【ハンターハンター】ゴン達と親交が深い初期からの登場人物センリツ!壮絶な過去を持っている!?念能力については暗黒大陸編で明らかに!?

スポンサーリンク

センリツはクラピカが所属するノストラードファミリーの同期として登場しました。

ゴンたちともヨークシンで出会いを果たし、クラピカのために共に協力し、親交も深めています。

そんなセンリツには「闇のソナタ」聞いたことによる壮絶な過去がありました

自分を変えた「闇のソナタ」を探すことを目的としていたセンリツはついに暗黒大陸へ?!

センリツの念能力も暗黒大陸編でさらに披露されています。

久々に登場したセンリツとその活躍についてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】心優しきミュージックハンターセンリツ!

センリツはハンターライセンスを持つプロハンターです。

「ミュージックハンターってところかしら」とクラピカに自分を紹介しています。

センリツはその見た目に似合わず、とても優しい心の持ち主でもあります

例えばクラピカが冷静さを欠いた時にはそっとフルートを鳴らし心を沈めてくれたり、熱を出せば優しく看病していたり…。

センリツは誰に対しても穏やかで怒っているところを見たことがありません。

ひどい容姿を持つセンリツですが、見た目に反して飛び抜けて優しい心の持ち主なのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】センリツは細かい気づかいができる性格!?

センリツは周りをよく見ています。

クラピカの静かな怒りも、カキン国のカチョウ王子の嘘もすぐに見抜き、その心の機微を察した気遣いができる心の優しい性格をしています。

特にクラピカとはお互いの目的を明かし合った仲であり、信頼関係を築いています

その為、ヨークシン編ではクラピカの怒りのワケを知る数少ないメンバーとして旅団捕獲の協力もしました。

その時には焦るクラピカにゴンとキルアの犠牲を説明して落ち着かせる大切な役割も果たしています。

センリツはどうすればこの場を切り抜けられるかを考えた上で、クラピカの気持ちにも寄り添っていました

センリツはこのように非常に繊細な気遣いができるのです。

クラピカが暗黒大陸にも呼び寄せた理由がわかる気がしますね!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】センリツはとても耳が良い!?

センリツの特徴といえばその耳の良さです。

その耳の良さは地獄耳と言ったレベルを超えています。

この力も闇のソナタの副作用の一つのようです。

センリツの耳は数百メートル離れていても足音を聞きわけることができ、その特徴やクセから誰なのかを見抜くことができます。

キルアの歩き方からキルアが元殺し屋であることも一瞬で見抜きました。

また、心臓の鼓動を聞くことで他人の心理状態を知ることができます

これは非常に強力な武器といえるでしょう。

パクノダのように考えている思考まで読むことはできませんが、鼓動の高鳴りなどで相手が嘘をついているかどうかを知ることができるのです。

もちろん嘘だけではなく多くの感情を鼓動から感じることができる為、センリツは思慮深く優しい気遣いができるのでしょう。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】センリツのひどい容姿は「闇のソナタ」を聞いたせい!?

禿げた頭に出っ歯、顔も変形していてお世辞にも整った容姿とは言えないセンリツ。

しかし、センリツは生まれつきそうだったわけではありません

センリツが現在の容姿に変貌した原因は魔王が作曲したとされる独奏曲「闇のソナタ」にあります

センリツは闇のソナタの一つ、フルートの一楽章を過去に聞いたことがあるのです。

闇のソナタは人間が演奏したり聞いたりすると恐ろしい災いが起きると言われています…。

センリツもその噂通りたった一回、たった一楽章を聞いただけで変貌してしまったのです。

センリツが最も影響を受けたのは腕でした。

その悲惨さは、その腕を見たクラピカが絶句するほど。

センリツの友人は聞くだけにとどまらず演奏した結果、命すら落としています…。

もともと音楽を愛していたセンリツ。

闇のソナタのような危険なモノをこの世から消し去り、自分のような犠牲者がもう出ないようにしたいと願っているのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】センリツは女性だった!?容姿のせいで分からない!?

センリツの初登場はノストラードファミリーの採用試験です。

この時はどちらかと言うと目立たないモブキャラ的立ち位置で登場しました。

スタイルも良いとは言えず、男性らしい筋肉もなければ女性らしいくびれや胸と言った特徴も見受けられません。

身長も相当低く、闇のソナタの影響で顔や腕が変形したと同時に身長にも影響があったのかもしれませんね。

年齢も性別すらも不明なほどの容姿でインパクトを与えたセンリツ。

(徐々に可愛らしいマスコット的な容姿に変化していきました。)

そんなセンリツですが実はれっきとた女性です。

仕草も言葉遣いも穏やかで品があり、センリツと直に接した者は女性らしさをより感じるはずです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】センリツの念能力は放出系!?

センリツは放出系の念能力者です。

得意な楽器であるフルートに自らの念を乗せて演奏することで、様々な効果を付加して飛ばすことができます

ミュージックハンターを名乗り、闇のソナタでもフルートの楽章を聴いていたセンリツ。

フルートには特別な思い入れがあるようですね!

(上述したとおり、耳の良さは念能力とは関係ありません。)

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】センリツは癒しの音色を奏でることができる!?

センリツがこれまでに披露してきた演奏は2つあります。

1つ目はヨークシンにてウヴォーギンを捕まえることでクラピカとダルツォルネが揉めた際に披露した「野の春」という楽曲です。

聞くものを癒し、リラックスさせる効果があります。

この曲を聴いたクラピカたちも冷静さを取り戻しました。

2つ目は暗黒大陸に向かう船の中で披露しました

曲名の紹介はありません。

センリツが本気で吹けば聞く者の意識を3分間、音の世界へ誘うことができます。

聞いた者は何も考えられなくなり、その場に引き止めることができるのです。

これはその場にいた全ての人間に有効です。

ベンジャミンなどの強者の意識を奪えるのは非常に強力な力と言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】暗黒大陸編ではクラピカと共に王子を守るために奔走!?

暗黒大陸編では、クラピカの依頼を受け参戦したセンリツ。

第10王子カチョウのボディガードとして保護に全力を尽くしていきます。

カチョウはワガママなお嬢様タイプで、部下やボディガードにも辛く当たるタイプでした。

双子のフウゲツに対しても当たりがキツく、周りもカチョウにうんざりしている様子でした。

でも、センリツだけはカチョウの鼓動からフウゲツを想う本当の気持ちを知ることになります

心優しいセンリツは本当はお互いを想い合うカチョウとフウゲツをこの戦いから逃す決断をするのです。

協力者の力も借りて、センリツは本気のフルート演奏で3分間の時間を作り出しました

2人の運命は如何に?!

センリツはクラピカ共にそれぞれのやり方で王子たちを守るために奔走していくのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

センリツは細かい心遣いのできる性格でクラピカを始めとする仲間からの信頼も厚いプロのハンターです。

放出系能力者に位置し、得意のフルートの音に乗せて癒しを与えることができます。

さらに本気を出せフルートの音を聞く者の意識を3分間、音の世界へ誘うこともできるのです。

暗黒大陸編でのセンリツは闇のソナタの副産物として得た耳の良さとフルートの音色で大活躍すること間違いなしでしょう。

王子のために奔走するセンリツは無事、暗黒大陸に到着することはできるのでしょうか?!

そして…センリツの最終目的である闇のソナタも暗黒大陸由来のものであるとされています。

なるべくしてこの暗黒大陸編に再登場したセンリツは、闇のソナタを見つけることができるのでしょうか?!

その活躍に期待しましょう!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です