【ヒロアカ】未来を見通すサー!オールマイトとの確執とは??

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア、通称”ヒロアカ”は週刊少年ジャンプで連載されていて、単行本が29巻、テレビシリーズの第5期が放送されている人気マンガです。

その中でも重要人物が多く登場し人気のインターン編で活躍する、”サー・ナイトアイ”をご存知でしょうか?

サー・ナイトアイは果たしてどんなキャラで、どんな個性を持っているのか調べて見ました。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】サーのプロフィール

サー・ナイトアイは本名、佐々木未来(ささき みらい)は1月2日生まれの38歳で、身長がなんと200cmもあり個性は”余地”です。

声優は三木眞一郎さんが担当しています。

三木さんはイケメンを担当することが多く、「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」のロイ・マスタングや「機動戦士ガンダム00」のロックオン・ストラトス、また「ポケットモンスター」のコジロウで有名な声優さんです。

サーは自分にも他人にも厳しくストイックな仕事ぶりが有名なようです。

その鋭い眼差しはモニター越しでも見る者に威圧感を与えるほど。

その一方で仕事においては元気とユーモアを最も尊重していて、生真面目な性格から事務所内ではユーモア第一のルールを徹底しています

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】サーの個性は未来を見る能力

サーの個性は未来を見通せる能力、”予知”です。

その予知にはいろいろな条件があります。

簡単に条件についてまとめてみました。

条件
  • まず発動するのに対象に触れて目を合わせる事が必要
  • 対象が未来に取り得る行動を一時間の間”見る”事が出来る
  • 欠点として1度予知を発動したら、24時間のインターバルを置かなければならない。
  • 見られるのは対象の周囲に限られる

様々な制約がありなかなか使いこなすのが難しい個性ですね。

またサーは身体能力も優れていて、イレイザーヘッドが”ヒーローは一芸じゃ務まらない”と言ったのも頷けます。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】サーは個人事務所を構えて通形ミリオを育てている

ナイトアイ事務所の経営を行いながら、サイドキックにバブルガール、センチピーダーを雇用して、通形ミリオのインターンを引き受けています。

サーはオールマイトが無個性の緑谷を継承者に選んだことは、あまり快く思っていません

そのため、彼は雄英高校の根津校長が候補として見出したミリオの育成に力を入れています

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】サーは嫌がりながらもデクをインターンで受け入れた

ミリオの紹介を通じて緑谷がインターンを申し込んできた時には、無謀な採用試験を受けさせます。

試験自体は不合格でしたが緑谷を受け入れることにしました

インターン中も終始、緑谷の未熟さを指摘する厳しい言葉をかけていますが、あくまでも緑谷を次世代の平和の象徴=オールマイトとして見ているためです。

また緑谷の見ていない場面では緑谷のことを「自分の理解できなかったオールマイトの狂気によく似ている」とも語るなど、オールマイトの意志を尊重しようとする姿勢も見られます。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】サーとオールマイトの確執とは?

サーはオールマイトの元サイドキックでした。

サイドキックとはヒーローと共に事件解決をする相棒的な役割から、警察と連携など事務手続きなどもします。

オールマイトがNo.1ヒーローであった当時、5年ほどサイドキックを務めました。

オールマイトによれば当時サイドキックを取るつもりはありませんでしたが、熱意で根負けして雇う形になりました。

オールマイトはある事件で多大な損傷を負ってしまい活動時間に制限が付きながらも、ボロボロの身体を隠し”平和の象徴”としてヒーロー活動を続けていました。

サーは敬愛するオールマイトを心配してこっそり予知を使った際に、「彼が凄惨な最期を迎える」未来を見てしまいます

サーはこの時このまま戦い続けてオールマイトが非業の死を遂げてしまうと思い、「今引退すれば未来が変わるかも知れない」と彼に引退を勧めます。

しかし次の”平和の象徴”が現れるまでの空白期間を少しでも作りたくなかったオールマイトは断固として拒否します

また緑谷と出会い力の譲渡を決めた事をサーにも報告しました。

けれどそこでも対立してしまい、結果的に溝は益々深まってしまいました

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】サーの見る未来は変えることが出来ない??

一度見た未来は絶対変わらないので、変えようと動いても最終的には”見た”通りの結末になります

予知の内容は対象人物をすぐ近くの視点から、対象人物の周辺環境と個人の行動が見えるそうです。

サーの予知は1シーンではなく1コマ1コマの連続したフィルムとして見えます。

サーが見た未来の結果は本人曰く絶対なので、この個性は有利な状況を更に確固たるものにする用途のみ使います

むしろ、有利な状況でなければ悪い展開を確定してしまいかねないので、サーは徹底した慎重さをもって個性を使っています

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】サーがオーバーホールの攻撃で死亡する

指定ヴィラン団体「死穢八斎會(しえはっさいかい)」の若頭・オーバーホールこと本名、治崎廻を違法薬物の製造・販売容疑で追っていました。

そんな中、偶然にも緑谷とミリオが街中で遭遇した壊理という少女が、オーバーホールの計画の要であることを突き止めました。

個性消失弾を製造するための虐待を受け続ける彼女を救うべく、プロヒーローにも協力依頼して警察と共に死穢八斎會強制捜査を決行します。

オーバーホールとの激しい戦いの中、左腕切断、腹部に大穴を開けられる重傷を負ってしまいます

緑谷がオーバーホールを倒したのち、病院へと緊急搬送されました。

しかし生きているのが不思議なほどの大怪我に、医者やリカバリーガールも手の施しようがありませんでした

そしてバブルガールの独断行動でオールマイトを呼び、サーとオールマイトは6年ぶりの再会をします。

病院に駆けつけたミリオに最後、師として「お前は…誰より立派なヒーローになっている……この未来だけは変えてはいけないな…だから笑っていろ…元気とユーモアのない社会に明るい未来はやってこない」と残して最後を迎えます。

最初はミリオをワン・フォー・オールを継承するための「器」として引き入れたつもりでしたが、今となっては誇り高い一番弟子になりました

その弟子に未来を託し、38歳という若さでこの世を去りました

 

スポンサーリンク

まとめ

サー・ナイトアイは自分にも他人にも厳しい反面、仕事においては元気とユーモアを大切にしています

声優はイケメンを多く担当している三木眞一郎さんです。

個性は未来を見通せる”予知”です。

インターンでは終始、緑谷に対して厳しい姿勢を取りますが、それはあくまで緑谷を次世代のオールマイトとして見ているからです。

サーは元々オールマイトのサイドキックでしたが、オールマイが悲惨な最後を迎える未来を見てしまいました。

サーは引退を進めましたがオールマイトは拒否したことで確執が生まれ、また緑谷を後継者に選んだことでより溝が深まってしまいました

壊理ちゃんを助けるためオーバーホールとの戦いで重傷をおってしまいました。

病院でオールマイトと和解したのち、ミリオに未来を託してこの世を去りました。

現在、テレビシリーズの第5期が放送中のヒロアカです。

残念ながらサーはもう出ては来ないのですが、サーに鍛えられた緑谷の更なる活躍が楽しみですね。

サーの1番弟子だったミリオや助け出された壊理ちゃんの笑顔は見れるのかも気になるところです。

 

この記事の関連記事はこちら⇩

⇒ナイトアイの泣ける最期!元気とユーモアがなによりも大事!・・

⇒ヒーローも例外なく死亡する!!超常解放戦線では多くの死者・・

⇒かわいいケミィの総力特集!その個性は?死亡したという・・

⇒意外と頭脳派な戦闘を行う峰田!設定された身長は煩悩の数から・・

⇒かっこいいキャラ・轟焦凍を大特集!かっこいいと呼ば・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です