【ワンピース】ワノ国随一の美女花魁小紫!ついに明かされた正体!小紫が持つ秘密とは?

スポンサーリンク

漫画、ワンピースもワノ国編に入りカイドウや将軍オロチの登場だけではなく、美人のお菊も登場しました。

最初の頃は、ワノ国にもこんな美人がいるのかとテンションが上がりました。

しかし、ワノ国編が中盤に入りお菊の正体が、女ではなく男の可能性も出てきました。

ワノ国は、やはり侍の国と呼ばれているくらいですから男しか登場しないのかと・・・。

しかし、ストーリも中盤に入りオロチの正体や顔が描かれた頃に、小紫と言う女性が登場。

小紫は、見るからに美女です。

小紫は、どんな人物なのでしょうか?

今回は、小紫について調べて行きたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ワノ国最高の遊女小紫とは?

ワノ国で登場したこの美しい女性の名は小紫(こむらさき)と呼ばれています。

そして小紫はワノ国ではトップクラスの美しい女性です。

小紫の仕事は遊女です。

遊女とは簡単に説明すると宴の席で男性に踊りを見せたり性的なサービスをする女性の事を言います。

男性客を遊ばせる女と言う意味もあります。

小紫が宴で見せる踊りはとても上手く男性客はメロメロで虜になってしまう程です。

将軍オロチも小紫の踊りを見て虜にな、美しい小紫を手に入れようと計画を考えています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】金持ちからお金を根こそぎ奪う悪女?

小紫は金持ちの男客に近つきサービスしては金を根こそぎ奪っていました

根こそぎ金を奪われた客は花の都に住めなくなりワノ国に追い出される程に貧乏になりました。

ワノ国を追い出され貧乏になった者は小紫の事を金をむしり取る悪い女や悪女と思って憎んでいます。

これだけ見ると小紫はなんて酷い女だと思うはずです。

しかし悪いのは元金持ちの客の方です。

元金持ちの客は花の都に住む町の人々からインチキな商品を売りつけ金を儲けていました。

簡単に言うと悪徳商法ですね。

その事を知っている小紫はインチキな事をして金を儲けた金持ちの客から根こそぎ金を奪っていました

 

小紫に来る客は、ほとんどがインチキな事をして金持ちになった客ばかりです。

そして金持ちから奪い取った金は小紫は何に使うのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】おトコを救うために命を投げ出す

ワノ国編では、お玉に続きとても可愛いおトコが登場。

小紫はおトコをとても可愛がりおトコは小紫を姉さんと呼び、小紫はおトコの事をトコと呼びます。

二人が兄弟なのかは詳しい所は不明です。

しかし小紫がおトコの事を大切にして可愛がっているので関係があると思います。

ある日おトコは将軍オロチの顔を見て大笑いをします。

おトコじゃなくてもオロチの顔は笑ってしまうと思うマヌケ顔です。

笑われたオロチは怒りおトコを切ろうとします。

切られそうになったおトコを助けるために小紫はオロチの顔にビンタをします

ビンタをした小紫もオロチに切られるのかと思いました。

小紫の目の前に現われたのは狂死郎です。

狂死郎は「やってくれたな小娘」「覚悟は?」と小紫に言い小紫は切られる事を覚悟を決め「ありんす」と言い狂志郎に切られます

小紫と一緒にいたロビンがおトコを助けて逃げます

なぜ?

ロビンは小紫を助けなくておトコを助けたのでしょうか?

そして小紫がおコトを守り代わり切られました。

ここまで、おコトを大切にする事はワノ国編でとても重大な人物だと予想されます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】死を偽装した狂死郎との関係は?

小紫は狂死郎に切られ死んだと思われていました。

じつは小紫は死んでいませんでした。

原作では小紫は狂死郎に切られ血も出ていました。

しかし、これは小紫と狂死郎のオロチを騙す芝居でした。

狂死郎は悪魔の実の能力者だと予想します。

能力を使い小紫を切りオロチに小紫は死んだと見せかけます。

狂死郎は小紫の正体を知っていて芝居をしたのだと思います。

そして詳しい情報はないのですが狂死郎はオロチ側の仲間ではなく小紫の仲間だと思います。

この先の展開で明らかになってくると予想されます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】正体はモモの助の妹日和

モモの助には妹の日和がいます。

モモの助の目的は父親おでんの無念をはらすためカイドウを倒しにワノ国に来ています。

そして、もう一つの目的が妹の日和を探しに来ています

いままでモモの助と同じくらいの歳なのでおトコが日和だと思われていました

じつは、おトコではなく小紫が日和でした

原作では小紫がモモの助の妹の日和と言っています。

これには、びっくりです。

ではなぜ?

モモの助と日和が歳が違うのか言うとモモの助は子供の時に母親トキに未来に飛ばされています

日和はトキと一緒にいました。

モモの助は日和が生きていれば歳は26歳のはずと原作で語っていました。

それを考えると小紫の歳は26歳の娘なので小紫がモモの助の妹日和で決定ですね。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】モモの助達と生き別れた理由は?

トキはモモの助達だけ未来に飛ばし日和を残したのでしょうか。

その理由について考えてみました。

トキはモモの助を修業させるために未来に飛ばし、その後に家臣達を未来に飛ばしたと思います。

修業しながら強くなり家臣達を見つけカイドウやオロチを倒してほしいと思い未来に飛ばしたと思います。

なぜ?日和だけ残したか言うとモモの助がオロチやカイドウを必ず倒すとは言い切れません。

モモの助の身に何か起きたら日和がモモの助に代わりカイドウやオロチを倒すために未来に送らず残したのではないでしょうか。

城に残った家臣達に日和を預け、燃える城を脱出させここまで生きてきたと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】母親の能力を継承?

モモの助は母トキの最後を見届けたと語っています。

ではトキが死んだならトキの能力であるトキトキの実があるはずです。

しかし燃えたおでん城にはトキトキの実はありませんでした。

トキと一緒に燃えてしまったのでしょうか?

その確率は低いと思います。

予想なのですがトキの能力は日和が受け継いでいると思います。

モモの助の身に何かありカイドウやオロチを倒せなかったら、日和がトキの能力を使い未来に飛ばせる事ができます。

トキは万が一の事を考えて日和にトキトキの実の能力を与えたと予想します。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】花魁になったのはオロチが狙い?

小紫(日和)は、花魁になった理由はインチキな商売して金持ちになった者を懲らしめるために花魁になったのもありますが本当の目的は卑怯な手を使い光月おでんを殺した将軍オロチを倒すために花魁になったと思います。

では、どうやってオロチの命を狙っていたのかと言うとオロチが宴を開くので小紫(日和)が呼ばれています。

この時のシーンで宴に呼ばれた客が姉さん(小紫)が登場するといつもこの曲がながれるよなと言っています。

この曲を聞いた者は小紫(日和)の虜になってしまいます。

小紫(日和)はこの時狐のお面を付けていました。

このお面にも催眠効果があると予想します。

小紫(日和)は、このやり方でオロチの命を狙っていたと予想します。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和とゾロの関係に進展はある?

日和とおトコは人斬り鎌ぞうに命を狙われていました

鎌ぞうを倒したのはゾロでした。

鎌ぞうを倒したゾロの姿に日和はなんて強さと言っています。

この様子では、日和はゾロに恋をしています

これに似た話がありましたね。

昔の事ですがルフィとボア・ハンコックの恋と似ています。

ハンコックもルフィの優しさや強さにひかれ恋をしています。

日和は、この様子だとモモの助と行動せず常にゾロと一緒に行動すると予想されます。

まだ、わかりませんがゾロを好きになった事から麦わら海賊団の仲間に加わる可能性も予想されます

 

スポンサーリンク

まとめ

 

ここまで小紫の事についてまとめて書いてみました。

モモの助の妹日和が生きていてとても良かったです。

そして日和が大切に可愛がるおトコについての情報はまだ詳しく明らかになっていません

アニメの方はまだワノ国編に突入したばかりですが原作の方でかなり進んでいるのでおトコの正体については明らかになってくるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です