【ワンピース】ワノ国で出会った古参囚人ヒョウじい!意外な正体が判明!実は強い!?ワノ国特有の流桜とは?

スポンサーリンク

ワノ国編の序盤では、おでん城の跡地に、ルフィや、錦えもんや、ナミ、サンジ達が再会を果たします。

おでん城の跡地に、錦えもん達に、墓がたてられたのも驚きですが、四皇カイドウが、龍の姿で、ワノ国の空に姿を現します。

ルフィは、カイドウを倒せばここで全て終わると言いカイドウに戦いを、挑みます。

カイドウの、強さは、ハンパではなく、ルフィのギアや、覇気の覇王色も効きません。

カイドウは、愛用の武器こん棒で、ルフィを一撃で、倒します

この時、予想なのですが、カイドウも覇気の覇王色を使い、ルフィを倒したと思います。

カイドウは、覇王色使いは、何人もいらないと倒れたルフィに言います。

カイドウの部下には、何人も覇王色が使える者がいることでしょうか?

そして、ルフィは、カイドウに殺されるかと思いきや、ルフィを連れて行きます。

カイドウは、部下の疫災のクイーンが、支配している兎丼の囚人の牢にルフィを入れます

その牢には、最悪の世代キッドが捕まっていて、ルフィと再会します。

そして、この牢には、もう一人、ワノ国で重要になりそうな人物が捕まっていました。

その名は、ヒョウじい

この人物は、何者なのでしょうか?

トの康のように、身分を隠していると思います。

ヒョウじいに、ついて調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】皆にバカにされる古参囚人

ルフィは、ただ牢屋に幽閉されているだけでは、ありませんでした。

ここは、囚人を奴隷のように働かせる場所です。

そして、ここに古くから、捕まり奴隷のように働かせられている古参囚人がいました。

その名は、ヒョウじい

ヒョウじいの姿は、とても背が小柄で鼻水をたらし食べ物をろくに与えられずやせ細っています。

古くからいる感じなので20年近くはいるのではないでしょうか?

ヒョウじいは、はじめは、この呼び名ではなく、看守にバカにされこの呼び名になりました

バカにしているのは、看守だけで、囚人達は、仲間のようにヒョウじいを思っているみたいです。

 

【ワンピース】ヒョウじいを助けたルフィ

ルフィとキッドは、きびだんご食いの競争をします。

しかし、このきびだんごは、クイーンや、他の部下が食べる食料

食料を全部たべた事を知った、真打ちの副看守長ドボンが、ヒョウじいを踏みつけ、誰が食料を食べたかを聞き出そうとします。

しかし、ヒョウじいは、口をわりません

ヒョウじいは、働いてもわずかな食料しか与えられなかったのですが、ルフィに食料を分けてもらっています。

それを、恩を感じているヒョウじいは、どんな拷問されてもしゃべろうとはしませんでした

ルフィは、ドボンに踏みつけられていたヒョウじいを、助けます。

食料を分けてもらい、拷問を受けていた所を助けてくれたルフィを、恩を感じ、仁義を通すつもりでルフィと共に行動をします。

ルフィを助ける為に、雷ぞうは、兎丼に忍びこみますがヒョウじいと再会します。

雷ぞうと再会できたヒョウじいは、とても嬉しく懐かしい気持ちになりました。

今まで、死ぬ事しか考えていなかったヒョウじいは、生きる気力を取り戻しルフィと、脱獄する事を決めます

雷ぞうを知っているヒョウじいは、やはりおでんと何かしら関係のある人物だと思います。

 

【ワンピース】正体は大親分花のヒョウ五郎

ルフィに、助けれられたヒョウじいは、正体を明かします。

名は、花のヒョウ五郎

将軍スキヤキが、ワノ国を、治めていた頃は、ヤクザの親分をやっていて花の都をまとめていた人物。

剣の腕も今の、ゾロの強さぐらい持っていました。

作中では、くノ一しのぶが、光月おでんが、いちもくおいた人物と言っていて強さに惚れこんだ人物と言っています。

おでんが、惚れこむぐらいですから、強さだけならおでんが、惚れこむわけがないので、おでんに、ない所があったのでヒョウ五郎を惚れこんだと思います。

おでんが、カイドウや、将軍オロチに処刑され、ヒョウ五郎も、将軍オロチに、戦いに挑んだと思いますが、カイドウと手を組んだオロチは、強大な存在。

ヒョウ五郎は、力が及ばずオロチに捕まり、20年近くも牢に入れられ、強制労働させられ、痩せほそりみじめな姿になったと思います。

ヒョウ五郎の、代わりに狂死郎が、ヤクザの親分を、やっていて悪いヤクザが集まり花の都を、まとめています

ヒョウ五郎の代も、狂死郎は、いたと思います。

ヒョウ五郎との関係は、親子ではないかと予想します。

 

【ワンピース】カイドウやオロチからも勧誘

 

ヒョウ五郎は、おでんに、惚れこまれた人物だけではなく、敵のカイドウや、オロチにも強さを、惚れこまれ、20年前にスカウトされています

ヒョウ五郎は、剣の腕もとても強い人物で知られていますが、覇気の使い手でもあります

そこに、目を付けたカイドウは、剣の腕も凄腕で、覇気の使い手であるヒョウ五郎を、仲間にしたいと思いスカウトしたと思います。

そして、オロチも、カイドウと同じ考えで、ヒョウ五郎を、仲間にしようと考えたのではないでしょうか。

しかし、ヒョウ五郎は、ヤクザの親分をやっていますが、とても汚い事をするカイドウや、オロチの事を嫌い、スカウトを断ったと思います。

カイドウやオロチは、ヒョウ五郎の強さや、能力に惚れこんでいるので、殺すには惜しいと思い、いずれは考え直すと思い捕まえて牢に入れたと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ルフィと共に大相撲地獄

兎丼で、強制労働させられていたルフィと、ヒョウじいは、クイーンの部下の隙をつき脱獄をします

しかし、ルフィは、能力を封じる海楼石をはめていたのでそのため力が、出せず探しに来たクイーンの部下に、捕まってしまいます。

捕まった、ルフィとヒョウじいは、クイーンの所に連れていかれます。

クイーンは、カイドウの部下に、なるなら命だけは、助けてやるとルフィに言います。

カイドウを倒す為に、ワノ国にやって来たルフィは、クイーンの質問に対して嫌だと断ります。

クイーンは、ヒョウ五郎に対して見せしめとして、趣味の大相撲地獄でルフィを、処刑をする事を、思いつきます

この相撲は、とても恐ろしい大会で、相撲に参加する人物を、首輪をはめ、外に出ると首輪から、刃が飛び出し首をはねる死をかけた大会です。

この相撲地獄の大会に、ルフィとヒョウじいは、参加させられてしまいます。

 

【ワンピース】ワノ国の覇気「流桜」の達人

相撲地獄が、開催され、武器を持ったクイーンの部下達を、ルフィは、次々と倒していきます。

そして、ヒョウじいは、スマイルの能力を持つマジロマンと相撲対決をします。

心配した、ルフィは、見聞色の能力を使い、少し未来を見てマジロマンが、どこを攻撃して来るのかを、ヒョウじいに教えます

この事に、なぜ、どこを攻撃してくるのかが分かるルフィに、ヒョウじいは、驚きます。

ヒョウじいも、覇気の流桜(りゅうおう)を使いマジロマンを、一撃で倒します

これを、見たルフィは、驚きヒョウじいを、流桜の達人と知ります。

 

【ワンピース】ルフィに武装色の覇気を指導

流桜を見たルフィは、ヒョウじいに、指導を、頼みます。

流桜を取得するには、覇気の武装色を、極める必要があります。

ルフィに、覇気の使い方を教えたレイリーも、武装色を、流桜のような物でゾウを倒していました

レイリーも、覇気の達人と知られていますが、ヒョウじいに教えたのでしょうか。

それとも、レイリーが、ヒョウじいに教わたのでしょうか。

これについては、不明です。

そして、ルフィが、流桜を使えるようになれば、カイドウ戦でも有利に戦えると思います。

 

【ワンピース】兎丼の囚人をまとめ鬼ヶ島へ!

ルフィは、見事相撲地獄から勝利します。

そして、クイーンが支配している兎丼も制圧して、囚人達も解放されます。

残すは、カイドウがいる鬼ヶ島に乗り込むだけです。

鬼ヶ島では、記憶を取りもどしたビック・マムとカイドウが、戦っています

カイドウの部下達は、この様子を見て島がもたないと言い逃げ出す様子。

そして、クイーンもボスを置いてにげれるか!

と言いますが、本心では逃げたい様子。

そこに、クイーンの部下である、真打ちババヌキから、電々虫を使い報告が入ります

クイーンは、力が必要ならそちらに向かおうかと言いますが、ババヌキは、その必要はありませんと、クイーンに言います。

ババヌキは、お玉の、きびだんごを食べていて、お玉の部下になっています。

クイーンに嘘の報告をしています

ヒョウじいの所に、ワノ国の、きび、はくまい、りんご、うどん、まとめていたヤクザの親分、蛇の目の弥太っぺ、夕顔のお蝶、破れ笠綱ゴロー、血文字の大マサが、集まります。

ヒョウじいは、20年前のカイドウの戦いから死んだと思われた4人ですが、元気な姿を見てよくぞ無事でいてくれたと言います。

この4人も、強力な助っ人になってくれるはず

カイドウの島でどんな活躍をするのでしょうか。

 

まとめ

ヒョウじいは、やはり、ただの老いぼれではなく、スキヤキと花の都を守る大物人物でした、

ヒョウじいは、ルフィに、武装色の覇気の特訓をしているので、流桜を使える日もそう遠くないと思います。

そして、ヒョウじいの所に集まった4人は、どんな活躍をするのでしょうか。

はやく活躍した所が、見たいです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です