【ワンピース】光月家の生き残り光月日和!絶世の美女!20年前はどのようにして生き延びた!?狂四郎に切られる!?

スポンサーリンク

原作ワンピースワノ国編では火祭りの当日にカイドウの拠点となる鬼ヶ島に上陸した赤鞘侍とルフィ達!

赤鞘の中にオロチに情報を伝えていたのがカン十郎だった事が判明しました。

そしてオロチがカイドウに首を跳ねられるという事になってしまい鬼ヶ島は浮上して花の都に上陸しようとする展開をみせています。

この後の動きはどうなるのでしょうか?

去年の7月からアニメ版でもワノ国編に突入してワノ国に登場するキャラ達の声を演技する声優さんも決まりました。

ワノ国編で一番の注目するキャラはやはり光月おでんの娘である日和ではないでしょうか!

ワノ国一番の美人の日和の声を担当するのは水樹奈々さんと決まりました。

日和の声にピッタリな声優さんだと思います。

兄であるモモの助はワノ国に上陸するまでは母トキと一緒に燃え盛るおでん城の中で死んだと思っていました。

しかし日和は姿を変えて兄がワノ国に来るまで20年間待ち続けて生きていました。

今回はどのようにして日和は生き延びる事が出来たのかについてご紹介します。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和は光月おでんの娘!

兄のモモの助は母トキの能力でルフィ達のいる20年後の未来に飛ばされてしまいました。

その後に家臣の錦えもん、カン十郎、雷ぞう、菊之丞(お菊)も20年後の未来へと飛ばされてしまいます。

妹の日和だけはワノ国に残して河松と一緒に逃げのびました。

20年後のワノ国で康イエの娘おトコを守り逃げていたのが日和でした。

日和はオロチに雇われていた人斬り鎌ぞうに追われていたのですが日和とトコを助けたのが牛鬼丸と戦っていたゾロでした。

ゾロに助けられた日和はゾロに光月おでんの娘である事を明かします

モモの助の日和が生きている事を最初に知ったのがゾロでした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和は天然な性格!しかし忍耐強くもある!?

幼い時の日和は兄のモモの助に後頭部に飛び蹴りをしていた程の無邪気で元気な娘でした。

小紫に名を変えた後は自分の言葉や振る舞いを曲げる事を嫌い誰にも謙らないことや自分が正しいと思えば譲らないことを信条とした女性

そんな日和でしたが世話役のおトコには優しい所をみせおトコも日和の事が好きでした。

アニメ版ではわりと素直な性格で無邪気と言うより天然な所もありゾロに良かれと思って行動したのが逆に迷惑をかけてしまう所もみせた日和でした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和の出生は?おでんがロジャー海賊団の時に生まれた?

モモの助と日和はワノ国で生まれたわけではなくおでんが海の冒険に出た時に生まれていました

おでんが人攫いに襲われているトキを助けて白ひげ海賊団と共にしばらく航海して二年後に長男モモの助が生まれました。

モモの助が誕生してしばらくした後に次女の日和が誕生しました。

同じ船に生まれた兄妹ですがロジャー海賊団の船に乗り込む出来事が起きます。

それはロジャーが一年間、光月おでんを貸してくれと白ひげに土下座して頼んだのがきっかけでした。

ロジャーは世界中の海を周り最後の島に急いでいく必要がありました。

それは不治の病におかされていたからでした。

最後の島に行く手掛かりが書いてあるポーネグリフやロードポーネグリフを解読できる光月おでんの力が必要でした。

ロジャーの頼みを最初は聞かずに怒りだした白ひげでしたがおでんの必死の頼みで一年間だけ貸す事が許されておでんとトキとモモの助と赤ん坊だった日和はロジャーの船に乗り込む事になりました

ロジャーはおでんの娘である日和を抱いて「赤ん坊なんて久しぶりだな!モモの助と日和か!」とわが子のように喜んでいました。

ロジャーは前にも赤ん坊を抱いたような言葉を話しているのでエースの事を言っているようにみえますがこの時はエースは生まれていないので予想では海賊見習いのシャンクスかバギーの事を言っているのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和は花魁としてワノ国で生き延びていた!?協力者が!?

燃えるおでん城を抜け出した日和と河松。

日和が「13歳になるまで」河松に育てられました

日和を育てるために河松は食料を食べずに全て日和に食べさせていました。

河松は日和が食料を食べない事に心配させないために「腹の調子がわるい」と嘘をいって安心させていました。

そして日和は河松が嘘を言っている事が分かっていたのですが笑ってごまかしていました。

この時に日和は笑う事を覚えたそうです。

このままでは自分のせいで河松が飢え死してしまう事を思った日和は置き手紙を残して姿を消してしまいます

その後は偶然に傳ジローと再会します。

始めは姿が変わった傳ジローと分かりませんでした。

傳ジローは怒りの妖怪にとりつかれたと日和に言います。

河松に代わって傳ジローが日和を守って育てる事になっていきます

日和は花の都で狂死郎一家の遊郭に入り傳ジローの提案で「小紫」として生きる事を伝えます

傅ジローも「狂死郎」と名を変えてオロチを守るヤクザの大親分として生きていく事になります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和の美しさは失明レベル!?絶世の美女!

ワノ国のトップアイドルと言われている日和。

その美しさは男の憧れにして女のカリスマ、高い教養、国をも揺るがすその美貌、神にも落とせぬ気高さはもはや女の「完全体」と言っても間違いがないです。

その理由は母トキの美しさを引き続いているからと考えます。

おでんが初めてトキと出会った時も現在の日和のように美しい女性でした。

日和は生まれてからトキの美しさを遺伝して誕生したので女のカリスマ的な女性になれたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和演じる小紫は悪女!?男から金を巻き上げる!?

小紫を目当てに遊びに来る客は大勢います。

そして客の中には小紫は金をむしり取る悪女や腹黒い女と悪口を言う客もいます。

悪口言う客は実はおこぼれ町やえびす町の人々から金を騙し取った客でした。

小紫は人々から騙し取った客をターゲットにして金を奪い返しているだけでした。

その金は狂死郎(傳ジロー)に渡して狂死郎が夜中にえびす町に現れてお金をばら撒いていました。

夜中にお金をばら撒く丑三つ小僧の正体が狂死郎(傳ジロー)でした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和はオロチやクイーンからもうアプローチされている!?

日和の美しさの評判は将軍オロチの所にも届いていました。

そしてオロチは宴を開くために花魁の小紫を招いていました。

日和の三味線の音色を聞くためも一つの理由でしたがもう一つの理由は小紫を振り向かせて手に入れるためオロチは招いていました

オロチの他にも小紫に恋をする人物がいました。

それは百獣海賊団の大看板の一人疫災のクイーンです。

狂死郎に斬られ葬式を開かれた時には小紫が亡くなった事に大泣きしていたクイーン!

小紫が生きている事が分かったら二人がどんな表情するのかをみたいものですね!

 

スポンサーリンク

【ワンピース】狂四郎に切られる!?その安否は!?

宴の席でおトコがオロチの顔を見て笑ってしまった事から激怒したオロチはおトコを殺そうとした所を助けるために日和が反逆して狂死郎に斬られてしまう事になってしまいました。

これも狂死郎の提案で危なくなった時は死を偽装してオロチと日和を引き離す作戦を計画していました。

日和の着物に毎日血糊を仕込むように指示をだしていた狂死郎。

もしおトコがオロチを笑う事件が起きなければ宴の席で日和は父おでんと母トキの仇を討つためにオロチを討っていたかもしれません。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】日和はモモのすけの事をどう思っている?感動の再開は?

20年間待ち続けてもモモの助が現れないので日和は兄は死んでしまったと思っていたに違いありません。

しかしゾロからモモの助が生きている事を聞かされ喜んでいました。

今すぐにでもモモの助に会いたい日和ですが、今会えばオロチ達に正体がバレてしまう事になってしまうのですぐに会う事を諦めていました

兄モモの助に再会するのはカイドウとオロチを倒し討ち入りを成した後と決めています

この事を決めているので感動の再会は鬼ヶ島になるのではないでしょうか。

そして日和自身は兄は成長した姿となって思っていますが実際はモモの助は20年前の姿なので再会した時に両者どんな反応するのか今から楽しみですね!

 

スポンサーリンク

まとめ

日和とモモの助の再会も気になりますがゾロにも恋心を持ってしまった日和。

ゾロに恋をした女性はくいなだけでしたが日和も恋をしてしまったので二人目となります。

兄妹の感動の再会後にゾロに告白するのでしょうか?

それを考えるとワノ国編は目が離せませんね。

尾田先生には日和がゾロに告白する所を描いて欲しいですね!

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒ワノ国随一の美女花魁小紫!ついに明かされた正体!小紫が持つ・・

⇒ワノ国最上の花魁小紫の声優は水樹奈々さん!紅白歌合戦にも出・・

⇒世界の秘密を知るワノ国の光月家一族!家族構成は?光月家は世・・

⇒現ワノ国一の侠客、居眠り狂四郎の正体!赤鞘九人男の一人!?・・

⇒ 複雑なワノ国第二幕のポイントと謎を総まとめ!連載史上最も盛・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です