スポンサーリンク

【ワンピース】ラウルって何者?原作には未登場のアニメオリジナルキャラクターについて大紹介!!

スポンサーリンク

原作「ワンピース」には未登場のキャラクターが出てくる事のあるアニメ版「ワンピース」。

その中で後の海賊王ゴールド・D・ロジャーと言葉を交わした重要なキャラクターも登場します。

今回はその海賊王ゴールド・D・ロジャーを知るアニメオリジナルキャラクターのラウルを見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラウルのプロフィール

ワンピース/©尾田栄一郎

ラウルは「東の海」ローグタウンで酒場を営んでいた老人です。

詳しいプロフィールは明かされていませんが、古くから「ローグタウン」に住んでいると思われます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラウルの特徴

ワンピース/©尾田栄一郎

「ローグタウン」に古くから住むラウルですが、ニット帽に眼鏡をかけているのが、特徴の萎びた老人です。

また、古くから「ローグタウン」で酒場を営んでおり、街で起きた様々な出来事を知っている様子もあります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラウルの性格とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「ローグタウン」のラウルですが、詳しい性格は分かっていません

ですが、ルフィが酒場に入ってきた時は、苛立つ口調をしていました。

ですが、お構いなしのルフィに対し、根負けしたのか22年前の今日の出来事を話し出します。

ラウルはこの日を寂しく感じており、苛立つ口調でしたが、根は優しい老人だと推測されます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラウルの職業とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「麦わらの一味」船長ルフィに昔話をするラウルですが、「ローグタウン」の裏道で酒場を営んでいました

ルフィが迷子になり訪れた際にラウルは「もう店はたたんだ」と発言しています。

この発言から現在はやってないかも知れませんが、酒場を経営していた事になります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】バー「GOLD ROGER」とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

ルフィが迷子になり裏町でラウルがやっている酒場に辿り着きます。

その酒場の名は「BAR GOLD ROGER」です。

ラウルはロジャーとも関係があり、裏町で「BAR GOLD ROGER」を掲げ店を経営していたのです。

ラウルはこの時、ルフィに22年前の今日、処刑された海賊王ゴールド・D・ロジャーについて話します。

ルフィはその話を身震いしながら聞き、ラウルは「近ごろはロジャーみたいな無茶な海賊はいなくなったよな」と嘆きます。

その話を聞いたラウルにルフィは「おれは海賊王になる」と言います。

そのルフィの姿にラウルはロジャーを重ねます

そして、久しぶりに気分がいいというラウルはルフィに何か飲むかと聞き、「永遠の海賊王に」乾杯とロジャーを偲びます。

海賊王ゴールド・D・ロジャーに影響を受けたのか、ラウルはロジャーについては饒舌に語っています。

また、海賊ではなく海軍のスモーカーも大佐時代にはよく「BAR GOLD ROGER」に通っていたとされています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラウルとロジャーの関係性とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「ローグタウン」で「BAR GOLD ROGER」のラウルですが、ロジャーが駆け出しで「グランドライン」に入る前に言葉を交わしています

その後もロジャーの事を気にかけて「海賊王」になった時はラウルも喜んでいた様子です。

そして、ロジャーが「ローグタウン」で処刑された時の事も見ていた1人でした。

ルフィに「ロジャーみたいな無茶な海賊がいない」と嘆いており、ラウルにとっては大切な友人だった事を伺わせます

 

スポンサーリンク

【ワンピース】アニメ・ラウル役の声優は誰?

https://www.aoni.co.jp/

「ローグタウン」の裏町で「BAR GOLD ROGER」を開いているラウルをアニメ「ワンピース」で、演じているのは声優界のレジェンド矢田耕司です。

今や多くの人気声優が所属する「青二プロダクション」の創立メンバーの1人でした。

アニメだけでなく、特撮、ナレーション、映画の吹き替え、人形劇などで多くの声優を務め、それぞれに代表作を持っている声優界の第一人者です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース/©尾田栄一郎

「ローグタウン」に辿り着いた「麦わらの一味」のルフィは海賊王ゴールド・D・ロジャーの処刑台を見たいと街にでます。

ですが、道に迷い裏町に出たルフィが扉を開け入ったのが、ラウルが経営する「BAR GOLD ROGER」でした。

始めは邪険にされるルフィでしたが、お構いなしの態度に負け22年前に起きた事件について語り出します。

それは海賊王ゴールド・D・ロジャーに関する事でした。

興奮したルフィは身震いしながら、ラウルの話に耳を傾け聞き入ります。

そして、ラウルは「近ごろはロジャーみたいな無茶な海賊はいなくなったよな」と嘆きます。

それを聞いたルフィは「俺は海賊王」になるとラウルに言い、その言葉を聞いたラウルはロジャーの姿を思い出していました。

「ローグタウン」で「グランドライン」に入る前にロジャーと言葉を交わし、「海賊王」になった後の処刑まで見届けたラウル。

そのラウルがルフィを見てロジャーの姿にかさねていました。

この「BAR GOLD ROGER」に大佐時代にスモーカーが通っていたのも面白いエピソードですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA