【ワンピース】ルフィが追い続ける大きな背中!!四皇シャンクスが率いる赤髪海賊団とは!?

スポンサーリンク

ルフィが憧れる海賊、“赤髪のシャンクス”率いる四皇の中でもトップクラスの実力者が揃う赤髪海賊団について解説を進めていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ルフィとの出会い

ルフィがまだ7歳でフーシャ村に住んでいた時に赤髪海賊団が現れ、フーシャ村を気に入ったシャンクスは一年ほど停泊していてルフィとシャンクスは仲良くなりました。

そしてシャンクスが敵船から奪ったゴムゴムの実をルフィがうっかり食べてしまいます。

これが、ルフィとシャンクスの出会いです。

 

ルフィはシャンクスに「航海に連れていけ」とわがままを言いますが、結局は連れていってもらえることはありませんでした。

ある日、山賊に海に落とされて海王類に食べられそうになったルフィを助けた代わりに、シャンクスは左腕を食いちぎられてしまいます。

 

そしてとうとうシャンクスがフーシャ村を出ていくときに、海賊王になると宣言したルフィにシャンクスは、

「この帽子をお前に預ける。俺の大切な帽子だ。いつかきっと返しに来い、立派な海賊になってな。」

ロジャーから受け取った麦わら帽子をルフィに託してイーストブルーを去りました。

 

その10年後、ルフィは海賊となり海に出向しました。

 

【ワンピース】少数精鋭の陽気な海賊団

赤髪海賊団は大頭シャンクス、副船長ベン・ベックマン、ウソップの父親ヤソップなどから構成される少数精鋭の海賊団です。

人数こそ多くはありませんが、ひとりひとりの戦闘能力は高く、世界政府や五老星も彼らには一目置いており、また白ひげ海賊団や百獣海賊団とも渡り合う実力を持った海賊団です。

 

メンバーは陽気な人物が多く、昼間から酒を飲んで宴をあげたり、ライバルであるはずのミホークを宴に誘うなど、非常に和気あいあいとした海賊団です。

 

【ワンピース】海賊船「レッド・フォース号」

シャンクスたちが度に用いる船の名は、「レッド・フォース号」です。

船首は竜を象っており、海賊旗は左目に3本の傷が描かれたドクロマークです。

 

頂上決戦の際、数日前までカイドウ率いる百獣海賊団と小競り合いを起こしていたにも関わらず、短時間でマリンフォードに到着するなど、船のスピードは凄まじいものがあるようで、何かの秘密が隠されている可能性も高いでしょう。

 

【ワンピース】世界に影響を与える強さ

シャンクスは比較的若めながら世界に対する影響力は絶大で、世界政府最高権力の五老星すらシャンクスの動向を気にしており、別の四皇と接触しようものなら五老星自ら汗を流し、海軍本部は厳戒態勢となります。

マリンフォード頂上決戦を終戦に導いたのも、赤髪海賊団がマリンフォードに現れ交渉を行ったためです。

 

【ワンピース】船長 シャンクス

初登場時の年齢は37歳、誕生日は3月9日です。

赤髪海賊団の大頭で、海賊の最高峰四皇のひとりである大海賊です。

後に“海賊王”と呼ばれる、ゴール・D・ロジャー率いるロジャー海賊団で幼少期を雑用として過ごしました。

大海賊時代到来後はメキメキと頭角を現し、新世界を統べる四人の第海賊のひとりまで登りつめました。

 

主人公ルフィの命の恩人であると同時に、憧れの海賊でもあります。

また、ルフィのトレードマークである麦わら帽子のかつての持ち主でもあります。

 

左目の上に、黒ひげ“マーシャル・D・ティーチ”に付けられた三本の傷があります。

元バギー海賊団船長、現バギーズデリバリー社長のバギーとはロジャー海賊団時代の雑用仲間であり、喧嘩仲間でした。

 

基本的に非常におおらかな性格の持ち主で、自身がどれだけ侮辱されようとも大抵のことは笑って済ませてしまいます。

しかし自分の友人を傷つける人物に対してはどんな理由があろうとも決して許すことはなく、助けるためなら自分を犠牲にしてまで笑っていることの出来る人物です。

 

