スポンサーリンク

【ワンピース】パスクア少佐は元海賊?原作には未登場のアニメオリジナルキャラクターについて大紹介!!

スポンサーリンク

アニメ「ワンピース」によるオリジナルストーリー「虹色の霧編」は第139話〜第143話で放送されました。

この「虹色の霧編」はアニメオリジナルで原作にはないキャラクターも多く登場します。

今回はそのキャラクターの中で「麦わらの一味」を追う「海軍本部」少佐パスクアを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】パスクアのプロフィール

ワンピース/©尾田栄一郎

パスクアは「海軍本部」に所属する少佐でルフィ達を追い「ルルカ島」にきた海兵です。

パスクアはこの「ルルカ島」の出身で父が元海軍将校だったとされています。

小説『THE RAINBOW MIST』の著者でもあります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】パスクアの特徴

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」少佐パスクアは白髪頭にサングラスが特徴的な海兵です。

素肌に直接マントを羽織っており、只者ではない雰囲気を醸し出しています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】パスクアの性格とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」少佐パスクアですが、元はガキ大将として有名な悪ガキでした。

ですが、その後、ある目的から「海軍」に入隊する事になります。

中々、芯のある性格だと推測できますが、くしゃみをする拍子に攻撃をしてしまい、味方の軍艦に当てるなどドジな一面もあります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】パスクアの能力・強さとは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」少佐でガキ大将から「海軍」に入隊したパスクアは「悪魔の実」の能力者ではありません

ですが、パスクアは指の力が凄まじく強く、指で弾くコインは船を沈めるほどの威力を誇っています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】「虹色の霧編」のあらすじ

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」少佐パスクアに追われたルフィ率いる「麦わらの一味」は「ルルカ島」に上陸しました。

この「ルルカ島」は元海賊であったウェットン市長が支配する島で、人々に重税を課し苦しめていました。

そして、ルフィたちはこの島で「虹色の霧」を研究している老人・ヘンゾと出会います

このヘンゾは、50年前に「虹色の霧」に巻き込まれ行方不明となった友達を救うべく、研究を続けているとルフィ達に明かします。

こうして、ルフィ達はヘンゾの研究を助ける事になり「虹色の霧」に入っていきます

そして、ルフィ達やヘンゾは「虹色の霧」の中に巻き込まれた仲間達を救いだし、数々の事実が明かされる事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】パスクアの過去とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」少佐のパスクアですが、実は「虹色の霧」を研究している老人・ヘンゾのガキ大将でした

ベンゾが救おうとしていたのは、50年前に呑みこまれ行方不明になっていた仲間のパスクア達だったのです。

パスクアは「パンプキン海賊団」を率いる船長をしていました。

そして、襲撃してきた「ウェットン海賊団」と対峙した際、「虹色の霧」に呑まれてしまったのです。

その後、市長になり「ルルカ島」を支配したウェットンはベンゾに「虹色の霧」を研究させ、更なる金を手に入れようとしていたのです。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】パスクアが海軍に入隊した理由とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「ルルカ島」を支配する「ウェットン海賊団」船長のウェットン一族を倒すべく仲間と共に海軍に入隊しました

その後パスクアは少佐の地位に上り詰め、「海軍艦隊」を指揮する権力を得て「ルルカ島」に帰還します。

そして、パスクアは念願の「ウェットン海賊団」とウェットン一族を逮捕する事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】パスクアと麦わら一味の関係性とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」少佐パスクアですが、ヘンゾの友達・ラパヌイ率いる「パンプキン海賊団」でした。

50年前にのまれた時空を捻じ曲げる「虹色の霧」からの脱出方法を求めて、ルフィたちはこの「パンプキン海賊団」と合流します

この時、ウェットンは税金で建てた「レインボータワー」を使い、エイプスコンサートから財宝を運び出していました。

ですが、ルフィに追いつめられたウェットンは逃げだし、ルフィたちは元の世界に帰る事が出来なくなります。

ですが、現れた「パンプキン海賊団」の助けで脱出に成功します

そして、その後「ルルカ島」でルフィ達の前に現れた少佐パスクアですが、ルフィ達には目もくれずウェットンを逮捕することになります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】アニメ・パスクア役の声優は誰?

https://www.81produce.co.jp/

「パンプキン海賊団」の船長で現在は「海軍本部」少佐パスクアことラパヌイをアニメ「ワンピース」で演じているのは、善人役・悪役など多種多様なキャラクターを演じるバイプレイヤー園部啓一です。

また、幼少期を福岡県出身の女性声優の広津佑希子が演じています

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」少佐パスクアはアニメ「ワンピース」オリジナルストーリー「虹色の霧編」で登場するキャラクターです。

海軍になったのは故郷「ルルカ島」を支配する「ウェットン海賊団」船長で現在は市長をしているウェットンを逮捕する事でした。

ルフィ達はこの「ルルカ島」に上陸した際に「虹色の霧」を研究するヘンゾと出会います。

このヘンゾは50年前に「虹色の霧」に巻き込まれた仲間を救おうとしていました。

そして、ルフィ達を追っていた「海軍本部」少佐パスクアはこのヘンゾの仲間だったのです。

この後、ルフィ達の助けもあり無事ウェットンを逮捕する事が出来たパスクア。

現在はどうなっているのか、気になりますね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA