ゴンVSピトー!因縁の相手を倒すために命を懸けたゴン!

スポンサーリンク

ゴンVSネフェルピトー戦はHUNTER×HUNTERの中でも間違いなく名バトルと言えるでしょう。

カイトを奪われたゴンは、自分の全てを投げ捨てでもネフェルピトーを許すことはできませんでした。

それは命をかけた戦いだったのです。

制約と誓約の力で”ゴンさん”となったゴンは、因縁の相手ネフェルピトーを倒すことはできるのでしょうか?!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンとネフェルピトーの因縁はカイトの死から!?

ゴンとネフェルピトー(以下ピトー)の出会いはカイトと共にNGLを探索している最中でした。

ピトーの禍々しいオーラ(円)に触れたカイトは、ゴンとキルアにすぐに逃げる様に警告します。

しかし、当然カイトのオーラに触れたピトーが逃すはずもありません。

一瞬でカイトたちとの間合いを詰め、ピトーは目の前に現れました。

カイトの腕を初撃で奪い、尚カイトを狙い続けていました。

手負のカイト以下と見做されたゴンとキルア。

ところがゴンは奪われたカイトの腕が地面に叩きつけられた瞬間、感情が暴走してしまいます。

ゴンは咄嗟に動いたキルアに気絶させられてしまいます

カイトはキルアの判断を褒め、再度逃げる様に促しました。

残されたカイトは必死で応戦したものの、結局はピトーに命を奪われてしまうのです。

ゴンがその事実を知るのは少し先ですが、この時からピトーとの因縁は始まっていたのです。

ちなみにピトーの円は特殊であり、円形ではなく、形をとどめないアメーバ状の円となっています。

ピトーの意思で円の形を変えられる為、カイトたちも予期せず触れてしまったものと思われます。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ネフェルピトーがカイトの亡骸を弄ぶような扱いをしていた事にゴンは激怒!?

ゴンはカイトが”死ぬわけない”と信じていました。

キルアには眩しく移るほどに…。

(キルアはピトーとの実力差、カイトの腕が奪われていることなどを勘案してカイトが既に死んでいると想定していました。)

カイトを一日も早く救い出すため、ゴンは再びNGLを目指し、特訓を重ねました。

先にNGLに潜入していたナックルからカイトを発見したと連絡を受け、ゴンは一安心します。

…ところが、再会したカイトはもうゴンの知っているカイトではありませんでした

つぎはぎだらけの体に、意志を感じさせない表情で近づく者を単純に攻撃してきます

それはまるで機械の様でした。

ゴンは殴られながらもカイトを抱きしめました。

カイトを元に戻すため、強い決意を持ってピトーに会いに宮殿に向かうのですが…。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンとピトーの戦いはコムギを巻き込み事態は膠着状態へ!?

キメラアントとの直接対決に臨むゴンたち。

突入の瞬間、想定外のことが起きます。

空から無数の龍が宮殿を貫いたのです。

それはキルアの祖父ゼノの「龍星群(ドラゴンダイヴ)」でした。

この攻撃により、コムギが重傷を負うことになってしまうのです。

ゴンがピトーのいる王の間に辿り着いた時、ピトーは丁度、龍星群で傷ついたコムギを治している最中でした。

「彼女を助けさせてくれ…!」

ピトーは王にコムギを任せられています。

予想外のピトーの言葉にゴンは怒りの矛先をどこに向ければいいのかわかりません。

「ずるいぞ!なんでそいつばっかり!カイトにはあんな非道いことしたくせに!」

ゴンを突き動かしているのは激しい怒りでした。

コムギもろともピトーに攻撃しかけたゴンを止めたのはキルアです。

「そいつ殺したらカイトは元に戻らねーぞ」

「キルアは…いいよね 冷静でいられて 関係ないからっ」

ゴンの言葉はキルアを傷つけました。

それでも…キルアはゴンのため、その悲しみを隠して強い言葉をかけ続け、ゴンをを立ち直らせました

ゴンはキルアのおかげで冷静さを取り戻し、ピトーの頼みを聞き入れることにしました。

「1時間 ここで待つ!」

ゴンは1時間後、カイトを戻すためにピトーと共にペイジンに行くことを約束させました。

事態はしばらくの膠着状態となります。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンの最初で最後の全力!ゴンさんVSネフェルピトー!

コムギは危機を脱することに成功しました。

そして、カイトを元に戻すため、ゴンとピトーはペイジンに向かいます。

ところが、そこで聞かされたのは悲しい事実でした。

「彼はもう死んでいる」

ピトーの能力は生きている者しか治すことができず、死人は腐敗しない様に作り直すことと操ることしかできなかったのです。

ゴンはその言葉を聞いた瞬間、絶望で座り込んでしまいました。

ピトーはさらに続けました。

「君を殺さなきゃいけない 王の為…」

ゴンはピトーの言葉に反応します。

「嘘つき…」

“もうこれで終わってもいい”

“だからありったけを…”

ゴンの周りの空気が揺らぎました。

ピトーはゴンの異変に反応し「黒子舞想(テレプシコーラ)」を発動させました

ゴンの姿は以前のそれとは変わっていました。

身長は伸び、肉体も強化され筋肉隆々、髪は数メートルはあろうかという超長髪です。

ゴンは制約と誓約を自身にかけ、ピトーを倒すためだけに強制的に体を成長させたのです。

その姿はファンから”ゴンさん”の愛称で呼ばれています。

ゴンさんVSピトー開始!

ピトーの黒子舞想による攻撃すらゴンは完全に見切っていました。

高くピトーを蹴り上げ、落ちてくるまでに「ジャンケングー」の力を極限まで高め…ピトーに叩きつけたのです。

その頃、キルアが全力でゴンの元に向かっていました。

キルアがたどり着いた時、目にしたのはゴンがピトーに最後の一撃を与える瞬間でした。

すでに屑切れの様に横たわるピトーの頭部に、ゴンは拳を振り下ろし、ピトーの頭部を粉砕したのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンさんに瞬殺されたネフェルピトー!死後の念が発動!?

圧倒的な力を持っていたピトーを瞬殺したゴンさん。

そこ異常な力にキルアは畏怖の念すら覚えました。

「ゴン…なのか?」

「キルア…」

キルアの存在にゴンが気づいた時でした。

頭部を粉砕され、死んでいたはずのピトーの肉体が動き、ゴンの右腕を一瞬で奪ったのです!

ピトーが発動させていた黒子舞想が王を守るため、死後さらに強力な念を纏い、ゴンの抹殺だけが目的の骸人形と化し、攻撃を仕掛けてきたのです。

(術者が強い意志を持ったまま死ぬと、残された念は恐ろしく強くなり、自ずと対象へと向かうようになっているのです。)

今回の場合「王を守りたい=ゴンを抹殺する」という意志を黒子舞想が持ち続け、ピトーの体を操ってゴンを襲ったのです。

強力な意志を持った黒子舞想(ピトー)は次なる攻撃を与えようと跳躍しました。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンさんは右腕失いながらもピトーを粉砕し決着!

黒子舞想の攻撃が続く瞬きすら許されない薄く細い時間の切れ目にゴンはつぶやきました。 

「少しだけ 嬉しい」

「やっとカイトと同じになれた あの時の…」

「少しだけ 救われた」

キルアはその言葉を確かに聞きました。

ゴンとキルアが最初にピトーに出会ってしまった時、カイトの腕は今のゴンの様にピトーに奪われていました。

ゴンは自分の弱さのせいでカイトを死なせてしまったと深く後悔していました

あの時のカイトと同じ状態になれたことで、ほんの少しだけ、許された気持ちがしたのかもしれませんね…。

ゴンはキルアに気持ちを吐き出した後、ピトーを迎え撃ちに駆け出します。

奪われた自分の手を手に取りピトーの胸に刺して固定しました。

(右腕はやるよ)

(お前も もう おやすみ)

「最初は グー!!」

ゴンの手に再びオーラが集まります。

キルアは最後の一撃を繰り出そうとしているゴンの背後から必死に声をかけました。

「ゴン!!」

これ以上その力を使えば、この先どんな代償を支払えばいいのか…キルアにも想像がつかないほどの力でした。

ゴンはキルアに笑いかけた様に見えました。

カイトを救うことができなかったゴン。

これで死んでもいい…そう思っていたのではないでしょうか?

ゴンさんの一撃はピトーを完全に停止させ、ゴンさんの勝利で決着がつきました

 

スポンサーリンク

まとめ

ゴンVSネフェルピトーはゴンさんの勝利で幕を下ろしました。

カイトを救うために光(希望)を持ち続けたゴン。

ところが操り人形にされたカイトと再会した時からゴンは静かに闇に落ちていたのでしょうね…。

その様子を知りながら、どうすることもできず苦しんでいたキルアの寂しさも相当なものだったはずです。

カイトの死を知ったゴンはピトーを倒すために自分の全てを捨てて”ゴンさん”に強制成長

その力は圧倒的な強さを誇ったピトーを瞬殺しました。

それほどの力を手にするためにゴンは命懸けの制約と誓約を課しています。

ゴンの過去の戦いからしても最大の難敵・ネフェルピトー戦は印象に残る名バトルとなりました

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒カイト 死亡?ピトー『もう一度遊びたい』ってサイコパスだな!・・

⇒死んだはずのカイトはキメラアントとして生まれ変わっていた!・・

⇒ゴンの決死の姿!通称ゴンさん!ネフェルピトーを瞬殺!?制約・・

⇒ネフェルピトーを倒すために死力を尽くしたゴン!?死んでしま・・

⇒ゴン=フリークスの能力は?念能力は?プロフィールまでまとめ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です