【ワンピース】映画「STAMPEDE」に登場するダグラス・バレット!彼の恐るべき能力は?悲しい過去とは?

スポンサーリンク

今年8月に公開されたワンピース新作映画、ONE PIECE STAMPEDE ですが、ファンの人は、映画館に足を運んだと思います。

この映画は、ワンピースが20周年を迎える為、記念としてテーマがお祭りとした映画となっています。

そして、原作者尾田先生が、監修を務めていてキャラクターのデザインとかも描いています。

この映画の凄い所は、これまで原作に、登場したキャラが登場する事ではないでしょうか。

そして、ルフィと戦う事になる、ボス役であるダグラス・バレット

これまで、ルフィと戦った敵で、かなりの強敵となりました。

これまで、苦戦する敵に会うのは、ビック・マム海賊団のカタクリを相手した時と同じです。

ルフィの強敵となったダグラス・バレットですが、悲しい過去を持っていてそのきっかけで、悪の道を選びました。

悲しい過去とは何なのでしょうか。

映画を観た、ファンは知っていると思いますが、まだ映画を観ていないファンもいると思います。

そこで今回は、ダグラス・バレットの過去の事や、能力について調べて書いてみました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】インペルダウンより脱獄

ダグラス・バレットは、海賊王と呼ばれたゴール・D・ロジャーの海賊団のクル―でした。

しかし、ロジャーが処刑され死を知った、ダグラス・バレットは、目標を果たせなかった事から激しく怒り暴れます。

バレットの目標は、ロジャーを倒す事でした。

バレットの強さは、とても強く普通の海兵では、バレットを捕まえる事はできませんでした。

暴れるバレットを、捕まえる為に、当時まだ海軍大将だったセンゴクが、バレット一人を捕まえる為に、バスターコールを発動します。

海軍に捕まったバレットは、インペルタウンLEVEL6に、監禁されます。

囚人となったバレットですが、牢の中で20年間も一人黙々と体を鍛えていました。

バレットは、脱獄のチャンスを伺いて体を鍛えていたと思います。

インペルタウンに、黒ひげ海賊団達が現れます。

黒ひげティーチの目的は、インペルタウンにいる強い囚人を仲間に入れる事が目的で現れました。

バレットに興味を持った黒ひげ海賊団のバージェスは、バレットを仲間に入れようしたのですが、ティーチは、バレットの事を危険人物と知っていてバージェスに、そいつだけはやめとけと言い止めます。

黒ひげの騒ぎで、バレットは、インペルタウンを脱獄します。

その2年後、バレットは、ブエナ・フェスタと組み海賊達を集め殺し合う海賊万博の計画をたてます

 

【ワンピース】「ガチャガチャの実」の能力とは?

ダグラス・バレットは、悪魔の実の能力者です。

バレットが、何の悪魔の実を食べてか言うとガチャガチャの実を食べて悪魔の実の能力を得ました。

ガチャガチャの実を食べてた能力者は、鉄や武器や拳銃を集めて合体させ超巨大なロボットを作る事ができます。

能力者の本人も、超巨大ロボットと一体化になる事ができます。

ダグラス・バレットは、能力が覚醒していて最強の技を持っています

それは、最強の一撃(デー・ステエクステ・ストライク)と言う技です。

この技は、通常時の状態で全身に覇気を纏い無数のパンチを放つ事ができます。

技の威力は、ルフィのキングコング・ガトリングを超える威力を持っています。

これだけ見ても、バレットは、とてもすごい強者だと思います。

もし、映画ではなく原作にバレットが登場すれば四皇を、軽く倒せる実力者だと思います。

 

【ワンピース】冥王レイリーと同等の戦闘力

バレットは、19歳でロジャー海賊団の副船長シルバーズ・レイリーと同じ強さ持っている事が判明しました。

レイリーと言えば、冥王と呼ばれルフィに、覇気の基礎を教えた人物。

そしてシャボンディ諸島で、海軍大将黄猿(ボルサリーノ)と互角に戦った人物でもあります。

19歳でレイリーと同じ強さを持っていた言う事は、今のバレットは、もうすでにレイリーの強さを超えている事になります。

バレットは、ロジャーを倒す目標があったからレイリーを超える強さを手に入れたと思います。

 

【ワンピース】ダグラス・バレットの名前の由来

映画のボス役となるバレットですが、ダグラス・バレットと呼ばれていますが本当の名前ではありません

本当の名前は、今の所は、不明です。

バレットは、ロジャー海賊団に入る前は、少年時代に、ガルツバーグ軍と言う軍隊に入っていました。

この軍隊は、バレットを始め少年兵をいつ死んでもいいように捨ての駒同然のように使っていました。

そして、少年兵全員をバレット(弾丸)と呼んでいました

バレットは、ダグラス・グレイ将軍の部下でした。

将軍のダグラスの名と、バレット(弾丸)の名を合わせて付けれられました

将軍は、バレットを人間とみないでいつ殺されてもいいように使い捨ての駒として使っていました。

 

【ワンピース】兵士としての栄光と裏切り

ダグラス・バレットは、いつも戦争が起きている戦争が終わらない国(どこにある国かは不明)で生まれました。

この国で、母親に捨てられてしまいます。

バレットは生まれた時から、不幸が始まっていました

母親に捨てられた、バレットは、敵軍の軍事国家ガルツバーグに拾われます

軍隊に入ったバレットは、軍隊ガルツフォースの部隊長ダグラス・グレイ部隊所属の少年兵となり働きます。

バレットは、母親に捨てられた憎しみを感じ、拾ってくれたダグラス・グレイに恩を返す為に戦場に出て強くなって少年兵で9番目の弾丸と呼ばれ最強の軍隊の兵士となりました。

最強の兵士となったダグラス・バレットは、敵がいなくなりガルツバーグ軍が最強となりダグラス・グレイも喜んでくれるとダグラス・バレットは思ったはずです。

この時に、バレットは栄光を掴んだと思います。

しかし、ダグラス・グレイは最強となったダグラス・バレットを喜ぶところか逆に、バレットを恐れるようになります。

ダグラス・バレットは、いつ最強の力を手に入れたバレットが、軍隊を裏切りキバを向けるかわからないと判断したダグラス・グレイは、バレットを、軍隊を解雇します。

バレットにたいしてダグラス・グレイの突然の裏切り行為でした。

突然ダグラス・グレイに軍隊の解雇を言い渡されたバレットは、これまでダグラス・グレイに恩を、返す事や軍隊の為に働いてきたバレットは、怒りのまま暴れ周りガルツバーグ軍を滅亡させます。

予想ですが、この事件でダグラス・グレイは、バレットに殺されたのではないでしょうか。

そして、この事件をガルツバーグの悲劇と呼ぶようになりました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロジャー海賊団での日々

ガルツバーグ軍を滅亡へと追い込んだバレットは、海賊となり海に出ます

この時は、ロジャーはまだ海賊王になっていませんがロジャー海賊団の強さは世界中に届いています。

バレットは、ロジャーに会う為に海賊になったと思います。

そして、バレットは、ロジャー海賊団の船を、見つけロジャーに会います。

バレットは、強いと言われているロジャーに、戦いを挑みます。

軍隊で最強と言われたバレット。

ロジャーを、倒せると思い戦いを挑んだと思います。

しかし、軍隊で最強の兵士と言われたバレットですが、ロジャーを倒す事は、できませんでした

バレットが、はじめて敗北をあじわいます。

バレットは、このまま逃げるのはプライドが許さなかったと思います。

ロジャーをいつか倒す事を目標としてロジャー海賊団に入ります

バレットは、ロジャーを倒す事に目標として強くなり、ロジャー海賊団の副船長シルバーズ・レイリーと同じくらい強さとなり鬼の跡目と呼ばれるようになりロジャーを除きロジャー海賊団の最強の男となります

 

【ワンピース】ロジャーへの異常な執着

バレットは、ロジャーを倒す為にロジャー海賊団に入りましたが、もう一つ理由がありました。

それは、ロジャー海賊団に入りロジャーの強さの秘密を探る事でした。

最強の強さを持つロジャーですが、ロジャーも人間。

病にかかってしまいます。

病にかかり、あと何年も生きられないロジャーの事を知ったバレットは、その焦りで再度ロジャーに、戦いを挑みますが、病にかかっているロジャーに再び敗北をします。

ロジャーは、元々強い事もありますが、その他に、ロジャーを支える仲間の絆があります。

これが、ロジャーの強さです。

その事に、バレットは、気づく事が出来ずロジャー海賊団を去ります。

ロジャーが海軍に、捕まり処刑された後、バレットは、ロジャーを超える為と考え現代の世界政府や海賊や海軍を倒しルフィが目指している海賊王ではなく全く違う最強の海賊王になる事を目指します

 

【ワンピース】天敵はクロコダイル?

ダグラス・バレットは、能力の方も覚醒していて最強の力を持った人物です。

しかし、ダグラス・バレットにも弱点がある事が判明しました。

バレットは、武器や鉄を集めて合体する事が出来ますが、それには、能力を覚醒してオフの状態にして武器や鉄を集め吸収して合体させます

バレットが、能力の覚醒を使っていない時に、不意打ちの状態でクロコダイルの能力のスナスナの実で、攻撃すれば最強の力を持つダグラス・バレットに効く事が判明しました。

ダグラス・バレットは、クロコダイルが天敵のようです。

 

【ワンピース】史上最大の総力戦の結末は?

