ワンピース 頂上戦争!! いや…シャンクス強すぎません?

スポンサーリンク

今まで漫画「ワンピース」を見た中で一番衝撃だったのはエースの死や白ひげの死ですね!

エースの最後の言葉「愛してくれてありがとう!!!」は今でも心に残ります。

頂上戦争では赤髪シャンクスも登場し「この戦争を終わらせに来た」という場面はワンピース史上に残る名シーンの1つです!

今回は頂上戦争を振り返ってみようと思い記事を書いてみました。

 

【ワンピース】頂上戦争の引き金を引いたのは黒ひげ

 

頂上戦争では多くの犠牲者が出ました。

そしてそのきっかけを作ったのは「黒ひげティーチ」です。

なぜ頂上戦争が始まったのでしょうか。

それはパロナ島で黒ひげとエースが戦いエースが敗れたことからはじまります。

黒ひげが七武海の一人になりたかったためエースの身柄を海軍に引き渡します。

海賊王ロジャーの血を受け継ぐエースの公開処刑が決まります。

これが頂上戦争の始まり「引き金」となりました。

 

【ワンピース】白ひげ海賊団の掟を破った黒ひげにエースが激怒。二人の戦いが始まる

エースは、黒ひげティーチを追跡していました。

その理由は黒ひげティーチが白ひげ海賊団の「鉄の掟」を破ったからです。

白ひげ海賊団は仲間を本当の家族のように大切にしています。

「いかなる理由があっても絶対に仲間を殺してはいけない」。

「それを破った者は、決して許されない」。

と白ひげ海賊団には、鉄の掟があります。

白ひげ海賊団の元クル―だったティーチは白ひげ海賊団4番隊隊長サッチをある理由で殺します。

その理由とはティーチが長年探し求めていた「ヤミヤミの実」をサッチが偶然に敵船から見つけて所持していたためです。

どうしても最強の悪魔の実の1つである「ヤミヤミの実」の力を手に入れたいティーチは、サッチを殺しそして白ひげ海賊団から抜けて勝手に出ていきました。

エースは、サッチが殺された事に激怒し黒ひげティーチを追跡することにしました。

そして偉大なる航路(グランドライン)バナロ島で、黒ひげティーチを見つけてエースと黒ひげティーチの戦いが始まります。

 

【ワンピース】エースは黒ひげに負け身柄を海軍に引き取られる

バナロ島で戦いが始まったエースと黒ひげティーチ。

エースとティーチの強さにはすでに差がありました。

エースが有利と思われた戦いですがまだエースは黒ひげティーチの能力に気づいていませんでした。

「ヤミヤミの実」は闇の引力で相手を引き寄せ掴んだ相手の「能力」を封じこめることができるのです。

ヤミヤミの実の能力を使った黒ひげティーチにエースは手も足もでません。

劣勢の中エースは最後の力を振り絞り最大の技「炎帝(えんてい)」を出します。

それに対抗するように黒ひげティーチも「ヤミの巨大な力」を使います。

二つの技がぶつかり合います!!!

その結果どうなったのでしょうか!?

黒ひげティーチが勝ちエースが敗れました。

そしてエースの身柄は海軍に引き渡されることになりました。

 

【ワンピース】エースはかつて海賊王だったゴールド・D・ロジャーの息子だと海軍に知られており、公開処刑を決行される

  

海軍はエースが海賊王ゴール・D・ロジャーの息子だと知っていました。

あの海賊王の忌まわしき血を引くエースをすぐにでも処刑したい海軍でしたができない理由がありました。

それはエースの今の親父でもあり「世界最強の男」白ひげ海賊団船長エドワード・ニューゲートの存在です。

エドワード・ニューゲートはかつて海賊王ゴール・D・ロジャーと互角に戦った戦友でもあります。

エースに下手に手をたせば白ひげが必ず報復してくると海軍は分かっていました。

黒ひげとの戦いに敗れたエースは、海軍に捕まりインペルダウンの「LEVEL6」に監禁されますが公開処刑が決まりエースは海軍本部(マリンフォード)に連行されます。

 

【ワンピース】エースを公開処刑すると決定していた時から、海軍は白ひげとの戦争は承知の上だった

エースを処刑することは海賊王ゴール・D・ロジャーの血縁を断ち切ることになります。

そして罪人ロジャーのように世間の見せしめにもなります。

そのためエースは全世界での公開処刑となりました。

たとえそれが白ひげとの全面戦争になると承知の上です。

海軍の大将(青キジ、黄猿、赤犬)もセンゴク元帥も白ひげとの全面戦争になることはわかっていました。

そしてエースの公開処刑が一刻とせまるなか白ひげ海賊団の船「モビーディック号」が海軍本部(マリンフォード)に姿を現します。

白ひげがセンゴクに

「おれの愛する息子は 無事なんだろうな!!」

と言い海軍との戦争が始まります。

 

【ワンピース】エースを助けるために、ルフィと脱獄者達がマリンフォードに到着

インペルダウンのLEVEL6にエースが監禁されていると知ったルフィはそこに向かいます。

しかしエースの姿はすでにありませんでした。

エースと同じ牢獄に監禁されていたジンベイから「エースは海軍本部(マリンフォード)に連行された」とルフィは聞かされます。

そして過去に闘ったクロコダイル、バギー、ギャルディーノ、ダズ・ボーネスらをルフィは助けそしてジンベイ、イワンコフも連れてエースを助けに海軍本部(マリンフォード)に向かいます。

海軍本部についたルフィ達は海軍本部の扉に向かって船を進ませますが、突然現れた大津波にたたき上げられます。

そして戦争をしているど真ん中の海軍と白ひげ海賊団のいる湾内に落下します。

ルフィは処刑台を見てエースが「無事」だと確認します。

白ひげの姿を見つけたクロコダイルは首を狙い攻撃をします。

それに気づいたルフィはクロコダイルの攻撃を止めます。

ルフィは白ひげと初対面でしたが『エースが「親父」と言っていた人物が「白ひげ」』だとはすぐにわかりました!

そしてルフィは白ひげに

「エースを助けたいのは一緒だ」

と言い白ひげとタッグを組み海軍本部+七武海との闘いが始まります。

 

【ワンピース】エースの救出を諦めないルフィ。覇気色の覇気が覚醒

ルフィはエースのいる処刑台を目指します。

海軍3大将の赤犬、黄猿、青キジが立ちはだかります。

そして容赦ない攻撃がルフィに襲いかかります。

ルフィは青キジの攻撃を受けて倒れますが白ひげ海賊団1番隊隊長のマルコに助けられます。

そして白ひげ海賊団の援護とクロコダイルや海軍側だった七武海ハンコックの援護もルフィは受けます。

そのおかげで何とかエースのいる処刑台にようやくたどり着きますが処刑が目の前で実行されます。

ルフィが

「やめろ!!!」

と叫び無意識に「覇王色」の覇気を使います。

ルフィが覇気が使えると知った黄猿や赤犬、センゴク元帥は、「ルフィをこの戦いから逃がしては強大な敵に必ずなる!」と脅威を感じました。

そしてエース処刑後ルフィも処刑することに決めます。

 

【ワンピース】エースの解放に成功するルフィ。解放されたエースとルフィが能力を発揮し海軍を倒していくが、そこに赤犬が現れた

 

ルフィは再び処刑台を目指し走りだします。

目の前にルフィの祖父ガープが立ちはだかります。

ガープは本気でルフィを殴ろうとするのですが「エースの子供の頃を思い出し」一瞬スキが生まれ攻撃をゆるめます。

その隙をルフィはギア2を発動しながらガープの顔面を殴ります。

ガープを打ち倒し処刑台に辿り着きました。

そしてエースを助け解放に成功します!!!

エースとルフィの目の前には次々と海兵が立ちはだかりますが二人で協力してなぎ倒していきます。

海兵を倒している中ルフィとエースの目の前に海軍の大将赤犬(サカズキ)が現れます。

 

【ワンピース】赤犬によってエース・白ひげが死亡

現れた赤犬はエースに白ひげのことを侮辱します。

エースは「白ひげを侮辱にされた」ことを激怒して赤犬に戦いを挑みます。

しかし赤犬の「マグマ」とエースの「炎」の能力には力関係の差が歴然とあり全く勝ち目がありません。

赤犬は「D」の血を引く義兄弟を逃がすことはマズイと思い最初にルフィを殺そうとします。

しかしエースがルフィをかばいます。

ルフィをかばったエースは赤犬の攻撃で体をつき抜かれます。

ルフィの所に倒れこみエースはルフィに

「愛してくれて ありがとう」

とつたえ命を落とします。

海軍の戦いで傷ついた白ひげはエースが死んだことに激怒して赤犬に戦いを挑みます。

赤犬の攻撃を何度もくらい顔の半部も失いますが白ひげはグラグラの実の能力を使い赤犬を倒します。

そして白ひげの目の前にティーチと黒ひげ海賊団が現れます。

白ひげと黒ひげティーチの戦いが始まりますが黒ひげティーチの前では、白ひげの能力も封じられ手が出せません。

しかし黒ひげティーチの隙をつき白ひげは槍で黒ひげティーチの体を切りつけます。

黒ひげティーチは倒れこみ白ひげがトドメを刺そうとするのですが黒ひげ海賊団の銃弾を食らい瀕死の状態に陥ります。

白ひげは最後に

「ワンピースは実在する!!!」

と言い残し立ったまま命を落とします。

 

【ワンピース】赤犬はルフィの命も奪おうとした。絶対絶命のルフィを助けたのはトラガルファー・ロー

目の前でエースが死に助けられなかったルフィは、精神が崩壊し気絶します。

動けないルフィをジンベイが抱きかかえ赤犬から逃げます。

赤犬も、ジンベイを追いかけます。

そしてジンベイは赤犬の攻撃を食らい動けなくなってしまいます。

絶命のピンチの時、クロコダイルが現れ赤犬を足止めします。

クロコダイルは能力を使いジンベイ達を海の岸の方まで飛ばします。

そこに潜水艦が現れ乗っていたのはトラガルファー・ロー。

ローは「そいつは、ここから逃がす!!!一旦おれに預けろ!!!おれは医者だ!!!」。

と言いルフィやジンベイを潜水艦に乗せ助けます。

 

【ワンピース】赤犬の腕を刀で止めたのは四皇のシャンクス。“この戦争を 終わらせに来た”と現れたシャンクスによって頂上戦争は終結した

無事、潜水艦に逃げのびたルフィ。

そしてまだ終わりが見えない白ひげと海軍との全面戦争。

白ひげと海軍の戦争の中、海兵コビーが叫びます。

「目的はもう果たしているのに!!」。

「まだ犠牲者を増やすなんて、今から倒れていく兵士たちは、まるでバカじゃないですか!!?」。

その言葉を聞いた赤犬はコビーに激怒します。

そしてコビーを「殺そう」と拳を持ち上げます。

危機一髪のところ赤犬の拳を剣で受け止めた人物が現れました!

なんと赤髪のシャンクスです!

シャンクスの突然の登場に海軍が驚きます。

シャンクスは言います。

「この戦争を終わらせ来た!!!」

「まだ暴れたりないやつがいるなら来い…!!!おれ達が相手をしてやる!!!」

この言葉に争いをしようと思う者は一人もいません。

シャンクスはセンゴクに

「エースや白ひげの弔いはおれ達でやる」

といいセンゴクは、

「構わん!!お前なら…いい。赤髪、責任は私が取る」

といいます。

そして頂上戦争は幕を閉じます。

 

まとめ

頂上戦争を振り返って書いてみましたがどうでしたか。

ワンピースの中で最大の戦争ではないでしょうか。

この先、頂上戦争を超える戦争が起きるのでしょうか?

今後のワンピースに注目です。

 

この記事の関連記事はこちらよ⇩

⇒頂上戦争で崩壊!?四皇の白ひげが率いる白ひげ海賊団とは!・・

⇒頂上戦争でやられる寸前に姿を消したゲッコーモリア!!アプ・・

⇒白ひげ海賊団5番隊隊長花剣のビスタ!隊長のなかでは最強!?・・

⇒マルコの能力は世界的に珍しい?白ひげ海賊団一番隊隊長マルコ・・

⇒ストーリーのキーマン火拳のエースとはどんな人物?ルフィの・・

 

スポンサーリンク

関連記事



2 件のコメント

  • それは、黒ひげとエースの戦いでエースが敗れ黒ひげが七武海の一人になりたいがために海軍にエースの身柄を引き渡しエースの公開処刑が決まります。

    ルフィは、目の前でエースが死に、助けられなかったことを悔やみ精神が崩壊して気絶するルフィ。

    文章が下手すぎて読めないよ。

    • ゆびさま

      たしかに読みづらかったですね。すみませんでした!

      教えていただきありがとうございます。

      修正いたしました。

      また読みづらいところがあったらぜひ教えてくださいね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です