【ワンピース】ハンニャバルの名言がかっこいい!ハンニャバルの強さや現在について徹底解説!!

スポンサーリンク

海賊王ゴールドテD・ロジャーが死の間際に放った言葉で始まった「大海賊時代」

その大海賊時代の世界で平和の均衡を保つ三大勢力と言われる組織があります。

1つは圧倒的な力を要し「海賊王」に近いとされる「四皇」、そして「四皇」に対抗する勢力が「海軍本部」と「王家七武海」です。

この中で「海軍本部」と「王家七武海」はそれぞれが海賊を取り締まる権利を持っており、捕らえられた海賊が向かう先は世界政府付属機関である「海底監獄」インペルダウンです。

この「海底監獄」インペルダウンには世界中の凶悪犯が収監されていて、脱獄は不可能とも言われます。

今回はこのインペルダウンで副署長を務めているハンニャバルを見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルのプロフィール

ワンピース/©尾田栄一郎

ハンニャバルは南の海出身のおとめ座の海底監獄「インペルダウン」の副署長です。

勤務態度は悪いながらもマゼランからの信頼は厚い様子で、いつもコントのような掛け合いを見せています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルの特徴

ワンピース/©尾田栄一郎

「インペルダウン」副署長ハンニャバルは三つ又の槍にツタンカーメンの様な頭にとても強そうには見えないだらしない腹が特徴です。

また、「署長になりたい」と常に口にしているのも特徴で、困った問題児と言えます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルの性格とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

副署長ハンニャバルですが、その地位にありながらもあからさまにマゼランを署長の座から引きずり下ろそうとする「野心」丸出しの性格です。

気が少し緩むとすぐに「偉くなりたい」「署長になりたい」と口を滑らせ、その度に「あ、間違えた」「本音出ちゃいました」と取り繕っています。

その野心は出世欲だけでなく、海賊女帝ボア・ハンコックが訪れた際も「私の”女帝”ハンコック殿で?」とハンコックすら手に入れようとする欲を見せています。

その反面で凶悪な犯罪者達の不正は絶対に許さず、例え巨大な敵であっても己の命すら懸けて立ち向かう揺るぎない正義の心を持ち合わせています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルの必殺技とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

野心丸出しの問題児ながら正義の心を持つハンニャバルは普段は三つ又になった剣を使用していますが、非常時は薙刀を使用した必殺技を見せています。

「ハンニャカーニバル “焦熱地獄車”」

血吸を高速回転させて刀身に炎を纏わせ、回転を維持したまま熱傷を伴う斬撃を繰り出す攻防一体のハンニャバル最大の奥義となっています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルの強さとは?

ワンピース/©尾田栄一郎

野心丸出しでギャグ担当と言えるハンニャバルですが、その強さは侵入者ルフィに手を貸した道化のバギーとMr.3を簡単に倒しています

バギーもMr.3もそれぞれが能力者で高い実力を持っていますが、軽々と撃破した所をみるとかなり高い戦闘力を誇っているのが分かります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルの野望とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「インペルダウン」副署長ハンニャバルですが、見習い時代から人並み以上の野心を滾らせていました

ですが、裏腹な勤務態度や投げやりな油断を見せ失態ばかりしていました。

ですが、その野心は失われる事なく目付け役として世話になっているはずのマゼランが署長になってからは特に「偉くなりたい」など野心に拍車がかかっています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルとマゼランの関係性とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「インペルダウン」署長マゼランは副署長時代に勤務態度優良だった事から当時の署長に指名されハンニャバルの目付け役を言い渡されています。

それ以来、マゼランはハンニャバルに手を焼きながらも心根にある正義は知っており「おれの後任は お前しかいないんだ!!!」と密かに信頼しています

そんなハンニャバルも他意を除きマゼランを心から信頼しており、互いが強い絆で結ばれている様子が分かります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】インペルダウン編での活躍

ワンピース/©尾田栄一郎

副署長ハンニャバルは侵入者ルフィによって混乱した隙に脱獄しようとする凶悪な犯罪者達を相手に大活躍を見せます

更にギア2状態のルフィとも戦い、猛攻を受けてなお立ち上がる強靭さを見せています。

また、脱獄しようとする悪党が大手を振って娑婆へ舞い戻る事を絶対に認めない不退転の正義感と屈強な精神力を見せました。

この活躍を見たマゼランは次の署長はお前しかいないというほどでした

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルの名言集

ワンピース/©尾田栄一郎

ギャグ担当と言えるハンニャバルですが、数多くの迷言?名言を残しています

「ようこそ!!我がインペルダウンへ!!!」 

「あァ間違えました“我が”ってちょっと野心出ちゃった 私はまだ副署長のハンニャバルです!!」 

「痛い!!すっごく署長になりたい!! あ 間違えた すっごく痛い!!」 

「か弱い庶民の明るい未来を守る為!!前代未聞の海賊“麦わら”!! 署長に代わって極刑を言い渡す!!!」 

「私の”女帝”ハンコック殿で?」

ハンニャバルらしい名言集になっています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハンニャバルの現在とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「インペルダウン」副署長ハンニャバルでしたが、今現在はマゼランが侵入者ルフィによる脱獄事件の責任を取り降格した為に念願の「署長」に昇格しています

そして、マゼランは新たに副署長として就任しており、現在は部下という事になります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】アニメ・ハンニャバル役の声優は誰?

https://animeanime.jp/

念願の「インペルダウン」署長に昇進したハンニャバルをアニメ「ワンピース」で演じているのはインパクトのあるキャラを多くこなす声優の後藤哲夫です。

他にも洋画や海外ドラマでの吹き替えで活躍していましたが、2018年11月8日に食道癌により死去しています。

また、「ワンピース」では他にラオGを演じています

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース/©尾田栄一郎

見た目からしてだらしないハンニャバルですが、その見た目通りに問題児で当時は副署長だったマゼランが目付け役になるほどでした。

ですが、その正義の心には目を見張るものがあり自らの命をかけて凶悪犯と戦う姿はマゼランも一目置き、信頼しています。

そのハンニャバルも口で野心を口にし悪態をつきながらもマゼランを信用しており、固い絆で結ばれているのが分かります。

この後、マゼランは事件の責任をとり自ら署長を辞任した事でハンニャバルは念願の署長に昇格しています

署長になってからは「扉絵」でしか登場していなく、どんな署長になっているのか気になる所です。

この先の登場はあるのか、楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA