【ワンピース】水中最速で美しい人魚族!人魚の特徴は?主な人魚族のキャラクターをご紹介!

スポンサーリンク

大人や子供に大人気漫画ワンピースでは、数々の海賊達が登場しました。

そして、イーストブルー編では、魚人海賊団も登場しました。

魚人海賊団の船長を務めていたのは、アーロンでしたね。

アーロン編では、悪魔の実の能力を持つルフィを、遥かに超える魚人族のアーロンに苦戦しましたが、仲間のナミを救いたいと思う気持ちが力となり、人間を遥かに超える力を持つアーロンに勝事が出来ましたね。

新世界編では、魚人族と種類が、違うとても美しいオトヒメ人魚しらほしが登場しました。

竜宮編では、魚人族と人魚族が一緒に暮らしていた事も、明らかになりました

今回は、これをもとに、人魚族と魚人族の違いや特徴や新世界編に、登場した人魚族のキャラを紹介していきます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】人魚族の特徴とは?

最初に、人魚族の特徴について説明します。

人魚族はなぜ?下半身が、魚の尾になっているか言うと、生まれてから水中生物の特性を受けついで生まれてくるので、下半身が魚の尾になっているからです。

人魚の筋肉は、人間と変わらないのですが、他の魚に比べて人魚は、水中でとても素早い速さで移動できるので、人魚の泳ぐスピードについて来れる魚類はいません

 

スポンサーリンク

【ワンピース】魚人との違いは?

人魚と魚人の違いは、皆さんは知っていますか?

人魚は、下半身が魚の尾が付いていて、魚人は、人間と同じように足があり地上でも生活できるだけと思っているファンもいるかと思いますが、それだけではありません

他にも違いあるので紹介します。

 

スポンサーリンク

魚人族と同じ所

  1. 人間から進化した哺乳類である
  2. 深海1万mの水圧にも耐えられる

 

スポンサーリンク

魚人族と違う所

  1. 魚人族は、地上でも歩く事ができるが、人魚族は、地上を移動するには車椅子が必要。しかし女性の人魚は、30歳になると人間のように足が生えてくるので、その時になれば人間と同じように地上を歩く事ができる。
  2. 魚人族は、水中では鰓呼吸をするが、人魚族は、水中の中でも普通に呼吸ができる。
  3. 魚人族は、生まれてから10倍の筋力を持っているが、人魚族は、人間と同じ筋力を持つ。(ただし、鍛えれば魚人族を超える筋力を持つ事ができる)
  4. 魚人族は、海の魚や怪獣を平気で食べるが、人魚族は、魚や怪獣を食べないで貝類を食べる。
  5. 人魚族は、魚と話したり声を聞く事が、できるが魚人族は、魚と話しや声を聞く事ができない(一部では、魚の声や話しをできる魚人族もいる)
  6. 魚人族は、とても凶暴な性格を、持った者が多いが、人魚族はとてもおとなしい性格を持った者が多い。

以上が、人魚族と魚人族の違いです。

意外と人魚族と魚人族の違いが多いですね。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】人魚と魚人の子供に関する遺伝問題とは?

人魚族と魚人族は、人間と同じ遺伝子を持っているので、かなずしも同じ種族と結婚しなくても子孫は残せます。

人間と人魚が、結婚する事も可能ですが、生まれてくる子供が、かなず人間か人魚の子供が生まれてくるとは限りません

それは、遺伝が問題だからです。

遺伝とは、先祖から受け継がれています。

例えば先祖が、イカの人魚がサメの魚人と結婚した場合、親の遺伝子ではなく先祖の遺伝を優先して生まれてくる訳です。

もっと分かりやすく言えば、先祖が人間なら人魚と魚人が結婚しても人間が生まれてくる訳です。

とてもややこしい遺伝子問題ですね。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】初めに登場した人魚 ココロ

原作で初めて人魚が登場したのは、ウォーターセブン編で海列車のシフト駅の駅長を務める酒好きのココロさんでした。

ココロさんが、人魚の正体を明かしたのは、麦わらの一味が、海でおぼれていた所を、助けた時にシラウオの人魚に変身して一味を助けました

ココロさんは、一味を助けた時に、人魚について詳しく話していて30歳を超えれば人魚の尾が二つに分かれて地上に問題なく生活できると語っていて、人魚の事について詳しく知りたければ魚人島に行けと話していました。

作中では、ルフィはココロさんの正体が人魚だったのがとてもショックだったようです。

しかしココロさんは、今はおばさんですが、若い時はとても美しい人魚だったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ハチの相棒 ケイミー

ココロさんの次に、登場した人魚は、元アーロン海賊団のタコのハチがタコ焼き屋の手伝いをしているハチの相棒で熱帯魚の人魚のケイミーです。

ケイミーは、海獣に食べられそうになった所を、ハチに助けられました。

ハチに助けられたのは一回だけではなく、魚人海賊団マクロ一味に襲われた時も、ハチに助けらケイミーは、ハチに助けられた恩を返す為に、ハチの経営しているタコ焼き屋の手伝いをしてハチの相棒となり働いています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】アーロンの妹 マダム・シャーリー

ケイミーの次に、登場した人魚は、マダム・シャーリーです。

シャーリーは、マーメイドカフェの店長を務めている人魚ですが、未来予知の能力を持つ人魚でもあります。

そして、シャーリーには、腹違いの兄がいます。

それは、ナミの故郷であるココヤシ村を制圧してアーロンパークを開いたアーロンです。

アーロンは、幼い時は、ジンベエと一緒に暮らしていましたが、突然アーロンの父親がシャーリーを連れてきます。

そこから、アーロンと生活が始まります。

シャーリーは初めて兄がいる事を知った場面だったのかもしれません。

凶暴な性格を持つアーロンにも妹がいたのですね。

これには、驚いたファンもいるはずです。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】弱ほしではなかった! しらほし姫

シャーリーの次に、登場した人魚は、とても優しい心を持ったしらほし姫です。

しらほし姫は、初登場の時は、とても泣き虫な人魚でしたが、ルフィに弱い所を見せて弱ほしと言われますが、新魚人海賊団のクーデターで、しらほしの兄達や、父が捕らわれそれを助ける為に、ルフィ達と戦いました。

新魚人海賊団を撃破する事に成功しました。

しらほし姫は、ルフィ達と戦い国を守る大切な事を教えられます

優しいだけでは、国や大切な者を守れないと気づいたしらほし姫でした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】カッパの河松の母親はどっち?

ワノ国編では、おでんの家臣だったカッパの河松が登場しました。

初登場の時は、妖怪なのではと言われていましたが、河松は人魚でした。

そして、河松を生んだ母親は、人魚なのか、魚人なのかと騒がれていましたが、母親の正体も人魚です。

河松は幼い時に、母親に連れられてワノ国へと着ました。

母親にワノ国は、人魚が存在しないため河松にカッパとなって生きていくようにと言います

河松が人魚だとわかれば、ワノ国の人々は、とてもめずらしいと思い襲うと思ったので母親は河松に言ったのではないでしょうか。

河松が妖怪ではく人魚だったとは意外です。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、人魚の事について紹介してきましたがどうでしたか。

人魚は、女性の人魚だけではなく男性の人魚もいる事も分かりましたね。

これは、プチ情報なのですが、人魚は海だけではなく空島にもいる事が判明しました。

空島編では、人魚は登場しなかったのですが、再びルフィ達が空島に訪れる事が起きれば空島に住む人魚が、登場するのではないでしょうか。

ワノ国では、河松以外の人魚が登場する可能性は低いですが、ワノ国編が終われば新たな人魚が登場するのではないでしょうか。

ファンのみなさんも、新たな人魚が見たいですよね。

私、自信も新たな人魚が見たいので尾田先生に期待です。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です