【マッシュル】どんな世界観?主人公は?和製ハリー・ポッターとの噂も!?

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプにて連載されているマッシュル(MASHLE)は誰でも魔法が使えて、魔法ですべての優劣がきまる魔法界において魔法が一切使えない少年マッシュが「神覚者」を目指している物語です。

マッシュは魔法が使えないのに関わらず魔法学校で生活を送り、そこでさまざまな試練を乗り越えていくとういう魔法ファンタジーと言われており、作者・甲本一の初連載作品でギャグをベースにした緩い漫画で人気急上昇中です。

その「マッシュル」はあの大ヒット作「ハリー・ポッター」と共通する部分があるとして比べられている事もあります

和製ハリー・ポッターとも噂されている「マッシュル」を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】どんな世界観?ファンタジーなの?

人気沸騰中のマッシュルですが魔法を舞台にしたファンタジーギャグ漫画と言えます。

学園を舞台にしているところはハリー・ポッターと思われますし、ワンパンマンをオマージュした作品とも言われています。

また、作者の甲本一は「銀魂」に影響を受けたと発言していますのでその影響もあるかと思われます。

ですので「マッシュル」はハリー・ポッター・ワンパンマン・ブラッククローバーなど数々のいいところを持った作品、崩して言えばパクリ作品だと言えます。

ネットでも「マッシュルがハリポタのパクリっていうか、もうパクリのレベルを超えて喧嘩売ってるようにしかみえない」の声も上がっていますが面白い作品だというのは一致しているようです。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】主人公は?実は魔法が使えない?

誰でも魔法が使えて、魔法ですべての優劣がきまる魔法界を舞台にした「マッシュル」。

その「マッシュル」の主人公であるマッシュ・バーンデッドですが魔法が一切使えません

マッシュは魔法が使えない変わりに鍛えてあるありえない筋力とパワーで魔法が使えない事をカバーしています

 

スポンサーリンク

【マッシュル】和製ハリー・ポッターとして人気!?

大人気連載中の「マッシュル」ですがハリー・ポッターと似ているというのも話題の1つです。

魔法学園ファンタジーと言う舞台がハリー・ポッターを連想させているようですが、確かにあの場面が酷似しているというのもあります

他にもストーリーが似ていると言われるなどパクリが多い漫画です。

それでも、マッシュはじめ個性あるキャラクターを中心に楽しめる作品になっています。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】ハリー・ポッターと共通している点!

和製ハリー・ポッターとも揶揄される事もある「マッシュル」ですが共通点を見ますと

一つ目は魔法学校が舞台になっているというのがあります。

マッシュルは神覚者になる目的で入学しハリポタはハリーの両親を殺害した闇の魔法使い・ヴォルデモートとの因縁と戦いを描く学校生活が似ている点になります。

二つ目がホウキのゲームです。

マッシュルがハリポタのパクリと言われる最大の理由である校内で行われるゲームになります

ハリポタでは「クィディッチ」、マッシュルでは「ドゥエロ」と名称は違いますが寮対抗で行われホウキに乗ってボールを奪い合い、ゴールに入れるというゲームです。

この描写には「ハリポタじゃん!」といった声が多く聞こえてきました。

また、タイトルのマッシュル〜に続くサブタイトルもハリー・ポッターをオマージュしていると思われます。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】ギャグ要素も込められたストーリー!?

魔法を舞台にした「マッシュル」ですがギャグ要素も多く取り入れられています。

「マッシュル」は早いテンポでのギャグが特徴的です。

作者の甲本一は小学生時代に「ボボボーボ・ボーボボ」と「銀魂」にハマり、中学時代はギャグマンガで漫画家を目指していたと明かされているのでこのバックボーンが大きく影響していると思われます。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】どんな層に人気があるのか?

魔法を舞台にしたギャグファンタジーである「マッシュル」ですが週刊少年ジャンプで連載されているだけに中高生からの支持が圧倒的になります

ですが数々の作品のオマージュ(パクリ)も手伝い、銀魂やボボボーボ・ボーボボを見て過ごした年代からの支持も熱いと言われます

「マッシュル」自体、とてもクオリティの高い面白さがありますので、ほぼジャンプを見ていた「ジャンプ世代」にはおおむね人気があると見られます。

 

スポンサーリンク

まとめ

大人気連載中の「マッシュル」は主人公マッシュが魔法を使えないながらも魔法が全ての世界で鍛え上げた筋力とパワーを武器に「神覚者」を目指し様々な試練を乗り越えて行く物語です。

「マッシュル」は魔法学校を舞台にしていますが度々噂に上がるのがハリー・ポッターと酷似しているのではと言われている事です

特に「マッシュル」でのデュエロと「ハリポタ」のクィディッチはホウキとボールを使い競い合うゲームである事から「ハリポタじゃん」と声が上がりました。

他にもパクリではとも言われている「マッシュル」ですが面白いと一致している声もあります。

作者・甲本一の意図もあると思われますが様々な要素を取り入れている「マッシュル」。

この先も色々と仕掛けがあり、楽しませてもらえそうですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です