【ワンピース】五老星は天竜人だった!?世界政府最高権力者の五老星まとめ

スポンサーリンク

ワンピースのストーリーの中でもルフィ達と対立する立場として聞くことの多い世界政府という国際組織。

そして、その世界政府の最高権力者の5人が五老星です。

この五老星についてはまだ詳しい正体は判明しておらず、謎に包まれています。

 

今回は、今まで物語の中に出ていた五老星に関わる伏線集めて探っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】世界平和を守る五老星とは?

世界政府とは、4つの海とグランドラインにある170カ国以上の加盟国をまとめる国際組織のことです。

五老星はこの世界政府の最高権力に君臨する存在です。

 

五老星は世界政府として世界平和の名の下に世界の秩序を整えるために様々な決断を下し、海軍や王下七武海に実行の命令を出します。

五老星が抑止力となり加盟国間での戦争が起こらないように各加盟国をまとめています。

 

表向きは完全たる正義の味方のように聞こえますが、五老星は人身売買といった世界平和とは程遠い行為を黙認していたり、国を消滅させたりするなど、一筋縄ではいかない闇の深い組織でもあります。

 

【ワンピース】五老星のメンバー

五老星のメンバーの名前などの詳しい情報はまだ明らかになっていません。

ただ、五老星5人それぞれが政治に大きな影響を与えた実在する人物をモデルしていると言われています。

 

1人1人のビジュアルを見ていくと、まずはインド独立で有名なガンジーにそっくりな坊主にメガネの人物がいます。

また、額に傷がある人物は第二次世界大戦後にあった東西冷戦終結の中心人物であるゴルバチョフだと予想できます。

七三分けの人物は奴隷解放の父ことリンカーンで、たて巻きカールに帽子を被った人物は資本論を唱えたドイツ経済学者のマルクスをモデルしているようです。

 

日本の政治家からもモデルがいて、横に長い白ひげの長髪の人物は日本の政治家の板垣退助だと言われています。

 

【ワンピース】22年前のオハラでのバスター・コールと世界政府がひた隠しにする「空白の100年」

22年前、世界政府はバスター・コールという名の破壊命令を出し、オハラという一つの国を滅ぼしました。

 

多くの考古学者が集まるオハラでは、「空白の100年」の歴史の解き明かしにもつながるポーネグリフの解読の研究もされていました。

 

「空白の100年」とは世界政府が樹立されたる前の100年のことを指します。

800年前に世界政府が樹立されてから、世界政府はこの空白の100年をまるで何もなかったかのように隠し続け、「空白の100年」の研究そのものを禁止していました。

 

そのため、世界政府はオハラの国とそこに住む国民すべてを危険な存在として破壊し滅ぼしてしまうのでした。

 

【ワンピース】不老手術を受けている?

世界会議レヴェリー編で最新の姿を見せた五老星たちのその容姿は、2年前の姿はもちろん0年前の回想として登場した時と全く変わっていません。

22年前の回想シーンで登場した際は影に隠れシルエットだけでの登場でしたが、やはりシルエットは今と全く変わりがありません。

 

このようにして22年前から見た目に変化がないため、五老星は不老手術を受けているのではないかという憶測が出ています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】海軍元帥すら軽く扱う

現海軍のトップは海軍元帥サカヅキですが、海軍はいわば政府の表の顔であり、海軍に対する意思決定権は五老星にあります。

そのため、どんな強さを誇る海軍元帥であっても、五老星の権力に逆らうことは難しいのです。

 

現にサカヅキが五老星の下した決定に抗議をした際は、

「お前の面子など取るに足らん!」

とサカヅキは五老星に一喝されてしまうほどです。

 

【ワンピース】天竜人の最高位が五老星

世界政府の本拠地は天竜人が住むマリージョアにあります。

世界政府は、800年前に20人の王によって作られました。

そして、五老星は世界最高の権力者の天竜人の最高位であるというのです。

 

レヴェリー編で登場した誰も座ることのできない「虚の王座」は“各国の王は平等であって独裁欲は持たない”という誓いを象徴するものでした。

五老星の5人が最高位とされ、たった1人で君臨する王がいないということなのです。

 

【ワンピース】五老星が頭を下げるイム様とは?

上記で述べたように世界政府はたった1人の王など存在せず、「虚の王座」には誰も座ることができないのですが、実はそれは表向きの話でした。

 

4年に一度の世界会議が始まる中、裏では五老星たちがとある人物に歴史から消すべき存在の名前を聞いていました。

その人物こそが「虚の王座」座るイム様でした。

 

イム様について詳しいことは全く明らかになってはいませんが、五老星たちが頭を下げ、判断求めているところを見る限り、存在しないはずのたった1人の王なのではないかと予想ができます。

 

【ワンピース】赤髪シャンクスとの関係

イム様以外にも4年に一度の世界会議の裏で五老星と密会する意外な人物がいました。

その人物は、あの赤髪のシャンクスです。

 

四皇とはいえ、海賊であるシャンクスに対して五老星は「君だから時間を取った」と言います。

シャンクスはとある海賊について話をしにきたようですが、詳しい内容はまだ語られていません。

 

いったい五老星とシャンクスはどのような関係なのでしょうか。

 

【ワンピース】五老星の言う大掃除でルフィが狙われる!?

ルフィたちの活躍によりドンキホーテファミリーを倒され、ビックマム海賊団を引っ掻き回されるなど、マリフォード頂上戦争から2年経った新時代は大きく変わって来ました。

 

この状況を時代のうねりと見て五老星は大掃除が必要と唱えています。

そして、五老星はイム様に歴史から消すべき存在を尋ねています。

その後、イム様が刺したであろうとされる剣の先には、しらほし姫、黒ひげ、そしてルフィの写真がありました。

 

五老星とイム様はいったい何を企んでいるのでしょうか。

 

まとめ

まだ多くは語られていない五老星は多くの謎を残しています。

ルフィと世界政府が対決する日はやってくるのでしょうか。

イム様が歴史から消すべきとする人物にルフィは含まれてしまっているのでしょうか。

 

探れば探るほど謎は深まり、今後の世界政府がどのようにしてルフィたち関わっていくのか展開が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です