【ワンピース】ジャックが探していたのは雷ぞう!?ミンク族が隠していた雷ぞうの正体は?忍としての実力は?

スポンサーリンク

漫画、ワンピースワノ国編も中盤に入り、盛り上がっています。

アニメ、ワンピースも、7月に入ってワノ国編に突入しました。

アニメもこれで、また盛り上がるのではないでしょうか。

ワノ国編も、中盤に入った事で、カイドウの正体や、ワノ国を治めている将軍オロチの正体だけではなく、光月おでんを守る為に作られた、錦えもんがリーダーを務める赤鞘九人男のメンバーも徐々に明らかになってきました。

その中に、「雷ぞう」がいました。

雷ぞうは、ゾウの島で初登場しました。

その正体も明らかになったのでお伝えしようと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ゾウ到着時には滅びていたモコモ王国

ルフィ達は、ドレスローザ編で、王下七武海の一人ドンキホーテ・ドフラミンゴを倒した後、人間嫌いとウワサされているゾウの島を目指します。

ルフィは、ミンク族はどんな人物なのだろうとワクワクしながら目指したと思います。

ゾウの島に辿り着いたルフィ達は、自然に囲まれた国に驚きます。

ルフィ達は、ミンク族に会う為に、イヌアラシ公爵が治めるモコモ王国を目指します。

目的地に、着いたルフィ達は、国を見て驚きます。

モコモ王国は、何者かに滅ぼされていました。

ルフィ達が到着する前の、2週間前に「モコモ王国は滅んだと」作中で語られています

サンジ達は、ゾウの島にルフィ達より一足先にゾウ島に到着しています。

ルフィ達は、サンジ達は、無事なのか?

と心配します。

そして、モコモ王国を滅ぼした人物とは?

 

【ワンピース】ジャックが探していた男

モコモ王国を滅ぼしたのは、百獣海賊団の大看板の一人旱害のジャックです。

ジャックは、「雷ぞう」を探しにモコモ王国を襲いました

モコモ王国に、雷ぞうがいると知っているジャックは、ミンク族に素直にワノ国の侍を引き渡せと言い素直に引き渡せば破壊はしないと言います。

もし、引き渡さなければ国を、破壊すると言い俺は破壊が好きだとミンク族に言います。

そこに、話合いで解決しよとモコモ王国の王イヌアラシ公爵が登場します。

ジャックは、イヌアラシの話は聞かず建物を破壊して暴れます。

イヌアラシは、暴れているジャックを止める為、戦います。

イヌアラシの強さは、ジャックの攻撃を片手で受け止めるできるほどの強さを持っていました。

ジャックとイヌアラシの戦いに、夜の王と呼ばれているミンク族のネコマムシも戦いに入ります。

ネコマムシも、イヌアラシと同じくらい強さを持っています。

ジャックは、このままでは、戦いが不利になると思い、シーザが開発した、毒ガス兵器を使います

ネコマムシや、イヌアラシがどんなに強くても、毒ガス兵器には勝てませんでした。

ジャックに敗れた、ネコマムシやイヌアラシは、酷い拷問を受けます。

イヌアラシは、ジャックに足を切り落とされてしまいます。

酷い拷問を受けても、イヌアラシ達は、雷ぞうを引き渡そうとはしませんでした

イヌアラシ達の絶体絶命ピンチの時に、偶然通りかかったナミやサンジ達に助けられます。

ジャックがさった後に、ルフィ達が到着します。

ネコマムシは、ルフィ達と同行してきた錦えもんに、雷ぞうは無事と言い、そして、何が滅ぼうとも、敵に仲間は売らんぜよと笑顔で言います。

ネコマムシとイヌアラシが、錦もんが到着するまで、雷ぞうを必死に守った事が良く伝ってきます。

 

【ワンピース】ワノ国とミンク族の関係は?

ネコマムシは、仲間を敵に売り渡す事は、出来ないと言っていました。

ミンク族とワノ国出身である雷ぞうとどんな関係があるのでしょうか?

これは、昔の話になりますが、若い頃のネコマムシとイヌアラシは、将来ミンク族の王になる為、海に出て強い侍がいるワノ国で修業する為にワノ国へと目指します。

ワノ国に人々は、ミンク族のネコマムシや、イヌアラシの姿を見てバケモノ扱いしてイジメます

イヌアラシ達は、ワノ国の人々達は、こんな酷い事する人達しかいないのか?

と思ったに違いありません。

しかし、酷い事する人々にも、姿は違うけれども同じ人間と思っている人物がいました。

その人物の名は、光月おでんです。

おでんは、二人を、イジメをしていた人々を叱りつけます。

おでんに、助けられた二人は、命の恩人と思い一生おでんについていこうと誓います。

おでんの家臣は、ネコマムシやイヌアラシの二人だけでしたが、この後に、無法地帯の九里(くり)に行きアシュラ童子を倒し家臣にします。

その後は、段々と仲間を集めて行きます。

作中で、康イエの屋敷にお金を盗んだ時に、錦えもんやアシュラ童子や雷ぞうの姿も描かれていたのでアシュラ童子を倒した後に、仲間になったと思います。

これが、ワノ国とミンク族と雷ぞうの関係の始まりです。

 

【ワンピース】侍ではなく忍者だった雷ぞう

ジャックが、モコモ王国を襲った時に、「ワノ国の侍を引き渡せ」と言っていました。

雷ぞうが、登場するまでは、侍と思われていました。

ルフィ達が、ゾウの島に到着した時に、雷ぞうも姿を現します。

姿は、珍妙な姿をしていますが、侍ではなく「忍者」のようです。

ジャックも言葉から分かるかと思いますが、雷ぞうが侍だと思っていたに違いありません。

おでんが生きていた時は、雷ぞうは、服部半蔵のような働きをしておでんに情報を報告して仕えていたのではないでしょうか。

錦えもんは、侍ですが、カン十郎は、侍ではなく絵を描いて敵を攻撃したりします。

そして、雷ぞうは、忍術使い敵を倒します。

おでんの家臣は、みんなが侍とは限らないみたいです。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】雷ぞうの性格は?

雷ぞうは、どんな性格をしているのでしょうか?

予想して、考えてみました。

外見は、とても怖い顔をしているので、ジョーダンが通じない性格の持ち主だと思っていました。

原作では、ルフィ達が忍術を見せてくれと頼んでいたのですが雷ぞうは、そう簡単に人に見せる物ではないと断っていました。

しかし、残念がる顔を見た雷ぞうは、ルフィ達に忍術を見せていました

ルフィ達のどうしても忍術が見たい思いが通じたと思います。

雷ぞうは優しい心の持ち主でありサービス精神を持った人物だと思います。

 

【ワンピース】ウドンで見せた隠密活動

雷ぞうは、カイドウや、オロチの情報を探るために、疫災のクイーンが支配している兎丼に隠密活動していました

そこには、カイドウに倒されたルフィの姿もあり、ルフィを助ける為に鍵を手にいれようとしますが、セキュリティーがかたくなかなか手に入れる事ができません。

ルフィには、必ず助けると言い他を探しますが、その時に、かつての仲間であった河松と出会います。

雷ぞうは、河松が生きていた事にびっくりします

 

【ワンピース】オロチ側近福ロクジュのライバル

ロビンが、おトコを助けた時に、御庭番衆の一人である副ロクジュが登場しました。

副ロクジュは、音もたてずにロビンにつかずいたので雷ぞうと同じく忍者だと思います。

その強さは、まだ判明していませんが、悪魔の実の能力者だと予想されます。

雷ぞうにとっては、大きな敵でありライバルにもなりそうです。

 

【ワンピース】最終決戦ではシノブと共に福ロクジュと対戦?

オロチは、トキの予言についてかなりおびえています

もし、トキの予言が現実になってオロチを殺しに来てもいいようにオロチお庭番衆を作ったと思います。

最終決戦では、同じ忍者である雷ぞうと副ロクジュと対戦が始まると思います。

雷ぞうはけっして弱くはないですが、副ロクジュにかなわないと思います。

そこで、くノ一のシノブと協力して戦うと思います。

シノブは、悪魔の実の能力者で、触れた物を腐らせる事ができます。

オロチ側にいる、副ロクジュもオロチみたいに動物系に変身できると予想されます。

シノブの能力は、動物系の能力者を足止めですることができます。

シノブが能力を使い、副ロクジュの動きを封じて有利に戦うのではないでしょうか。

 

まとめ

ジャックに命を狙われていた雷ぞうは、ミンク族のイヌアラシとネコマムシのおかげで命を救われました

ミンク族と雷ぞうは、とても深い仲だと思います。

おそらくカイドウやオロチを倒した後もミンク族と長く付き合っていくと思います。

今後に注目ですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です