【マッシュル】イーストン魔法学校の教師クロード・ルッチとは?エリート教師は本当にエリートなのか!?

スポンサーリンク

人気急上昇中のマッシュル(MASHLE)は週刊少年ジャンプで掲載される作者・甲本一により初連載作品です。

主人公マッシュは魔法が全ての世界で全く魔法が使えないにも関わらず「神覚者」を目指している物語です。

このマッシュは魔法が使えないのに通うのがイーストン魔法学校です。

このイーストン魔法学校には様々な魔法使いが通っていますが、もちろん教える教師も名のある魔法使いです。

この中でマッシュを特別視している教師・クロード・ルッチを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】クロード・ルッチの概要!

イーストン魔法学校の教師で肩まで伸ばしたウェーブヘアが特徴のクロード・ルッチ

魔法使いのアザは一般的な一本線で左目の真下から顎にかけて真っすぐに伸びています。

スーパーエリート魔法使いを自負しており、性格は自身に甘いナルシストです。

この為、周囲からその実力を羨望されたりする事や自身の魔法に関心を持ち賞賛される事を好んでいます。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】クロード・ルッチのエリート感!

イーストン魔法学校の教師のクロード・ルッチですが次世代を担うスーパーエリートと自負し更には次に来る魔法使いにも上位にランクインしています。

その為、自己顕示欲が強く自身の魔法に興味がないものを敵視します

また、下流階級出身の者には価値すらないと教師でありながら試験を落第させようとしたり、エリート特有の見下し感を持ち合わせています

 

スポンサーリンク

【マッシュル】使う魔法やその強さは!?やはりエリートは一味違うのか?

イーストン魔法学校の教師を務めているクロード・ルッチですが若くして様々な高度な魔法を取得したとされており、杖一振りで試験場や迷路を造り出す事も可能な白魔導師です。

戦闘シーンはまだあまりありませんが、自身でもスーパーエリートを自負しているだけあり、かなりの実力者と見られています。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】「次に来る魔法使い」第7位に選ばれた!

白魔導師で若い身ながら高度な魔法を取得していると言われているクロード・ルッチですが周囲からの期待も高く今年度の「次に来る魔法使い」の7位に選ばています

この事からクロード・ルッチ自身が言う次世代を担うスーパーエリートが自分だけでなく周りにも評価されているのが分かります。

 

スポンサーリンク

【マッシュル】クロード・ルッチとマッシュの関係は?

エリート意識が強いクロード・ルッチはイーストン魔法学校の編入試験の担当官になります。

ただでさえエリート意識と自己顕示欲が強く賞賛してもらいたいクロード・ルッチですが編入試験において担当官になった時に気に入らない受験生は自分の裁量で不合格にしようと考えていました。

そして、杖を使い様々な魔法を見せるクロード・ルッチですがその時に生意気で気に入らない態度をとっていたのが編入試験を受けに来ていたマッシュ・バーンデッドでした。

これにより、クロード・ルッチはマッシュに目をつけてある計画を企てます。

マッシュは編入試験を受けに来ており、クロード・ルッチは編入試験の担当官という事になります

 

スポンサーリンク

【マッシュル】マッシュを試験で落とそうと企む!

編入試験を受けに来ていたマッシュですがその態度や言動、そして自身の魔法に関心を示さない事が生意気だと目を付けられたマッシュ。

クロード・ルッチは自分の立場を利用し、マッシュが受ける編入試験を妨害し不合格にしようとします

そして、その妨害役に選ばれたのが貧しい家庭から編入試験を受けに来ていたレモン・アーヴィンです。

クロード・ルッチはレモン・アーヴィンに合格させる交換条件としてマッシュを妨害する事を強要します。

下流階級を見下すクロード・ルッチはこの生意気なマッシュと貧しい家庭のレモンの2人とも不合格にさせようとしますがマッシュがこの企みに気がつき返り討ちにし、更には自分の裁量で合否を決める不正をイーストン魔法学校の校長ウォールバーグに知られてしまいます

 

スポンサーリンク

まとめ

イーストン魔法学校の教師を務め、編入試験の際には試験管を担当したクロード・ルッチ。

若くして様々な高度な魔法を取得していると思われ、「次に来る魔法使い」の7位にも選ばている実力者です。

実力者であるクロード・ルッチですが自身を次世代のスーパーエリートと公言するほどにエリート意識が高く、下流階級出身者を見下すような発言をするナルシストです。

また自己顕示欲も強く、自身の魔法に関心を示さず生意気な態度をとっていたマッシュを自身の裁量で不合格にしようと同じ編入試験を受けに来ていた貧しい家庭出身のレモン・アーヴィンにマッシュの妨害を強要していました。

マッシュはこれに気づき事なきを得ましたがクロード・ルッチは学校の校長ウォールバーグに譴責されます。

この試験でマッシュとレモンは合格し、イーストン魔法学校アビラ寮生として生活をスタートさせました。

学校に通っている事でクロード・ルッチとマッシュ達はまだまだ絡む事が多いと思われます。

善と悪がハッキリしているマッシュとは分かり合える日がくるのか、楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です