スポンサーリンク

【ワンピース】映画「ワンピースフィルムレッド」の登場人物を大紹介!なぜここまで人気?その魅力とは!?

スポンサーリンク

原作連載25周年の節目で公開された映画「ONE PIECE FILM RED」

前作『ONE PIECE STAMPEDE』から3年ぶりとなる劇場版作品です。

「歌声、赤髪。」

「赤髪が導く〝終焉フィナーレ〟」

「その歌声がもたらすのは、永遠の幸せか、無限の牢獄か」をキャッチコピーに大ヒットを記録している「ONE PIECE FILM RED」を登場人物と併せて見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】「ワンピースフィルムレッド」のあらすじ

ワンピース/©尾田栄一郎

音楽の島「エレジア」で「世界の歌姫」ウタが世界中にいる大勢の観客に向けてのフェスを開催します

この時、ルフィ率いる「麦わら海賊団」もフェスに参加していました。

ウタは大ヒット曲「新時代」を披露し、開幕したフェスは大いに盛り上がります。

その姿は世界中にもライブ配信をされました。

フェス会場にはウタの特殊な能力を欲しがる海賊や、能力を危険視する海軍も入り込んでおり、ウタを狙っています

ですが、ウタは能力により屈強な海賊や海軍相手に圧倒的な力を発揮し返り討ちにします。

ウタは争いのない平和な世界を作るためと言いますが、それは同時に世界が滅亡への道を歩み始めた瞬間でした。

そして、ルフィはウタを救う為の戦いを始める事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】「ワンピースフィルムレッド」の見どころ

ワンピース/©尾田栄一郎

最新作「ONE PIECE FILM RED」の最大の見どころは「世界の歌姫」ウタの登場です。

更にあまり語られる事のなかった「赤髪海賊団」やシャンクスを題材にしているのにも注目です。

また、これまでの「劇場版」とは一味違う作り方をしているのも見どころといえます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】「ワンピースフィルムレッド」の登場人物

ワンピース/©尾田栄一郎

「ONE PIECE FILM RED」では主要キャラクターはもちろん、オリジナルキャラクターが登場します。  

 

「麦わらの一味」

  • 船長 モンキー・D・ルフィ
  • 剣豪 「海賊狩り」 ロロノア・ゾロ
  • 航海士 「泥棒猫」ナミ 
  • 「クリマタクトにホーミーズ」ゼウス
  • 狙撃手 「ゴッドウソップ」ウソップ、
  • コック 「黒足」ヴィンスモーク・サンジ
  • 船医「わたあめ大好き」トニートニー・チョッパー
  • 考古学者 「悪魔の子」ニコ・ロビン
  • 船大工 「サイボーグ」フランキー
  • 音楽家 「ソウルキング」ブルック
  • 操舵手 「海峡のジンベエ」ジンベエ 

 

「ハートの海賊団」

  • 船長 「死の外科医」トラガルファー・ロー 
  • 航海士 ペボ

 

海賊団「バルトクラブ」麦わら大船団2番船

  • 船長 「人食い」バルト・ロメオ

 

「赤髪海賊団」 

  • 大頭「赤髪のシャンクス」シャンクス 
  • 副船長ベン・ベックマン 
  • コック ラッキー・ルウ 
  • 狙撃手 ヤソップ 
  • 幹部 ライムジュース 
  • 幹部ボンク・パンチ 
  • 幹部の猿 モンスター 
  • 航海士 ビルディング・スネイク 
  • 船医 ホンゴウ 
  • 幹部 ハウリング・ガブ 
  • 幹部 ロックスター

 

「ビッグマム海賊団」

  • 船長「ビッグマム」シャーロット・リンリン 
  • 「スイート3将星」次男シャーロット・カタクリ 
  • 「キャンディ大臣」長男シャーロット・ペロスペロー 
  • 「こんがり大臣」三男 シャーロット・オーブン シャーロット・ブリュレ

 

「海軍本部」

  • 元帥 「赤犬」サカズキ 
  • 大将 「黄猿」ボルサリーノ 
  • 大将 「藤虎」イッショウ 
  • 海軍G-1支部中 モモンガ 
  • 海軍本部大佐・海軍機密特殊部隊SWORD隊 コビー 少佐 ヘルメッポ

 

「世界政府」

  • 「世界政府最高権力者」五老星 
  •  CP0 ロブ・ルッチ ブルーノ カリファ

 

「天竜人」 

  • チャルロス聖

 

「フーシャ村」 

  • マキノ

 

「ワンピースフィルムレッド」オリジナルキャラクター

  • 本作メインヒロイン 「世界の歌姫」ウタ 
  • 「エレジア王国」元国王 ゴードン 
  • 海賊船「サウザンドサニー号」のマスコット姿    
  • サニーくん 
  • 「ライブフェス」観客 ロミィ ヨルエカ 

