【ハンターハンター】物語の主人公達ゴンとキルア!短い付き合いながらも信頼できる仲間!?

スポンサーリンク

ゴンとキルアはハンター試験で出会い、それからキメラアント編までずっと共に行動する仲間です。

仲間思いで善悪に頓着がなく型破りなゴン。

クールで時にはドライな一面も持ち合わせる慎重派のキルア。

正反対な2人ですがお互いに認め合い信頼し合える唯一無二の大親友

そんなゴンとキルアについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンとキルアの出会いはハンター試験!

ゴンは父親ジンと同じハンターを目指し、クラピカ・レオリオと共にハンター試験場にたどり着きます。

そこで出会ったのがキルアです。

ハンターは狭き門。

試験会場にたどり着くまでにも試練があります。

その試練を勝ち抜いて試験会場まで来ることができる受験生の中に子供はほとんどいません。

実際、ゴンとキルアが参加したハンター試験に2人以外の子供の姿は見当たりません

キルアはゴンに興味を持ち「ねぇ君 年いくつ?」と尋ねました。

ゴンが同い年であることを知ったキルアはますますゴンに興味を抱くのでした。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ハンター試験を乗り越えるうちに意気投合!友達へ!

ハンター試験第一次試験はサトツによる”二次試験会場までついて来ること”です。

最初はスケボーに乗ってついついこうとしたキルアですが、同い年であるゴンが自分の足で走っているのを見て考えを変えます。

この時からゴンには負けたくないというライバル心が芽生えていたのかもしれません。

「キルアの父さんと母さんは?」

ゴンがキルアに家族について触れた時、キルアは軽いノリで「殺人鬼」と答えています。

ゴンはその言葉を疑うことなく受け入れました。

「だって本当なんでしょ?」

キルアはこの時もゴンが普通とは違うことに気がついています。

キルアの中でゴンは特別になり始めていました

そしてキルアの思いが口に出たのが最終試験でした。

「ゴンと友達になりたい」

それに対してレオリオは「とっくにお前ら友達同士だろーがよ」と言っています。

ハンター試験を通して、ゴンとキルアは大切な友達になっていきました

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンの父親捜しを手伝ってあげる優しいキルア!?

天空闘技場での特訓を終えたゴンとキルアはゴンの故郷くじら島に里帰りします。

そこでミトに世話を焼かれながら2人は森に向かいます。

夜になり、キルアはゴンにこれからどうするのかを尋ねました。

ゴンはハンター試験でクラピカ達と交わした約束”9月にヨークシンで会う”を果たした後、本格的にジンを探すつもりでした

それに対してキルアはやりたくないことはあれど、やりたいことがありませんでした。

ゴンはキルアに「オレといて楽しい!?」と素直に聞きます。

キルアが肯定するとゴンはキルアを満面の笑顔で誘いました。

「じゃ これからも一緒にいよう!」

「オレは親父を キルアはやりたいことを探す旅!」

ゴンの誘いをキルアは受け取りました。

こうしてキルアはやりたいことが見つかるまで、ゴンの父親探しに付き合うことになったのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】キルアの家庭の事情を知ったゴンの行動とは!?

ハンター試験の最終試験はトーナメント戦(ただし負け上がり)でした。

ゴンはハンゾー戦に勝利したものの重傷を負い、目を覚ました時には試験は全て終了していました。

結果はキルアの反則負けで、キルア以外の全員がハンター試験に合格していました

ゴンは最終試験の内容をサトツから聞き、イルミの残酷な仕打ちのせいでキルアが試験に落ちたことを知ります。

この時、ゴンは絶対にキルアを取り戻すと決めていました

「もしも今まで望んでいないキルアに 無理やり人殺しをさせていたのなら お前を許さない」

イルミに威勢よく宣言したゴン達は、キルアの実家があるククルーマウンテンに向かいます。

キルアの実家・ゾルディック家では「試しの門」の試練や、執事のカナリアとの対決など一筋縄ではいかない難関ばかりが待ち構えていました。

ゴンはキルアの友達としての立場を一貫して貫き、ついにキルアと再会します。

キルアを取り戻したゴンは晴れて友達として一緒に旅立つのでした。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンとキルアは仲良しだが性格は全く逆!?

ゴンとキルアは基本的に何もかも正反対!

陽と陰と言えばわかりやすいでしょうか。

ヒソカのオーラ別性格分析では強化系(ゴン)は単純一途、変化系(キルア)は気まぐれ嘘つき…合ってますよねw

ヒソカ曰く、強化系と変化系は正反対で惹かれ合う相性のいい系統です。

これも合ってますよねw

ゴンは何事にも前向きで深く考えません。

キルアは何事にも用心深く、慎重派です。

そんな2人だからよく衝突もしています。

(折れるのは大抵キルアですがw)

HUNTER×HUNTERはキメラアント編までゴンとキルアの友情が一つの大きなテーマでした。

ゴンは誰にでも思ったことを素直に言うタイプ。

「キルアといると楽しいよ」

「キルアといっしょにここに来れて ううん キルアと会えて 本当によかったよ!」

対するキルアは恥ずかしがり屋な一面もあり、ゴンに気持ちを直接言うことはほとんどありません。

代わりに心の中で呟くのです。

(逆だよ ゴン オレなんだ ゴン オレ お前に会えてよかった)

キルアにとってゴンは初めてできた大切な親友です。

素直に言葉にすることはありませんが、誰よりもゴンのことを思いやっているのがキルアなのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】選挙編後のゴンとキルアは別行動!?

ハンター試験で出会い、ずっと行動を共にしてきたゴンとキルア。

2人の友情は深まっていきます。

天空闘技場編、ヨークシン編、グリードアイランド編…困難にぶつかりながらも2人は固い絆と信頼で結ばれていました。

そんな2人に溝ができるのがキメラアント編です。

カイトを失い、精神が不安定になるゴンを支えようと必死だったキルアですが…。

宿敵であるピトーを目の前にしたゴンが感情を抑えきれず激昂してしまいます。

この時、キルアはゴンに「落ち着け」と冷静に状況判断しました。

「キルアは…いいよね 関係ないからっ」

このゴンの発言はキルアを傷つけたことでしょう。

付き合いはゴンに及ばずとも、キルアもカイトがピトーに襲われた瞬間を共に見ています。

そして、ゴンと共にカイトを取り戻すためにNGLにも来ています。

命をかけて戦っているキルアが関係ないはずありません。

ゴンもキルアもまだ12歳。

自分の感情をコントロールするだけで精一杯で、相手のことまで思いやれない時もあるのでしょう。

ゴンとキルアの絆が揺らぐ中、キメラアント編は終了します

ネテロが死んだことでハンター協会は会長選挙を開いていました。

その頃、ゴンはゴンさん化した後遺症で再起不能な状態に陥っていました。

そのピンチを救ったのもまたキルアなのです。

瀕死のゴンをこのまま死なせるわけにはいきません。

「絶対 謝らせっからな!!」

キルアは家族内指令を命懸けで突破、アルカを救い出し、アルカの持つ能力(ナニカ)でゴンを治しました。

復活したゴンはジンに会うため、世界樹のてっぺんへ。

キルアはアルカを守るため、一緒に世界を巡る旅へ。

長きを共にしてきた2人はここで別行動を取ることになりました

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】今後二人が登場しまた出会う日は来るのか!?

暗黒大陸編に入ってからゴンとキルアはほとんど登場機会がありません

ゴンはオーラが見えなくなり、今はくじら島でお勉強中。

キルアはアルカと世界旅行中。

今のところ、2人が暗黒大陸に行く理由が見つかりません…。

が、ゴン&キルアはHUNTER×HUNTERの主人公です。

必ず再会し、また2人の活躍が見れると思います!

別れ際にアルカも「しばらくの間ひとり占めしたらお兄ちゃん解放しますから また遊んであげて下さいね」と言っていますし。

そして、作者である冨樫先生にはそろそろ復活してほしいですねw

 

スポンサーリンク

まとめ

ゴンとキルア、2人の友情はHUNTER×HUNTERを語る上で外せません。

特にキルアがゴンに対して抱く想いは非常に大きいものです。

育ってきた環境の違いもあると思いますが、キルアはゴンに光を見ています。

そんなゴンがキメラアント編で闇に落ち始めた時、キルアは自ら針を抜き、イルミの支配から逃れます。

“ゴンを守りたい”

その思いがキルアを成長させたのかもしれません。

ヒソカに「キルアの最愛の者はゴン」とまで言わしめたキルア。

その献身ぶりから見てもヒソカの評価は読者も納得なのではないでしょうか?

そんな熱い友情で結ばれた2人は今は別の道を歩んでいます。

いつの日か再会する日を心待ちにしましょう!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒父親を捜すゴンとそれを手伝うキルア!二人の出会いは!?意外・・

⇒ゾルディック家でゴンと親友のキルア!非常に珍しい念能力の持・・

⇒幼き暗殺者キルア!そのクールな性格から多くの名言を残してい・・

⇒ゴン=フリークスの能力は?念能力は?プロフィールまでまとめ・・

⇒ゴン覚醒後の気になる現在の念能力と動向について追ってみた!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です