最強の力を持ちレイリーの強さを超えるダグラス・バレットが姿を現します。

そして、最初のバレットの犠牲となったのは、麦わら一味のウソップでした。

倒れたウソップの姿を見たルフィは、バレットに「何やってんだ、お前!」「俺の仲間に手を出して…」と言い怒ります。

ルフィと、バレットの戦いが始まりますが、この戦闘で、最悪の世代と呼ばれている海賊達も集結します。

バレットは、能力を使い周囲にある鉄や機械を集めて吸収して、合体人間になります。

しかし、最悪の世代の海賊達を相手にする時は、能力を使わないで、覇気の武装色を使い最悪の世代達を倒します

バレットの覇気の武装色は、ロジャーの武装色を超える能力を持ちバレットが覇気の武装色をまとった体は、無敵状態となります。

ルフィは、バレットを倒すには、ルフィの最大技ギア4スネイクマンとなりバレットに、攻撃しますが、無敵状態になっているバレットに通用しません。

ルフィは、追い込まれ瀕死状態となりピンチになります。

そして、大宝に釣られて海軍がバレットの所に集まります。

バレットは、海軍の船を吸収して更に最強のバケモノと姿を変え島を破壊する程の力を見せつけます。

海軍大将の黄猿と元帥サカズキは、お宝が海賊王ロジャーが遺した宝と知り島ごと破壊しようとバスターコールを発動させます。

絶対絶命のルフィの所に、ローが現れバレットを倒す作戦をルフィに言います。

バレットを倒す作戦は、ローが思いついたのではなくクロコダイルが考えた作戦でした。

クロコダイルは、若い時にバレットに戦った事があり弱点を知っていました

この作戦に乗りルフィは、一人で、バレットに突っ込みますが、跳ね飛ばされてしまいます。

この時に、ルフィの所に、駆け付けたハンコックは、飛ばされたルフィを見て怒り、バレットの体を揺るがす技を放ちます。

そこに追い打ちをかけるようにローとクロコダイルが、攻撃をします。

バレットは、武装色を解除します。

武装色を解除した所に、ルフィの所に集まった者達で攻撃してバレットの右腕を破壊します。

そして、ルフィは、ドフラミンゴを倒した技キングコングガンをパワーアップしてバレットに攻撃します。

そして、ルフィのピンチを知ったウソップはルフィを助けようとして、「みどり星・花火」をバレットに打ちます。

ウソップの攻撃で、バレットの能力で作った巨大ロボは壊れ破壊します。

最後には、ルフィとバレットの拳でぶつかり合う戦いとなります。

バレットは、最大技「デースラクスラ・ストライク」をルフィに放ち「仲間は弱さだ!」と言います。

ルフィは、バレットに「仲間こそ強さだ!」と言います。

ルフィの言葉に、バレットは、なぜロジャーに勝てなかった事に気づき自分とロジャー海賊団いた頃の過去を思い出します

そして、バレットとルフィの戦いが決着が付きます。

 

まとめ

ここまで、ダグラス・バレットの過去や能力の事について書いてきましたが、全ての原因は、バレットを捨てた母親に罪があります

バレットの母親は、戦争が起きている国を逃げる為に、バレットを足手まといとなると思いバレットを捨てたと思います。

この時に、バレットを捨てずにバレットと一緒に逃げていればバレットは、違う人生を送っていたと思います。

バレットの母親は、実の子を捨てる事をしてしまい許されない事をしています。

裁かれるのは、バレットではなくバレットを捨てた母親だと思います。

そして、これは、映画と関係ない情報なのですが、10月20日にアニメワンピースが20周年を記念としてロマンスドーンが放送されます。

これは、尾田先生が、ワンピースの原点に戻り描いた作品です。

ロマンスドーンの予告を観たのですが、主人公は、ルフィのままで声も田中真弓さんが担当しています。

麦わら帽子はシャンクスではなく、祖父のガープに渡されていてゴムゴムの実も、祖父のガープが持っていました

ガープの姿も海軍ではなく海賊のような姿をしていました。

そして、ヒロインも登場しますが、ナミではなくアンと言うヒロインが登場します。

アンの声は、ナミの声を担当している岡村明美さんが担当しています。

その他の一味の声を担当している声優さんも違うキャラで声を担当しているみたいです。

今から、ロマンスドーンが放送されるのが楽しみです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です