【ワンピース】ペドロは生きてる?ペドロの壮絶な過去や生存説について徹底解説!!

「ワノ国」とも深い関わりがあり、長い歴史を守っている「ミンク族」。

その「ミンク族」が暮らしているのが「グランドライン」幻の島「ゾウ」になります。

今回はその「ミンク族」の中でも2人の王ネコマムシとイヌアラシに次ぐ実力者ペドロの生涯とある噂について見てみたいと思います。

 

【ワンピース】ペドロのプロフィール

ペドロは幻の島ゾウ「モコモ公国」のくじらの森侠客団・団長を務めているミンク族の戦士です。

「木の上のペドロ」という通り名を持つ ジャガーのミンクで、主であるネコマムシに次ぐ実力者です。

 

【ワンピース】ペドロの特徴

ジャガーのミンク族であるペドロは、オレンジ色が含まれた金髪に、目の傷が特徴です。

いつも胸元がはだけたシャツにタバコを咥えているのも特徴で、滲み出る男の色気を感じさせるキャラクターとなっています。

 

【ワンピース】ペドロの性格とは?

「モコモ公国」くじらの森侠客団のペドロは、主であるネコマムシや仲間からの信頼も厚い義理堅い性格をしています。

また、人格者であり冷静な判断力を備えています

ネコマムシを救ってくれた「麦わらの一味」に大変感謝しており、恩人の為に役立つ事を常に考えている人物でもあります。

 

【ワンピース】ペドロの能力・強さとは?

ペドロは「木の上のペドロ」という異名の通り、かなり身軽で並の相手では捉えられないスピードで移動しながら攻撃する事が可能です。また、尻尾をヘリコプターのように回転させ空中でも一瞬軌道を変えることもできます。

ペドロはこの事から「ミンク族」特有の身体能力と剣による高速攻撃を得意としており、エレクトロをまとった攻撃力はかなり高いものとなっています

 

【ワンピース】ペドロとぺコムズの関係性とは?

「ビッグマム海賊団」のペコムズですが、その姿からも分かる通りモコモ公国出身のミンク族です。

かなりの荒くれ者だったとされるペコムズは、3億3000万ベリーの賞金首を誇る強さを持っています。

そのペコムズを唯一抑えられるのが、このペドロです。

ペドロはペコムズにとっては兄貴分であり、海賊になってからも可愛い弟分として気にかけている関係となっています

 

【ワンピース】ペドロとキャロットの関係性とは?

「モコモ公国」くじらの森侠客団の団長ペドロを師匠と慕っているのは、同じく「ミンク族」のキャロットです。

ペドロは自身の経験をキャロットに教えており、キャロットもその言葉を意識しています。

 

【ワンピース】ペドロの過去とは?

くじらの森侠客団の団長ペドロですが、実は3億8200万ベリーの懸賞金がかけられています

これはネコマムシの役に立つ為「歴史の本文」を探す旅に出た事が原因です。

ペドロ曰く「世間知らずだった」と発言していますが、これを契機に「ノックス海賊団」を名乗るようになります。

その後も旅を続けますが、不運にもビッグマムの縄張り「万国」に足を踏み入れてしまいました。

タマゴ男爵と激しい戦闘をしますが四皇の兵力には敵わずビッグ・マムに捕らえられてしまいました。

そして、ルーレットにより「100年分の寿命」を差し出せと求められます。

この時、ペドロは左目の眼球を自ら抉り出すと「この死は無意味!!“世界の夜明け”の日は近い!!おれは帰らねばならん!!!」と発言します。

これにビッグマムも「良い男」と言うと、50年分の寿命で見逃され「ゾウ」に帰還する事ができます

また、幼少期には海賊王ゴールド・D・ロジャーとも面識があり、一緒に行きたいと言うペドロに人には「出番」があると教えられています。

 

【ワンピース】ゾウ編での活躍

「モコモ公国」の侠客団としてペドロは、「侍」を探して襲撃に来た「百獣海賊団」のジャックと激しい戦いを繰り広げます

ですが、毒ガス兵器「KORO」を使用したジャックにより壊滅状態になります。

この時、サンジやチョッパー達が到着した事でペドロも重症を負いながらも2人の王を助けて貰えるように懇願します。

そして、ペドロは「ゾウ」を救ってくれたサンジや「麦わらの一味」に恩義を感じる事になります

 

【ワンピース】ホールケーキアイランド編での活躍

サンジ奪還の為に苦い思い出のある「万国」に同行する事になったペドロ。

早速、ブルックと「歴史の本文」の写しを入手しようと囮を買って出ます。

その囮になったペドロと戦う事になったのが、因縁のタマゴ男爵でした。

この戦いは、一進一退の中で勝負はお預けになりますが、その後もペドロは将星カタクリやオーブンと交戦しルフィを援護していきます

そして、サンジを奪還しホールケーキ城を崩壊する事に成功しますが、ペロスペローの策略によりルフィ達は脱出不能の窮地に陥る事になります。

 

【ワンピース】ペドロは死亡した?

サニー号まで、ペロスペローの能力で固められたルフィ達でしたが、ペドロはここである事を思い出します。

そして、元々残り少ない寿命で生きて帰るつもりはなかったペドロ。

かつて出会った海賊王ゴールド・D・ロジャーの言葉を回想しながら自分の「出番」がやってきたことを確信します。

こうして、ペドロはビッグ・マムが迫るという危機的状況から逃れる為にペロスペローを巻き込んで大量のダイナマイトによる自爆を決行をしました

このペドロの自決で、ルフィ達は出港する事ができ助かる事ができます

 

【ワンピース】ペドロ生存説

ダイナマイトによる自決で命を落としたペドロですが、一部では「生存説」が囁かれています。

その元となっているのが、「Pの一族」です。

これは、今まで死んだと思われたキャラクターが生きていた事が由来です。

そのキャラクターの頭文字が「P」だという事から「Pの一族」と言われるようになっています。

そのキャラクターとはローラの父「パウンド」やアラバスタの「ペル」、空島の「パガヤ」です。

そして、この「Pの一族」として生存していると噂されているのが、ペドロと弟分のペコムズです。

2人とも「P」が頭文字で、この「Pの一族」なら生きてる可能性が高いのではと思われています

因みにこの「Pの一族」は天に生かされている「Pの一族」とワンピースファンの間でネタになっています。

 

【ワンピース】ペドロの名言集

ダイナマイトにより自決したペドロですが、「万国」に同行してから数々の名言を残しています。

 

「あぁ 承知の上だ!! おれはもう 生きて故郷に帰る気などない!!!」 

「おれは思う ルフィ達こそが 数百年間我ら一族と“光月家”が待ち続けた 世界を夜明けへと導く者達だ!!」 

「ダンナ達の待つ『世界の夜明け』の礎となれるなら おれは本望だ」 

 

また、ダイナマイトに火をつけた際はタバコを咥え「さらばだ」とルフィ達に別れを告げているのも名言と言えます。

 

【ワンピース】アニメ・ペドロ役の声優は誰?

「モコモ公国」くじらの森侠客団の団長ペドロをアニメ「ワンピース」で演じているのはベテラン声優の三木眞一郎です。

代表作には、「キャプテン翼J」の若林源三や「頭文字D」の藤原拓海、「BLEACH」の浦原喜助、「鬼滅の刃」竈門炭十郎など多くの人気作で声優を務めています。

 

まとめ

「ワノ国」にとり最も重要なキャラクターとなっているのが、「モコモ公国」くじらの森侠客団の団長ペドロです。

このペドロは「モコモ公国」ではネコマムシやイヌアラシ2人の王に次ぐ実力者で、義理堅い性格をしています。

この「モコモ公国」を救ってくれた恩人「麦わらの一味」の役に立とうと、サンジ奪還を目指すルフィ達に同行する事になります。

そして、その向かった先でペドロは命を落とす事になります。

この死を「出番」だと確信したペドロ。

ルフィ達を「夜明けに導く者」と信じ、ダイナマイトを巻き自爆する事で窮地から救う事で人生の幕を閉じます

この後、まだ生きているという生存説も囁かれている「ミンク族」ペドロ。

まさかの再登場もあるのか、楽しみにしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA