【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)原作の名シーン10選!独断と偏見で選んだ名シーンを勝手にランキング!

スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)は、主人公のデクが、無個性から最高のヒーローになるまでの物語です。

今回は、特に原作を振り返り名シーンのトップ10ランキングをまとめてみました。

独断と偏見のランキングで、懐かしい初期のシーンもあります。

早速、10位からみてましょう!

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)10位 デクを心配する母の優しい言葉

デクの母である緑谷引子は、肝っ玉が小さく、引っ込み思案です。

ヒーローは命をかけて人を守るお仕事。

そのために日々傷だらけになっていくデクを見て、よくオロオロしたり、泣いたりしているシーンが多いです。

もうやだよ。お母さん心臓もたないよ…」っと毎日デクを心配して過ごしているのが分かります。

ごめんねぇ出久。ごめんね・・・!!

デクが無個性であると診断された日の夜、大好きなオールマイトの動画を見ながら「超カッコイイヒーローさ。僕もなれるかなあ」の言葉に涙ながらに抱きしめて言ったセリフです。

デクの無個性について、本人よりも悩んでいたのではないでしょうか。

この言葉は「無個性に産んでしまって」ごめんね。と解釈するのが自然です。

母親として辛いですことですが、デクにとっては勿論、引子にとってもこの時のことは忘れられない出来事になりました

デクはこのシーンで、絶対に立派なヒーローになる責任と決意もうまれました

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)9位 自分の行いを正当化するステイン

ステインは「俺を殺っていいのはオールマイトだけだ」と何度か口にしています。

この言葉からも分かるように、ステインが認めているヒーローはオールマイトだけで、他のヒーローは「偽物」だと言い切っています

死柄木がステインを敵(ヴィラン)連合に加わらないかと話を持ち掛けたシーンで、ステインは彼に目的を問います。

とりあえずはオールマイトをブッ殺したい

気に入らないものは全部壊したいな」という発言に対して、

俺が最も嫌悪する人種だ」と突き放します。

信念なき殺意に何の意義がある」と言いながら武器に手をかけます。

何を成し遂げるにも信念…想いが要る

ない者弱い者が淘汰される。当然だ

“英雄”が本来の意味を失い偽物が蔓延るこの社会も、徒らに“力”を振りまく犯罪者も粛清対象だ…」。

死柄木に刃物で襲いかかろうとするステインと話し合いの末、「「現在(いま)を壊す」この一点に於いて俺たちは共通してる…」ということで、なんとか交渉成立となりました。

そのまま黒霧の個性で3人は保須市へと向かいます。

そしてステインは保須市を「正す」ために、死柄木はステインに襲われた憂さ晴らしに能無を連れて「大暴れ競争だ」とステインの邪魔をするために動き出しました。

ステインは、去る際に「ヒーローとは偉業を成した者にのみ許される“称号”!多すぎるんだよ…英雄気取りの拝金主義者が!」「この世が自ら誤りに気付くまで俺は現れ続ける」と言い残します。

これは、彼から見るヒーローの問題が垣間見える言葉ですね。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)8位 轟焦凍が氷ではなく炎を使った瞬間

体育祭の2回戦の最初で、緑谷vs轟の対戦の時に、デクは「凍結」という、実力の半分の力でしか戦わない轟に対し、本気でかかってきてほしいがために、あえて轟を挑発します。

轟は近接戦闘を仕掛けますが、デクはこれを読んでいて、同じように轟に突進をしかけ轟の左足が上がった瞬間に損傷した右手で轟の腹部にパンチを加えます。

長期戦には轟は不向きのようで氷結の勢いや範囲も弱まりつつあり、デクは攻撃をかわしたり損傷した指で風圧を送り相殺し続けます。

緑谷はアドレナリンが出て激痛を回避出来ていますが、何がデクをここまで動かせるのか。

その理由はオールマイトが応援してくれているから、その期待に答えたいという思いからでした

轟の境遇を知っても尚、全力で戦わない轟に対し憤りをおぼえ、全力でない人間に負けたくないという思いから、激痛の中で必死に戦っていたのです。

轟は、この戦闘で過去の自分の想い「オリジン」を思い出すことができ、戦闘において使わないと公言していた焦熱の能力を発動します。

お互い最後の一手は、デクの右手にありったけの力を込めた一撃、轟は右手の焦熱に全力を込めた衝突です。

この時に轟は、全力でぶつかってくれたデクに「ありがとう」といっています。

勝負の結果はデクが場外に吹き飛ばされ、轟が3回戦進出を決めました

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)7位 轟家修復のためエンデヴァーがした決意

夏雄を誘拐し、エンデヴァーたちを突然襲撃してきたエンディング。

家族を人質にとられ、一瞬の迷いが生じたエンデヴァーをカバーする形で、デク、爆豪、焦凍の三人はエンディングに対して、完全勝利をおさめます。

それを見たエンデヴァーは、三人をヒーローとして認めている様子

そして、ホークスの先を見据えた目に改めて感心しています。

その時にエンデヴァーは、夏雄に「今まで遠ざけていたわけではない。ただ、責任をなすりつけ、逃げていた」と伝えます。

だから、轟燈矢も俺が殺したようなものだ」とも。

エンデヴァーから今まで遠ざけていたわけではないと聞かされた夏雄は、轟焦凍みたいに優しくないから、許すことはできないと言います。

しかし、エンデヴァーは母親や姉のために、憎んでいる俺との食事に毎回顔を出してくれる夏雄に対し、十分優しい人間だと言い放ったのです。

そして、エンデヴァーは夏雄にこれまで行ってきたことに対し、許してほしいわけではなく、償っていきたいと言います。

デク、爆豪と焦凍を学校に送った後、エンデヴァーと夏雄は家に戻ってきます。

そして、エンデヴァーは冬美と夏雄に大事な話をします。

それは、冬美と夏雄の都合の良いところに新しい家を建て、母親を迎え入れ、エンデヴァーは元の家に一人で残り、別々に暮らしてく、という決断でした。

家族のことを思い、エンデヴァーが下した決断は、離れて暮らすという一番残酷な道だったのです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)6位 1番になりたい気持ちが爆発した爆豪

体育祭で、雄英1年生の頂点を決める決勝戦は轟vs爆豪でした。

爆豪は選手宣誓の時から「俺が一位になる」と言い放ち、最初から「完膚なきまでの一位」をとるために、執念を燃やして、競技を勝ち進んできました。

決勝戦の直前にも轟焦凍に対して、「お前の気持ちや、事情なんかどうでもいいから、俺にも使ってこい。お前の右の炎を」と挑発しています。

しかし、試合開始と同時に轟は氷結攻撃を仕掛け、爆轟は爆破で氷結を防ぎます。

轟は氷結攻撃を繰り返しますが爆轟は回避し、轟の氷結側を避けて掴み場外へ投げ飛ばします。

投げ飛ばされた轟は氷壁で場外アウトを回避しますが、爆轟は間合いを一気に詰めてきます。

爆轟の右手を左手で掴みますが、轟は左の焦熱の個性は使わずにいる轟に対して、苛立ち、不満をぶちまけますが、轟自身も自分がどうしたいのか迷っているようです

爆豪がとどめの一撃で、回転しながら特大火力の爆破で突っ込んだ時、轟は右側の焦熱を出しかけますが、衝突の瞬間に効果を消してしまいました。

これで爆豪の攻撃をもろに受け、場外へ吹き飛ばされ決着が付きました

爆豪は、轟がデクとの対戦で出した右の炎を自分に使って来なかったことに激怒して、場外で気絶している轟に殴りかかる始末…。

こうして、ヒロアカ体育祭の最終順位は1位は爆豪勝己、2位は轟焦凍、3位は常闇踏陰と飯田天哉という上位4名だけメダル授与がされました

爆豪は1位に納得しない様子で表彰式で暴れていましたが、結果的にはオールマイトに宥められていました。(笑)

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)5位 壊理を助けに来たミリオ

死穢八斎會潜入で、オーバーホールに追いついたミリオの前に立ち塞がるのは八斎衆。

真実吐きの個性を持つ音本、泥酔の個性を持つ酒木にミリオは苦戦を強いられます。

しかしミリオは、壊理を助けるため酩酊状態をもろともせず2人を撃破して、オーバーホールに一撃を食らわせます。

壊理を奪取し、彼女を守りながらオーバーホールと若頭補佐のクロノを相手にすることに…。

オーバーホールの圧倒的な個性に苦戦を強いられるかと思いきや、守るものを背負いながら戦うとパワーアップするヒーローの性質が、ミリオにももれなく搭載されていました

オーバーホールと対等に、いや二対一という数的不利と壊理を守りながらの状況を加味すると対等以上に渡り合っているミリオ。

『透過』を駆使しながらのトリッキーな攻撃と回避、王道のインファイトスタイルでミリオはオーバーホールを追いつめます

しかし、個性を完全に消失させる『個性殺しの銃弾』が壊理へ放たれ、ミリオは彼女を守るため『透過』を使わず壁となり銃弾を浴びてしまい、個性消失してしまうのです。

個性を失いながらもオーバーホールを追いつめ、一歩も引かず倒れず壊理を守り抜いたミリオ。そんな彼の窮地についにデクたちがかけつけたのです!

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)4位 ナイトアイが最期に託した思い

サー・ナイトアイは、ミリオの後からオーバーホールの元にたどり着き交戦しますが、左腕切断、腹部に大穴を開けられる重症を負って戦闘終了後、最寄りの病院へと緊急搬送されました。

しかし時すでに遅く、生きているのが不思議なほどの怪我に、病院側やリカバリーガールも打つ手がありません

怪我さえも無かったことにできる個性を持つ壊理も個性が制御できない上、奪還後は発熱し眠りについたままで、頼りにすることはできません。

上司の今際の際に、バブルガールが自己判断でオールマイトに連絡したことで、彼らはコンビを解消してから実に6年ぶりに元相棒との直接の再会を果たしたのです。

そこで「緑谷が治崎に敗れる」予知を覆したのを見たサーは、死に際に自身の予知へのひとつの仮説を語ります。

それは『自分の望む未来のヴィジョンを強く持つこと』『複数人でその一つの未来を望むこと』。

それが未来を動かすエネルギーとなり、多くの人々が同じ未来を望み、集約することで、自身の変えられない未来予知をも覆せるというものでした

「オールマイトの死」という未来を変えるべく足掻き続け、そこに一筋の光明を見出した彼の顔は安らかだったのです。

そして重症を押して駆けつけたミリオに対して、サーは師としての最後の言葉を残します。

最初は後継者としての『器』として引き入れたつもりが、いつしか彼自身の誇りとなっていた一番弟子

サーはミリオに対して予知を発動しました。

おまえは…誰より立派なヒーローになっている…。

この…未来だけは…変えては…いけないな 。だから 笑っていろ…。

元気とユーモアのない社会に 明るい未来は やって来ない」自身の弟子に未来を託し、彼は享年38歳という若さでこの世を去って行きました

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)3位 黒霧となった朧に熱い思いをぶつける相澤

かつて共にヒーローを目指していた白雲朧が、黒霧の正体なのでは?という疑惑を確かめるため、相澤先生はプレゼント・マイクとともにタルタロスに向かいます。

白雲朧(しろくもおぼろ)は相澤、山田(プレゼント・マイク)の同期で、三人で事務所を建てようと言っていた矢先、倒壊する建物に巻き込まれあっけなく亡くなっていました

なぜ自分達が呼ばれたのかを聞く相澤先生にグラントリノは、黒霧の中に残る白雲朧の執着を呼び覚ましてほしい、それができれば大きな進展につながるから、と説明しました。

タルタロスに収監されている黒霧に面会した相澤先生は、まず目を見開き黒霧を見ます。

拘束されている黒霧はガラス越しに相澤に気付き、雄英襲撃以来だと言いました。

イレイザーヘッドが見てもモヤが消えないことから、このモヤは個性ではなく身体そのものがこういうつくりだと理解するプレゼント・マイク。

死柄木弔のことを気づかう黒霧に、そんなに死柄木が気になるのかと聞くと「彼の世話が私の使命」と黒霧は答えます。

プレゼント・マイクは、クソみてーな使命だなと叫びますが、「苦ではありませんよ、放おっておけない性質(たち)なんでね」と黒霧は返すのです。

すると、相澤が話し始めました。

俺が、拾えないとやりすごした子猫を、迷わず拾ってくれるような奴だった

中途半端で二の足を踏んでばかりだった、そんな俺をいつも引っ張ってくれた

おまえはいつも明るくて、前だけ見てた

後先なんて考えず…死んじまったら全部終わりだってのに…!

一瞬、黒霧のモヤがゆらぎます。

そして、相澤先生は白雲からもらったゴーグルを外し、それを黒霧の眼前に見せて続けます。

おまえに…おまえのような誰かを引っ張っていけるヒーローに…長く生きてほしいから

白雲、でもまだおまえがそこにいるのなら、なろうぜ…ヒーローに!三人で!

涙を流して訴えるその姿は、相澤先生でもイレイザーヘッドでもなく、白雲へ訴えるショータの姿でした

そして、黒霧の脳波に反応が現れはじめたのです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)2位 出久と爆豪が初めて本音で衝突

爆豪はデクの成長や、自分が拉致された事件からの罪悪感で、人知れず悩み葛藤していました

デクとオールマイトのただならぬ関係に気づいていた爆豪は、その思いをデク本人にぶつけます。

クソザコのてめえが力をつけて…!オールマイトに認められて…強くなってんのに!なんで俺は…オールマイトを終わらせちまってんだ!

追い詰められた表情でデクに攻撃を仕掛ける爆豪に対して、彼の思いを受け止められるのは自分だけだと悟ったデクは受けて立ちます。

2人は戦いの中で互いに抱いていた感情を吐露していきます。

どんだけぶっ叩いても張りついてきやがって!」「まるで全部見下ろしてくるような、本気で俺を追い抜いて行くつもりのその態度が目障りなんだよ!」という爆豪のデクへの苛立ち。

オールマイトより身近な“凄い人”だった」「ずっと君を追いかけていたんだ!」というデクの爆豪に対する憧れ。

それは、幼稚園から高校までと付き合いの長い2人が初めてぶつけ合った本音でした。

本音を交わした決闘は爆豪が勝利します。

依然爆豪の方が強いことが証明されたわけですが、それはまた別の苛立ちへと繋がっていきます。

オールマイトの力…そんな力持っても…自分のモンにしても…俺に敗けてんじゃねえか

そして2人の決闘に答えを与えたのは他でもない、2人の憧れオールマイトでした

2人の話を聞いていたオールマイトは、爆豪の強さにかまけていたことを謝罪し、2人の関係と、向かうべき道をこう示します。

互いに認め合い真っ当に高め合うことが出来れば、救けて勝つ、勝って救ける、最高のヒーローになれるんだ

“どんな時でも笑顔で救けるオールマイト”に憧れたデクと“どんな逆境でも最後には必ず勝って救けるオールマイト”に憧れた爆豪…2人の目指す先は元々同じ。

こうして本音をぶつけ高め合っていくことで自分の正義を貫く最高のヒーローになれるのだというオールマイトの導きにより、爆豪と出久は互いに認め合うライバルへと変化していくことになるのです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)1位 オールマイトからデクへOFAを継承

憧れのオールマイトと偶然に出会ったその日、デクはオールマイトの大切な秘密を聞くことになりました。

そして、無個性で小心者のデクが、ヴィランに取り込まれそうになった爆豪を助けようと飛び出していったのを見て、オールマイトはデクに自分の個性、ワンフォーオールを継承しようと決めるのです。

オールマイトからの申し出を喜んで受けたデクですが、最初の試練が待っていました。その名も「目指せ合格アメリカンドリームプラン」。

雄英高校ヒーロー科の入学試験までの10か月間で、粗大ゴミだらけの海岸をキレイに掃除して、体力と筋力を鍛え上げて最初に必要な器を作り上げるトレーニングメニューです。

デクはオーバーワークになる程がんばり、あきらめずにメニューをこなし続けました。

そして入学試験の当日早朝、とうとう海岸にあった粗大ゴミを一つ残らず片付けたのです。

オールマイトは「最初から運よく授かったものと、認められ譲渡されたものではその本質が違う。肝に銘じておきな。これは君自身が勝ち取った力だ」と告げ、約束通りデクに個性を譲渡しました。

オールマイトは、おもむろに自分の前髪を一本引き抜き、デクに差し出してこう言いました。

食え

デクは、驚きながらもその髪の毛を飲み込み、無事にオールマイトの個性、ワンフォーオールを継承できたのです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は原作中の名シーンを独断と偏見でランキングしてみました。

お気に入りのキャラや、心に残る名シーンはありましたか?

コミックスだけではなく、TVアニメシリーズや映画も絶好調のヒロアカから、目が離せません!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です