【ワンピース】ヒューマンオークションで海賊バイロンが出品!バイロンの人間価値とは!?

スポンサーリンク

世界政府は世界中の国で当たり前の様に「人身売買」を重罪として禁じています。

ですがその「犯罪」を堂々と行っているのが、グランドライン折り返し地点「シャボンディ諸島」に存在する「人間屋」と呼ばれる組織です。

この「人間屋」は世界政府非加盟国の住人及び犯罪者を売り飛ばすのを生業にしており、珍しい魚人や人魚、巨人などは高値で売買されています。

黒幕は「王家七武海」天夜叉ドフラミンゴで、天竜人も参加する事から政府や海軍も暗黙する黒に近いグレーな組織です。

この「人間屋」で売買されるのは高値で売れる種族だけでなく、労働力となる男や老人、そして奴隷となる人間達も出品されています。

今回はこの「人間屋」で開催されたヒューマンオークションに出品された1人バイロンを見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バイロンのプロフィール

ワンピース/©尾田栄一郎

バイロンは「西の海」トロア出身の海賊です。

12月18日生まれという誕生日で192センチ130キロの巨体です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バイロンの特徴

ワンピース/©尾田栄一郎

「西の海」出身のバイロンはうねりのあるパーマヘアに黒のロングコート、そして赤茶のベストというミュージシャンの様な出立ちが特徴です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バイロンの家系とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

ミュージシャンの様な出立ちのバイロンですが、実は楽器の演奏が得意な海賊です。

元々、バイロンは「西の海」の音楽家の家系の生まれで楽器が得意とされています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バイロンの特技とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

音楽家の家系に生まれたバイロンの特技はまさに楽器の演奏になりそうですが、実はワイン造りが特技です。

元々は芸術一家の生まれで意外とは言えない特技となっています。

そして、何らかの理由で拉致されたバイロンはワイン造りが得意で音楽好きな海賊として「人間屋」のオークションにかけられる事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】人間屋とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

バイロンを商品として出品した「人間屋」ですが世界政府から禁じられている人身売買を生業にしている組織です。

犯罪者や罪人などはもちろん、何の罪もない人魚なども取引されている組織で人攫い屋により攫われ「人間屋」送りにされる事もあります。

この「人間屋」では競売が行われており、観客の間で競り落とされた者に奴隷の保有権が渡されるという制度です。

また、この競売にかけられた者は首に爆破する首輪をつけられ無理に取り外そうとすると爆破するというシステムになっています。

この事からバイロンも攫われた時点で尊厳は失っているのが分かります。

また、競売前の奴隷を「奪還」することは、「他人の財物を強奪することと同一」という理由にならない理由があり、「奪還」を行使すれば世界政府から逮捕されるという異常とも言える事態になります。

これには天竜人が大きく関わっているのが大きいと思われますが、政府も何も言わない為に「海軍本部」も動けないよう様子で、限りなく黒に近いグレーというか黒なのに目をつぶらずを得ない組織です。

まさに「人間屋」は天竜人との絡みも含め政府も黙認する非常にタチの悪い非合法ながら合法の組織と言えます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バイロン登場回

ワンピース/©尾田栄一郎

「人間屋」で行われた人身売買オークションに商品として出品されたバイロンが「ワンピース」で登場したのは、原作第501話「うねり始める世界」です。

この回では支配人ディスコにより、オークションが始まる回になっています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バイロンはいくらで落札された?

ワンピース/©尾田栄一郎

「人間屋」による人身売買オークションが始まった中で、最初に出されたのはバイロンでした。

その価格は特別価格40万ベリーでした。

その後、場面が変わった際は既に違う人物のオークションになっており、バイロンはおそらく40万ベリーで落札されていると思われます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バイロンのその後とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

おそらく落札されたバイロンですが、その後は描かれておらず不明となっています

この後、ルフィ達は神をも恐れぬ大事件を起こしており、そのドサクサで奴隷になるのを免れた可能性もあります

ですが、最初の商品として出品されている事から既に手続きが終わり、奴隷になっているかも知れません。

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース/©尾田栄一郎

「シャボンディ諸島」で行われているのが世界政府も黙認する人身売買「ヒューマンオークション」です。

このヒューマンオークションは「人間屋」と呼ばれる闇組織で、ドフラミンゴが裏で操っていました。

このヒューマンオークションでは高値で取り引きされる人魚や魚人、巨人なども出品される事があります。

ですがそれ以外に出品された者達は「奴隷」として競り落とされます。

そして、このオークションにかけられたのが音楽家の生まれで楽器演奏とワイン造りが特技のバイロンです。

この日、行われたオークションに最初に出品され、40万ベリーの特別価格でした。

この後もオークションが進む中、ルフィが「人間屋」の会場で仲間の人魚ケイミーを助ける為に「天竜人」を殴り飛ばすという大事件を起こします。

これが原因で海軍が駆けつけた為に大混乱となり、落札されたと思われるバイロンのその後は不明となっています。

果たしてバイロンは奴隷になってしまったのか、その後が気になってしまいますね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA