【ワンピース】2年後は何話で何巻?2年の期間を経て再集結した麦わら一味の変化とは!?

「麦わらの一味」の最大の転換期になった「シャボンディ諸島」の敗北。

「仲間も何も守れなかった」ルフィと「何も出来なかった」仲間達はその後、それぞれが本当の「麦わらの一味」になる為の時間を過ごす事になります

今回はその2年間とは一体なんだったのか、何をしていたのか併せて見ていきたいと思います。

 

【ワンピース】2年後とは?

船のコーティング依頼を要請するために訪れた「シャボンディ諸島」。

そこでケイミーが誘拐された上、「人身売買オークション」にかけられる事件が起きます。

更にその会場に居合わせた天竜人をルフィが殴り飛ばす「神をも恐れぬ事件」を起こしてしまいました。

これにより「シャボンディ諸島」に押し寄せる海軍と「麦わらの一味」は交戦する事になります

大将・黄猿や戦闘丸、パシフィスタを相手に防戦一方になっていく「麦わらの一味」。

ですが、突如、現れたバーソロミュー・くまの能力で飛ばされ散り散りになってしまいます

この後起きた「マリンフォード頂上決戦」。

エースを失い自身の力不足を痛感したルフィは、レイリーの修行の提案を受けます。

そして、本来は3日後に再集結を約束した仲間に「3D2Y」とメッセージを送り、「2年後」の再集結を約束します

つまり、「2年後」とは離ればなれになった「麦わらの一味」が再集結を果たした時のことをさしているのが分かります

 

【ワンピース】再集結の場所とは?

バーソロミュー・くまの能力により散り散りになってしまった「麦わらの一味」。

2年後に約束した再集結の地は「シャボンディ諸島」です。

ルフィや「麦わらの一味」にとって悪夢となった「シャボンディ諸島」で、新たな「新世界」への旅立ちを果たそうという事になります。

 

【ワンピース】2年後は何話で何巻?

「麦わらの一味」にとって転換期となる「2年後」ですが、「ワンピース」原作では598話「2年後」からになります

また単行本は61巻からで、表紙も「麦わらの一味」がサニー号で集結しているものになります

 

【ワンピース】アニメの2年後は何話?

「ワンピース」原作では598話「2年後」からスタートしました。

そして、アニメ「ワンピース」では第517話「新章開幕 再集結!麦わらの一味」で放送が開始しています。

 

【ワンピース】2年の期間それぞれどこで何をしていた?

それぞれが違う土地に飛ばされた「麦わらの一味」は「2年後」の約束まで各々が力をつけるべく修行をしていきます。

 

船長 麦わらのルフィ

「女ヶ島」に飛ばされたルフィは「王家七武海」ボア・ハンコックに惚れられる事で大きな協力者を得ます

その後、「マリンフォード頂上戦争」に参戦しながら、エースを守ることができなかったルフィ。

自分の非力さを責めながらもジンベイの助力もあり、なんとか無事立ち直ります。

そして、レイリーとの厳しい修行を行う事になります

 

剣豪 海賊狩りのゾロ

クライガナ島「シッケアール王国」跡地に飛ばされたゾロ

そこには「スリラーバーク」でバーソロミュー・くまに飛ばされたペローナがいました。

更に世界一の大剣豪・「鷹の目」のミホークが拠点にしている島でした。

そして、ルフィからのメッセージを受け取ったゾロはヒューマンドリルを倒しながらも出港せずにある決断をします。

それはミホークに頭を下げ剣の教えを乞う事でした。

そして、野心に勝るものを見つけたと確信したミホークはゾロに稽古をつける事になります。

 

コック 黒足のサンジ

サンジが飛ばされたのはもう一つの「女ヶ島」と呼ばれる楽園「カマバッカ王国」でした。

ニューカマーと呼ばれる新人類が住む国で、「革命軍」幹部イワンコフが治めていました。

女好きのサンジに女装を強要する、まさに地獄と言っていい状況になります。

ですが、この国には力溢れる料理「99のバイタルレシピ」がありました

そして、サンジはこのレシピを手に入れる為に女装になり脅威を感じながら「ニューカマー拳法」の達人に挑む事になります。

 

航海士 泥棒猫ナミ

「ウェザリア」という天候を科学する小さな空島に飛ばされたナミ

天候について知り尽くすこの島で、「クリマタクト」を強化する為に研究を続けている爺さんを取り込みます。

 

狙撃手 ゴッド・ウソップ

「ボーイン列島」おいはぎの森「グリンストン」に飛ばされたウソップ

師匠となるヘラクレスンと共に行動し、様々な武器となる植物を自身のものにしていきます。

 

船医 トニートニー・チョッパー

チョッパーは南の海の「トリノ王国」に飛ばされます

この国は鳥が人を支配する国でしたが、見た目とは違う高度な技術がありました。

そして、チョッパーはこの国の様々な技術を学び、船医として戦士としての力を身につけて行く事になります

 

考古学者 悪魔の子ニコ・ロビン

橋の上の国「テキーラウルフ」に飛ばされたロビンは強制労働者として扱われてしまいます

その後、「革命軍」により解放された事でルフィの父ドラゴンやサボと関わる事になります。

 

船大工 サイボーグ・フランキー

Dr.ベガパンクの故郷である冬島「未来国バルジモア」に飛ばされたフランキー

肉体改造に励みながら、「燃える猛獣伝説」など数々の逸話を残す事になります。

 

音楽家 ソウルキング・ブルック

「ナマクラ島」貧困の国「ハラヘッターニャ」の儀式の最中に飛ばされたブルック

悪魔王サタンと崇められる事になります。

ですが手長族に捕まり「テーナ・ゲーナ王国」に連れていかれますが、その後「ソウルキング」として名を馳せる事になります。

 

【ワンピース】2年ぶりの再会

「シャボンディ諸島」に再会の約束をした「麦わらの一味」ですが、遂にそれぞれが力をつけ再会する事になります。

偽「麦わらの一味」が誕生していたり、海軍が駆けつけたりと多くの困難が待ち受けていました

ですが、2年前には乗り越えられなかった困難を乗り越える力をつけていた「麦わらの一味」は見事にその困難を乗り越えます

そして、出席間際に「ロジャー海賊団」副船長で「麦わらの一味」の恩人・冥王レイリーにルフィは「海賊王に俺はなる」と高らかに宣言します。

 

【ワンピース】麦わら一味それぞれの変化とは?

各自、成長した姿を見せた「麦わらの一味」。

その修行が物語るのか、ルフィは少し成長し体が大きくなっていました。

また、サンジは分け目や髭で大人っぽくなり、ゾロに至っては左目が潰れ片目になっていました。

その他、ナミやロビンも成長しウソップとチョッパーは逞しさを増しています。

フランキーもその変態さに磨きをかけ、ブルックに至っては大人気ミュージシャン・ソウルブルックとして日の当たる道を歩んでいます。

まさにそれぞれが変化と強さを備え、真の「麦わらの一味」に近づいたと言えます。

 

まとめ

「麦わらの一味」最大の転換期となった「シャボンディ諸島」での全滅。

バーソロミュー・くまにより飛ばされてしまいますが、それがそれぞれが強くなるきっかけを与える事になります。

そして、その2年の時を経て再集結した「麦わらの一味」は2年前同様に駆けつけた海軍を手玉にとるほど成長していました。

まだ、この2年間に何があったか詳しく明かされておらず、多くの考察がされています

ゾロが片目になった経緯など知りたい事も多いので、いつか明かされるのかが待ち遠しいといえます。

この2年の修行も実は伏線なのか、これからも「ワンピース」を楽しみに読みたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA