最新ネタバレ『マッシュル』111-112話!考察!全面戦争開始

スポンサーリンク

甲本一「マッシュル」111話より引用

イノセント・ゼロが進行を開始した中、巨人族を一瞬で倒した神格者ライオに続いて、続々と主力が登場してきました

「ノレッジケイン」ソフィナ・ブリビアはガーゴイルの種族長デーミ・アムズに魔法を発動させると、自らの言葉によりデーミ・アムズは自ら四肢を裂いて死んでいきます。

「アイスケイン」ツララ・へルルストーンもケンタウロス種族長バルト・トルトを一瞬で氷漬けにしました。

「ドラゴンケイン」アギト・タイロンは傍若無人に人を殺すオーク種族長の前に現れると懺悔しながらドラゴンを出しオークたちを食い尽くします。

「イモータルケイン」レナトス・リボルはイノセント・ゼロの長男ドゥウムの前に立ちはだかります。

レナトスはドゥウムに向かって行き、手柄は独り占めにするといいますが、ドゥウムはレナトスを一瞬で切り刻みました。

その後、立ち去ろうとするドゥウムでしたが何とバラバラになったレナトスが再生していき、「イモータルか」と呟きます

一方でマッシュはまだ復活しておらず、メリアドールは目を見開き必死にゼンマイを巻いて、マッシュを復活させようとしていました。

遂に全面戦争が始まった戦いで、まずドゥウムに挑むレナトスは爪痕を残すのか、早速第111話を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』111話!のネタバレ

それでは『マッシュル』111話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

四男デリザスタ

イノセント・ゼロの根城を歩く 「ノレッジケイン」ソフィナ・ブリビア

そのソフィナの前に四男デリザスタが登場します。

そして、デリザスタはいきなり武器である巨大な剣で、強烈な一撃を喰らわせます。

「あれ、ちょいちょい、もしかしてもう終わっちゃたかな?」と言うデリザスタ。

ですが、ソフィナは持っていた本の角でその剣を受け止めていました

そして、本の角は最も硬い物の1つだとデリザスタに言います。

 

スポンサーリンク

三男エピデムとニ男ファーミン

三男エピデムと対峙していたのは「アイスケイン」ツララ・へルルストーンです

エピデムは自作のプリンを落とし嘆いています。

「オッパマキャラドパオパオパオ」と叫ぶエピデムに、ツララは「何、何、うそ、何これ、こわ」と戸惑いを見せます。

一方、二男ファーミンと対峙した「ドラゴンケイン」アギト・タイロンはいきなりトランプで切り刻まれていました

そして、その首輪いいなと言うファーミンにアギトは「苦しみに向き合うことこそまさに人生なり」といいます。

更に「苦しみ痛みを受け入れ、それを昇華する、人生とはまさにマゾヒスティック道」

「この出会い、感謝しても感謝しつくせまい」と狂気の表情を浮かべます。

 

スポンサーリンク

ドゥウムVSレナトス

その頃、レナトスは対峙するドゥウムにあっさり腕を斬られていました

それでも、関係なく突っ込んでいくレナトスですが、更に頭も斬り飛ばされました。

ですが、レナトスは「オレはよォ、お前みてぇな奴を何度も何度もブッ倒してきたんだぜ」とお構いなしにドゥウムに攻撃を行います。

そして、ドゥウムの顔に傷をつけると、「サモンズ・タナトス・アンデッツサーズ・タナトスインクラネイション」を発動しました

この魔法により、レナトスは「お前の血は死と契約されたぜ」と言い放ちます。

 

スポンサーリンク

まだ半分

その頃、マッシュを回復させようとメリアドールはぜんまいを回して10時間が経っていました。

ですが、まだメーターは半分です

メリアドールも体力的に厳しくなり疲れて動けなくなってしまっていました。

そこに弟子のオチョウが焼きたてのカヌレを持って現れました。

メリアドールこの姿に感動し、オチョウの見方を変えなければと反省します。

ですがトレイを抱えたままつまづいたオチョウは持っていたカヌレを飛ばしてしまいました

そして、メリアドールの目に突き刺さってしまいます。

 

スポンサーリンク

『マッシュル』ネタバレ111-112話のまとめ

各種族長を圧倒したソフィナ達はイノセント・ゼロの根城に乗り込みます。

まずソフィナの前に現れたのは四男デリザスタです

いきなり巨大な剣で攻撃するデリザスタにソフィナは本の角で受け止めます。

また、ツララも三男エピデムと対峙する事になり、エピデムの異様さに戸惑っていました。

その一方、ニ男ファーミンと対峙する事になったアギトはトランプでいきなり斬りつけられます。

甲本一「マッシュル」111話より引用

血だらけになったアギトですが、「苦しみ、痛みを受け入れそれを昇華する、人生とはまさにマゾヒスティック道」

「この出会い、感謝しても感謝しつくせまい」と言い、エピデムに負けない狂気を見せていました

その頃、ドゥウムと戦うレナトスですが何度も腕や頭を斬られながらも突進していきます。

「オレはよォ、お前みてぇな奴を何度もブッ倒してきた」とレナトスの攻撃がドゥウムに当たり血を流しました。

するとレナトスは「サモンズ・タナトス・アンデッツサーズ・タナトスインクラネイション」を発動させました。

そして、「お前の血は死と契約されたぜ」とドゥウムに告げます

 

その戦いが続く中、メリアドールはまだ必死にマッシュの回復に務めていました。

ですが、メリアドール自身の体力も限界を迎えています。

少しでも体力の回復を図りたいメリアドールに、弟子のオチョウが好物のカヌレを作って持ってきてくれます

この行動に感心するメリアドールでしたが、ドジなオチョウはおぼんごとひっくり返し、飛んでいったカヌレがメリアドールの目に刺さります。

オチョウの行動にホッコリする中で、遂に主力同士の戦いになっていきます。

それぞれがイノセント・ゼロの最恐兄弟と対峙する中、次週は一体どんな展開になるのか。

第112話を楽しみにしたいですね。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『マッシュル』113話!はじまりの杖・・

⇒『マッシュル』112話!圧倒的な敗北・・

⇒『マッシュル』110話!主力登場・・

⇒『マッシュル』109話!私が殺したみたいになる!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA