【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)治崎廻の個性オーバーホール!死柄木に両腕を奪われた!?オーバーホールの最後とは?

スポンサーリンク

インター編で登場した、死穢八斎會の若頭である治崎廻

冷酷さを感じさせる細い眼つきに、黒髪のショートヘアー。

トレードマークの赤いペストマスクを着用し、常に白手袋を身につけています。

彼の尋常ではない個性の力と、本当の目的は謎に包まれています

今回は、衝撃の結末にも迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)死穢八斎會の優秀な若頭・治崎廻

オーバーホール(治崎廻)は、敵(ヴィラン)連合と並ぶ指定敵団体「死穢八斎會」の若頭です。

昔気質な死穢八斎會の組長は「死穢八斎會はヴィランではなく、侠客であらねばならない」が信条。

その人柄を慕い、多くの構成員が集まっていました。

治崎廻も、親代わりに自分を育ててくれた組長への恩に報いるために、死穢八斎會の復興を目指しています。

「オーバーホール」という名は、組の実権を握った後に名乗り始めました

治崎廻は、計画性と慎重さがある上に、死穢八斎會に長年蓄積された悪事のノウハウを持っているのです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)治崎廻の性格は?

オーバーホール(治崎廻)は、超人的個性を現代特有の「病気」であると考えていて、個性によって成り立つ超人社会に強い憎悪を抱いています

トレードマークの赤いペストマスクと、白手袋を常に身につけていますが、実は他人に身体を触れられるたけで、顔に蕁麻疹がにじみ出てくるほどの心身共に重度な潔癖症です。

また、死穢八斎會の若頭としてのオーバーホール(治崎廻)は、仁義を重んじた昔気質の組長とは違い、部下の命さえもゴミのように使い捨てる強引な手腕で、組織の拡大路線を推し進めます。

そのため、組長を慕う大多数の構成員に恐れられています。

オーバーホール(治崎廻)は組織の運営手腕だけでなく、高い戦闘能力も持ち、医薬学関連の知識も豊富です。

そして自分を危険人物と悟られないないように、表向きは穏やかな一組員を装い、存在を闇に潜めているのです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)個性「オーバーホール」とは?

治崎廻の個性「オーバーホール」は、威力でいったら最強クラスと言えるでしょう。

手で触れた対象物を一度分解し、瞬時に修復することができます。

さらには、破壊した者同士も融合が可能なのです。

分解は、死柄木弔の個性とは異なり、任意のタイミングで発動できます。

人の体程度のサイズの物体なら一瞬で分解してしまい、修復しなければ当然即死です。

修復は、壊れたものを修復するだけではなく、分解したものを全く別の形に修復することもできます。

地面や外壁を鋭い棘の形に変形させることで攻撃手段としても使っていました。

治崎廻は医学方面に秀でていたので、外傷や持病の治療、さらには死亡した直後なら、蘇生すらできたようです。

融合は「オーバーホール」の奥の手です。

治崎廻自身と相手を、同時に分解と修復を行い、肉体を融合させて異形の姿へと変貌させるのです。

桁外れの個性の力ですが、潔癖症である彼はあまりこの手を使いたくなかったようです。

融合により複数の個性を同時に操っていたその姿は、「次の支配者となる」という言葉が、決して誇大妄想ではないことへの証明と言えるかもしれません。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)治崎廻の野望は?

ヒーロー飽和時代、そしてオールマイトの台頭により、死穢八斎會のような旧来のヤクザは組織解体が進んでいきました。

治崎廻は、このままでは組が潰れてしまう危機感を強く感じたのです。

しかし組長は自分のやり方を曲げず、表立って事業を拡げることができません。

二人の間は、徐々に溝が深くなっていきます

当然、治崎廻の「壊理の肉体を原料に薬を作る」という非人道的な計画を、組長が許可するはずはありません。

言い争いの末、組長から「組の方針に背くなら組を去るように」と告げられてしまいます。

その瞬間、組長に対する恩義と疑念、そして社会への憎悪と組織拡大への野望が一気に沸き上がり、精神的に限界を迎えた治崎廻は、自分の個性で組長を植物状態にしてしまいました。

その後、組の実権を握り「オーバーホール」というヴィランのような名を名乗るようになります

そして大多数の組員には事実を伏せつつ、その壮大な野望を実現させるべく歩みを進めはじめました。

壊理の個性である「巻き戻し」を利用するために、彼女の肉体を使ってある薬を開発したのです。

そして「個性を人から消す銃弾」をヴィランに、それを治す「血清」をヒーローに売りさばき資金を得て、超人社会の在り方の根幹を揺るがそうと計画を企てていました

治崎廻の計画の最終的な目標は「個性によって成り立つ社会を根本的に変革すること」なのです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)謎が多い治崎廻の出自

オーバーホール(治崎廻)の生い立ちは謎に包まれていますが、幼少期を孤児院のような場所で過ごしたエピソードが出てきます。

その時期に「『個性』とは人類がかかった病気の一種である」とする古い学説を目にしていて、おそらくこれが、現在の彼の考え方のルーツとなっていることが伺えます。

その後に、死穢八斎會の組長に養子として迎えられることになりました。

幼い日のオーバーホール(治崎廻)は、仁義に固い組長を親として慕う、純粋な少年でした。

死穢八斎會をヴィラン扱いする子供相手に喧嘩をすることもあったほど。

その時組長は「カタギに手を出してはいけない」と叱りつつ、子供なりに死穢八斎會の面子を守ろうとした治崎廻に、思いやりを持って接していたようです。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)壊理を利用した計画とは?

組長が自分の孫である壊理を連れてきて、彼女の世話と個性の扱いを治崎廻に任せると言ってきました。

話によれば、壊理は危険な個性を持った少女で「個性を発現して、自分の父親を消失させてしまった」そうです。

治崎廻は、壊理の個性を解析・研究していく中でその真価に気が付き、組の復興のために、ある計画を立てます。

計画の第一段階として、壊理の個性「巻き戻し」を使い「個性を一時的に消失させる銃弾」を開発したのです。

その銃弾と、「個性ブースト薬」を同時に市場にばらまき、資金を集めながら、裏市場に自分の存在を匂わせました。

自分の個性を使い、壊理の個性の抽出と洗脳も行なっていました。

「薬を精製する過程で、壊理の肉体を分解して個性を強制停止させる」「壊理の目の前で組員を殺す」といった、常軌を逸した虐待を日常的に繰り返していたのです。

第二段階では集めた資金をもとに、さらに精度を高めた「ヒトから個性の力を消す銃弾」と、それを元に戻す「血清」の量産体制を築くことでした。

銃弾をを敵(ヴィラン)側、そして血清をヒーロー側に売りさばくことで、市場を独占しよう考えていたようです。

そしてその計画は既に、量産前の「完成品」を作り上げるまでに進行していました。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)デクとミリオが立ちはだかる

ある日、組員の不手際により壊理が街中に脱走しました。

その時壊理は、デクとミリオに遭遇しています。

治崎廻は、ナイトアイ事務所のインターンとしてパトロール中だった二人から、なんとか壊理を自分の元に連れ戻しますが、この事をきっかけに、死穢八斎會の大がかりな家宅捜索が執行されることになります。

治崎廻は、八斎衆を使ってヒーロー・警察を分断しながら、自らミリオや、サー・ナイトアイを敗北に追い込んでいきます。

その時に重傷を負いますが、個性の力で生き残った八斎衆を自分に融合し、逆にパワーアップを図ったのです。

そんなオーバーホール(治崎廻)を相手に、デクもはじめは劣勢を強いられます。

それでも、自ら「救われる覚悟」が芽生えた壊理の力を借り、常に100%ワン・フォー・オールの力を発動して戦い、勝利を収めることができました

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)死柄木と接触して無個性になった?

ヒーローたちが、オーバーホール(治崎廻)と部下たちを護送していた時に、再び敵(ヴィラン)連合が現れます。

治﨑廻は「お前が最も嫌がることを考えた」と告げられ、拘束され動けない状態ままで、死柄木弔とMrコンプレスから両腕を奪われました

対象を手で触れなければならない個性を持っていた治崎廻は、こうして無個性となったのです。

さらに、壊理を利用して開発した「個性を破壊する弾丸」と「個性を復活させる血清」も奪われます

目的を果たした敵(ヴィラン)連合は、オーバーホール(治崎廻)を乗せていた護送車を爆破して立ち去っていきました。

 

スポンサーリンク

【僕のヒーローアカデミア】(ヒロアカ)オーバーホールは生きている?

オーバーホール(治崎廻)は、護送されていた途中で死柄木弔たちと接触した時

お前が費やしてきた努力はさァ!俺のもんになっちゃったよ!

これからは咥える指もなく ただただ眺めて生きていけ!!頑張ろうな!!」と言われています。

このエピソードから、一応は生かされている様子がうかがえます。

「現在は特殊刑務所『タルタロス』に収監されている(Ultra Analysisより)」という情報もあるようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

治崎廻の個性「オーバーホール」は、融合・修復・分解の力を持ち、壁を好きな形に再構築する、持病や怪我を直すなど「オール・フォー・ワン」のように強烈な個性でした。

しかし、死穢八斎會復活の鍵である壊理もヒーローに奪わた上、敗北して捕まるという状態になったので、護送中、死柄木弔に襲われた時は、もう生きる気力はほとんどありませんでした。

殺されはしなかったようでも、敵(ヴィラン)連合に両腕を奪われ無個性となったので、植物人間にした組長の状態も、元に戻すことができません。

これで事実上、死穢八斎會再興は不可能になり、彼の目的である極道の復活は、果たせなくなったことになります。

敵(ヴィラン)連合には、壊理を利用して開発した「個性を破壊する弾丸」と「個性を復活させる血清」も奪われています

このことが、これからのストーリーにどんな影響を与えていくのかが、気になります。

今回は、治崎廻の個性「オーバーホール」と、オーバーホール(治崎廻)の最後についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です