【ハンターハンター】多種多様な姿を持つキメラアント!強さはもちろん性格も様々!?王に従わないものも存在!?

スポンサーリンク

キメラアントは摂食交配と呼ばれる特殊な産卵形態をもった危険生物です。

NGLにたどり着いた女王が人間を食したことで、知性や感情を持つキメラアントたちがたくさん生まれました。

更に別の生物やレアモノ(念能力者)を食したことで姿や能力も様々になり、力が格段に上がりました。

その力と人間らしい欲深さとで、王にすら従わないものも現れるほど。

多種多様な姿と能力を持つキメラアントについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】謎の超巨大女王キメラアント!暗黒大陸から来たのか!?

キメラアントは別名グルメアントとも呼ばれる第一級隔離指定種に認定されている昆虫です。

非常に貪欲で凶暴な蟻で、摂食交配という特殊な産卵形態をとっています。

摂食交配とは、他生物を食べることでその生物の特徴を次世代に反映させることができるというもの

キメラアント編当時はどこから流れ着いたのかは不明でしたが、後に暗黒大陸に生息している生物であることが判明しています

キメラアントには蟻タイプと亜人種タイプ(ゴンたちが戦ったのはこっち)があり評価は「危険度B」とされています。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】絶対的な王メルエム!生まれながらに最強!?

メルエムは女王から生まれたキメラアントの王です。

生まれながらにして種の頂点に立つべき存在であると言う自負を持ち、非常にプライドが高い性格をしています。

小柄ながらキメラアントの王に相応しく、絶対的な強さを誇ります。

念能力として何かを使うと言うことはなく、自らの肉体そのものが圧倒的な攻撃力・防御力を備えているのです。

生まれた直後は人間のことはおろか、同種である兵隊蟻すら餌として食していました。

しかし、あかずの少女・コムギに出会ったことで人間の可能性について考えを改めることになります

自身を殺しに来たネテロとも最初は話し合いによる解決を図ろうとしました。

ネテロの”貧者の薔薇”で毒に冒され死亡しますが、最後の時を望んだ通りコムギと過ごすことができました。

ちなみに討伐時の年齢は生後40日でした。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】王の忠実な部下ネフェルピトー!ネテロより強い!?

ネフェルピトー(以下ピトー)は王・メルエムの直属護衛隊三戦士のうちの1匹です。

猫の遺伝子が非常に濃く出ていることから猫との交配で生まれたキメラアントだと思われます。

カイトを殺した相手であり、ネテロに初見で「あいつ ワシより強くねー?」と言わしめました。

序盤は猟奇的な面が際立ちましたが、後半はコムギを母親のように守ったり、誠意を見せてくれたゴンに正直であろうとしたり、内面の成長も見せてくれました

最後は王を守るため、コムギを救ったのち覚醒したゴンに殺されます。

念能力タイプは特質系。

メルエムやコムギを治したり、カイトを「修理」した玩具修理者(ドクターブライス)や、戦闘用の黒子舞想(テレプシコーラ)などを使うことができます

さらにピトーの使う”円”は通常の丸い形ではなく、アメーバ状に自由に形を変える事が出来ます。

さらに形も自在で、一部分を伸ばせば最大で2kmに達するほどの範囲を持似合わせており、見張り役として大きな役割を請け負っていました。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】護衛軍の一人モントゥトゥユピー!見た目に反し優しい性格!?

モントゥトゥユピー(以下ユピー)は王・メルエムの直属護衛隊三戦士のうちの1匹です。

人間とではなく魔獣との混成型の蟻である為、かなり大柄なで屈強な体格を有しています。

蟻になる以前の記憶は待ち合わせておらず、人間と混ざった他の蟻と違い、一個人としての執着も薄いのが特徴です。

性格は直情的で物事を深く考えることは苦手。

考えるより、本能に基づいて行動することも多く「我ハ盾 身ヲ以テ 王ヲ護ル」と言うように、ユピーの行動はメルエムを守ることを第一としています。

しかし討伐隊との戦いなどを経て、念能力や戦いの奥深さや人間のすごさもを知っていくことになります

特にナックル&シュート戦ではその心意気に敬意を持つほど、人間らしい優しさにも似た感情を持つようになっていきました。

圧倒的な力を見せつけたユピーも最後はメルエム同様”貧者の薔薇”の毒で呆気なく命を落としてしまいました。

念能力タイプは強化系。

自身の細胞の形状を変えてさまざまな形態・性質にすることができる形態変化を駆使し、触手や腕・翼、眼球などの器官も自在に増やすことが可能です。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キメラアント軍の統率役シャウアプフ!容姿端麗!?

シャウアプフ(以下プフ)は王・メルエムの直属護衛隊三戦士のうちの1匹です。

タキシードを着た美形の青年で、触角と蝶のような羽を除けば一見人間と何ら変わりがない蟻です。

ユピーとは真逆の性格をしていて、よく思い詰めては自己嫌悪と自己陶酔に浸る癖があります。

非常に頭が切れる為、護衛軍の参謀役としての役割を担っています

ピトーは”メルエムの意思”を尊重するタイプですが、プフは”自分の理想とする王”を守ろうとする狂信的な理想主義者です。

よって、プフはメルエムに迷いや変化を与えるコムギの存在を疎ましく思っていました

考えの違いが如実に現れたのがコムギへの対応でしょう。

ピトーは王の願いを叶える為に自分の体を傷つけてでもコムギを治そうとしたのに対し、プフはピトーを騙してでもコムギを殺そうとしました。

プフは3匹の中では最もイカれた性格と言えそうですw

プフも最後はメルエム同様”貧者の薔薇”の毒で命を落とすことになりました。

念能力タイプは操作系。

催眠をかけたり、相手の思考を推測することができる麟粉乃愛泉(スピリチュアルメッセージ)や、自身の身体を細胞単位で分割し、様々な大きさ・数の「蠅」を作り出すことができる蠅の王(ベルゼブブ)、パームやNGLの住民を蟻化させた能力開花など強力な能力を持っていました

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】女王を支えようと忠実なコルト!ベースとなったのは9歳の少年!?

コルトはキメラアント師団長の1人です。

コンドルのような姿をした蟻で、部下には兵隊長ラモットがいます。

参謀役の師団長ペギーとは人間の頃から付き合いがあったことを思い出しています

女王の身を第一に考える真面目で忠実な性格で、女王がメルエムの出産後、瀕死となった時には白旗を持って討伐隊に助けを求めました。

コルトの正体は、蟻の犠牲になった最初の人間です。

人間の頃の名前はクルトという9歳の少年で、4歳年下の妹レイナと共に女王に食べられました。

コルトは蟻化後も所々に人間時代の記憶を有しており、女王から生まれたもう一つの小さな命をレイナの生まれ変わりだと思い大切に育てています。

蟻となった後もクルトの持つ優しさや勇敢な性質がそのまま引き継がれた例と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】悪知恵の働くウェルフィン!王の記憶を取り戻す重要な役を果たす!?

ウェルフィンはキメラアント師団長の1人です。

オオカミ型の蟻で、嗅覚がとても鋭く、臭いで相手を追跡したり嗅ぎ分けることができます。

ウェルフィンは最初こそ記憶を有していませんでしたが、イカルゴとの会話を通して思い出していくことに

自分の本当の名前は「ザイカハル」であり、自分の王は蟻などではなく「ジャイロ」のみであることを思い出します。

自分たちの暮らしたNGLを滅亡させた蟻は敵であると認識するようになり、最終的には憎悪の念を抱くようになります

「俺の王はジャイロ唯一人!!貴様はッ!貴様等は!!敵だ!!俺達の!!」

フェルフィンはメルエムを前にした時、この憎悪の感情を悟られ、1秒後に自分は死ぬと感じました。

“生きたい”と渇望したウェルフィンが口にしたのが「コムギ…?」だったのです。

メルエムはこの一言でプフの隠し事に気づき、コムギの存在を思い出しました。

ここからキメラアント編は一気に最終局面へと向かうことになります。

余談ですがフェルフィンの名前の由来は「well fin(うまく終わらせる)」だと考察されています。

フェルフィンの一言が物語を終結に導いたことから、メッセンジャーとしての仕事はしっかりこなしたと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】仲間思いで義理堅いイカルゴ!容姿はタコ!?

イカルゴはキメラアント兵隊長の1人で、レオル隊所属でした。

イカに生まれたかったタコ型の蟻で、その見た目からタコと呼ばれると「タコって言うな!」 と怒るのがお決まりです。

仲間想いで義理堅い性格をしており、仲間の為なら自分の命を賭ける覚悟を持っている”良いやつ”です。

敵としてキルアと出会ったものの、自分のことを認めてもらえたことに嬉しさを覚え、蟻を裏切って討伐隊の仲間に加わることになります

死体に寄生し、自分の体のように扱うことができる能力”死体と遊ぶな子供達(リビングデッドドールズ)”を持ち、パーム救出の際にはフラッタに寄生して侵入しました。

人間だった頃の記憶を持っているイカルゴは、ウェルフィンにNGLでの仲間同士だったことを思い出させし、ジャイロを思い出すきっかけを与えました

戦いの最後は王の死を見届けるパームのサポートをしました。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】死んだはずのカイトがキメラアントとして生き返っていた!?

カイトはピトーとの対決に敗れ、死後も兵隊蟻の訓練に使用されるなど凄惨な結末を迎えてしまいました

それを知ったゴンは心が崩壊、カイトの復讐のために全てをかけて「ゴンさん」となり、ピトーを殺すのですが…。

そのカイトは女王の腹から生まれ、コルトが大切に育てていたキメラアントの女の子に生まれ変わっていることがわかります

(コルトは妹レイナの生まれ変わりだと信じていました。実際のレイナは別の蟻としてちゃんと生きており、故郷に帰ることができています。)

なぜカイトが女王の腹から生まれたのか、なぜその少女なのか、まだ謎が多く残っています。 

ゴンとも再会を果たしており、これからも活躍が期待されます。

 

スポンサーリンク

まとめ

キメラアントは別名グルメアントとも呼ばれる危険生物です。

女王が最初に食べたのが人間であった為、種族として狙われることになりました。

人間と他の生物を掛け合わせた姿の蟻が多く、個性的な姿と能力を有しています。

当時はどこから来たのかわからずにいましたが、暗黒大陸出身であることがわかっています

あれ程の犠牲を出してようやく倒したキメラアントも暗黒大陸では危険度B。

…底が知れませんね!

HUNTER×HUNTERの中でも人気のキメラアント編。

登場したキャラクターも個性的で人気が高いです。

生き残ったウェルフィンやイカルゴには是非、ジャイロと共に再登場を期待しましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です