 

スポンサーリンク

【ワンピース】「ワンピースフィルムレッド」の曲紹介

ワンピース/©尾田栄一郎

「ワンピースフィルムレッド」ではウタが披露する歌は主題歌と劇中歌、併せて7曲あります

 

オープニングテーマ・劇中歌

「新時代」作詞・作曲 – 中田ヤスタカ

 

エンディングテーマ・劇中歌

「風のゆくえ」作詞・作曲 – 秦基博

 

劇中歌

「私は最強」作詞・作曲 – Mrs. GREEN APPLE

「逆光」作詞・作曲 – Vaundy 

「ウタカタララバイ」作詞・作曲 – FAKE TYPE.

「Tot Musica」作詞・作曲 – 澤野弘之

「世界のつづき」作詞・作曲 – 折坂悠太

 

スポンサーリンク

【ワンピース】「ワンピースフィルムレッド」の歌手紹介

ワンピース/©尾田栄一郎

上述のウタが披露する楽曲を歌っているのが、新進気鋭の実力派歌手・Adoです。

2020年に「うっせぇわ」でデビューし、瞬く間に人気歌手となっています。

作中のウタ同様に配信で音楽を届ける歌手であり、「新時代」を現すにはピッタリの歌手だと言えます。

また、アルバム『ウタの歌 ONE PIECE FILM RED』も発売されており、世界的なセールスを記録しています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ウタの目的とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

劇場版「ONE PIECE FILM RED」のウタは「ウタウタの実」の能力者です。

この悪魔の実はウタの歌を聞いた者たち(動物なども含む)を自身が創った世界「ウタウタの世界」に招く事が出来る能力です。

ウタは自身が嫌いな海賊のいない世界で「新時代」を作る事でした

そして、この事が原因となり「自分の歌で世界中のみんなに幸せになってもらうこと」という夢が暴走していく事になります

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ウタとルフィの関係性とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

シャンクス率いる「赤髪海賊団」がフーシャ村を拠点にし、ルフィと出会った時と同じくして船に乗っていたのが、ウタです

そして、同年代であるルフィと打ち解けていく事になります。

幼少期のウタはルフィと何度も「勝負」をしており、ルフィは反論していますが一度も勝った事がないと言います

勝った時の「出た!負け惜しみィ」と言うのが恒例となっており、「エレジア島」で再会した際もルフィに勝っていました。

ルフィはウタが「赤髪海賊団」の船を降りたと聞かされて以来の再会となっています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ウタとシャンクスの関係性とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

シャンクスの船を降りて以来の再会になったウタとルフィ。

チョッパーやペボも大ファンで知り合いと知り驚く中、ルフィの口から衝撃の一言が発せられます。

それは「シャンクスの娘だからよ」でした。

実は後に発覚しますが、ウタは故郷を海賊に襲撃されて両親を失い、宝箱の中にいたのをシャンクスに発見されます。

それ以降、ウタはシャンクスの娘として育てられ「赤髪海賊団」の音楽家として育っていく事になります

ですが、その後の航海で立ち寄った「エレジア王国」で起きたある事件をキッカケにシャンクスはウタと「エレジア王国」で別れる事に決めます

そして、元国王ゴードンから「赤髪海賊団がエレジアを滅ぼした」と聞いたウタは海賊を恨み生きて行く事になります。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】なぜ人気?「ワンピースフィルムレッド」の魅力とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

公開され大盛況となった劇場版「ONE PIECE FILM RED」ですが、1番の盛り上がりを見せた理由はシャンクスが初めて劇場版に登場した事だといえます。

原作25周年を迎え「最終章」に突入した「ワンピース」でもシャンクスがあまり描かれていない為に娘ウタがキーパーソンとなる今作は大注目だったようです。

また、これまでの作品とは違い、ミュージカル的要素を踏まえているのも人気の理由だと推測できます。

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース/©尾田栄一郎

記録的な大ヒットを記録している劇場版「ONE PIECE FILM RED」は赤髪のシャンクスが初めてキーパーソンとなる作品です。

そして、本編に登場した「世界の歌姫」ウタがシャンクスの娘だという事もあり大注目となります。

また、劇場歌でウタの歌を歌う歌手にAdoを起用するなど、これまでの劇場作品とは違う要素を見せています。

その要素が「ワンピース」作中でも最もヤバい「ウタウタの実」の怖さを和らげながらも、シャンクスやルフィ達の気持ちに変えています。

脚本に原作者・尾田栄一郎が務めている事もあり、原作「ワンピース」にも繋がるような作品となった「ONE PIECE FILM RED」。

まだ、見てない人には超オススメ作品となっていますね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA