【ハンターハンター】ゴンの決死の姿!通称ゴンさん!ネフェルピトーを瞬殺!?制約と誓約で何を犠牲にしたのか!?ゴンのその後の姿は!? 

スポンサーリンク

カイトを治せないと知ったゴンは、自分の命も念能力も何もかもを失う覚悟で覚醒!

通称”ゴンさん”となり、ネフェルピトーを瞬殺するほどの力を持ちます。

しかし、それほどの力を得るための制約と誓約には大きな代償が待っていました…。

ゴンの体も心も一瞬で変えてしまった宿敵・ネフェルピトー戦とその後のゴンについてまとめてみました!

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ネフェルピトーからカイトの安否を聞いたゴンは絶望!?

カイトと共にキメラアント討伐のため、NGLにやってきたゴンとキルア。

そこで出会ったのは想像を遥かに超える強者・ネフェルピトーでした。

カイトはネフェルピトーからゴンとキルアを逃し、1人で戦う道を選びました。

結果は…ネフェルピトーに殺され、兵隊アリ訓練のためのマシーンに変えられてしまったのです。

ゴンはカイトを元に戻すため、ネフェルピトーの元にたどり着きます。

暗く沈んでいくゴンの瞳にキルアだけが気づいていました。

そして、約束を果たすべくカイトの待つペイジンへ向かったゴンとネフェルピトー。

そこでゴンが聞かされたのは残酷な真実でした。

「彼はもう死んでいる」

「もう元には戻せないんだ ゴメンね」

カイトを元に戻すことができないと知ったゴンは絶望し、崩れるように座り込みました

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】もうどうなってもいい!?自暴自棄になったゴン!

カイトを治すことはできないと知ったゴン。

ネフェルピトーは自身の念能力”玩具修理者”でカイトではなく自分の手を治し始めました。

ゴンは座り込んだままそれを眺めていました。

手の治療が終わり、ネフェルピトーは言いました。

「残念だけど キミを殺さなきゃいけない」

約束は守られず、更には自分を殺すと言い出したネフェルピトーの言葉をゴンは反芻しました。

絶望でぼんやりしていた頭がようやく繋がります。

“やっぱりカイトを治してくれないの?”

現実を受け入れたゴンは、立ち上がりました。

「嘘つき…」

ゴンを纏うオーラが大きく揺らぎました

“もう これで 終わってもいい”

“だから ありったけを”

自暴自棄になったゴンの体を黒いオーラが包み込み、ゴンは姿さえ変えてネフェルピトーの前に立ちはだかりました

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンは自分の念能力をすべて使いきってネフェルピトーを倒そうと決意する!?

カイトを救えないと知った時、ゴンは覚悟を決めていました。

自分の念能力をすべて使い切って、体を強制的に成長させたのです。

ネフェルピトーを倒せる年齢まで…!

キルアがゴンに追いついた時、その姿を見て連想したのはビスケでした。

でもビスケは容姿は変わってもオーラの中身が変わるわけではありません。

何よりもビスケは本来の姿に戻っただけ。

ゴンは逆です。

本当であれば何年も何十年も絶え間なく修行を続けてようやく辿り着くはずの姿を、一瞬で手に入れたのです。

強力な力はそれに見合った代償が必要です。

キルアはそれに恐怖しました。

ゴンの力はクラピカのように何かを代償に力を得たものだったのです。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンさんの容姿は全力マッチョで超長髪!?

風が吹き、黒いオーラがゴンを包みました。

その中から出てきたのは今までとは全く姿が違うゴンでした。

読者の間では通称”ゴンさん”と呼ばれる姿です。

歳は10代後半から20代前半ぐらいでしょうか。

身長が伸び、もともと着ていた服は窮屈そうです。

かなり筋肉質に変わっており、全身がマッチョ体型です。

髪も超がつく長髪になっていて、髪の先まで逆立ち、その上までオーラがほとばしっています

当然顔つきも大人びていますが、キルアが来たことに気がついた時に見せた涙や幼い表情が、体と違い中身はゴンそのままであることを物語っています

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】本来は圧倒的に格上だったネフェルピトーを二撃で瞬殺!

体を強制的に成長させた”ゴンさん”は、もともとは全く歯が立たなかったネフェルピトーを相手に圧倒的な強さを見せました。

キルアがペイジンにたどり着いた時、すでにゴンの手は血に塗れ、ネフェルピトーは屑切れのようになっていました。

「ジャン…ケン…」

ゴンの一撃がネフェルピトーの頭部を砕きました。

頭部を潰したのはカイトの言いつけを忠実に守りたかったからだと考えられます。

『キメラアントは頭と体が切り離されても一日位なら生きてられるような生命力を持つ連中 確実に頭を潰せ』

「カイト…教わった通り…トドメを刺したよ」

これで勝負あったかに見えましたが、ネフェルピトーは頭部を失い命を落としても止まりません

王のため、死後さらに強大な念を纏いゴンに迫ってきました。

ゴンはネフェルピトーを押さえつけ、最後の一撃を渾身の力を込めて撃ちおろしました。

「最初はグー ジャンケン…」

大きな音ともに、ゴンはキルアが到着してからたったの二撃でネフェルピトーを瞬殺したのでした。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ネフェルピトーの死後の念で右腕を失う!?

ゴンはキルアが到着してからの最初の一撃でネフェルピトーの頭部を砕き、命を奪いました。

しかし…ネフェルピトーの”黒子舞想”は死後もゴンを抹殺するためだけの骸人形と化し、トドメを刺したつもりでいるゴンに襲いかかりました

ネフェルピトーに背を向けていたゴンは反応が遅れてしまいます。

キルアはゴンより早くネフェルピトーの異常に気が付き、ゴンを救うために動きましたが…。

ゴンの右腕は空を舞いました

ゴンはなくなった自分の右腕を見つめます。

黒子舞想は本体であるネフェルピトーを失い、既にコントロールの効く状態ではありません。

ゴンを殺すために次の攻撃体勢に入りました。

瞬きすら許されない極限の状態でキルアは確かに聞きました。

「大丈夫」

「痛くないよ 強がりじゃない」

「少しだけ うれしい」

「やっと…」

「カイトと同じになれた あの時の…」

「少しだけ 救われた」

ゴンとキルアを守るため、ネフェルピトーと戦ったカイトは右腕を奪われていました。

ゴンはあの時、自分に力が足りず足手纏いになった為にカイトが死んだのだと感じていました

だからあの時のカイトと同じ状態になれたことで、ほんの少しだけ罪の意識から解放されたのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【ハンターハンター】ゴンはかろうじて生き延びるが凄惨な姿に!?

ネフェルピトーを強力な制約と誓約により倒すことができたゴン。

しかし、その代償は大きなものでした。

病院で横たわるゴンの腕しか見ることができませんが、それは目を逸らしたくなるような状態でした。

全身がそうだとしたら…生きているのが不思議なほどの悲惨な状態です。

ハンター協会唯一の除念師も匙を投げるほど。

ゴンを瀕死の状態に陥れたのがゴンさん化の代償の一つです。

ゴンはキルアの妹アルカ(ナニカ)の力で体は完全復活しますが、もう一つの代償が残っていました。

念能力の源であるオーラが全く出せなくなってしまったのです。

(ゴンの父・ジン曰く「正確にはオーラは出ているがゴンには見えなくなってしまっただけ」)

今のところ、ゴンはまだオーラを見ることができずにいます。

果たしてゴンは念能力を取り戻せるのでしょうか?今後もますます目が離せません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ゴンはカイトがすでに死んでいることを知らずに、希望を信じて戦ってきました。

多分、キルアはカイトの復活は絶望的だと知っていたんじゃないでしょうか…。

でも、すでにギリギリの精神状態のゴンには言えません。

結果として、事実を突きつけられたゴンは精神崩壊に近い状態に陥り、自暴自棄になってしまうのです。

何もかも、もう終わってもいい…。

ゴンは自分に強大な制約と誓約をかけ、ネフェルピトーを倒すためだけに全てを投げ捨て”ゴンさん”の力を手に入れました。

ネフェルピトーを倒すことはできましたが、ゴンはその代償を払うことになります。

何とか体はアルカ(ナニカ)の力で復活することができたゴンですが、念能力は使えないまま…。

本編は暗黒大陸編に突入していて、ゴンはあまり姿が見えませんが、久しぶりのくじら島できっと元気に暮らしているでしょう。

クラピカやキルア、レオリオと再会する日が来る頃には完全復活していて欲しいですね!

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒ゴン=フリークスの能力は?念能力は?プロフィールまでまとめ・・

⇒ゴン覚醒後の気になる現在の念能力と動向について追ってみた!・・

⇒幻影旅団に復讐を誓うハンタークラピカ!クールな戦闘シーンが・・

⇒ヒソカの素顔!ゴンとキルアの成長を考えてるヒソカさんの下腹・・

⇒名バトル!ゴンVSピトー!因縁の相手を倒すために命を懸けたゴ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



1 個のコメント

  • 逆に考えると真っ当に修行を続けていれば代償なしであれだけの強さを手に入れられるのか
    一人で暗黒大陸散歩できそうだな

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です