【ワンピース】取引価格50億ベリーの悪魔の実の能力者!!トラファルガー=ローの技とは?

スポンサーリンク

パンクハザード編でドフラミンゴと四皇カイドウを倒すためにルフィと海賊同盟を結んだロー。

ドレスローザ編では、コラソンの仇を討つためにローはルフィ―と力を合わせてドフラミンゴを倒しました。

そして次に四皇カイドウを倒すためにルフィ達とローは幻の島ゾウに立ち寄ります。

その後、サンジ奪還のためカカオ島に向かうルフィ。

一方でワノ国を目指すローと二手に分かれます。

サンジを助けビック・マムのいるカカオ島を無事脱出し、ようやくワノ国を目指すルフィ達。

先にワノ国に着いているロー。

ワノ国で、ローはどんな活躍するのか気になりますね。

今回は、トラファルガーローことについて書いてみました。

 

【ワンピース】ローの生い立ち

ハート海賊団の船長で、四皇カイドウを倒すため、ルフィと海賊同盟を結んだトラファルガーロー。

そんな、ローですが、彼は、どのように生きてきたのでしょうか?

ここでは、ローの生い立ちを紹介します。

ローは、北の海「ノースブルー」にある白い街「フレバンス」に生まれます。

ローの家族は、医師の両親と妹ラミを含む4人で暮らしていました。

幼少期から、医者である父に医療を学びます。

ローが生まれた街フレバンスは、地層から発掘された拍鉛が有名です。

拍鉛は化粧品や武器に使われ、それを求め世界中から買い手がくるほど。

拍鉛は発掘された頃から世界政府は、拍鉛には有毒があることを知っていて、その事を秘密にしていました。

その拍鉛が原因でローの妹ラミが拍鉛病になります。

拍鉛病が次々と広まり、それが原因でローの生まれた街は戦争になります。

ローの両親や、妹ラミは、戦争に巻き込まれ殺されてしまいます。

そして、ローは、死体の中に隠れて何とか生き延びる事ができました。

 

【ワンピース】悪魔の実を食べた理由は?

戦争に巻き込まれ何とか生き延びたロー。

そんなローですが彼にも拍鉛病が発病し余命3年しか生きられませんでした。

そして当時名を挙げていたドンキホーテ・ドフラミンゴのファミリーの仲間に入ります。

ファミリーの最高幹部でドフラミンゴの弟コラソンと出会います。

子供嫌いのコラソンは、ローに暴力を振ります。

ローは、その事に恨みをもちコラソンを剣で刺してしまいます。

ドンキホーテファミリーでは、ファミリーを傷つけた奴は殺すと言う掟がありました。

しかしコラソンはローに刺された事を兄ドフラミンゴに言わず黙っていました。

1年後、コラソンはローが「D」の名を持つ者と分かります。

この時から、子供嫌いのコラソンはローに対する気持ちが変わります。

コラソンはローの病気を治すためローを連れてドンキホーテファミリーを抜け旅に出ます。

コラソンは医者にローを見せました。

しかし医者は拍鉛病になっているローは「バケモノ」扱いし診てくれません。

コラソンは、段々とローの寿命が迫る事に焦ります。

焦るコラソンの所に兄ドフラミンゴから「オペオペの実」を発見したことの知らせが届きました。

兄ドフラミンゴは、「オペオペの実」は、コラソンに食べろと言いますが、コラソンは、すでに「ナギナギの実」を食べていたのでこれ以上は、悪魔の実を食べる事はできません。

コラソンは「オペオペの実」を食べる事が出来なかったのですが、兄ドフラミンゴから「オペオペの実」を奪いローに食べさせれば、拍鉛病を治す事を思いつきます。

「オペオペの実」を奪いローに食べさせました。

そしてドフラミンゴはコラソンの計画を知りファミリーを裏切った事を激怒しコラソンを殺します。

コラソンは必死にドフラミンゴからローを隠し続けました。

そしてローが今生きていられるのは、必死の覚悟でドフラミンゴから「オペオペの実」を奪い、ローに食べさせることができたからから。

コラソンの決死の行動でローは生きる活路を見いだせたのです。

 

【ワンピース】オペオペの実の能力とは?

「オペオペの実」の能力について簡単に説明しますね。

「オペオペの実」は、究極の悪魔の実と呼ばれ、食べた者は、患者を生かしたまま痛みや出血なしで人体を切断できます。

そして、一定範囲内の物体を改造したり位置を入れ替えたりできます。

「オペオペの実」を使いこなす事ができる者なら、人に永遠の命を与える「不老手術」も可能です。

その相場では、50億ベリーと高額な値段がつくほどです。

ドフラミンゴも「オペオペの実」を使い永遠の命を手に入れ世界征服を企んでいました。

 

【ワンピース】医者の知識で悪魔の実を使いこなすロー

凄い能力を持ち、究極の悪魔の実と呼ばれている「オペオペの実」

「オペオペの実」は、他の悪魔の実と違い普通に食べただけでは、能力は、発揮しません。

「オペオペの実」の能力を、発揮するには、ある条件が必要です。

それは、「医者の知識」が必要です。

それでは、なぜ、ローは、「オペオペの実」を使いこなす事ができるのでしょう。

その理由は、ローが生まれた家が、医者の家庭で、幼少期から両親に「医療」を学んでいます。

そして、今では、ローは、「医者の知識」と「オペオペの実」の能力を合わせフルに使う事ができます。

 

【ワンピース】能力を使った時の欠点は?

悪魔の実は、食べた者に素晴らしい能力を与えてます。

その能力とひきかえに、欠点もあります。

人の命を、救うことができる素晴らしい能力を持っている「オペオペの実」にも、欠点があります。

その欠点は、「能力を使用するほど体力が消耗」する事です。

「オペオペの実」の能力は、気力、神経、体力を使うため、能力を使うほど体力が消耗が激しいです。

これが、「オペオペの実」の能力の最大の欠点です。

 

【ワンピース】最上級の技は不老不死の手術?

ローが食べた「オペオペの実」の能力を使った技は多く存在します。

その中で、ローの「オペオペの実」の能力を使い最大級の技と言えば「不老不死の手術」なのではないでしょうか。

「不老不死の手術」は、人に永遠の命を与えます。

あのドフラミンゴも、永遠の命がほしさに「オペオペの実」を手に入れようとします。

人に永遠の命を与える素晴らし能力ですが「不老不死の手術」は、人に永遠の命を与える引き換えに、能力を使った者の命が亡くなります。

ローは、まだ「不老不死の手術」の能力を使っていません。

そして、ローは、この能力を使う日がくるでしょうか?

 

【ワンピース】かっこ良すぎる!ローの技総まとめ

ローは、「オペオペの実」の能力を使いいろいろな技を出してきました。

かっこ良すぎる技をまとめてみました。

1:ROOM  

オペオペの実の能力を使う時に、必要とする技。

サークル状の触れない薄い膜を張る。

 

2:タクト

ROOM内にある全ての物を動かす事ができる。

タクト自体に攻撃力はないが、切断で切りつけた物体を飛ばす事ができます。

 

3:切断(アンピュテート)

ROOM内で刀を、降って相手を切断する技。

切断された相手は、出血はおろか切断した痛みも感じません。

 

4:シャンブルズ

ROOM内に存在する者を、一瞬で位置を変える事が出来る技。

自分に、向かって攻撃してくる相手に入れ替わり攻撃をかわす事も可能。

 

5:スキャン

ROOM内の空間を文字通り感知し探している者の居場所を調べる技。

 

6:メス

相手の内臓を、生きたまま取り出す事ができる技。

 

7:カウンターショック

能力者が、相手に触れ一瞬で人体を黒こげにできるほど強力な電撃を放つ事ができる技。

 

8:ラジオナイフ

敵を一瞬で複数に切り分ける技。

 

9:注射

敵と一瞬に間合いを詰め射抜く技。

 

10:ガンマナイフ

オペオペの能力のエネルギーを、敵に叩きつける技。

 

11:死の刀

刀を遠隔操作して敵を切り裂く技。

以上で現在分かっているローの技をまとめてみました。

 

【ワンピース】ワノ国ではどんな技が飛び出すのか?

連載のワンピースでは、ワノ国編が連載が始まりました。

ワノ国は、四皇カイドウが、ほとんど制圧し、将軍と手を組み拠点にしています。

そして、ルフィ達よりも先に、ワノ国に侵入している思われるロー。

ワノ国で、四皇カイドウに、ローはどんな技を出すのでしょうか?

そこで、考えてみました。

四皇カイドウは、「不死身の体」を持っていて誰もカイドウにとどめを刺す事ができません。

カイドウを、倒すには、ローの「オペオペの実」の能力が「必要」だと考えました。

そして、ルフィ達の仲間の一人ブルックの能力を合わせた技が飛び出すのではないでしょうか。

まだ、明らかではないですが、この考えが予想されます。

 

まとめ

ここまで、ローの過去や、ローのカッコイイ技や、オペオペの実について紹介してきましたがどうでしたか。

なぜローは命が助かり、能力者になったのかは、全てコラソンのおかげだったと分かりましたね。

連載中のワンピースでは、ワノ国が始まったばかり。

ワノ国で、ローがどんな活躍するのか目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

関連記事



2 件のコメント

  • 今まで様々な解説記事を読んできた中で最も読みにくかった。
    「コラソンは○○に 一 コラソン」という謎の文章立てが2度も存在するうえ、細かく区切りすぎて句点を打っているため読みにくい。
    一度誰かに読んでもらってからアップロードするべき。

    • 根岸さん

      コメントありがとうございます。
      かなり読みにくかったですね。
      修正しました。
      ご指摘ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です