【ワンピース】根強い人気のあるアラバスタ王女ビビ!彼女の冒険の軌跡は?世界会議での活躍は?

スポンサーリンク

ワンピース女性キャラでは、麦わら海賊団のナミや、ニコ・ロビンやビックマムの娘であるプリンは、ワンピースファンには、とても人気があります。

しかし、アラバスタ編で登場した王女ビビも、3人に負けないくらい人気があります。

アラバスタ編が、終わりしばらく間は、登場しませんでした。

このまま、再登場はないのか?

と思ったのですが、世界会議編で再登場しました。

果たして王女ビビは、世界会議で何を、議題にして話すのでしょうか?

今回は、王女ビビについて記事にして書いてみました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】秘密結社のエージェントとして初登場!

王女ビビの初登場は、七武海の一人クロコダイルの秘密組織、バロックワークスのエージェントとして登場。

名前も、ビビではなくコードネーム、ミス・ウェズデーとして登場。

最初は、ルフィ達の敵として登場したのですが、ルフィ達と意義統合して仲良くなってしまいます。

ビビは、ウィスキ―ピークにいく必要がありました。

しかし、ビビは、ログ・ポースを失くしてしまいます。

ビビは、ルフィ達に頼み、ウィスキーピークまで送ってもらいます。

ビビは、ウィスキーピークで、バロックワークスの賞金稼ぎの連中を襲い懸賞金を得ようとしたのですが失敗してしまいます。

バロックワークスにアラバスタの王女だと、正体をバレたビビは、Mr.5とミス・バレンタインに命を狙われます

そこに、ビビの世話役のイグラムにビビの護衛を、頼まれたルフィやゾロが現れ、Mr5とミス・バレンタインを倒します。

無事に島を脱出したビビは、しばらくの間ルフィ達の仲間になりアラバスタを目指します

 

【ワンピース】ネフェルタリ・ビビの性格は?

王女ビビの性格は、基本的には、世界平和を、愛しとても優しく淑やかな女性です。

そして、時には国に危険が及ぼす者が現れれば、自ら立ち向かう勇気を持った女性でもあります。

父を、愛し国の民や、部下であるイグラムやペルやチャカを家族のように思いペットのカルーをとても大切にしています。

ルフィのような性格を持った女性だと思います。

 

【ワンピース】意外と高い戦闘能力

悪魔の実の能力を待たないビビですが、意外と戦闘力が高い事がわかりました。

ビビは、バッロクワークスにいた時に、フロンティアエージェントまでのぼりつきミス・ウェズデーと呼ばれていました

ここまで、呼ばれていれば弱い訳がありません。

悪魔の実の能力を持たない敵なら、10数人くらいなら相手に出来る戦闘力を、持っていると思います。

ビビの戦闘は、接近戦を得意とした戦い方をします。

アクセサリーのような刃物を武器にして小指に付けて回転させ敵を切り刻みます。

ビビの技は、これしかないですが、ナミのようにウソップから武器を、作ってもらえていたら他にも技が、増えたかもしれません。

 

【ワンピース】ドルトンを感心させた出来事とは?

世界会議編では、王女ビビの他に、ドラム王国を治めるドルトンの姿もあり再登場しました。

昔、ドルトンが驚くエピソードがありました。

ワンピースの世界の8年前の世界会議がおこなわれた話になりますが、元ドラム王国を治めていたワポルと、ビビの父、コブラが世界会議に出席しています。

ワポルは、会議でいい加減な態度や発言をします。

それを見たコブラは、ワポルに怒ります。

ワポルはその腹いせに、まだ子供だったビビに、わざとぶつかります。

世界会議で、国の王が集まるなか些細な喧嘩が、始まれば戦争になります

まだ、子供だったビビは、その事を知っていたのでビビは、自分が悪いとワポルに謝ります

この行動に、ワポルは、驚きますが、一番驚いたのは、ワポルの護衛隊長していたドルトンです。

ビビは、子供頃から物心を持っていました。

 

【ワンピース】アラバスタ王国での死闘

アラバスタ編では、ルフィは、七武海のクロコダイルと死闘を繰り広げていました。

ルフィは、アラバスタ王国を救おうと必死でクロコダイルと戦いますが、一番死闘を繰り広げたのは、ビビではないでしょうか

ビビは、クロコダイルの魔の手から国を救おうとしますが、一番救いたかったのは、反乱軍のリーダーコーザなのではないでしょうか

コーザは、ビビと幼なじみです。

反乱軍とアラバスタ王国がぶつかればどちらも無事ではすみません。

ビビの願いも届かず、クロコダイルの部下が、アラバスタ王国の兵になりすましコーザは、撃たれてしまいます

コーザが撃たれた後も、ビビは傷つきながらも反乱軍の勢いを止めようとします

やはりアラバスタ王国で、死闘を繰り広げたのはビビだと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】世界会議のため海へ

ビビは、老いて体力が低下から病気となった父コブラ共に世界会議に参加する為に海を渡り聖地マリージョアで再登場します。

世界会議で、父コブラ共にビビは何を議題するのでしょうか?

予想ですが、国の強化なのではないでしょうか。

ルフィ達の活躍でアラバスタ王国は平和を取り戻しましたが、クロコダイルの他にも国を狙う者は、存在します。

そして、アラバスタ王国には、古代兵器プルトンを示すポーネグリフがあります

それを狙う者は、たくさんいます

これについて話合うのでないでしょうか。

 

【ワンピース】ビビはイムに狙われている?

五老星には、イム様と呼ばれている人物がいます。

イム様は、世界最高権力を持った人物と明らかになっています。

そして、イム様の一言で、世界政府に危険を及ぼす人物を消す事出来る権限を持っています。

原作では、イム様が登場の時に、ビビの手配書があり剣で刺されていました。

これは、ビビやアラバスタ王国が狙われている事ではないでしょうか。

そしてビビは、聖地マリージョアに来ています。

イム様の魔の手が襲うのではないでしょうか。

 

【ワンピース】ビビは麦わらの一味13人目の仲間?

現在の麦わら海賊団の仲間は、船長のルフィを入れて、ゾロ、ナミ、サンジ、ウソップ、チョッパー、ニコ・ロビン、フランキー、ブルックの9人ですが、ビックマム編で別れたジンベエが再登場して仲間に加われば10人となります。

ワノ国編で、仲間に加わりそうな人物は、キャロットとお玉です。

そして、確定に近いのですが13人目の仲間は、ビビです

ビビは、アラバスタ編が、終わるとルフィ達と別れて代わりにニコ、ロビンが仲間に加わったと思われています。

ルフィは、ビビと別れる時に、仲間である証拠の腕に罰点の印をつけた腕を上げてビビと別れました。

ルフィは、ビビをすでに仲間と認めています。

そして、ワノ国編が終わればビビに危険が及んでいると思います。

ルフィは、ビビを助けに向かうはずです。

 

【ワンピース】世界会議で見せたビビのリーダーシップ力

世界会議編では、ビビは、ドレスローザ編で登場したレベッカと魚人族編で登場したしらほしと知り合います

ビビは、2人と仲良くなり意気投合します。

世界会議編の中盤で事件がおきます。

しらほしが、天竜人チャルロス聖に捕まってしまいます

チャルロスは、珍しい人魚が来たと目を付けしらほしを捕まえペットにするつもりでした。

周りの人もしらほしを助けようとしますが天竜人には逆らう事ができません。

しかしビビだけは違いました

ビビは、天竜人に「理屈がとうらない!しらほしを返しなさい!友達なの」と言い怒りました。

この時のビビの姿は、アラバスタを救おうし仲間を救おうとした姿と同じです。

世界会議編でも仲間を救おうとするビビの姿がありました。

 

まとめ

ここまでビビの事についてまとめてみました。

ビビは、やはりイム様に狙われアラバスタに危険が及ぶのでしょうか。

これは、プチ情報なのですが、ビビは、バロックワークスの悪役キャラで終わる予定だったのですが、尾田先生が、ミス・ウェンズデーの髪を下した絵を見て王女らしいなと思いビビを王女の設定にしたそうです。

やはり原作者である尾田先生は見る目が違います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です