最新ネタバレ『ワンピース』1023-1024話!考察!飛竜乗雲

スポンサーリンク

前回のワノ国編では、鬼ヶ島はワノ国首都の花の都に近づきつつありました。

城内の3階では、因縁の終止符を打つために雷ぞうと福ロクジュは戦っていました。

飛び六胞の壊滅で戦力比は五分にまでせまった状況で、サンジとゾロが戦線復帰しました。

火災のキングはゾロと、疫災のクイーンはサンジとの戦闘が始まりました。

それでは第1023話『瓜二つ』の考察を始めていきます。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』1023話!のネタバレ

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

それでは『ワンピース』1023話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

二枚看板対大看板

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

サンジと復活したロロノア・ゾロは百獣海賊団の大幹部二人叩きのめしました。

そんなゾロを狙う百獣海賊団団員を河松が阻止、花のヒョウ五郎は親分衆にも手出し無用を呼びかけます。

限界を超えてしまった不死鳥マルコは休みながら白ひげ、エドワード・ニューゲートの言葉を思いしていました。

それは偉大なる航路を分断する赤い土の大陸の上にはかつて「神の国」があったということでした。

そんな話を思い出して戦場で感慨にふけるマルコは元同僚のイゾウに助けられました。

 

スポンサーリンク

大看板の意地

カイドウを守る災害と呼ばれる大看板の猛攻に対してサンジの動きはよくありません。

それに気づいたゾロ、サンジは二度目にレイドスーツを装着したときから体の変調を感じていました。

その動きの悪いサンジをかばう形でゾロは火災のキングの相手を引き受けました。

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

そのゾロを狙った疫災の辮髪〝ブライダル熱拳〟(グラッパー)をサンジが弾き返します。

クイーンは旧知の仲のでありサンジの父、ヴィンスモーク・ジャッジを実子を改造するというマッドサイエンティストだと言います。

サンジの〝悪魔風脚〟もその産物だと考えていました。

唯一の失敗作として人間だったサンジの燃える脚をルナーリア族でもなければありえないという言葉を聞いたキングはにらみつけます。

そのキングはゾロの猛攻をソードブレイカーのようなクシ状に変形させた刀で絡め取って拳に仕込まれたトゲで無防備になった顔を狙います。

ゾロはその攻撃を口にくわえた和道一文字で防いだのです。

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

戦いを見ていた河松とヒョウ五郎はゾロが鈴後の大名、霜月牛丸の若い頃に姿にあまりに似ていたことを驚いていました。

そしてゾロが持っていた秋水はその牛丸の先祖、霜月リョーマの愛刀でした。

 

スポンサーリンク

〝月の獅子〟再び

宝物殿二階では大看板の一人、旱害のジャックとイヌアラシが戦っていました。

雷ぞうをかばったことでミンク族の国、モコモ公国はジャックによって滅ぼされました。

それでもイヌアラシは国と左足を失ってなおワノ国の侍としての矜持は失わなかったのです。

戦いながら中庭へと二人は移動します、そこにはアシュラ童子が開けた天井の穴がありました。

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

月光を浴びてイヌアラシは再び月の獅子となります。

同じ頃、ドクロドームの正面入り口でも戦いが繰り広がれています。

ペドロのかたきを討つため、ネコマムシも怨敵シャーロット・ペロスペローを前に月の獅子と化していました。

 

スポンサーリンク

龍が空をかけるとき

城内の二階で戦う福ロクジュは亡き主君に仕える雷ぞうをあざ笑います。

ですが雷ぞうはモモの助が立派に成長してくれることを信じていました。

常影港ではカイドウが現れたと騒ぎになっていました。

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

そこには一頭の龍が伏せていました。

それはしのぶのジュクジュクの術で28歳になったモモの助でした。

術をかけたしのぶは成長したモモの助の姿に感涙していたのです。

カイドウを倒すため、ルフィを鬼ヶ島に戻すために龍が天に昇る準備は整いました。

 

スポンサーリンク

『ワンピース』ネタバレ1023-1024話のまとめ

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

成長したモモの助は父、光月おでんに似ていたのでしょう。

28という年齢は妹の日和より二つ年上で、その妹と同年代のヤマトと釣り合う年齢なのでしょう。

青龍としての姿もうなぎと呼ばれていた頃から立派に成長したのですね。

 

クイーンが口にしたルナーリア族が発火するというキングの正体だと思われます。

聖地マリージョアよりも前に住んでいたという幻の種族なのでしょう。

キングはプテラノドンの能力者なので背の鳥のような翼はプテラノドンの物でなく自前だと思われます。

尾田栄一郎「ワンピース」1023話より引用

そしてサンジの変調はレイドスーツの副作用なのでしょう。

血統因子の組み換えをした体が他の兄弟と同じような戦闘に適した鉄の外骨格の形成が始まったのかもしれません。

強化になったとしても、サンジには忌まわしいことになると思われます。

次回をお楽しみに。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒『ワンピース』1025話!天翔ける桃色・・

⇒『ワンピース』1024話!侍の心意気・・

⇒『ワンピース』1022話!大幹部対大幹部・・

⇒『ワンピース』1021話!悪魔の子・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です