【ワンピース】花魁小紫の禿といえばおトコ!彼女が笑っている理由は?おトコの父親はだれ?

スポンサーリンク

漫画、ワンピースもワノ国編も中盤に入り、カイドウやワノ国の街花の都を治める将軍オロチの他にもこのストーリにとても重大な鍵を握る人物が数多く登場しました。

ワノ国編の序盤では、錦えもんの妻お鶴が経営している茶屋で働く看板娘お菊が登場しました。

お菊の正体は、看板娘は、仮の姿で、カイドウやオロチの情報を集める光月おでんの家臣(侍)でした。

次に、ワノ国のトップアイドルで男に人気があり花魁小紫が登場しました。

小紫の正体が、モモの助の妹日和と判明しましたね。

そして、小紫と一緒にいつも笑っている子供おトコも登場しました。

おトコも、ワノ国編でとても重大な鍵を握っているのではないでしょうか?

おトコに、ついて調べていきたいと思います。

そして、なぜ?

おトコは、常に笑っているのかについても調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】泣き笑いしながらサンジのそばを食うおトコ

四皇カイドウを倒すためワノ国に潜入したルフィ達は、カイドウの情報を掴むため名前を変えて行動をしています。

ルフィ達の仲間であるサンジもカイドウや将軍オロチの情報を掴むためオロチが治める花の都で、モモの助が適当に考えたあだ名(サンジ本人は嫌がっていましたが)「サン五郎」を仕方なく名乗りそば屋をやりながら情報を集めていました。

麦わら海賊団のコックを務めるサンジが作るそばは、とても評判がよく食べた街の人々は、ワノ国でこんなそばは食べた事はないと褒めるぐらいです。

原作の過去に、サンジは麺対決で負けた事がありません。

麺に関しては他の料理よりも得意と思います。

サンジが作るそばを得意の事から十八番(おはこ)そばと名付け花の都の街の人々に食べさせていました。

サンジが作る十八番(おはこ)そばは、うまいと街に広まり行列ができるくらいです。

うまいと評判の十八番(おはこ)そばを食べたいと思いおトコもサンジの屋台に並びます。

そして、サンジの屋台に謎の三人の男が現れます。

この男達は、狂死郎の部下で三人の名は、カクさん、クニさん、スケさんと言います。

原作者である尾田栄一郎先生が、時代劇の水戸黄門の登場人物である水戸光圀、佐々木助三郎、渥美格之進をモデルにしたと思います。

ちょうどサンジが作るそば屋の話なので、食いしん坊の八兵衛も登場すれば話が面白くなったと自分では思っています。

サンジは、そばを食べにきた客と思い後ろに並んでくれと言います。

しかし、この三人は、そばを食べにきたのではなく無断で屋台を開いたサンジから金を取るために現れました

ワノ国にも店を開くために許可が必要だったですね。

悪の将軍オロチが治める街ですからしょうがないと思いますが。

三人は、サンジに何かあったら店を守ってやると金を払えと要求します。

しかし、サンジは、「いらねェよおれァ強ェから」からと言い要求を断ります。

要求を断ったサンジに、腹を立てた三人は、この店(サンジの屋台)そばを食べるなと言い食材や店をめちゃくちゃにして暴れます。

サンジは、店を壊された事よりも食材(そば)を粗末にされた事に怒ります。

この後、サンジは、三人をボコボコにします。

この騒ぎでサンジの屋台も被害にあいますが、一番被害を受けたのは、十八番(おはこ)そばを食べるのを楽しみに行列に並んでいたおトコです。

おトコは、楽しみにしていた十八番(おはこ)そばを食べれなかった事をとても悲しみます。(顔は笑っていますが)

屋台はめちゃくちゃになり食材(そば)もなくなり諦めていたおトコですが奇跡が起きます。

なんと一杯だけ十八番(おはこ)そばが無事で残っていました。

サンジは、十八番(おはこ)そばを一杯分無事でよかったと言いおトコにあげました。

おトコは、そばを食べられる事に感動して泣き笑いしながらそばを食べました。

おトコは、どうしてもサンジが作る十八番(おはこ)そばがどうしても食べたくておこずかいを貯めていてしかもこの騒ぎで仕事も遅刻しています。

仕事に遅刻したおトコは、怒られないか心配ですが、無事にそばが食べられてとても良かったです。

 

【ワンピース】禿(かむろ)とは花魁の世話役

十八番(おはこ)そばを食べるために仕事に行く途中で、並び騒ぎで仕事を遅刻してしまったおトコ。

こんな幼い子供のおトコは、何の仕事をしているのでしょうか?

おトコの、仕事は禿(かむろ)と呼ばれている遊女の見習いをしながら花魁の身の回り世話をする仕事をしています。

簡単に言うと小紫(日和)の身の回りの世話をしながら花魁になる為に仕事をしています。

そして、禿(かむろ)は、遊女見習いの幼女の事を言われていますが、本来はおかっぱの髪形から付けられました

おトコの髪形も、おかっぱに見えるのもそのせいだと思います。

仕事に遅刻しておトコは、「おそくなりました‼アハハ」と小紫に笑顔で謝ります。

小紫も仕事に遅刻したおトコを心配していておトコの笑顔を見て安心して「こらトコ心配したわ」と言います。

おトコの笑顔を見たら仕事に遅刻しても許してしまいますね。

 

【ワンピース】常に笑っていたら小紫が斬られる!?

そば屋の騒ぎから無事に小紫の所に戻ったおトコ。

この日は、とても大事な仕事が入っていました。

その大事な仕事とは、将軍オロチが小紫を手に入れる為に宴を開きオロチ城に招待をします。

小紫の世話をしているおトコや、カイドウの情報やオロチ情報を掴むためにニコ・ロビンもおロビと名を変えて花魁としてオロチ城に向かいます。

小紫がおトコを城に連れて来たせいで事件が起きます。

おトコが、オロチの顔を見て殿様みんなにバカにされてると大笑いしました。

この時、おトコは、笑っているのでなく普通にバカにされていると言っていると思います。

常におトコが、泣いていても笑っているように見えるのでオロチにはおトコがバカにして笑ったと思いこんでしまいます。

笑ったおトコに、腹を立てたオロチは、おコトを切ろうとします。

その時、小紫がおトコを助けるためにオロチの顔にビンタをします。

オロチは、小紫にビンタされた事に更に怒りヤマタノオロチに姿を変えて小紫を襲います。

小紫がオロチに殺されると思いましたが、怒るオロチの前に現れたのは狂死郎で、オロチの代わりに小紫を切りました。

狂死郎に切られた小紫は、死んでしまったのでしょうか?

そして、おトコは、ロビンと一緒に逃げます。

はたして、おトコやロビンはオロチ城から脱出できるのでしょうか。

 

【ワンピース】追っ手から救ってくれたゾロ

オロチから逃げる時に、おトコ達は、オロチの部下に見つかり追いかけながら逃げていました。

おトコと、おトコを抱きかかえる女性(小紫)は、ゾロのもとにつきます。

ゾロは、牛鬼丸と戦いの最中でしたが、ゾロに助けを求めるおトコの声やおトコを抱きかかえる女性(小紫)の声が聞こえたのでおトコ達の所に向かいます。

おトコ達の背後から鎌を持つ男が切りかかろうと襲います。

この男の名は、花の都のお尋ね者・人斬り鎌ぞう。

鎌ぞうの狙いは、おトコが狙いでおトコを殺そうとここまで追って来ました。

鎌ゾウもオロチに雇われた刺客だと思います。

オロチに、おトコを殺す事に邪魔をする者はすべて殺せと言われて追いかけて来たと思います。

ゾロに、助けを求めるおトコ達を見捨てる事ができません。

おトコ達を助ける事に決めたゾロは、鎌ぞうと戦う事になりますが、牛鬼丸が邪魔が入り攻撃されますが見事にかわしますが鎌ぞうの鎌が肩に刺さります。

鎌ぞうの攻撃うけたゾロですが、鎌ぞうが、鎌を抜こうとした時に、三刀流・煉獄鬼斬りを鎌ぞうにくらわして鎌ぞうを倒します

おトコ達は、ゾロのおかげで命を救われました。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】明らかになったスマイルの意味と被害者達

おトコや、小紫を助けたゾロ。

ゾロは、えびす町の人々は、なぜ笑っているのか?

と小紫に聞きます。

その事に、ついて小紫は知っていました。

小紫は、スマイルと言う果実が原因で、えびす町の人々は笑うことしかできなくなったと話します。

スマイルと言えばパンクハザード編でシーザが人造悪魔の実を開発していてスマイルの名が出て来ました。

そして、ドフラミンゴもこの研究に関わっていて人造悪魔の実を売りさばきかなり設けていました。

おトコが、生まれた所も、えびす町です。

おトコは、父親の為に花の都に出稼ぎできています。

誰が、えびす町にスマイルの果実を配ったのか?

それは、将軍オロチです。

カイドウと繋がりがあるオロチは、スマイルの果実を手に入れています。

えびす町は、とても貧しく食べる食料もありません。

人々は、常に飢えていました。

オロチは、そこにつけこんで、えびす町の人々は、七福神の恵比須様のように笑顔で笑っていなくてはならないと思いつき食料にスマイルの果実を混ぜえびす町の人々に食べさせていました。

スマイルの果実は、りんごのような形をしているので人々は、オロチの事を疑わないでありがたくスマイルの果実を食べました。

このまま食べ続ければ、おトコのような笑い続ける子供が生まれてくるとゾロに泣きならが小紫は、言います。

スマイルの犠牲になった者はえびす町の人々だけではありません。

カイドウは、自分の部下にもスマイルの果実を食べさて実験をしています。

この実験の成功率は、10パーセントしか成功しません。

90パーセントは失敗します。

この実験で、成功して悪魔の実の能力を身に付けた者を百獣海賊団のギフターズ(与えられた者達)に入れ、失敗して使い物にならない者をプレジャーズ(笑う者達)に入れカイドウは海賊団を分けています。

この二つのクラスの他に、もう一つのクラスがありこれは、スマイルの力を得ようとチャンスを待っているウェイターズ(待つ者達)も存在します。

酷い事をしているのは、オロチだけではなくカイドウもここまで酷い事をしています。

 

【ワンピース】おトコは元大名霜月康イエの娘!?

原作では、太鼓持ちトの康が登場しました。

ゾロは、トの康からいろいろと助けられ仲良くなります。

トの康が登場した時は、太鼓もちトの康と呼ばれただ笑っているだけのおじさんと思われていました。

やっとトの康の正体が判明しました。

今は、太鼓持ちトの康と呼ばれていますが昔は、光月家に仕えた白舞大名で名は「霜月康イエ」でした。

死んだ、光月おでんは、康イエをヤスさんと呼び二人の仲は兄弟みたいな仲でした。

おでんが、花の都で、チンピラみたいに暴力事件を起こしおでんの父親スキヤキに都を追放された時、おでんは、康イエの屋敷に行き康イエは、しばらく間おでんを屋敷に入れています。

康イエは、何日も屋敷にいるおでんに、しびれを切らせおでんに早く城に戻りスキヤキと仲直りしろと言います。

しかし、おでんは、城を追い出され親子の仲も血縁と同じと言いそして、スキヤキが亡き後は、おでん(自分)ではなく康イエが将軍で決まりと言います。

スキヤキが亡き後は、ワノ国や光月家を立派に背負っていく者はおでんしかいないと心から思っている康イエは、この言葉に怒りスキヤキ様の勘当は、愛のムチにすぎないと言いおでんを殴り説教をします。

そして、おでんは、ワノ国の外に出て世界を見てみたいと康イエに言います。

これを聞いた康イエは、さらに怒り身勝手な事を言うのは立派な武士になってから言えとおでんに言います。

おでんが立派になれたのは康イエがいたからです。

そして、今ではおでんの家臣は、ここまで立派になっていますが昔は、ゴロツキの集まりでした。

ゴロツキのおでんの家臣を立派な家臣にしたのも康イエです。

おトコと小紫は、ゾロと一緒に村の民家に泊りすがたを隠していました。

ゾロ達が、身を隠している民家にブルックが訪ねてきます。

ブルックから都で、小紫の葬式が行われ同時に康イエの処刑が行われるとゾロ達に言います。

それを聞いたおトコは、おとうちゃんが殺されると言い慌てて民家を飛び出し都に向かいます。

おトコが、康イエの子供である事が判明します。

 

【ワンピース】混乱する都からおトコは無事抜け出せるのか?

花の都では、小紫が死んだ事が広まり葬儀が行われていました。

そして、都で盗みを働き丑三つ小僧の罪で捕まり処刑される康イエ。

康イエは嘘をついて捕まっています。

康イエは、身分を隠しえびす町に住んでいましたが、寿命がきて死ぬよりも一花咲かせて死にたいと思い捕まり死ぬ事を決めた康イエ。

康イエは、まだ判明されていないオロチの秘密を話して死ぬ事を決めています。

その事を、話されたくはないオロチは、急いで康イエの処刑場に向かいます。

処刑場に付いたオロチは、康イエが秘密をばらす前に銃を向けて殺そうします。

康イエは殺される前に器の小さき男には一生食えぬおでんにとオロチに言いおトコに、お前を残してゆく父を許せとおトコに言いオロチに殺されます。

おトコは、康イエが死んだ事に悲しみどんな傷でも治る薬をウソップから買っていました。

おトコは、この薬をぬれば康イエが生き返らせると思っています。

この薬は、ウソップがウソをついて売った薬。

そして、姿を現したおトコが康イエの娘と気づき殺そうとしますがゾロ達の活躍で助かります。

康イエが殺された事にえびす町の人々も集まり都が混乱しています。

ここで、ゾロ達とオロチの戦いが始まろうとしていますが、はたしておトコは無事に都から脱出できるのでしょうか。

 

まとめ

ここまで、おトコについて調べてまとめてみました。

おトコは、カイドウやオロチのせいで笑うことしか許されない顔になってしまいました。

こんな酷い事をするカイドウやオロチを、早くルフィ達に倒してもらいたいと願います。

そして、今の所スマイルの副作用で笑う事しかできなくなったおトコを治す薬はありません。

予想ですが、医者であるチョッパーやローが治す方法を見つけておトコを治すと思います。

その時が早くくる事を願います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です