【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)話題沸騰の映画「THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」!興行収入が15億円突破!?映画最新作をチェックしよう!

スポンサーリンク

2019年12月に公開された「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」は、作者の堀越先生が「この展開は最終話に使いたかった」「これがヒロアカの最終話」と発言し、話題になっていました。

ただの特別編ではない、ファンなら誰しも胸が熱くなるシーンばかり!

今回は、この映画どのような内容だったのか、また彼らの身に何が起こったのかなどから、大ヒット映画の魅力に迫っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)映画最新作が2019年に公開!

今回の劇場版は、僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)の映画一作目である「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~二人の英雄~」の公開から約一年後に公開された最新作です。

ヒロアカの映画は、前作と同じくオリジナルストーリーです。

漫画の連載やアニメには出てこない話なので、どんな人でも新鮮な気持ちで観に行けるはず。

ジャンプで大好評連載中、アニメの4期も記録的なヒットをおさめた、ヒロアカの劇場版最新作は、話題沸騰間違いなしですね。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)上映期間はいつまで?

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」は、2019年12月20日の公開から約二ヶ月間、全国のTOHOCINEMA系映画館でロードショー公開です。

五大都市(北海道・東京・愛知・大阪・福岡)での応援上映や4D上演など、ヒロアカならではのイベントも盛りだくさんです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)映画のあらすじは?

雪が降り続く冬のある夜。

敵(ヴィラン)連合である死柄木弔たちが、密かに【何か】を運ぼうとしていていました

彼らの動きを事前にキャッチしたプロヒーローたちが現場に駆け付け、激しい戦いを繰り広げます。

その戦いの中、その【何か】は、仲間とともに去ってしまいました

実験は、成功した…」という言葉を残して。

ちょうどその頃、出久たち雄英高校ヒーロー科1年A組は、日本のはるか南に位置する離島・那歩島(なぶとう)を訪れていました。

引退したNo.1ヒーロー、オールマイトの後を継ぐ“次世代のヒーロー育成プロジェクト”の一環として、クラス全員で期間限定の校外ヒーロー活動を行うためです。

ここしばらく、大きな事件が全く起きていない平和な島で、駐在ヒーローとして島の人々の生活を助けながら、忙しく、それでいてのんびりとした時間を過ごす1年A組の面々。

そんな中、出久(デク)たちは真幌(まほろ)と活真(かつま)という二人の姉弟と出会います

ヒーローに憧れる活真と早速打ち解けるデクでしたが、なぜか真幌は、かたくなに活真をデクたちから遠ざけるのでした。

しかし、突如謎の敵(ヴィラン)たちが那歩島に襲来、次々と島の施設を破壊してしまいます。

それを指揮するヴィランは、「ナイン」。

出久(デク)、爆豪ら1年A組のメンバーは、力を合わせて敵(ヴィラン)に立ち向かいますが、ナインの圧倒的な個性の力とパワーは想像を遥かに超えるものだったのです。

なぜ、ナインたちは那歩島を襲撃したのか?

そして、出久たち1年A組の“ニューヒーロー”たちは、果たして最凶の敵(ヴィラン)から活真と真幌、そして島の人々を守ることができるのか!?

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)映画の主なキャストは?

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」では、前作とは違い雄英高校1年A組の生徒が全員登場しています。

またTVアニメに出演しているレギュラー声優陣の他にも

那歩島
  • 真幌→黒沢ともよ
  • 活真→寺崎裕香
ヴィラン
  • ナイン →井上芳雄
  • キメラ →武内駿輔
  • マミー →鳥海浩輔

などなど、豪華な声優陣がゲスト出演しています。

なかでも、ナインの側近のヴィラン、スライスの声優さんは今田美桜さん

彼女は今をときめく人気女優で『花のち晴れ〜花男 Next Stage〜』『3年A組〜今から皆さんは、人質です〜』などの話題作に出演しています。

今田美桜さんの声優としての演技も必見です。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)映画を鑑賞するともらえる特典は?

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」では、前作の劇場版と同じく、全国100万名先着限定で入場者特典が付きます

これは、原作者である堀越先生描き下ろしの漫画や、映画で登場したキャラクターの原案などを収録した冊子で、タイトルは「僕のヒーローアカデミア Rsing」

表紙には1年A組の生徒たちが制服に身を包み、遠くを見つめています。

またこの冊子には、堀越先生が「ヒーローズライジング」に込めた想いなどが綴られているロングインタビューが掲載されています。

ファンにとっては、超貴重な一冊ですね。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)作者の映画に対するこだわりとは?

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」について、作者の堀越先生は「ある種、ヒロアカ最終回です」と表現しています。

それは、原作で使いたかったネタの一つを出してしまったからとのこと…。

前作の「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~二人の英雄~」で、師弟の共闘という最強のネタを披露してしまい、それを超える映画にするために前回以上に「PLUSULTRA」なストーリー展開になったのだとか。

それだけ全力が込められているこの映画は、ストーリーもキャラクターも見どころ満載になっているはずです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)映画を観たファンの評価は?

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」は公開前からかなりの話題になっていたようです。

劇場ロードショウの初日から、ツイッターなどでは感動と、ネタバレ抜きの感想が続々とアップされていました。

 

開始3秒で劇場から駆け出したくなる映画を初めてみた。

終わった瞬間、後5回見ようと思った。

ヒロアカに携わる人みんなにお礼が言いたい。

「ありがとう」

 

アニメーションの最高峰をみた。

色、音、動、すべてがプルスウルトラだった。

ラスト、ただただ美しかった。

映像美、すごいわ、すごすぎた。

#ヒロアカ #heroaca_a #ヒーローズライジング

 

ヒロアカ映画初日みてきました!

映画みたあとの第一声が 『あ~~~良い最終回だった※終わってない 』。

そう思ってしまうぐらいには満足感が凄かった。

全員活躍してたって点が大きいのだと思う。

あとホークス(CV.中村悠一)最高にカッコいい!

やばい語彙力さよならした

 #ヒロアカ #ヒーローズライジング

 

中でも一番多くみられた評価は、デクとカっちゃんの幼なじみ間が熱いこと

もしかすると予告編でも見られるような、二人の共闘シーンもあるかもしれません。

今までのアニメシリーズでの二人のやり取りが、この映画への伏線のようにも感じられます

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」について、お届けしました。

TVアニメシリーズとはひと味ちがう、特別なストーリーやキャラクターは、映画ならですね。

堀越先生は、もう劇場版の3作目は作らないと言っているようです(1作目の公開時には一生に一回だと言っていたので、再び「PLUSULTRA」な展開が待っているはずですが)。

それほど今回の映画は、渾身の作品だったということでしょう。

アニメの5期も制作決定になり、ますます目が離せなqいヒロアカです。

「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング」、ぜひチェックしてください!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です