【ワンピース ワノ国編】お菊って男?お菊の正体や赤鞘の侍たちとの関係性とは!?

スポンサーリンク

四皇カイドウや将軍オロチに支配された「ワノ国」、反逆を起こしたおでんやその家臣「赤鞘9人男」が敗れてからは一層その支配が強まります。

ですがおでんの遺言である「ワノ国を開国せよ」という言葉を信じ20年後にタイムスリップした家臣達がいました。

そして遂に迎えた20年後の「ワノ国」で同志を集めていく錦えもん達。

その中で偶然、ルフィとゾロが出会ったのがお鶴の切り盛りする茶屋で働くお菊です。

刀を持つ長身の茶屋の看板娘・お菊とは一体どんな人物なのか見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊のプロフィール

お菊は黒髪のロングヘアーと赤い口紅、菊の花柄が描かれた黄色の着物姿が特徴です。

お鶴が働くお茶屋の看板娘を務め、「ワノ国」の横綱・浦島に惚れられ常々求婚を迫られています。

また、ルフィやゾロを遥かに凌ぐ身長でゾロからも「お前、デカイな」と言われています。

お鶴によると刀も使えると言われ、その姿を見たゾロは猫をかぶるお菊に「助けねぇぞ」と言わせるくらいの実力はある様子です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊の性別とは?

茶屋の看板娘であるお菊ですが、ゾロやルフィの手当をし、「ワノ国」の横綱・浦島に求婚されるなど周囲からは女性だと思われています。

ですが実はお菊はその昔「美青年剣士」と謳われた男になります

この事を聞かれたお菊は「心は女です♡」と答えています。

お菊はこの事から体は男、心は女の「トランスジェンダー」だという事になります

また、後にお菊の本名は菊の丞である事も明かされています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊の性格とは?

男子でありながら看板娘として働いているお菊ですが、非常に物腰柔らかで、初対面のルフィやゾロにも親身になって手当するなど、心優しい性格をしています

暮らしていたおこぼれ町でも女将のお鶴やお玉から慕われており、その容姿も相まって優しさに溢れている様子が伺えます。

また、いつも古風で丁寧な言葉を用いていますが一人称は何故か「拙者」になります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊の必殺技とは?

お玉を救う為に「博羅町」に乗り込んだルフィ、ゾロそしてお菊の3人。

そこでお菊は剣士としての姿を見せます。

そこで分かったのはお菊は一刀流の剣士だという事です。

そしてこのお菊が使う必殺技は「残雪鎌」と呼ばれる鎌型の斬撃を複数飛ばす技になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊の強さとは?

勇ましくなったりネコを被ったりと正体を隠しているようなお菊ですが、剣士としての実力は高い様子です。

求婚してくる横綱・浦島の髷を斬り落としたり、博羅町では百獣海賊団の配下を相手に蹴散らしています。

このお菊の強さにはゾロも認めており、その実力は未知数ながらかなりの実力者だと思われます

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊の正体とは?

ゾロも強いと認めるお菊ですが、何かを隠しているとも言われていました。

その正体は光月おでんに仕えた「赤鞘9人男」の1人、残雪の菊の丞と言われる剣士でした。

美青年剣士としても知られており、その剣で斬られた者は春まで残る雪のように苦しめ続けるとされています。

お菊はモモの助や錦えもん達と共におでんが処刑された後、トキの能力で20年後の「ワノ国」に飛ばされていました。

この時、未来へと飛ばされたのはモモの助、錦えもん、カン十郎、雷ぞう、そして菊の丞の5人でした。

そして、モモの助や錦えもん達は四皇カイドウ、将軍オロチ討伐の為の行動を開始します。

菊の丞は1人「ワノ国」に残り国の情勢を探るために錦えもんの妻でもある女将お鶴の営む茶屋にて務める事になります

こうして菊の丞は茶屋の看板娘の“お菊”を名乗る事になります。

錦えもんと再会した際は抱きつきサンジを嫉妬させているのも同じ「家臣」だったからだと分かります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊の過去とは?

おでん直属の家臣で四皇カイドウも強いと認める「赤鞘9人男」の1人だと分かったお菊。

このお菊もおでんに心酔している1人です。

お菊は舞踊の名門「花柳流」の家元に生まれ、幼少期より舞踊の稽古を受けながら育ちました。

ですがある日、父が罪人として裁きを受け一家は崩落し兄と共に孤児となって路上で踊りを披露しながら生きていく事になります。

そんなある日、「鈴後」の郷で路上芸をしながら細々と暮らしていた時に「花の都」を追放され放浪していた光月おでんと出会います

もうすでに錦えもん達を家来としていたおでんの作るおでんを食べた事で飢えから救われました。

この時、涙を流し食べたお菊兄弟はそれ以来、おでんの家来として勝手についていくようになります。

その後もおでんの家臣として仕え、霜月康イエの「次期将軍に相応しい家臣になれ」の助言通りに「ワノ国」の住民も見紛うほど立派な武士に成長しました

そして、おでんが不在となり四皇カイドウと将軍オロチにより支配が強まる中でもおでんの家臣として立派に務めを果たします。

この後、おでんが帰還しカイドウに反逆した際も「赤鞘9人男」の1人として参戦しました。

全然虚しく敗れてしまいましたが、おでん処刑の際に「ワノ国を開国せよ」を託されモモの助達と共に20年後の「ワノ国」に飛ぶことになります

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊の兄とは?

おでんに仕えた「赤鞘9人男」の1人であるお菊ですが、兄も一緒に家臣となっています。

ですがその兄はおでんが白ひげの船に無理矢理乗っていった際に追いかけて一緒に乗船します。

そして、おでんが白ひげの船を降りた後も白ひげの仲間に馴染んだ事で残る事になり、隊長まで務める事になります。

その白ひげ海賊団16番隊隊長こそがお菊の兄・イゾウになります

イゾウはお菊同様に女形のような姿をしていますが、使う武器は二丁拳銃となり剣士ではないようです

いなくなった時はお菊は涙を流し探していました。

ですがその後、「ワノ国」討ち入り前にネコマムシが戦いに参加させる為に連れてきた事で再会を果たします

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊とカン十郎の関係性とは?

おでんの意思を継ぎ四皇カイドウ、将軍オロチを討ち「ワノ国の開国」を果たそうとしている「赤鞘9人男」達ですが、カン十郎もその1人でした

カン十郎は鬼ヶ島討ち入り前に自ら内通者である事を告げ、「黒炭」である事を明かしました

ですがお菊には共におでんの死を分かち合った仲間であり、トキの能力で未来へと飛んだ仲間でもあります。

これは錦えもん含むカン十郎以外の仲間も同じ気持ちだと思われます。

いくら裏切りが発覚し怒りに震えているとはいえ、カン十郎は生死を共にしたかけがえのない仲間である事が分かります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】お菊は死亡した?

遂に「ワノ国」鬼ヶ島に討ち入りを果たした「赤鞘9人男」率いる麦わらの一味連合。

カイドウと対峙した「赤鞘9人男」は全員でおでん二刀流「桃源十拳」を放ちます。

ですがカイドウには致命傷を与える事が出来ず、逆にかまいたいで攻撃を受けてしまいます。

このカイドウの攻撃でお菊は左腕を刀ごと斬り落とされてしまいました

その後もカイドウの攻撃にさらされ、倒されていく「赤鞘9人男」。

ちょうどこの時、ルフィ、ゾロ、ロー、キッド、キラーの5人が到着します

戦況を見たルフィやローは錦えもん達を他の部屋に移し、回復をさせます。

動けるようになった錦えもんやお菊でしたが、その部屋におでんが現れました。

思わぬ再会に菊の丞達は歓喜の涙を流しますが、そのおでんがカン十郎の描いた偽物だと気づいたアシュラ童子が偽おでんを取り押さえ自爆に巻き込まれてしまいます

カン十郎への攻撃が鈍るお菊に気持ちは分かると言われたお菊は、更にモモの助を始末しようとするカン十郎の前に立ちはだかります。

この時もおでんになり揺さぶりをかけてくるカン十郎にお菊は怒りの感情を露わにします。

ですが、やはりおでんの姿に動揺するお菊はカン十郎に腹を刺されてしまいます

 

スポンサーリンク

【ワンピース ワノ国編】アニメ・お菊役の声優は誰?

「赤鞘9人男」の1人で「心は女」残雪の菊の丞ことお菊をアニメで演じているのは声優と共に舞台女優としても活躍する伊瀬茉莉也です。

様々な声色を用いて活発な少女や舌足らずな幼女やボーイッシュな少女や影のあるキャラや少年役までなどをこなす実力派声優です。

 

スポンサーリンク

まとめ

「ワノ国」を支配する四皇カイドウ、将軍オロチを討つ為におでんの妻トキの能力で20年後の「ワノ国」に飛んだおでんの子であるモモの助。

この時、モモの助と一緒に20年後に飛んだのが錦えもん、カン十郎、雷ぞうそして菊の丞の4人です。

錦えもん達はモモの助を連れて、ゾウを目指しましたが菊の丞は20年後の「ワノ国」の情勢を知るために残りました。

そして、菊の丞はお菊として錦えもんの妻お鶴が営む茶屋の看板娘として働き出します。

お菊として働きだした菊の丞でしたが、偶然にもルフィ、ゾロと出会いました。

こうして錦えもんと合流したお菊は四皇カイドウ、将軍オロチを撃つ為の準備に入ります。

錦えもんは同志を集めていき、ルフィ達の協力もあり続々と集まります。

その中にはネコマムシが連れてきたのはお菊の兄いぞうの姿もありました。

そして、迎えた鬼ヶ島討ち入りでしたが、以前から噂されていた内通者がカン十郎である事が分かります。

激しく動揺しながらもカイドウを討つ為に刀を振うお菊。

でしたがカイドウの強さの前に左腕を刀ごと斬り落とされてしまいました。

それでもおでんの意思を継ぎ戦うお菊。

自らカン十郎を討つ事を申し出ましたがおでんの姿で翻弄してくるカン十郎に脇腹を刺されてしまいました

四皇カイドウと対峙するルフィ、同じ四皇ビッグマムと対峙するキッドとロー。

そして、不気味な動きを見せる将軍オロチ。

最終決戦での戦いでまだお菊の活躍は残っているのか。

楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA