【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】磁石で人を引き寄せるマグネ!最後は自由を求めて消滅??

スポンサーリンク

今回はマグネに関する情報について紹介していこうと思います。

トランスジェンダーの身で生きにくい世の中をどうやって生き抜こうとしたのか必見です。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】マグネのプロフィール

マグネはヴィラン連合に所属している構成員の一人で初登場は林間学校時の襲撃になります。

長く赤い髪にサングラスをしており、オネェ口調が特徴的な大柄の男性です。

自他共に認めるオカマですが、本人の希望もあって男性ではなく女性としてヴィラン連合の中では扱われます

トガヒミコやトゥワイスからは「マグ姉」と呼ばれていることから、早くから慕われ愛されていることが分かります。

ヴィラン連合に加入する前は強盗致死9件殺人3件殺人未遂29件と多くの犯罪を起こしています

その危険度から、警察も要注意人物として考えていました。

マスキュラーと同じく、気にいらないものは殺すという危険な思考を持っているマグネですが、なるべく冷静に物事を考えてしっかりと作戦を建てながら行動します。

戦闘時は個性だけでなく、体術も使って攻撃します。

体術が得意なヒーローも苦戦するほどの腕前です。

時として自分の身長程ある大きな磁石を鈍器として振り回して戦うこともあります。

過去は多くの人間関係を失っているらしく、幼馴染からは「他人が決めたルールや約束事に収まることを知らなかつた」という評価を得ていることからマグネの回りには理解者が多数いたことが分かります。

ヴィラン連合の面々と同様に「生きやすい世の中にしたい」ということを信条にしていて、マグネは性的少数者が社会で生きやすいようにしたいとのことです。

固定概念の「倫理」・「ルール」・「性別」などの枠組みを極端に嫌います。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】マグネの個性は人物を磁石で引き寄せることが出来る

マグネの個性は「磁力」です。

文字通り、人や物を磁石として操ることができます

個性の使用可能な範囲は自身から半径4~5mほどに存在する物体になります。

磁力を付与することができ、全身や一部・力加減などほとんどの要素を操作することができます

男性はS極で女性はN極となります。

性差別の枠を取っ払いたいマグネがよりによって個性によって男女が分けられてしまうのはかわいそうですね。

マグネの個性の弱点は自分自身には付与できないということです。

個性は自分の身体能力にかかわるものが多いですから、マグネの自分自身には干渉しないという要点は稀有なものだと考えられます。

その弱点をカバーするために自らの体を鍛えぬいているのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】マグネは早くからデクの驚異に気がついていた

マグネは死柄木からデクの情報を聞いていた時からデクの脅威に気が付いていました

マグネにデクのことを教えたのは死柄木なので、多少の恣意的感情が入っているかもしれませんがマグネはデクのことを注視していました。

林間学校でワイルドプッシーキャッツと戦闘を繰り広げている時にデクが登場します。

デクの両腕が折れていて、悲惨な姿にヒーロー側もヴィラン連合側も驚きますがマグネがいち早く思考を巡らせます。

デクの両腕と山を下りてここまで来ているという事実からデクにマスキュラーが敗れたという可能性を導きます。

聞いていた情報よりもやばい存在だと感じたマグネは即様にデクを殺そうとします。

デクの意識はマグネに向いていなかったのでチャンスだったのですが、スピナーがステインの認めた方だとデクを守る形になります。

チャンスはふいになってしまいましたが、マグネの頭の回転の速さが分かった一場面でした。

ちなみに、このシーンで判明したのですが、デクはヴィラン連合から「優先殺害リスト」に加えられていることが分かります。

どうやら、リーダー死柄木が見つけたら葬るようにと指示しているようです。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】マグネは爆豪誘拐の時に大活躍

マグネの活躍は爆豪誘拐の時にもありました。

ヒーロー候補生側もヴィラン連合側も空中を制している者はほぼいないので、マグネの個性が役に立ちます

逃げたいときや敵を追いかけたいときに、マグネは個性を使って飛ぶことはできませんがマグネ以外に二人存在すれば磁石の反発を使って空を飛ぶことができます

爆豪が誘拐された後に奪還され返されたときには必殺技の「反発破局」を使って追い詰めるシーンもありました。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】マグネはオーバーホールに体を分解されて死亡した

ストーリーが進むとマグネが怒るシーンが登場します。

ヴィラン連合が初めてオーバーホールと接触した時に、彼の挑発的な物言いと上から目線の態度に感情を逆なでされた上にオーバーホールの部下になるよう言われてとびかかって殴ろうとします。

オーバーホールに対して、個性と武器で先制攻撃を仕掛けますがオーバーホールの個性によって一瞬で分解されてしまい死亡します

上半身はバラバラに砕け散った上に、下半身しか残りませんでした。

ヴィラン連合初の死者となってしまいましたが、この一件がヴィラン連合の後の怒りを買うことになってしまいます

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はマグネに関する情報について紹介していきました。

犯罪件数は多いものの、しっかりとした信念があったマグネは案外早くに世を去ってしまいました

間違いなくマグネが目指していた社会はヴィラン連合にありましたがオーバーホールの個性によって消滅したことは非常に悲しいですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です