ワンピース ロビンの情報!ミステリアスな彼女の情報!

スポンサーリンク

敵から味方へと転身したロビン、彼女の隠された謎について追及していきます!

 

スポンサーリンク

【ワンピース】ロビンのプロフィールは?

ロビンは、故郷であるオハラの考古学者から、バロックワークスの副社長となり、そして麦わらの一味の考古学者となります。

また、そんなオハラ時代から、悪魔の子としての異名を持っています。

初登場時は犯罪会社バロックワークスの副社長のミス・オールサンデーと名乗り、ルフィ達とは敵対関係にありました。

しかし、セブンウォーターの事件で、自ら命を断とうとしていたところをルフィ達に救われた事をきっかけに、麦わらの一味に入団しました。

麦わら一味でずば抜けた博識の持ち主で、常に冷静沈着であり、彼ら達と比べるとかなりの常識人です。

その知識の幅は非常に大きく、特に専門である考古学については右に出る者はいないと言われています。

また、おそらく世界で唯一の歴史の本文を読める者でもあります。

仲間のふざけた発言や突拍子もない行動にも大人な対応を取る事ができ、あまり積極的に前には出ず、裏方や戦闘のサポートなどの方が得意です。

そのため、作戦会議等でも自分の意見はあまり出さず、決定された作戦の細かな部分をどう進めて目的に達するかを考える性格です。

 

【ワンピース】ロビンはワンピースの人気投票で上位に入っている?

2017年の人気投票 では、第12位と上位に入っています。

この時のランキングで、ロビンよりも上にいるのは、

1位ルフィ、2位ゾロ、3位サンジ、4位ロー、5位エース、6位ジンベエ、7位チョッパー、8位ナミ、9位サボ、10位ハンコック、11位シャンクス

となっており、女性キャラでは上から3番目、そして麦わら一味でも6番目となっており、人気があることが分かります。

 

【ワンピース】ロビンは頂上戦争後の2年間、どこにいたの?新世界編が始まるまでなにをしていたの?

ロビンは2年後、新世界編が始まり、一味と合流するまでに、革命軍とのパイプを確立し、ポーネグリフへの手がかりを得ています。

頂上戦争後、革命軍にバルディゴに連れていかれ、その際にモンキー・D・ドラゴンが会いたがっていると言われていたため、バルディゴにいて、モンキー・D・ドラゴンと会い、ポーネグリフに関する情報を得ていたと思われます。

 

スポンサーリンク

【ワンピース】古代遺跡とロビンの繋がりは?

ロビンの生まれは、考古学の聖地であった西の海にあるオハラです。

そして2歳の頃に母のニコ・オルビアは考古学者としてロビンのもとを離れました。

そのため、ロビンはオルビアの弟にあたる親戚と生活をすることとなったのです。

ロビンは子供の頃にはもう既にハナハナの実を食べており、悪魔の実の能力者となっていました。

しかし、能力者であるが為に親戚からは妖怪と称されて忌み嫌われ、さらに親戚だけでなく、オハラの島の民達からまでも冷たい扱いを受けていました。

そんな中でも、博士のクローバーをはじめとした考古学者たちは、オリビアから託されたこともあり、ロビンを偏見の目で見ることなく接し、温かく見守っていました。

そしてロビンは考古学者の彼らと過ごすことが多くなり、考古学者の集まる図書館に毎日のように通いつめていたのです。

通い詰めた結果、ロビンはまだ8歳という幼さで博士号の試験を受けて満点で合格し、考古学者の仲間となったのです。

これらのことから、古代遺跡というもの自体、ロビンにとっては家族や仲間との繋がりという意味もあったのではないでしょうか。

 

【ワンピース】ロビンはいつから悪魔の実の能力者になったの?

8歳の時にはハナハナの実を食べていて能力者となっており、いつ食べたのかはまだ明らかにはなっていません。

また、能力者であり、オハラの生き残りということもあり、8歳という子供の時から懸賞金をかけられていました。

 

【ワンピース】ロビンの夢って?

ロビンの夢は、「真の歴史の本文」を知ること、それを「ラフテル」へ導くことです。

つまり、歴史の真実を知ることこそがロビンの夢なのです。

それには敵が多すぎる、と作中でもロビンが自ら言っています。

 

まとめ

ロビンははじめこそ、敵として登場しています。

ポーネグリフを読める学識を買われていましたが、ロビンは真実を知りたいがためだけに、バロックワークスに協力していました。

これは純粋に知るためだけに、いたため、ルフィと出会い、またバロックワークスにいても意味がないことを知ると、気持ちを切り替え、ルフィ達と共に行動します。

そんな彼女なので、最初は麦わら一味にも信用が薄かったロビンですが、いくつもの戦いを共にし、そしてウォーターセブンで本当の仲間になったということでしょう。

そんなロビンは幼少期から博識で、考古学者の母親譲りで頭も良いです。

学者として、8歳から活躍し、オハラの生き残りとしても、とても重要な存在と言われています。

悪魔の実を持っており、さらにこの高い頭脳から幼少期から懸賞金をかけられており、そして現在には成長して戦闘力にも長けています。

そのため、懸賞金の額はもっと上がってもいいと思う人も少なくないはずです。

そしてロビンは自身の夢を叶えるために、ルフィ達と行動を共にしていますが、その中で徐々に真実に近づいているようにも見られます。

新世界に突入する前に、モンキー・D・ドラゴンと対面したと思われ、この対話内容によって今後のロビンの行動は変わってくるのではないかと思われます。

まだ本編には出てきていませんが、今後の展開に注目なことは間違いないと考えられます。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です