世界政府の上層部からもその動向を警戒されていますが、自ら動いて事件を起こすようなことは殆んどなく、敵である白ひげに対しても「敬意を払うべき男」と尊敬しているなど、海賊ながら良識のある男です。

このような人物のため、センゴク、マルコをはじめ一部の敵対者からも一定の信頼を得ています。

ただし何らかの目的のために大きく動く場合、それを邪魔しようとする敵に対しては容赦せず、五老星をして「暴れれば手に負えない」と評されています。

 

マリンフォードでルフィと再会するチャンスがありましたが、「今会ったら約束が違う」として、あえてその姿を見せることはありませんでした。

なお、ルフィの祖父のガープからは、「ルフィを海賊の道に引き入れた元凶」として強く恨まれています。

 

剣術を得意としており、武器である「グリフォン」と呼ばれる長剣を駆使します。

その腕前はかつて世界最強の剣士として知られる七武海のミホークと互角の戦いを繰り広げるほどでした。

利き腕を失った現在でも実力は圧倒的であり、白ひげと斬撃をぶつけ合った際にその余波で空を覆っていた雲を割る、赤犬のマグマの拳を剣一本でたやすく受け止めるなど、その実力の片りんが垣間見えるシーンもいくつかあります。

 

覇王色の覇気の覚醒者で、その威力は白ひげ海賊団のクルーでさえ若輩者は泡を吹いて失神するほどであり、海王類ですらひとにらみで撃退するほどです。

その風格と威圧感は正しく「四皇」の名に恥じない大海賊として相応しいものでありワンピースの世界でも最高峰の実力者です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】副船長 ベン・ベックマン

年齢50歳、誕生日は11月9日です。

少し抜けたところのある船長シャンクスを的確に補佐するシャンクスの右腕的存在です。

単行本8巻時点では、作中最もIQの高い人物と紹介されています。

喫煙家で、白っぽい髪色をしており、顔には十字の傷があります。

ただし、初登場時には髪も黒っぽく、顔の傷もありませんでした。

作者の尾田先生いわく、鼠っぽい顔とのことです。

 

武器は平凡なライフル銃ですが、構えただけで海軍三大将の木猿の動きを止めることが出来ることから、覇気を体得していると思われます。

冷静沈着でいかなる時でも物怖じせず、シャンクスを的確にサポートしています。

 

【ワンピース】幹部 ヤソップ

赤髪海賊団幹部、非常に高度な狙撃の腕を持っている狙撃手で、ドレッドヘアーをしています。誕生日は8月2日です。

麦わらの一味の狙撃手、ウソップは息子であります。

 

武器は平凡な銃ですが、遠方のりんご1つを簡単に打ち抜くほどの凄腕であり、本人曰く、ありの眉間にも銃弾を撃ち込めるそうです。

アニメおよび小説では、ダディ・マスターソン元海軍少尉と決闘して、勝利しています。

 

【ワンピース】幹部 ラッキー・ルウ

赤髪海賊団幹部。誕生日は7月6日です。

非常にふくよかな体型をしており、緑と白のストライプ模様の服装と、ゴーグルを身に付けています。

かなりの大食漢のようで、基本的に常に骨付きの肉を持っています。

 

武器は平凡な拳銃で、基本的には陽気ですが、有事には落ち着き払い戦いに徹します。

シャンクスに銃を向けた山賊を躊躇なく射殺するなど、敵とみなしたものには一切の情けを掛けません。

 

【ワンピース】新入り ロックスター

赤髪海賊団の新入り海賊です。

懸賞金額は9400ベリーですが、赤髪海賊団では下っ端に位置します。

初登場時には“新入り”として白ひげに手紙を届ける使いをしていました。

 

まとめ

シャンクス率いる赤髪海賊団の実力は伝わりましたでしょうか。

ルフィが最終目標とするだけあって、まだまだ赤髪海賊団には明らかになっていない強さの秘密が隠されているのかもしれませんね。

ルフィがシャンクスと再会するのはいつになるのか。楽しみに今後の展開を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です