【ワンピース】ドフラミンゴの弟・コラソンについて紹介!兄・ドフラミンゴやローとの関係性も徹底解説!!

元「天竜人」であった「王家七武海」ドンキホーテ・ドフラミンゴ。

ある事件をキッカケに、大きく人生が変わっていく事になります。

その後、血よりも濃い「海賊団」を結成し大きな力を手に入れていく中で本当の弟でありながら違う考えを持っていたのがコラソンです。

幼少期のローにも大きな影響を与えたとされるコラソンを今回は詳しく見てみたいと思います。

 

【ワンピース】コラソンのプロフィール

コラソンは「王家七武海」ドンキホーテ・ドフラミンゴの弟になります。

本名はドンキホーテ・ロシナンテです。

7月15日生まれの元「天竜人」で、出身は「聖地マリージョア」です。

ローが「ハートの海賊団」を結成する事になるキッカケを作った人物です。

「ドンキホーテ海賊団」の幹部ながら「海軍本部」中佐と2つの顔を持ち活動しています

 

【ワンピース】コラソンの特徴

海軍でありながら海賊のコラソンは金色の髪に赤い帽子、ハート柄シャツに黒い羽の上着を羽織っているのが特徴です。

ピエロのようなメイクでいつもタバコをふかしています。

また、ある理由から「喋らない」のも特徴で、意思表示は筆談で済ませています。

 

【ワンピース】コラソンの性格とは?

「ドンキホーテ海賊団」のコラソンですが、強烈な見た目とは裏腹に、ドジで間が抜けていてどこか憎めない性格をしています。

当初は子供嫌いとして冷徹な感じでしたが、それは子供たちをドフラミンゴから遠ざけるための演技と判明しています。 

実際は単純かつ感受性豊かな、慈愛に満ちた人物です。

ですが、その一方でドフラミンゴ同様に怒りを見せると手のつけられない様子を見せています。

 

【ワンピース】コラソンの悪魔の実の能力とは?

コラソンは悪魔の実の1つ「ナギナギの実」を食べた能力者です。

周囲で発生するあらゆる音を遮断する事ができる能力で、あまり戦闘向きの能力ではないながら、暗殺や潜入にもってこいの能力となっています

また、能力は自分以外の人や物にも及ぼすことができ、「凪(カーム)」と言う技では触れた対象が発する音を無くす能力を見せています。

 

【ワンピース】コラソンの強さとは?

「ナギナギの実」の能力者であるコラソンですが、あまり戦闘シーンが多くない為にどれくらいの強さかは不明となっています。

ですが、「ワンピース」作中ではかなりのタフさを見せている実力者である推測され、「ドンキホーテ海賊団」幹部・「海軍本部」中佐と相応の強さを持ち合わせている様子です。

 

【ワンピース】コラソンとドフラミンゴの関係性とは?

「海軍本部」中佐で「ドンキホーテ海賊団」幹部のコラソンと船長であるドフラミンゴは実の兄弟になります。

2人は元々「天龍人」でした。

ですが父ドンキホーテ・ホーミングの思想により、幼い頃に「天龍人」の地位を捨て普通の人間として暮らす事を望みました。

ですが地上での「天龍人」に対する恨みはすさまじく、一家全員壮絶な苦しみを受ける事になります。

悲惨な境遇の中で、元来凶悪な性格であったドフラミンゴは10歳の時に父を銃殺します。

そして、2人はバラバラに生きることになりますがその後再会し、ドフラミンゴはコラソンを幹部として受け入れる事になります

 

【ワンピース】コラソンとローの関係性とは?

コラソンは「珀鉛病」に犯されていたローにも当初は冷たくあたり暴力で「ドンキホーテ海賊団」から追い出そうとしました。

ですがその一方で自暴自棄になっていたローを哀れんでいました。

そして、ローを無理矢理に連れ出しあちこちの病院を訪れています。

その間にローはコラソンに心を開いていく事になります。

その後、「珀鉛病」を治す手立てである「オペオペの実」がある事を知ったコラソンは命がけで手に入れ、ローに食べさせています

ローにとっては命の恩人であると同時に、尊敬し信頼できる人物であった事が分かります

 

【ワンピース】コラソンとセンゴクの関係性とは?

ローに「オペオペの実」を渡したコラソンですが、後の元帥センゴクの部下として海賊に潜入していました

キッカケは父を殺したドフラミンゴと別れ1人になったコラソンを拾って救ってくれたからです。

その後、スパイとなったコラソンでしたが、センゴクは心配している様子で、「オペオペの実」を奪われた時も「生涯で一度だけ私に嘘をついた」と悔やんでいました。

 

【ワンピース】コラソンは死亡した?

「オペオペの実」を手に入れたコラソンでしたが、大きなダメージを負ってしまいます。

ですが、今度はドフラミンゴを止める為に集めた機密文書を託そうとしました。

それを託したのがよりによって初代コラソンで海軍にスパイとして潜入していたヴェルゴだったのです。

これが原因でコラソンの全てがバレる事になり、「オペオペの実」の能力者になったローを欲しがるドフラミンゴ。

コラソンはこの時、自身の身がどうなろうとローを逃す事に決めます。

コラソンはドフラミンゴに銃で撃たれながらも能力が切れないよう気合いで命を繋げます。

そして、海軍のおつるの到着と同時に命が尽きた事でローを逃す事が出来ました

この時、ローが見たのは今まで見た中でも1番の優しい笑顔でした。

この顔を見てその場を後にするローは、ドフラミンゴを討つ事を誓う事になります。

 

【ワンピース】コラソンの名言集

喋れない設定だったコラソンですが、多くの名言を残しています。

 

「全部、演技だ」

ローに本当にドジなのか聞かれて

 

「あん時、お前オレを刺したけど…痛くもなかった…痛ェのはお前の方だったよな…可哀想によぉ…ロー…!!」 

ローが心を開いていくキッカケ

 

「おれが死んでも…… 覚えててくれよ? おれは笑顔で死ぬからよ…!!」 

「だってお前… いつかおれを思い出して貰うなら 笑顔の方がいいもんな」 

「おいロー 愛してるぜ!!」 

ローに対する素直な気持ちを現しており、コラソンの人柄が分かります。

 

【ワンピース】アニメ・コラソン役の声優は誰?

海軍のスパイとして「ドンキホーテ海賊団」に潜入したドフラミンゴの弟コラソンをアニメ「ワンピース」で演じているのは、超人気声優の山寺宏一です。

声優・タレント・ラジオパーソナリティ-としても活動しています。

作品ではディズニー映画「アラジン」ジーニー、「リトル・マーメイド」セバスチャンを始「ルパン三世」銭形警部や「新世紀エヴァンゲリオン」加持リョウジを演じ、常に第一線で活躍し続けている人気者です。

 

まとめ

喋れず子供が嫌いな冷徹な人物コラソンでしたが、本来は優しい気持ちを持った人物でした。

ローを見た時も憐れみが勝り、自身が刺されたのにローの方が辛かったよなと涙を流していました。

この姿を見たローはコラソンに心を開いていき、かけがえのない存在になっていきます。

ですが、コラソンは兄であるドフラミンゴに殺されてしまいます。

何故なら「オペオペの実」を奪った時に実は海軍に所属しているスパイだった事がバレてしまったからです。

それでも死の間際はローの為に笑って死んで行きます。

いくつもの不運が重なり、命を落とす事になったコラソンですが、一部では「ナギナギの実」の能力は無敵ではとも考察されている事もあり、退場するには惜しかったキャラクターといえます。

ローの「ハートの海賊団」に大きな影響を与えたコラソン。

形見である「ナギナギの実」が現在はどうなっているのか、気になりますね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA