【ワンピース】海軍中将ラクロワの活躍とは?ラクロワとゼファーとの関係性についても大紹介!!

スポンサーリンク

大海賊時代と言われる海で平和の均衡を保つとされる三大勢力の1つ「海軍本部」には「四皇」をはじめとする凶悪な海賊を相手にでも引けをとらない実力者が揃っています。

トップから元帥、大将、中将と役職があり大将クラスになると並みの海賊では太刀打ちできない強さを誇っています。

今回はこの中で大将に継ぐ階級であり、実力者揃いの中将の1人、ラクロワを見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワのプロフィール

ワンピース/©尾田栄一郎

ラクロワは「海軍本部」で中将を務めている海兵です。

異名や出身地など詳しくは明かされておらず、その素性は不明となっています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワの特徴

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」中将ラクロワですが、海軍帽にスーツという出立ちをしているのが特徴です。

また、目を見張るほどの大男で巨大な刀剣を武器にしているのも特徴的です。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワの種族とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

見上げるほどの大男てある「海軍本部」中将ラクロワですが、その姿から分かる通り「巨人族」です。

この事からラクロワが「巨人島」出身である事が分かりますが、「巨人族」で1番有名で乱暴とされる「エルバフ」出身なのかは不明となっています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワの性格とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「巨人族」ながら「海軍本部」で中将を務めているラクロワですが、あまり登場回数が多くなくどんな性格なのかは詳しく分かっていません。

ですが、「巨人族」の戦士である事から「誇り高く勇敢」な性格ではないかと推測されます。

また、「海軍」である事からも「正義感」の強い性格だと推測されます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワの能力とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」中将のラクロワは、「悪魔の実」の能力者かは明かされていません

戦闘シーンが少ない為にまだ不明ながらおそらく「能力者」ではないと思われています。

ですが、「海軍本部」の中将だけに「覇気」を取得している事は判明しています

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワの強さとは?

ワンピース/©尾田栄一郎

「覇気」を取得している中将ラクロワは巨大な刀剣を武器にして戦っています。

また、その巨大な刀剣を操れる程の大きさを誇る巨人である事からかなりの強さではないかと思われます

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワの海軍での活躍

ワンピース/©尾田栄一郎

「海軍本部」中将ラクロワはエース奪還の為に集結したルフィや「白ひげ海賊団」との間で起きた「マリンフォード頂上決戦」で初登場しました。

この時、ラクロワは「海軍本部」が誇る戦力「巨人部隊」の1人としてこの戦争に参加しました

戦いが始まってからは、「白ひげ海賊団」のリトルオーズ.Jrに正面から真っ向勝負を挑みましたが、返り討ちにされてしまいます

また、この2年後に行われた「世界会議」における「海軍会議」にも出席しており、姿を見せています

この時、ラクロワは同じく中将のガープとヒナが「ロックス海賊団」について話しているのを肉を食べながら聞いています。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ラクロワとゼファーの関係性とは?

ワンピース/©尾田栄一郎

劇場版第12作目として公開された『ONEPIECE FILM Z』でのボスキャラである「NEO海軍総帥」ゼファーは元「海軍本部」大将でした。

元帥センゴクや中将ガープやつるとは同期になり、ラクロワ含め現大将のボルサリーノ達は教え子になります。

海軍の正義に失望した後、「NEO海軍」を立ち上げたゼファーでしたがラクロワにとっては恩師と言える存在です。

ですが海軍にとっても頭の痛い組織となってしまった「NEO海軍」への対策会議にラクロワは「海軍本部」中将として参加します

結果として「麦わらの一味」や「海軍」との戦いになったゼファーでしたが、海軍時代はかなり慕われており、「お前達に最後の稽古をつけてやる!!」と言う最後の言葉にラクロワ含め教え子達は涙を流していました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】アニメ・ラクロワ役の声優は誰?

https://www.aoni.co.jp/

「海軍本部」中将ラクロワをアニメ「ワンピース」で演じているのは青二プロダクション所属の声優・吉水孝宏です。

ゲーム「真・三國無双シリーズ」でも活躍する他、「ワンピース」ではパウリーやドスンを演じています

 

スポンサーリンク

まとめ

ワンピース/©尾田栄一郎

「マリンフォード頂上決戦」で初登場し、あの「白ひげ海賊団」リトルオーズJrにも真っ向勝負を挑んだのが、「海軍本部」中将ラクロワです。

結果として倒されてしまいますが、中将ラクロワも「巨人族」で、かなりの巨体を誇っています。

また、その巨体を活かした武器「刀剣」での攻撃はかなりの威力を誇ると推測されます。

あまり登場が多くなく、詳細は不明ながら元海軍大将で「NEO海軍」のゼファーの教え子でもあり、『ONEPIECE FILM Z』でも会議に参加するなどの活躍を見せています。

大将に最も近いとされる階級に着いている「海軍本部」中将ラクロワ。

世界政府に属する組織である事や「王家七武海」を撤廃した事からも「海軍本部」は重要な組織なのは間違いないと思われます

まだまだ波乱の中で中将ラクロワの活躍はあるのか、楽しみにしたいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA