【ワンピース】現ワノ国一の侠客、居眠り狂四郎の正体!赤鞘九人男の一人!?狂四郎と名乗るに至った経緯が明らかに!?

スポンサーリンク

ルフィがローの案内でおでん城の跡地に到着するとナミ達や錦えもんと再会します。

錦えもんは跡地を作戦会議するための場所にしていました。

ルフィ達にワノ国の作戦を伝える他に赤鞘の中で強力な力を持つ三人を探して欲しいと言います。

それはおでん様が倒したアシュラ童子と河松と傳ジローです。

この3人はトキ様の能力で未来に行かずにワノ国に残り20年間ワノ国に残りました。

酒天丸は10年間錦えもん達が現れる事を待っていたのですがしびれをきらして元の山賊となり名もアシュラ童子となっていました。

河松は燃えるおでん城から日和と一緒に逃げのびたのですがある日、日和が姿を消して河松は死に場所を探している時にカイドウの部下に捕まり兎丼の牢の中に閉じ込められていました。

傳ジローだけは行方が分からなかったのですが実は黒炭オロチの部下となって右腕として働いていた狂四郎が傳ジローと判明しました。

昔の傳ジローと姿が違うのですがどうしてこのような姿になったのでしょうか?

傳ジローについてご紹介していこうと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】居眠り狂四郎!その実力はゾロも認める!?

将軍スキヤキがワノ国を治めていたころはヒョウ五郎と言うヤクザの大親分が花の都を仕切り裏社会でも知らない者はいませんでした。

黒炭オロチが将軍となりヒョウ五郎も光月家を支える者として罪をうけて兎丼の囚人となりヒョウ五郎と入れ替わったのが狂死郎でした。

サンジさんが花の都の情報を掴むために蕎麦屋の屋台をひらいた時にシャバ代を出せと脅しきたヤクザ、クニさん、カクさん、スケさんの親分でもあります。

花の都の民衆は狂死郎一家と呼ばれています。

その他にも小紫の葬儀の時は民衆達の混乱をさけるために光画タニシでの配信をしたのも狂死郎でした。

康イエ処刑された後にオロチが康イエの娘であるおトコに銃撃をした時にゾロがおトコを助けオロチに怒り斬りかかった時は素早い動きで狂死郎がオロチを守りゾロの斬撃を防ぐ活躍をみせました!

そのままゾロと対決となり狂死郎はゾロにこの場は退け!今はその時ではない!と言っています。

ゾロと互角に戦える狂死郎はただのヤクザの親分ではなくもしかしたら赤鞘の一人ではないかと噂されたのもこの強さを読者に見せつけたころでした!

 

スポンサーリンク

【ワンピース】居眠り狂四郎という名前の由来は!?お酒が入ると眠る!?

狂死郎の名前のモデルは円月殺法の剣術を使う眠狂死郎が由来になったとされています。

眠狂死郎の名は入水自殺の後に偶然に助け出した時の名でデタラメな偽名とされています。

ワノ国に登場する狂死郎は酒が入ると会話中でも寝てしまう癖を持っていたので居眠り狂死郎と呼ばれていますが他に理由がありました。

康イエが丑三つ小僧として役人に捕まり処刑された時に錦えもん達に討ち入りの集合場所をかえた事を伝えるために丑三つ小僧が自分だと嘘を言って捕まりました。

本当の丑三つ小僧は狂死郎と判明しています。

小紫が遊女となって客から騙し取った金は元はえびす町の村の人々から騙し取った金でした。

小紫が悪客から金を回収して狂死郎に渡して夜中に丑三つ小僧となった狂死郎がえびす町に現れて金をばらまいていました。

そのため狂死郎は夜に寝れない事で寝不足のため酒が入ると会話中でも眠る癖がついた事が明らかになりました

 

スポンサーリンク

【ワンピース】その正体は赤鞘九人男の傅ジロー!?

狂死郎はもしかしたら赤鞘侍の一人傳ジローではと噂されていましたがワノ国編の第三部の鬼ヶ島への討ち入り編で狂死郎が傳ジローだった事が明かされました

傳ジローの詳しい事はおでん様の過去編で明かされています。

おでん様と出会う前は花の都で暮らしていた孤児でした。

山の神事件が起きる前に当時チンピラだった錦えもんと知り合い顔なじみとなります。

錦えもんが金に困って巨大な白猪の子供を盗んだ事を知った時、都に猪の子供を取り戻しに巨大な白猪が襲ってくると予想していたのが傳ジローでした。

傳ジローの予想は当たり死を覚悟して二人で巨大な白猪を止めようとします。

そこにおでん様が現れ錦えもんの肩代わりとなり巨大な白猪を斬り退治したおでん様!

この騒ぎでおでん様はスキヤキ様に勘当され花の都を追放されます。

傳ジローはおでん様の強さや人柄に憧れ同行する事を決意します

おでん様が大名になったころには傳ジローも大名家家臣となりお金の管理を任されます。

康イエの言葉を胸に身なりを整え正しい言葉つかいや学力を学び3年後には立派な武士へと成長します。

おでん様が傳ジロー達に黙って海へと出て不在時の時はおでん様の代理として必死で切り盛りをした家臣!

剣術の他に頭の回転が早いので赤鞘の中ではとても頼れる家臣だと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】おでんの死で形相が変化!?オロチへの復讐を決断!?

おでん様は家臣達でも生きてワノ国を開国する夢を託してカイドウやオロチの隙を突いて逃がす事ができました。

家臣達はおでん城を目指しますがカイドウやオロチの部下達が追いかけてきます。

家臣全員がおでん城に辿り着くのは難しいと判断した傳ジローは錦えもん、カン十郎、菊之丞、河松をおでん城に向かわせ傳ジローは酒天丸と殿(しんがり)を務めます。

その後は仲間達とはぐれてしまいます。

閻魔堂にたどりついた傳ジローはおでん様が亡くなった事を悲しみオロチ、カイドウに怒り憎しみながら苦しみそして精神のショックで髪も白く変化して目元もつりあげ以前と別の姿になります

閻魔堂を後にした傳ジローは河松から突然と姿を消した日和と再会します。

日和は姿が変わった傳ジローに驚いていました。

そして傳ジローは怒りの妖怪に取りつかれたと話しています。

日和を小紫と名に変えて生きていく事を考えたのが傳ジローでした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】オロチへの怒りを押し殺し将軍の側近に!?

花の都にたどりついた傳ジロー!

姿が変わっているので花の都の人々は傳ジローと気づく事はありませんでした

都ではゴロツキにからまわれるのですが一瞬で叩きのめます。

ゴロツキ達は傳ジローの強さに惚れこんで弟子になります。

ここから傳ジローは名を変えて狂死郎となり極道組織を立ち上げ狂死郎一家が誕生します

このままオロチを倒してもカイドウの支配者である事は変わらない事を理解した傳ジロー!

かつてヒョウ五郎がなわばりした所を両替商や遊郭などの事業展開します。

これが大成功をしてオロチの所にも届きます。

そのせいかでオロチの部下になるのですが傳ジローは今でも怒りでオロチを殺そうとしましたが怒りをこらえてオロチ側につく事を決意します

 

スポンサーリンク

【ワンピース】小紫を斬ったのも作戦の内!?

日和に小紫の名をつけ遊女として生きてく事にしたのが傳ジローのオロチを倒す作戦の一つでした。

そしてオロチが開いた宴でオロチの怒りをかいおトコが切られそうになった時小紫がオロチに歯向かい将軍にたてついた事で狂死郎が刀で小紫を斬り殺してしまいます。

これも傅ジローの作戦でした。

傳ジローはいつでも演技ができるように日和に血糊を持たしていました

この事でオロチは小紫が死んだと思いこんでしまいます。

狂死郎に斬られた事で日和を逃がすためと小紫が実は日和では?疑いを隠すためでした。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】討ち入り当日にて自分の正体を告白!

錦えもん達は討ち入りをするため鬼ヶ島を目指して出発します。

そして鬼ヶ島に上陸直前にカン十郎が裏切り者として発覚してモモの助が人質に!

オロチの部下達も錦えもん達を攻撃しようとするのですがそこに狂死郎が現れ傳ジローと正体を明かします

狂死郎のパンチパーマはかつらで脱ぎ捨てる事で元の傳ジローの髪をみせる事で錦えもん達も傳ジローと信じます。

錦えもんが集合場所をはとではなくトカゲと読み違えたおかげでオロチがトカゲ港を襲い破壊します

この勘違いのおかげで傅ジローはさすが錦さんと言っていましたが錦えもんは本気で読み違えていました

 

スポンサーリンク

まとめ

傳ジローはおでん様を本気で尊敬して家臣となって支えた侍

おでん様が処刑され死んだ時は必死となって助けたかったと思います。

最終決戦では怒りの苦しみで姿が変わってしまったのでその分活躍しておでん様の無念を晴らして欲しいです!

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒謎の両替商居眠り狂死郎!敵か味方か分からない彼の正体は?狂・・

⇒赤鞘九人男メンバー紹介!おでんを支えたワノ国凄腕の家臣団と・・

⇒ワノ国で初登場した声優まとめ!物語に欠かせない主要人物をご・・

⇒ワノ国随一の美女花魁小紫!ついに明かされた正体!小紫が持つ・・

⇒ワノ国を支配!将軍黒炭オロチの能力とは?カイドウとの関係・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です